お酒で顔が赤くなる女はどう思われている?男性意見と防ぐ方法

お酒に弱くすぐに顔が赤くなってしまう女性っていますよね。お酒ですぐに顔が赤くなってしまうと、飲み会の席などで1人だけ酔っぱらってしまっているようでとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。今回はお酒で顔が赤くなる女性に対する男性の意見と、それを防ぐ方法を紹介します!

お酒で顔が赤くなる女はどう思われている?男性意見と防ぐ方法のイメージ

目次

  1. お酒で顔が赤くなるのはなぜ?
  2. お酒で顔が赤くなる女は男性から見てどうなの?
  3. 顔が赤くなるのはイヤ!そんな女性のための対策法
  4. 逆に顔が赤くなりたい女子もいる!!
  5. 飲み会で男性にかわいいと思われるポイント
  6. お酒とうまく付き合って飲み会を楽しもう!

お酒で顔が赤くなるのはなぜ?

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなってしまう人がいます。顔が赤くなる女性はとても可憐な印象がありますが、本人からすれば自分だけ1人で酔っぱらっているようで恥ずかしいと感じることも多いようです。

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなるのは、実はアルコールを分解する時に体内で発生する「アセトアルデヒド」という成分が原因です。

お酒を飲んでも顔が赤くなる人と赤くならない人がいるのは、このアセトアルデヒドを分解する酵素の力によって差が生まれます。

今回はお酒で顔が赤くなる女性に対する男性の意見をまとめながら、お酒が赤くならないための対処法についても紹介致します。

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなってしまうと悩んでいる女性は参考にしてみてください。

お酒で顔が赤くなる女は男性から見てどうなの?

ではさっそく、お酒で顔が赤くなる女性は男性から見てどうなのかチェックしていきましょう!

お酒で顔が赤くなる女性は自分で思っているほど男性からの評判は悪くありません。男性の本音を覗いてみましょう♪

普段よりも色っぽく見える

多くの男性はお酒で顔が赤くなる女性のことを「普段よりも色っぽく見える」と感じています。

普段の様子とは少し違う大人の色気を感じさせる女性のその様子に、ギャップを感じてドキドキしてしまうこともあります。

お酒に慣れていない様子が可愛い

また男性はお酒で顔が赤くなる女性のことを「お酒に慣れていない様子が可愛い」と感じることもあります。

お酒好きな女性が好きな男性もいますが、お酒に慣れていない女性を年齢に関係になく「うぶで可愛い」と感じる男性も非常にたくさんいます。

自分が世話を焼いてあげたくなる

さらに男性はお酒で顔が赤くなる女性をみると「自分が世話を焼いてあげたくなる」と感じることも多いようです。

真っ赤な顔をしてお酒を飲んでいる女性はどこか頼りなく見えるため、お酒に強い男性なら思わず「自分がしっかりサポートしてあげなければ」と思うこともあります。

無防備に見えてドキドキする

お酒で顔が赤くなる女性は男性から見ると無防備に見えることも少なくありません。

飲み会などの席で真っ赤な顔でお酒を飲んでいる女性は、アルコールに弱いという自分の弱点をさらけだしている状態です。その無防備さにドキドキしてしまう男性も多いようです。

倒れないか心配になる

また男性の中には、お酒で顔が赤くなる女性を見ると「倒れないか心配になる」とハラハラしてしまう人もいます。

周りに合わせて頑張ってお酒を飲んでいる様子に、ストップをかけてウーロン茶などを渡してあげたくなるという意見もたくさん見られます。

顔が赤くなるのはイヤ!そんな女性のための対策法

お酒ですぐに顔が赤くなる女性は男性から見ると好感触である場合が多いようですが、「顔が赤くなるのはイヤ!」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

次はそんな女性のためにお酒で顔が赤くならない対策法を紹介します♪

メイクで顔の赤みを目立たないようにする

お酒を飲んだ時の顔の赤みを隠すためには、メイクで顔の赤みを目立たないようにする方法があります。

顔の赤みを目立たなくするためには、顔の赤みを抑える化粧下地やファンデーションを使うのが効果的です。自分の肌にあったコントロールカラーを選び、塗りすぎて白く浮かないように注意する必要があります。

水を多めに飲む

お酒を飲んだ時の顔の赤みの対処法として、水を多めに飲むのも良い方法です。

水で体内のアルコールを薄めることで酔いが引き、顔の赤みが少しマシになることがあります。誤ってもスポーツドリンクを飲まないでください。スポーツドリンクはアルコールの吸収を促進してしまうので、赤みはさらに増すでしょう。

飲み会の席では水やウーロン茶を注文して確保しておきましょう。

空腹時の飲酒を避ける

お酒を飲んだ時の顔の赤みの対処法は、空腹時の飲酒を避けることも大切です。

空腹時はアルコールの回りが早く、いつもよりも酔いやすくなってしまいます。すぐに顔が赤くなる女性は最初に軽く何かつまんでからお酒を飲むのがおすすめです。

肝機能の働きを助けるサプリメントを使う

お酒を飲んだ時の顔の赤みの対処法には、肝機能の働きを助けるサプリメントを使う方法もあります。

お酒ですぐ顔が赤くなる人は、体内でアルコールを分解する力が弱い人が大半です。サプリメントを使うことでその機能を強化することができれば、お酒で顔が赤くなるのも少しマシになる可能性があります。

お酒は時間をかけて少量ずつ飲む

お酒を飲んだ時の顔の赤みの対処法は、お酒は時間をかけて少量ずつ飲むことも大切です。

飲み会の席でも周りの人のペースに流されず、自分のペースを保ってゆっくりお酒を飲むと酔いが回りにくくなります。いろんな種類のお酒を交互に飲まないようにすることも大切ですね。

逆に顔が赤くなりたい女子もいる!!

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなることで悩んでいる女性もいれば、いくらお酒を飲んでも一向に顔が赤くならないと残念に感じている女性もいます。

お酒を飲んで顔が赤くなる女性は男性に可愛いと思われることも多いため、そんな女性に憧れている人もたくさんいます。

なぜ顔が赤くならない?

お酒を飲んでも顔が赤くならない人は、体内でアルコールを分解した時に出る「アセトアルデヒド」という成分を分解する酵素の働きが活発だと考えられています。

お酒で顔が赤くならない人はお酒に強い人が多いの特徴的ですね。

メイクで顔を赤く見せる

お酒で顔が赤くならない女性はメイクを工夫することで顔を赤く見せることもできます。顔を赤く見せるメイクのコツは以下の通りです。

ファンデーションを明るめのピンクカラーのものを使う

お酒の席で顔を赤く見せるためには、ファンデーションを明るめのピンクカラーのものを使うのがおすすめ!

ピンク系カラーはベージュ系カラーのものに比べて顔が少しだけ蒸気して見え、色っぽい雰囲気を出すことができます。

赤系のアイシャドウをまぶただけでなく目尻にものせる

顔を赤く見せるためには、アイシャドウも赤系やピンク系のものを選びましょう。

アイシャドウはまぶたにのせるだけでなく、目尻から下まぶたにかけても濃いめにのせるとより顔の赤みが増して見えます。

チークの色を赤や濃いめのピンクにする

顔を赤く見せるためには、チークも欠かすことはできません。

チークも赤みや濃いめのピンクのものを多めに入れましょう。練りチークであれば赤みの効果が長続きするのでより使いやすくなります。


また、赤くなってかわいく思われるのもよいかもしれませんが、仕草などでもかわいいと思わせることはできます。次はかわいいと思われるテクについてご紹介します。

飲み会で男性にかわいいと思われるポイント

では最後に、飲み会で男性にかわいいと思われるポイントについても簡単に紹介しておきましょう!

飲み会の席では、お酒の場だからこそ可愛く見える女性の仕草があります♪

お酒を飲んで眠くてウトウトしてしまう

飲み会で男性にかわいいと思われるポイントは、女性がお酒を飲んで眠くてウトウトしてしまうところです。

男性と2人きりでいる時に眠ってしまうのは彼氏でもない限り危険ですが、たくさんの人がいる場所で無防備にウトウトしてしまう女性はとても可愛く見え守ってあげたくなる男性がたくさんいます。

酔ってボディタッチが増える

飲み会で男性にかわいいと思われるポイントは、女性が酔ってボディタッチが増えるところです。

普段大人しい女性が酔った時だけボディタッチが増えるのは、男性はとてもドキドキするものです。

大胆なハグなどをするのではなく、男性の肩や背中にそっと手を添えるぐらいの仕草が可愛く見えるポイントになります。

普段よりもご機嫌になる

飲み会で男性にかわいいと思われるポイントは、女性が普段よりもご機嫌になるところです。

お酒で上機嫌になってたくさん話し始めたり、ニコニコ笑ている女性はとても可愛く見えます。

彼女ではなく友人や知人の関係でも、普段よりご機嫌になる女性とは男性はもっと一緒にいたいと感じることもあります。

お酒とうまく付き合って飲み会を楽しもう!

お酒で顔が赤くなる女性に対する男性の本音、そしてお酒で顔が赤くなった時の対策法などを紹介しました!

お酒で顔が赤くなるのは決してマイナス要素ではありません。お酒とうまく付き合って飲み会の席を思う存分楽しみましょう♪

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ