アイテープのやり方・使い方のコツ!バレないで二重になれる!

アイテープのやり方や使い方のコツについて、具体的にご紹介していきます。アイプチやアイテープで目元をオシャレにする女性も増えていますが、そういったアイプチや二重テープの使い方も取り上げていきます。二重テープに興味がある方も、ぜひご覧ください。

アイテープのやり方・使い方のコツ!バレないで二重になれる!のイメージ

目次

  1. アイプチテープやアイテープ、二重テープが人気
  2. アイテープ、二重テープの種類
  3. ファイバータイプのアイテープ・二重テープ
  4. アイテープ・二重テープのやり方
  5. アイテープ・二重テープのやり方のコツ
  6. アイテープや二重テープとアイプチテープを一緒に利用する
  7. アイプチテープで目元をくっきりできる
  8. アイプチテープはしっかり伸ばしながらつける
  9. アイテープ・二重テープ使用時のメイク
  10. アイテープ、アイプチテープ使用時の注意点
  11. 二重にするには整形も一つの方法
  12. ファイバータイプのアイテープとアイプチの相性が良い
  13. ファイバータイプのアイテープとアイプチは万能
  14. 片面接着タイプのアイテープ・二重テープのやり方
  15. 片面接着のアイテープ・二重テープは厚みのない一重の方に最適
  16. アイテープやアイプチテープを目立たないようにするには?
  17. アイテープや二重テープ、アイプチ接着前の工夫
  18. アイテープや二重テープ、アイプチ後のメイク
  19. 絆創膏もアイテープや二重テープ、アイプチ代わりになる
  20. 絆創膏で二重テープやアイプチ代わりにするやり方
  21. 二重テープやアイプチだけでなく、ノリタイプもおすすめ
  22. アイプチはべったりとつけ過ぎないこと
  23. アイプチや二重テープをこすらないようにする
  24. 【まとめ】アイテープや二重テープ、アイプチの使い方について

アイプチテープやアイテープ、二重テープが人気

一重の方や奥二重の方が、くっきりとしたきれいな二重を作る時に利用されるのがアイテープやアイプチ、二重テープといったアイテムですよね。

わざわざ整形しなくても、一重や奥二重から、きれいな二重を作りあげられるということで、アイテープや二重テープの人気が高まっています。

今回はそういったアイテープや二重テープ、アイプチのやり方やコツ、目立たないようにする方法などを具体的にご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

marronman1027さんの投稿
18444952 307454006377923 9128638553092259840 n

アイテープ、二重テープの種類

アイテープや二重テープには複数の種類があり、それぞれ適した種類のテープを利用していくことで、一重の方や奥二重の方が、きれいな二重を作り上げていくことができます。

いわゆるアイテープには、3つの種類があり、片面タイプのアイテープ、両面タイプのアイテープ、そしてファイバータイプのアイテープが販売されています。

shinobu_drさんの投稿
26871539 393977831044066 1788531133466542080 n

片面、両面、ファイバータイプのそれぞれにアイテープとしての良さがあり、自分自身のまぶたを美しくしてくれるためのアイテムとして役立ちます。

例えば、片面タイプのアイテープ、二重テープであれば、簡単に利用することができて、テープがまぶたに接着しているという感覚もさほどなく、目の開閉もスムーズにできるといったメリットがあります。

benetshopさんの投稿
13398601 1696808313916498 246730172 n

一方で、片面タイプのアイテープや二重テープにはデメリットもあり、それは、まばたきをするたびにアイテープが相手から見えてしまうことがあることです。

アイテープを目立たないようにするという点では、やや難があるタイプのテープだと考えることができます。

アイテープをしていることを目立たないようにするという意味では、両面タイプのアイテープをおすすめすることができます。

mii.luvz.kaoruさんの投稿
11267835 925578007507319 172557240 n

ファイバータイプのアイテープ・二重テープ

chii.y33さんの投稿
26864435 138046707006031 7072518046413225984 n

アイテープや二重テープには3種類のテープがあることをご紹介しましたが、ファイバータイプのアイテープもおすすめすることができます。

ファイバータイプのアイテープはやり方の難易度は高まりますが、その分、きれいな二重を作りやすく、奥二重や二重幅の狭い人の調整用としても利用可能となっています。

ファイバータイプのアイテープのメリットとしては、糸のように伸縮性のあるタイプになっているので、通常のテープと比べても、まぶたへのつきが良くなっていることが挙げられます。

そのため、目を閉じた時でも、二重をしっかりとキープしてくれて、アイテープをしていることを目立たないようにしてくれるという利点があります。

一方で、ファイバータイプのアイテープにはデメリットもあり、テープをつけるためのやり方がやや難しいという点です。

やり方に慣れるまでに時間がかかったり、コツが必要になったりして、つけるのを断念してしまう人も少なくありません。

左右均等に二重を作り上げられないことや、思い通りにいかないことも往々にしてあります。
また、ファイバータイプは細い糸のような形状になっているので、まぶたが厚いという人の利用をおすすめすることはできません。


◆関連記事:メイクで幅広二重をゲット!

ダブルラインフェイカー(KATE)で整形級メイク!使い方教えます!

アイテープ・二重テープのやり方

それでは、実際にアイテープや二重テープのやり方についてご紹介していきます。

ここでは、両面タイプとファイバータイプに共通するやり方について見ていきましょう。

まずは、左右どちらかのまぶたにプッシャーを当てながら、二重を作る位置を決めていきます。

hatsu.0623lovescomasanさんの投稿
26385742 208100916432820 82329785715392512 n

その後、プッシャーでまぶたを押し上げながら、二重テープを貼るためのラインを作っていきましょう。

目安としては、まつげのキワの部分から4~6mm程度が良いとされています。

その作ったラインに沿って、ラインの上に押し付けるような形でアイテープを貼っていきます。

そこまでできたら、プッシャーでアイテープを押し込むようにして、まぶたを接着していきます。

最後にまぶたのラインを整えれば、きれいな二重のやり方が完成します。

アイテープ・二重テープのやり方のコツ

アイテープやアイプチテープ、二重テープなどは、一度やり方を覚えてしまえば、後はそれを繰り返していくだけなので、それほど難しいわけではありません。

最初は難しいと感じることもあるかもしれませんが、とにかく何度も繰り返していくことで、やり方を習得していくことが大切です。

そういった中でも、アイテープやアイプチテープのやり方のコツを覚えていくと、楽にできることもあるでしょう。

r8inaさんの投稿
26264168 477429076008878 7748055585337114624 n

例えば、アイテープやアイプチテープがすぐに取れてしまうという方は、メイクをしてからテープを貼っているという人が少なくありません。

アイテープを貼るのは、アイメイクの前に行うのがコツであり、テープが取れやすい場合は、メイク前につけることを意識して実践していきましょう。

また、メイク前にアイテープを貼っていても取れやすいという場合には、まぶたの状態に問題があることも考えられます。

まぶたに水分や油分がついている状態でアイテープをつけると、テープが取れやすくなってしまいます。

そういった場合は、コットンなどで事前にまぶたをふいてから、アイテープをつけていくことがコツとなります。

アイテープや二重テープとアイプチテープを一緒に利用する

一重や奥二重の方でくっきりとした二重を作り上げていきたいという場合には、アイテープのみならずアイプチテープの利用も積極的に行っていくと良いでしょう。

アイプチテープも基本的なやり方やコツはアイテープなどと同様であり、目元をくっきりさせるという特徴があります。

renyaaaankoさんの投稿
26152085 542824972737802 4789054441036709888 n

まぶたに厚みがあって、なかなかきれいな二重ができないという方や、奥二重に悩まれているという方でも、簡単に目元をぱっちりとさせて、きれいな二重を作り出していけるのがアイプチテープです。

アイプチテープは、アイテープや二重テープなどと同様に、100均や化粧品店などで入手することができるので、まぶたのオシャレを楽しみたいという方は、積極的に活用していくと良いでしょう。

アイプチテープで目元をくっきりできる

アイプチテープの最大の魅力は、目元をくっきりさせられることです。

奥二重や一重の方で、整形はしたくないけど、二重まぶたを楽しみたいという方には最適なアイテムであり、きれいな二重を作りだしてくれます。

アイプチテープのやり方やコツに関しては、アイテープとほとんど同じです。

まずは、まぶたの油分や汚れをコットンで拭き取っていきましょう。

その後、まぶたにプッシャーを当てながら、二重を作るラインを決めていきます。

まつ毛の生え際から4ミリ~7ミリ程度のところにラインを作っていくと最適です。

beautyworld.jpさんの投稿
25015175 557823281220508 5348030171024719872 n

二重のラインが決まったら、半目の状態となり、そのラインを中心として、アイプチテープを貼っていきます。

最後にラインを整えたら、きれいな二重まぶたが完成となります。

やり方のコツとしては、テープの広さをあまり広くしすぎないことがポイントです。

テープの幅が広くなりすぎると、まぶたの皮膚が引っ張られやすくなって、不自然な状態になってしまうので、注意しておきましょう。

アイプチテープはしっかり伸ばしながらつける

その他のアイプチテープのコツとしては、アイプチテープをしっかりと伸ばしながらつけていくことがポイントとなります。

アイプチテープもアイテープと同様に伸縮性があるので、その伸縮性を活かしてまぶたに貼っていくと良いでしょう。

jintengyuka1136さんの投稿
26067526 716045658601141 381812112894197760 n

その時に、アイプチテープの幅が広くなりすぎないようにすることもコツです。

ある程度短めの長さにカットしておいても、伸縮性による伸びで、まぶたの範囲をカバーすることができるようになっているので、その辺の調整も上手く行いながら、きれいな二重まぶたを作り出していくと良いでしょう。

misaki_disney_pooさんの投稿
25021997 2388587928025383 5729384019498369024 n

アイテープ・二重テープ使用時のメイク

それでは、一重や奥二重の女性がアイテープや二重テープを利用して、二重を作り出していく際のメイクについて、さらに詳しくご紹介していきます。

アイテープのコツの箇所でもご紹介したように、アイテープはアイメイクを行う前に使用していくことが大切です。

これは、パウダーやまぶたの油分などによって、アイテープがはがれやすくなってしまうことを防ぐためです。

また、アイテープを貼った後に、アイメイクをすることになりますが、メイク中にまぶたをこすったりすると、テープがはがれる原因になってしまいますので、なるべくこすったりしないように、優しくメイクを行っていくこともコツです。

アイテープを目立たないようにしたい場合には、ラメが強い化粧アイテムやクリームアイシャドウなどを塗ることで、アイテープの存在を目立たないようにしてくれます。

アイテープ、アイプチテープ使用時の注意点

メイクの際にもコツがありますが、アイテープやアイプチテープを使用していく際には、一定の注意点を守りながら利用していくことも大切です。

そういった注意点を守りながら、正しく安全に二重メイクを楽しんでいきましょう。

yk_91626さんの投稿
25012987 1217921261640819 5166441698233942016 n

まずは、まぶたの炎症が起きてしまった場合には、直ちに使用を中止して、かかりつけ医に相談するようにしてください。

アイテープやアイプチテープには、接着剤の成分が含まれており、その成分の影響でまぶたの皮膚が炎症を起こして、かぶれてしまう可能性も否定できません。

また、まぶたはとても薄くてデリケートな部分でもあるため、アイテープやアイプチテープを繰り返し使用していくことによって、皮膚が伸びたりたるんだりしてしまうこともあります。

したがって、まぶたの皮膚に違和感を覚えるようなケースも直ちに使用を中止することが大切です。

肌が弱いという方や、敏感肌の女性は、どういったアイテープやアイプチテープを利用しても、皮膚がかぶれてしまう可能性が高いので、恒常的に二重を楽しみたいというのであれば、整形も視野に入れておくと良いでしょう。

月に1回程度や年に数回程度のテープの使用であれば問題ありませんが、毎日あるいは、それに匹敵する頻度でアイテープなどを使用するのであれば、皮膚への負担も考慮して、整形も一つの選択肢として挙げることができます。

muchisu5558さんの投稿
23967175 990442534446535 6436574604105351168 n

二重にするには整形も一つの方法

上記でもご紹介したように、アイテープなどの使用は、まぶたの皮膚に影響を与えることも多く、肌トラブルの原因にもなりかねません。

そういった意味で、頻度の少ない使用であれば看過できる部分もありますが、そうでない場合は、整形も頭に入れておきましょう。

整形にもリスクがないわけではありませんが、専門医の指示を仰いだ上で整形を行えば、肌へのリスクも最小限にとどめた形で、二重まぶたを作り出していくことができます。

オシャレや美しさを求めたい気持ちも十分にわかりますが、自身の目元を傷つけない形を模索していくと良いでしょう。

アイテープやアイプチテープの使用も簡単で魅力的ですが、使用頻度が多くなってくれば、その分、肌への影響も大きくなってくるものです。

整形なども踏まえた上で、二重メイクを楽しんでいくと良いでしょう。

beautybox77さんの投稿
23594402 552933635057301 8707742637236420608 n

ファイバータイプのアイテープとアイプチの相性が良い

それでは、再びアイテープの魅力に話を戻していきましょう。

アイテープには3種類のテープがあることをご紹介しましたが、その中でもファイバータイプのアイテープはアイプチとの相性が良いことでも知られています。

yun___92tmさんの投稿
22802113 125973994759237 720080803664494592 n

やり方は簡単で、ファイバータイプのアイテープを貼りつける前に、二重を作るラインにアイプチを薄く塗って少し乾かしててきます。

その上にファイバータイプのテープをを貼りつけていけば、くっきりとしたきれいな二重ができ上がっていきます。

重たい一重の方や奥二重の女性で、ファイバーが上手くまぶたにくい込まないケースや、テープがはがれやすいケースなどにアイプチを利用していくと、きれいにテープを貼っていくことができます。

punini_21さんの投稿
22710491 437118063356913 2716597450721722368 n

ファイバータイプのアイテープとアイプチは万能

ファイバータイプのアイテープとアイプチは相性が良く、双方とも万能アイテムなので、きれいな目元を作り出していくことができます。

一重の中でも、重みのある一重でなかなか二重にしにくいというケースでも、アイプチとファイバーテープを組み合わせていけば、改善されることもあるので、根気強くチャレンジしていくと良いでしょう。

片面接着タイプのアイテープ・二重テープのやり方

それでは、片面接着タイプのアイテープのやり方についてご紹介していきます。

片面接着タイプでも、基本的には、両面タイプやファイバータイプのやり方と同様です。

そのやり方について、改めて確認していきましょう。

まずは、二重を作る位置を決めて、プッシャーを押し当てながら、ラインを整えていきます。

その後、プッシャーでまぶたを押し上げた状態で、アイテープをラインに沿って貼っていきましょう。

最後にプッシャーで、アイラインの調整を行ったら、きれいな二重まぶたが完成していきます。

片面接着のアイテープ・二重テープは厚みのない一重の方に最適

片面接着タイプのアイテープは、まぶたの皮膚に厚みのない薄めの一重の方には最適なアイテムとなっています。

厚みのない一重の女性の他、奥二重の場合でも、しわのないすっきりとした奥二重であれば、片面接着のアイテープでも十分にきれいな二重を作り出していくことができます。

奥二重の場合は、両面接着タイプか、ファイバータイプのテープの方が相性が良いこともあるので、自分なりに調整しながら貼っていくと良いでしょう。

k_i_a_t1017さんの投稿
22344628 138929223395952 7847134407772078080 n

薄めの一重の方におすすめの片面接着タイプですが、片面接着タイプのテープは、失敗してはがれてしまっても、また貼り直しやすいというメリットがあります。

したがって、一重、奥二重に関わらず、アイテープ利用初心者の方の練習用としても、便利なアイテープです。

アイテープやアイプチテープを目立たないようにするには?

一重や奥二重の女性を二重にしてくれるアイテープやアイプチテープですが、それを目立たないようにするためにもコツがあります。

メイクやテープ接着前の一工夫によって、テープの存在を目立たないようにしてくれるので、ぜひ参考にしてください。

目立たないようにすることで、より一層アイテープやアイプチテープの魅力に気づいていくこともできます。

アイテープや二重テープ、アイプチ接着前の工夫

テープを目立たないようにするために、アイテープや二重テープ、アイプチ接着前にできる工夫としては、貼る前のアイテープにアイシャドウを塗ってしまうことが挙げられます。

アイテープを貼る前に、アイシャドウを塗ってしまうことで、アイテープの存在をぼかしやすくなり、テープを貼っていることを目立たないようにしていくことができます。

kyo__hkさんの投稿
22158736 1123660291100533 8211844471994712064 n

アイテープや二重テープ、アイプチ後のメイク

アイテープを目立たないようにするためには、テープを貼った後のメイクも工夫すると良いでしょう。

メイクのコツとしては、ブラウン系の色をチョイスすることをおすすめします。

アイテープとの相性が良いブラウン形のアイシャドウをチョイスすることで、より自然な目元を演出することができて、アイテープを目立たないようにしてくれます。


◆関連記事:メイクの手順はどうすればいい?

アイプチとアイシャドウの順番は?メイクでアイプチをより綺麗に!

絆創膏もアイテープや二重テープ、アイプチ代わりになる

一重の女性や奥二重の女性が利用して、二重を楽しむアイテープですが、アイテープ以外にも、絆創膏で、アイテープ代わりとして利用することができます。

整形には抵抗があって、整形はしたくないけど、二重は楽しみたいという女性にも、絆創膏をおすすめすることができます。

絆創膏で二重テープやアイプチ代わりにするやり方

絆創膏で一重や奥二重を二重にする方法としては、まず絆創膏をまぶたのサイズにカットしていきます。

絆創膏で利用できるのはガーゼのない両端部分になるので、頭に入れておきましょう。

その後は片面タイプのアイテープと同様のやり方です。

プッシャーを当てながら作ったラインに沿って、絆創膏を貼っていけば、二重を作りあげていくことができます。

hina1397さんの投稿
27580105 919855821510800 566776344080285696 n

二重テープやアイプチだけでなく、ノリタイプもおすすめ

一重の女性や奥二重の女性、整形をしたくない方が、二重を作り出していくには、アイテープやアイプチテープ、絆創膏といったアイテムもおすすめですが、ノリタイプのアイテムでも二重を作っていくことができます。

ノリタイプのアイテムは、二重を作りたいラインにノリを塗っていくだけなので、簡単に二重ができるところもおすすめです。

ノリをつけたら、きっちりと乾くまでまぶたを閉じておくことがポイントになります。

アイプチはべったりとつけ過ぎないこと

二重を作っていくうえでは、アイプチを活用することもありますが、アイプチで二重を作り出していく場合には、べったりとつけ過ぎないことがポイントとなります。

アイプチは、薄く全体にムラがないように塗っていくことで、きれな形で仕上がっていきます。

そういった意味で、広くまんべんなく広がるようにアイプチを利用していくと良いでしょう。

アイプチをべったりと厚く塗ってしまうと、乾くのにも時間がかかり、まぶたに対する違和感も大きなものになってしまいます。

そうなると、二重のきれいさも保ちにくくなってしまうので、注意が必要です。

mother1310さんの投稿
21985451 505616606457199 7042588695660068864 n

アイプチや二重テープをこすらないようにする

アイプチや二重テープは一回つけたら、こすらないように気をつけましょう。

まぶたの皮膚は、とても薄くなっているので、引っ張ったりこすったりしてしまうと、ダメージを受けやすく、たるみやしわの原因にもなりかねません。

なるべく、まぶたはいじらないようにして、きれいな二重をキープしていきましょう。

【まとめ】アイテープや二重テープ、アイプチの使い方について

アイテープや二重テープ、アイプチの使い方について、コツや目立たない方法も含めてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

整形よりも確実にできる方法として人気を集めていますが、整形も一つの手段として頭に入れておくと良いでしょう。

整形には整形のリスクが、アイテープにはアイテープのリスクがありますが、そういったことも踏まえて、目立たない形での二重メイクを楽しんでいくと良いでしょう。

女性の美を支えるアイテープを積極的に活用して、日々活気に満ちた生活を送っていけると素晴らしいですね。

二重に関する情報についてもっと知りたいアナタへ

ダイソーのアイテープ・二重テープが進化!使い方は?【のび〜る】
夜用アイプチで効果があるのはどれ?二重になれるの?【徹底解説】
二重幅を広げる方法!ぱっちり二重になれちゃいます【必見】

関連するまとめ

たつお
たつお
みなさんに楽しく読んでもらいたいです!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ