リュック30Lってどれくらい?おすすめ25選を紹介します!

リュックは生活の身近にあるものです。30Lに限らずとも通学通勤から登山まで多種多様な目的があり登山でもザ・ノースフェイスやヘリー・ハンセン、ナイキなどブランドもさまざま。30Lのリュックの実際の使い勝手はどうでしょうか。おすすめのリュックについてまとめました!

リュック30Lってどれくらい?おすすめ25選を紹介します!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】リュックを使う機会は?
  2. 30Lのリュックは登山に最適!
  3. 30Lのリュックはバックパッカーにもおすすめ
  4. 30Lのリュックは普段使いに向いてる?
  5. 30Lのリュックがタウンユースに向かない理由は?
  6. 30Lのリュックには適した大きさが大事!
  7. 30Lのリュックを買ってみよう!
  8. 30Lのリュックを買うときにはこんなことにも注意
  9. 30Lのリュック1〜3 ヘリー・ハンセンのおすすめは?
  10. 30Lのリュック4〜6 大容量のものも!
  11. 30Lのリュック7〜9 ザ・ノースフェイスのおすすめは?
  12. 30Lのリュック10〜12 バリエーション豊かなラインナップ
  13. 30Lのリュック13〜15 patagoniaのおすすめは?
  14. 30Lのリュック16〜18 根強い人気のあるモンベルも
  15. 30Lのリュック19〜21 アウトドア以外なら?
  16. 30Lのリュック22〜23 いまだに人気のあるナイキも
  17. 30Lのリュック24〜25 ナイキはタウンリュックに特化
  18. 買うならアウトドア用の方がいい?
  19. 軽量化にこだわりすぎないことも大切
  20. 用途に合わせて正しいリュックを!

【はじめに】リュックを使う機会は?

リュックは私たちの生活と深い関わりがあるものですよね。外で働いている人にとっては通勤などで目にしない日はないと思います。それほど私たちの生活とリュックは密接な関わりがあると思います。男性女性など性別にもよりますが学校を卒業してからは職種によっては使わないという人もいると思います。

筆者が高校生のころなどは通学カバンとしてザ・ノースフェイスのカバンを持ってきている学生もいましたがそれ以降の年齢になるとリュック、特に30Lの容量のものを使う機会は減るのではないでしょうか。30Lのリュックを持っていないという人も大勢いると思います。

ここではそんな30Lのリュックの使い勝手や気をつけるべきポイント、ザ・ノースフェイスやヘリー・ハンセン、ナイキなどおすすめブランドについてもまとめました!

■参考記事:大容量リュックのおすすめ、コチラもチェック♪

大容量リュックおすすめ25選!人気のブランドはどこ?

30Lのリュックは登山に最適!

30Lのリュックを使うのに適している目的の1つはやはり登山でしょう。日帰りの登山はもちろん、1泊2日くらいであれば荷物を詰めるのに全く問題はないと感じます。持っていく荷物、自分が必需品がどれくらいかは登山であってもかなり人によりますが総じて1泊2日までならどんな人でも大丈夫ではないでしょうか。

1泊2日以上はつらい・・・・?

というのも、1泊2日程度であれば荷物がかさばる心配がそれほどないからです。着替えなどもコンパクトですみますしアウターなどの着替えを多く必要もありません。ですが3泊4日など中期〜長期に渡る登山ですと30Lのリュックでは厳しいと感じます。どれくらいの装備が適切なのかは人によって違います。ですが荷物を減らして最低限の装備のみでないと連泊はきつい、というのが30Lのリュックの大きさ加減だと言えます。

30Lのリュックはバックパッカーにもおすすめ

30Lのリュックは登山の他にバックパッカーにもおすすめできます。最近ではレディースものも多種多様なサイズ、デザインが増えて使いやすくなったように感じます。これは各ブランドがどれくらいの大きさがベストか、よりかゆいところに手が届くように努力しているからだと感じます。特にサイズやタウンユースでの使い回しについてはザ・ノースフェイスやナイキなどは有名だと思います。

30Lで旅行は無理じゃない?

男性女性問わずできれば旅行は小さい荷物で移動したいもの。飛行機で移動する海外旅行などであればスーツケースと小さめのリュック1つというのが無難かもしれません。たまたま筆者はこの記事を書く数週間前から30Lよりちょい小さめのリュックでタイに来ていました。

元々「どれくらいが最低限か決めて必要なものは現地で買おう」と思っていたので30Lのリュックだとガラガラにあまるくらいの容量でくることができました。今の時代多くの物は現地で買えるため、海外旅行をしたいと思っている人で最低限のものだけ持ち運べればいいという人にはとてもおすすめです。

30Lのリュックは普段使いに向いてる?

登山やバックパッカーとしての用途以外にも普段使いとして30Lのリュックを使うという手段もあります。タウンユースといい、自転車や登山、アウトドア用品などで日常生活でも使い勝手がよいものを普段から使うという考えですね。確かに登山用品などは値段が張る物が多く、できればタウンユースをして元をとりたいところです。実際に他のサイトを見てみると登山用品などで「女性のタウンユースにもおすすめ!」と書いているものを多く見かけますが・・・。

タウンユースは選択肢として厳しい

30Lのリュックは通勤、通学などタウンユースにはとても厳しいと筆者は感じます。特に女性にとって30Lのリュックを普段使いするのは拷問に近いものがあるのではないでしょうか。特に登山用品などは30Lのリュックも含め、どれくらいの大きさかが必要かはアウトドアベースになっています。リュックをどうしても使いたいというのであればナイキやザ・ノースフェイスなどからでている比較的安価で小さめのものを別途買うことをおすすめします。

■参考記事:通勤・通学におすすめの女性向けリュックはコチラ!

通勤リュックおすすめ25選!【女性編】使いやすいのはこれ!
通学リュックのレディース人気ブランドランキング!【女子学生必見】

30Lのリュックがタウンユースに向かない理由は?

「いやいや、でも実際ネットで複数人がすすめてるでしょ。」と感じる人もいると思うので30Lのリュックがタウンユースに向かない理由を述べていきたいと思います。実は筆者がそういった記事を見て以前に30Lの収納量リュックを買って痛い目をみています。ヘリー・ハンセンやナイキなどブランドが多くても結局サイズは同じ、30Lリュックがどれくらい普段使えるか少しでも想像できれば幸いです。

街中での細かい動作に向かない

30Lのリュックは普通のバッグよりも一回り二回り大きいです。その大きさからちょっとした細かい動作が向かないというのが理由の1つです。街中で人とすれ違いざまに半身になるとき、ちょっとした待ち時間でリュックを降ろすときがよい例だと思います。絶妙に置き場所に困ることも。特に女性の場合は電車に乗っても網棚に置くのも一苦労、バスにのっても足下にギリギリ置けないレベル、など実際使ってみるとリアルなところで不便が生じます。次の見出しに続きます。

30Lのリュックには適した大きさが大事!

需要と供給の噛み合わない切なさ

30Lのリュックをタウンユースする際には気になるのはその大きさに関わるものも。登山のようにゆっくり歩くわけではないため、詰め込みすぎると歩いているときに中身が背中、特に腰の部分にあたることがあります。いくら素材が進化してきたとはいっても限界があり、PCなど固いものが多いときはつらいです。ウエストベルトなどがあるものも多く、邪魔になったりかちゃかちゃ音がなるのもマイナスポイントです。

適材適所が大切

「そんなに詰め込みすぎなければいいじゃん、ウエストベルトも取り外しできるの売ってるっしょ。」というふうにも考えられるのですがそれだと根本的に30Lのバッグである必要性がなくなってしまうんですよね。最初から小ぶりのを買えばいい話に。筆者も何とか工夫してタウンユースを試みましたが諦めました。

「重たい中身でも背中に当たらないようにウエストベルトで固定できる」という利点もあるのですが街中で登山にいく格好でもないのにリュックのウエストベルトを締めて歩いている自分の姿に耐えられずこちらも断念しました。自分の欲しいリュックがどれくらいの大きさなのかを理解することは非常に大事です。

30Lのリュックを買ってみよう!

30Lのリュックは登山などアウトドア、あるいはバックパッカーとしての用途として使うことをオススメします。筆者の負の経験が少しでも役に立てば幸いです。では、実際に30Lのリュックを買うときに気をつけておきたいことはなんでしょうか。せっかく新しいものを買うんだし、値段も張るものなのでできれば失敗したくないですよね!

体型にあうかどうか

まず1番大事なのはやはりなんといっても自分の体型にどれくらいあっているかです。30Lのリュックの場合は自然と重たいものを運ぶ機会が増えるため、特に女性の中でも筋力のない方は慎重に選ぶことをオススメします。近年では女性用のものもサイズが随分と細分化されており、自分の身長や背中の長さに合わせたサイズがどれくらいのカバンかを女性でも選びやすくなっています!

30Lのリュックを買うときにはこんなことにも注意

仕切りはどうする?

30Lという比較的日常生活と比べると大きなリュックを買う場合、ザックの中が仕切られているかいないかということも大事になってきます。中が仕切られているかいないかでどれくらい大きな荷物を入れられるかということにも関わってきますよね。仕切りがないタイプは一気室、二つに区切られているのを二気室といいます。二気室の方が細かい荷物を複数入れる人には向いているかもしれませんが大きな荷物が入らないというデメリットも。

肩ベルト、ウエストベルトは?

また、肩ベルトやウェストベルトなども買う際に気をつけておきたいポイント。前述した筆者のタウンユースでは電車に乗った時にベルトが壁などに当たって音をたてるのも気になるポイントでした。ですがアウトドア用品だと割り切った場合、ウエストベルトは絶対にあった方がいいです。ウエストベルトがあるのとないのでは肩にかかる負担が全く違います。特に筋力が少ない女性にとっては必須といえるでしょう。

30Lのリュック1〜3 ヘリー・ハンセンのおすすめは?

1 スカルティン30

ここからはオススメのリュック25選についてまとめていきます。いくつかのブランドの商品をピックアップしていきます。まず最初のおすすめはヘリー・ハンセンというブランドです。最初におすすめするのはスカルティン30です。数多くの収納ポケットを持っており、その数なんと合計9つ!外側5つに内側4つということで小さなものも用途別に分けて収納できます。

2 フロイエン25

続いてはヘリー・ハンセンのフロイエン25です。特徴としては底の広さでしょうか。アウトドア用品ならではの満足いく底の広さとなっています。25Lということなので人によってはもう少しスペースが欲しいという人もいるかもしれません。用途に応じてスカルティン30とどっちを買うかという感じに。ヘリー・ハンセンの商品の中でもこの2つはレビューの評価もよく信頼性の高さが伺えます!

kzkn_32さんの投稿
15876053 609790095877723 7968506296611635200 n

3 アーケルデイパック

こちらは同じくへリー・ハンセンのアーケルデイパックという種類のリュックです。容量は22Lでタウンユースを考えるのであればこれくらいの大きさで充分ではないかと思います。値段は1万1千〜5千ほど。人によっては日帰り登山などにも重宝する大きさだと思います。ヘリー・ハンセンは元々北海油田で働く人のために建てられたノルウェーの会社が基盤となっています。ヘリー・ハンセンの機能美はそういった実用度が必須とされる環境で発展してきたブランドだからなんですね!

hh_fujiidaimaruさんの投稿
12519468 169083810125709 314949523 n

30Lのリュック4〜6 大容量のものも!

4 ビッグマップバッグ

ヘリー・ハンセンのおすすめ4つ目はビッグマップバッグです。こちらは32Lの大容量となっており、収納する際に無駄のない四角形のかたちが特徴です。重たいもの、大きなものを運ぶ必要があるという男性にはおすすめです。リュック自体の重さが1240g、中に仕切りがない構造となっているため女性には少し厳しいかもしれません。

kosuke_hayashiさんの投稿
22280011 1515839888462406 3697904667909423104 n

5 マップバッグ

こちらは同じくヘリー・ハンセンのマップバッグ。ビッグマップバッグより一回り小さい25Lの容量となっています。ちょっとしたピクニックや日帰り登山などには個人的にはこれくらいの大きさのものが取り回し、収納容量、重さを考えてもベストなのではないかなと感じます。どれくらい自分が荷物を入れるか分からないという人もこれくらいの大きさに合わせて荷物を考えるようにすると持ち運びも楽だと感じます。

tnf_shinmisatoさんの投稿
11325292 1487289918230860 489022603 n

6 ブレクスタ35

へリー・ハンセンオススメの最後はブレクスタ35です。開閉部がロールトップタイプなので雨が降ったときにも荷物がビショビショになることはありません。35Lという大容量ながらシンプルに1気室となっておりこちらも大きくかさばるものを運ぶときには助かりますね!ポケットの数は外4内4となっており、評価の高い一品です。

30Lのリュック7〜9 ザ・ノースフェイスのおすすめは?

7 BC FUSE BOX

続いて紹介するブランドはザ・ノースフェイスです。かなり有名なブランドなのでアウトドア用品などに疎いという人でもザ・ノースフェイスは知っているという人も多いはず。普段使いできるスタイリッシュな商品を多くつくっていく商品戦略は世界中でウケています。こちらのBC FUSE BOXも頑丈でちょっとやそっちでは破けたり壊れたりしないのがウリです。ただ雨のときに備えて別売りのカバーを買っておくことをオススメします。

8 Vostok 28

続いてはザ・ノースフェイスのVostok 28というリュックです。こちらは先ほど紹介したような箱形とは違いシンプルなリュックのかたちをしていますね。先ほどのが30Lの容量だったのに比べこちらはファスナーで閉めるタイプで28Lの容量、960gと文句なしの性能だといえます。

nn_passさんの投稿
26340826 145176876196184 887381913126305792 n

9 Single Shot

続いてはザ・ノースフェイスのシングルショットです。こちらは更にさきほどのヴォストークよりもコンパクトな23Lの収納容量に。フロントにはポケットが2つついており、小型デイパックとしてここくらいからなら女性でも普段ちょっとしたハイキングなどに使えるためおすすめです!重さも730g、ポケットの数も8つと申し分なしです!

aonaa__033さんの投稿
29717900 609331286085484 5903548194641412096 n

30Lのリュック10〜12 バリエーション豊かなラインナップ

10 Shuttle Daypack

引き続きこちらの見出しでもザ・ノースフェイスのおすすめについてまとめました!10番目に紹介するのはシャトルデイパック。容量25Lの重さ990g、ナイロン素材で少し他のリュックとは質感が違うのが特徴です。こちらはアウトドアに持っていくのはもちろん、PCを持ち運ぶ必要があるときにも役にたちます。見た目にこだわる人には特におすすめできる商品だと思います!

11 FP Hybrid 30

11番目は同じくザ・ノースフェイスのFP Hybrid 30というリュックです。こちらは他のリュックよりもよりバックパッカー向けのマルチユースパックとなっています。デザインからしてもこれぞバックパッカーといったところでしょうか。高い防水性、フィット感の高い背中とショルダーハーネスの構造とトレイルランニングなどアウトドアで使いたいという人におすすめです!

12 Big Shot CL

ザ・ノースフェイス最後のオススメはBig Shot CLというリュックです。このかたちのザ・ノースフェイスのリュックは見たことがある、という人も多いのではないでしょうか。元々あったBig Shotというリュックの復刻版で、MAX32Lまで入る大容量となっています。先に紹介したヘリー・ハンセンに負けず劣らず、ザ・ノースフェイスもアウトドア用品には強いんですね!

30Lのリュック13〜15 patagoniaのおすすめは?

13 Refugio Pack

へリー・ハンセン、ザ・ノースフェイスという2つのブランドを紹介しました。アウトドアのためのバックパックで2つとも有名なブランドですよね。3つ目に紹介するのはpatagonia(パタゴニア)というブランドです。こちらも山歩きなどをしている人にはなじみ深いブランドだと思います。最初に紹介するこちらはジッパー式ポケット、フロントポケットがついている他、サイドにもポケットがついており、飲料水などをそのまま入れることができます。

14 Arbor Pack

パタゴニアの2つ目はArbor Pack。こちらは収納可能サイズが21〜30Lとなっており、重量も580gと軽いのが利点です。最大30Lとはなっていますが実際は30L入れるとなるとかなり無理がでてきます。25Lくらいまでの収納をする普段使い用のバックパックとするにはよいと思います。

mark_antwerpさんの投稿
26869364 793494270859803 1659182884767924224 n

15 Black Hole Pack

パタゴニア3つ目はブラックホールパック。耐水性、耐久性に優れたデイパックで主にアウトドアでの使用に適しています。最大25Lまで収納できることに加え、画像では分かりにくいですが上部にジップポケットも完備されています!

tawatanaさんの投稿
17663653 1419049874836445 6351015874861727744 n

30Lのリュック16〜18 根強い人気のあるモンベルも

16 ガレナパック 30

手広いナイキやノースフェイスなどと共に国内で有名なブランドといえばモンベルではないでしょうか。モンベルはアウトドア用品ブランドですが国内での知名度は特に高く、信頼性もあります。さすがは国産メーカーといったところですね。ヘリー・ハンセンやパタゴニアよりは一般人への知名度も高いと感じます。

そんなモンベルが出しているガレナパックは旧型に比べ上部に財布やスマホなどが入るスペースが追加されました。その他トレッキングポールと呼ばれる杖のためのコードがつくなどアウトドアに特化したつくりとなっています。

17 ガレナパック 20

サイズの違うガレナパックですがこちらは最大20Lを想定しています。こちらは特に女性にオススメできるサイズとなっているのが特徴です。全体的な構造は30と変わりませんがウエストベルトを着用することで走ることも可能なため、女性の他に幼い子供がいる人にもおすすめです。フィット感も抜群のため、アウトドアに積極的に繰り出したい方はぜひどうぞ。

furusato2018さんの投稿
16790205 1370697832974749 6371667305981542400 n

18 バーサライトパック 30

ガレナパックとはまた違い、バーサライトパックの最大の特徴はその軽さにあります。最大30Lの収納でその重さ620gということで他の30Lリュックが1000g近辺なことを考えても非常に軽いことが分かります。素材としては頼りなさそうに見えますが見た目以上に頑丈で軽さにこだわりたい場合には重宝します!

mic_tezさんの投稿
30078575 181517252495277 9183296478699847680 n

30Lのリュック19〜21 アウトドア以外なら?

19 ウィゴー スクールビッグリュック2

ここまでメインはモンベルやヘリー・ハンセンなどアウトドア用品のリュックを紹介してきましたがタウンユースではウィゴーのリュック スクールビッグリュック2などがあります。名称は知らなくてもこのかたちはよく見たことあるという人も多いのではないでしょうか。2層式の構造になっており、ポケットの数も9、重さ850gと文句無しです。

20 ジャンスポーツ ビッグステューデント

こちらも有名なリュック、ジャンスポーツのビッグステューデントです。1つ前に紹介したウィゴーのリュックと合わせてタウンユースでは有名です。こちらも複数のコンパートメントがあり、収納口が広いのも特徴です。どちらもお子さんの通学用などには人気があります。使っている人の中には「どちらも耐久力あるし大差ない」という意見もありました。

21 ポーター ブリッジリュックサック

少し収納量を抑えてもいいという女性の方にはポーターのブリッジリュックサックも人気があります。デザイン的にも女性に人気があるポーターの中ではブリッジリュックサックが人気です。持っていく場所を選ばないデザインがやはり女性にウケています。タウンユースであればこういったリュックの方がいい、無骨なリュックを運びたくないという人も数多くいます。

30Lのリュック22〜23 いまだに人気のあるナイキも

22 ブラジリア バックパック

ナイキもリュックをつくっている有名ブランドといえます。ナイキの中でも特におすすめされているのはブラジリアのバックパック。24L収納で2つのコンパートメント、パッドの入ったショルダーストラップ、内側にノートパソコンを収納できるなどタウンユースに特化したスタイルとなっています。ナイキにリュックというイメージはあまりないかもしれませんが種々多様な展開をしています。

23 Hayward Futura 2.0

続いてはナイキのヘイワード フューチュラです。25Lの収納量ということでタウンユースする際にプラスワンの荷物がある人におすすめの仕様となっています。部活の用具を運んだり家族で旅行にいく際などに丁度いいサイズとなっています。ナイキの大きなロゴが特徴ですがこのロゴがいいという人もいれば主張が強すぎると感じる人もいるようです。

kana20002さんの投稿
28434180 1990706404583443 8157842860339625984 n

30Lのリュック24〜25 ナイキはタウンリュックに特化

24 YA シャイアン バックパック

続いてはおしゃれなデザインが目を引くナイキのシャイアンバックパックです。容量は20Lと少なめ、成長期のお子さんでも問題なく持てるサイズとなっています。普段持ち運ぶ総量がどれくらいか分かっているならばこういった20Lのバックパックの方が役立つことも多くおすすめです!

25 NIKE SB PRM スケートボードバックパック

最後に紹介するのはナイキのバックパックの中でもスケートボードに特化したデザインのリュックです。スケートボードに必要な全てのものを収納できるということで別な方向からのタウンユースへのアプローチとして紹介させていただきました。ナイキSB(スケートボード)はタウンユースでもニッチな需要に特化しています。

買うならアウトドア用の方がいい?

ここまでがおすすめリュックの25選紹介になります。様々な種類のリュックがあることが分かりました。ヘリー・ハンセン、モンベルなどのアウトドアブランドからナイキSBやザ・ノースフェイスなどタウンユースに力をいれているものまで色々なリュックがあります。「山用品は高い」「アウトドアは金持ちの趣味」というのが通説としてありますがこれはあながち間違いではないと感じます。

財布と相談

基本的にはモンベルやヘリー・ハンセンなどアウトドア製品のものの方がタウンユースのものより質がいいです。背中のフィット感、機能性、雨対策、通気性などほぼ全ての面で勝っているといっても過言ではありません。ですがその分割高なのも事実です。5000円近辺でタウンリュックが買えるのに比べてアウトドア仕様のは1万5千円〜2万円など。もちろんセールシーズンや店舗にもよってどれくらい値引きされるかは変わってきますがそれでも値段が張るのは間違いないです。

■参考記事:アウトドアにぴったりのリュックはコチラ!

アウトドアリュックのブランド人気おすすめ30選!【おしゃれ】

軽量化にこだわりすぎないことも大切

もう1つ気をつけておきたいこととして軽量化にこだわりすぎないことも大切です。30Lのバッグはその大きめの外見からどうしても少し重くなってしまいます。ですがここでリュックの軽量化に走ってしまうのは得策とはいえません。極端な軽量化を目的にしたリュックは背中のメッシュやクッションが悪かったり、背負ったときに重さが分散されない可能性があります。

テクノロジーが進んだ現代においては自然な軽量化はドンドン進んでいます。その中でも群を抜いて軽いというのは頑丈さや通気性、重さの偏りなど機能性を犠牲にした軽さであることがあります。「かばんは軽いけど重いものを入れると腰に当たって痛い」というのでは大容量のバッグを買った意味も薄れてしまいますよね。

用途に合わせて正しいリュックを!

ここまでおすすめのリュック25選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。製品が改良を重ねている現代、筆者としてはある程度のブランドであればどれを買っても問題ないように感じます。父親の影響もあり、幼少時によくアウトドアに行きましたがその時にアウトドア用のリュックの使いやすさに驚いたことを覚えています。その分値も張るものでした。

どのブランドかというのも大切かもしれませんが自分がどういった目的でリュックを必要としているかしっかり整理して考える必要があります。どれくらいの容量が必要か、どれくらい歩く必要がでてくるのかによって適切なリュックは変わってきますよね。ぜひ目的に合ったあなたにピッタリのリュックをみつけてくださいね。ここまで見ていただきありがとうございました!

リュックについてもっと情報を知りたいアナタに!

リュックインバッグの人気おすすめランキングTOP15!
高校生に人気のリュック25選!ブランドのおすすめはどこ?

関連するまとめ

Rayla08
Rayla08
ワールドカップに影響されてサッカーを始めようか迷っています

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ