セックス前のお風呂は意外と重要|お互い気持ちよくなるために

セックスの前にはお風呂に入ったりシャワーを浴びたりしますよね。お風呂でのポイントなどをご紹介します。相手と2人で入るのもいいですし、ひとりで入ってセックスの前の準備を抜け目なく行いたいという人もいるでしょう。こちらをご参考にお風呂タイムを見直してみてください。

セックス前のお風呂は意外と重要|お互い気持ちよくなるためにのイメージ

目次

  1. セックス前のお風呂は意外と重要|お互い気持ちよくなるために
  2. セックス前はお風呂で身体をきれいに洗って
  3. セックス前のお風呂で体が温まるかも
  4. 一緒にお風呂に入るのもありかも
  5. 男性の身体を全部くまなくチェックできる
  6. まとめ

セックス前のお風呂は意外と重要|お互い気持ちよくなるために

デートをして、ようやくホテルへ行ったはいいけど、身体が汗でベトベト…

これからセックスをするかもしれないのに、自分の体が臭かったら嫌われてしまうかも知れない。じゃあセックスの前に、お風呂を…と考えているあなた!

一人で入るのはもったいないですよ。

彼氏と一緒にお風呂に入れば身体がキレイになるだけではなく、お互いの距離をまた一歩、縮めることができるかもしれないんです!

ここでは、セックス前のお風呂はどうしたら良いのか、いろいろな角度から見ていきましょう。

セックス前はお風呂で身体をきれいに洗って

自分の匂いは気にならなくても、相手の匂いはすぐに気付いたりしますよね。

もし、自分が気付かないうちに相手に不快な思いをさせていたらと思うと、ぞっとします。
肌と肌が密着するセックスは、相手の匂いがはっきりわかってしまうものなので、できる限り清潔を保つようにしましょう。

汗や皮脂汚れは不快になるかも

セックスをする時は、お互いキレイな体でいたいと思うのは、男女共通の思いです。でも、一日デートをした後のセックスとなると、気になるのは汗の匂い。

自分の匂いでさえ不快なのに、相手から嫌な匂いがしたら、いくら愛する人でも、ためらってしまうものです。

そうならないためにも、セックス前は、お風呂やシャワーなどで、しっかりと汗を流すようにしましょう。

ところが、男性の中には困ったことに、お風呂に入る前にセックスをしようとする人がいます。

そんな彼には、思い切って一緒にお風呂に誘ってしまいましょう。既にテンションが上がっている彼は、喜んでお風呂についてくるはずです。

歯磨きと恥垢落としと体毛処理も大切

匂いがするのは、汗や皮脂汚れからだけではありません。セックスの時は2人の距離が近くなることから、口臭や性器周辺の匂いなどが気になります。

そういった匂いで相手を幻滅させないためにも、セックスの前にはお風呂に入って体をしっかり、キレイにしましょう。

キスをするために歯を磨き、性器の恥垢もしっかり落としてセックスに挑みたいところです。

一日デートをしてムダ毛が気になってきたら、この時にこっそりケアすることもできますね。

無駄な悪臭・体臭はシャワーで流して

人間は生物なので、体臭が無臭という人はおりません。

体臭は、病気や体質などにも大きく関わってくるものですが、どんなに清潔を保っていても、必ず何かしらの匂いはします。

しかし、匂いがするのはある意味自然であり、お互い様の事なので、極端に気にする必要はありません。

とはいえ、気分的なこともあるので、セックスをする前にはゆっくりお風呂に入って、心と体の準備をしましょう。

「お風呂に入っている時間が待ちきれない」という場合は、シャワーでサッと体を洗い流すという方法もあります。

湯船に浸からないため、毛穴が開かず、汚れは落ちづらいものですが、流さないよりは断然マシです。

ボディーソープなどを使うと、ある程度の匂いもごまかせてしまうでしょう。ただし、盛り上がってきたタイミングでのシャワーは、酷というものです。

ラブホテルなど、セックスをすることが決まっているのであれば、部屋に入ったら早々にシャワーを済ませた方が無難かもしれません。

セックス前のお風呂で体が温まるかも

お風呂に入る理由は、体を清潔にすることや、身体をリラックスできることなど、人それぞれありますが、セックスの前となると、さらにメリットが増えます。

セックスの前にお風呂に入ることは、実は良いこと尽くしなんです。

身体が冷えていると感度も下がる

暑がりの人や寒がりの人など、人によって感じる気温の差には違いがあります。

特に女性の体は、ホルモンバランスが崩れやすいので、冷え性に悩んでいる方の話はよく聞きますよね。

そんな体の「冷え」は、夏場はまだマシなのですが、冬場はセックスに大きな影響を与えてしまうんです。

体が冷えると血の巡りが悪くなり、神経の働きが徐々に鈍くなっていきます。

神経の働きが鈍るということは、当然セックスの時の感度も落ちてしまうでしょう。

分かりやすい例は、寒い時期に長時間外にいて、冷えて指先の感覚がなくなってくるという経験は誰もがしたことがあるでしょう。

もちろん心臓にも近く、神経も集中している胸や性器の感覚をなくすことはありませんが、自覚症状のないうちに感度が鈍くなっているということは、充分に考えられるのです。

体がそうなってしまっては、せっかくのセックスに水を差してしまいます。

体が温まることで、鈍っていた神経の感度が戻るので、特に寒い時期には、セックスをする前にお風呂に入るようにしましょう。

体が温かいと濡れやすさも感度もアップ

先述した通り、身体が温まると体の感度が上がります。

セックスに求めているのが快感だとしたら、この現象を利用しない手はありません。

感度が上昇することで、女性がオーガズムに至りやすくなるという効果も期待できます。

また、体を温めるメリットはこれだけではなく、体が温まると筋肉もほぐれ、リラックスできるという効果も得られます。

体が緊張していると、十分にセックスを楽しむことはできません。

それどころか、女性が濡れづらくなったり、男性が勃たくなったら、セックスをする機会自体を失ってしまいます。

そのような最悪の事態を避けるためにも、一緒にお風呂に入ってイチャイチャするもよし、お互いの体を洗い合うのも良し、です。

とにかく、セックスの前に体を温めることは、いいことづくしなんです。

においがなくなれば自信も高まって集中できる

「もしかしたら、匂っているかも…」
「嫌な匂いがしたら、嫌われちゃうかも…」

今からセックスをしようとしている相手に対して、嫌われないようにしたいという思いは、誰でも感じることです。

また、男性はまだ良いとしても、女性は体内に入れられる側です。

いくら好きな人が相手でも、汚れたままでは衛生面も不安になりますよね。そういった気持ちを考えると、やはりセックスの前にはお風呂に入り、身体を清潔にするべきではないでしょうか。

体が清潔になることで、コンプレックスも薄れ、緊張も解けます。

また、匂いへの悩みが消えた分だけ、相手のことへ気遣うこともできるはずです。

男性は相手をリードする余裕ができて、女性もセックスに対してポジティブな印象を持つ事もできてしまうでしょう。

そして、お互いの気持ちに寄り添うセックスをすることで、よりいっそう仲が深まるのではないでしょうか。

一緒にお風呂に入るのもありかも

お風呂では、お風呂でしかできないスキンシップがあります。また、セックスをする前と後では、また違った楽しみ方もあるでしょう。

お風呂は体を清潔にする場所だけでなく、相手との心の距離を縮めることのできる場所でもあります。

背中を流したりお風呂の中で一度するのもあり

お風呂は、誰にも邪魔されず自然とスキンシップが図れる、数少ない場所です。

しかし、男性の場合は彼女と一緒にお風呂に入りたいと思う方も多いと思いますが、女性は裸を見られるのが恥ずかしいという理由で、一緒に入りたがらない方も多いです。

こういった場合、もちろん強引に誘うことはNGなのですが、少しは交渉をしても良いでしょう。

例えば、裸を見られるのが嫌だったときは、先に湯船に入ってもらうと、見られることもなくなります。

また、お風呂場の照明を暗くしておけば体も見えづらくなるので、恥ずかしさも薄れてしまうでしょう。

湯船に入浴剤を入れて、濁って見えづらくするのも一つの方法です。

そうして一緒にお風呂に入っているうちに、肌と肌が密着することで興奮してくることもあるでしょう。

その時は、そのままお風呂でセックスしてみるのもありだと思います。

ボディーソープの泡などでヌルヌルになった肌の感触は、いつもとは一味違ったセックスを楽しめるようになります。

しかも、セックスが終わったら、そのまま洗うことができるので、一石二鳥です。

フェラもお風呂の中なら洗いながら出来る

フェラをするのに抵抗がある人は多いのではないでしょうか。いくら相手のことを愛しているからといっても、やはり汚れやすい場所なので、遠慮してしまいますよね。

そういった問題も、お風呂に入ってしっかり汚れを落とした後は、もしかしたら解決できるかもしれません。

その際は自分で洗うのも良いのですが、相手に洗ってもらうように頼んでみても良いでしょう。

自分が納得のいくまで洗ったものなら、フェラをしてもらえる確率が上がります。

フェラは快感と共に、ある種の優越感を感じることができる為、してほしいと思う男性は多いはずです。

そして、できるなら愛する人の願いをかなえてあげたいと思っている女性がいることも事実。

フェラをすることで、もう一歩お互いの関係を深めてみてはいかがでしょうか。

届かない部位の体毛処理をできるかも

お風呂でできるスキンシップの一つとして、自分では届かない部位の体毛の処理があります。

特に、背中の体毛は自分で処理することは、とても難しいことです。せっかく自然に裸になれる場所なのですから、思い切って体毛の処理を頼んでみてはいかがでしょうか。

ただ、剃ってもらう体毛は一般的に「ムダ毛」と呼ばれているものなので、恥ずかしいやら見られたくないやらで、抵抗がありますよね。

しかし世の中には、女性器の周辺や肛門周辺のムダ毛を相手に処理をしてもらうというハイレベルなカップルもいるようです。

これは、お互いのことを相当熟知していないと難しいレベルではありますが、それだけ信用されていると解釈することも可能です。

相手との距離をさらに縮めたいと思っている方には、とてもおすすめできる方法です。

男性の身体を全部くまなくチェックできる

お風呂では、相手の体を観察できるチャンスです。日頃から気になっていた体毛や匂いなど、お風呂場では、自然に話ができてしまうでしょう。

体を洗い合ってイチャイチャするだけでも良いのですが、ついでに相手の体を自分好みに処理をしてあげましょう。

代わりにムダ毛処理をするのもあり

お風呂ではお互いが裸の状態なので、相手の体のチェックもできてしまいます。そこで気になるのが、身体に生えているムダ毛…

人によって価値観が違うので、ムダ毛の定義も人それぞれですが、気になる人は気になりますよね。

ムダ毛かどうかを決めるのは難しいので、相手の了承を得てからの話になると思いますが、気になるムダ毛があったら、剃ってあげても良いのではないでしょうか。

触れられることが好きな男性となら、十分なスキンシップになります。

気になるムダ毛を剃って、男性をあなた好みに変身させてしまいましょう。

ムダ毛が汚らしいと思う人はやってあげたほうが早い

女性にとっては、男性のムダ毛は少ない方がいいと思っている人が大多数です。しかし、先述した通り、ムダ毛の定義は人それぞれです。

いくらあなたが剃りたいと思っていても、相手が嫌がったときは、無理に剃ることはおすすめできません。

特に髭などは、自分のこだわりで生やしている方が多く、厳禁ではありますが、胸毛やすね毛、またはアンダーヘアなど、当たり障りのない箇所が気になったら、思い切って声を掛けてみてください。

気をつけなければならないのが、剛毛の方の毛をそのまま剃ってしまうことで、後の処理が大変なことになります。

本気でムダ毛の処理をしたいと思ったら、ムダ毛処理用のワックスやジェルなどの必要な道具を揃えてからにしましょう。

ボディーミルクなどでいい匂いも付けられる

匂いが気になる場所といえば、性器周辺は言うまでもありませんが、脇や足の裏などが挙げられます。

これらの場所は夏だけではなく、汗をかかない冬でも匂いが発生します。

相手の匂いが気になるのであれば、お風呂に入ったついでにボディーミルクなどで洗い流してあげましょう。

また、体臭も気になる方は気になりますよね。人それぞれの体臭以外にも、昨今では生活習慣の乱れからか、20代でも加齢臭に悩んでいるという人は多いようです。

体臭は、自分ではなかなか気付くことができないもの…

しかし、直接指摘をすると相手が傷ついてしまう恐れがあるので、さりげなくお風呂で洗ってあげましょう。

まとめ

セックスの前後に入るお風呂は、身体をキレイにするほか、お風呂場でしかできないスキンシップを図ることができます。

とはいえ、一緒に入るのを嫌がる相手に、無理矢理お風呂に誘ってしまっては嫌われてしまう可能性があります。

お互いの距離をさらに縮めるためにも決して無理強いはせず、自分たちのペースでお風呂でのスキンシップを楽しんでみてください。

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ