ベッドだからこそ出来るセックスのやり方・体位の攻略

セックスはどこでしていますか?ベッドが普及した昨今、ベッドでセックスするカップルも多いでしょう。今回はベッドならではの方法や体位をご紹介しますので、余裕があるカップルや刺激がほしいカップルは試してみてください。新しい扉が開くかもしれませんね。

ベッドだからこそ出来るセックスのやり方・体位の攻略のイメージ

目次

  1. ベッドだからこそ出来るセックスのやり方・体位の攻略
  2. ベッドでセックスを楽しむ方法
  3. ベッドのホコリ取りや掃除の仕方
  4. ベッドで激しくセックスする時に用意するもの
  5. 一人用のベッドでセックスする場合の注意
  6. まとめ

ベッドだからこそ出来るセックスのやり方・体位の攻略

セックスをする時は、ほとんどの人が布団かベッドの上ですることになります。

布団はそこまで工夫することはないですが、ベッドはスプリングが付いていて沈み込みが激しいという特徴があるため、慣れないと少し動きづらいです。

ベッドでセックスする時には、そのベッドの特徴を理解した上で動けると、もっと気持ちよく2人の時間を過ごせます。

ベッドでセックスを楽しむ方法

ベッドはスプリングを利用して腰を触れるように

ベッドはお布団に比べると沈み込みがあって、ジャンプすると跳ねるような感じになっています。

そのため、セックスをするときにもこのベッドの反動を利用してピストン運動するようにすると、激しいセックスをしているような感じになれて、少しの動きで激しい揺れを起こせるのでセックスに慣れているカップルにとっては乱れやすいとも言えます。

女性によっては、気持ちも伝えあっていて理解し合えている好きな男性に、より激しく勢いよく乱暴に侵されているようになると燃えるという人がいます。

ベッドでのセックスでは行為中の揺れが激しくなるのでより激しいセックスができるというメリットがあります。

そのベッドのメリットを楽しめるように揺れ方に早めに慣れると、その後の2人の時間がもっとアツアツになってよいでしょう。

ベッドなら立ちバックも試しやすい

布団ではやりにくいですが、ベッドから降りて、ベッドに両手を付いたり、ベッドに身体だけ押し付けて足はベッドから下ろすように四つん這いになるような姿勢になると立ちバックでのプレイがしやすくなります。

後背位もベッドでは男性は立ったまま挿入してちょうどよい高さで動けるというメリットがあり、布団よりも楽にセックスができるでしょう。

ベッドならば、布団のようにいちいちお布団を出したり、しまったりする必要がない分、したくなったときにいつでもベッドに2人で飛び込めばセックスできます。

服を着たままノーパンで立ちバックするのもベッドならば簡単で、そのままセックスした後に続けてベッドでするもよし、疲れてしまったなら、そのままベッドで眠ってしまうのもよしと、熱々のカップルにはベッドは最適かもしれません。

ベッドで騎乗位するにはちょっとコツが居るかも

経験したことがない人はイメージしにくいかもしれませんが、ベッドで騎乗位をすると男性の身体も沈んでしまい、女性が膝をついたときにもその部分だけ余計に沈んでしまって安定させにくいです。

一度挿入させてしまえば揺れ動きやすいですが、スプリングの弾みのせいで腰が浮きすぎてしまっていちいちおちんちんが抜けてしまう事もあります。

お布団で挿入する場合は重力に従ってそのまま腰を落とせばよいのですが、ベッドではバウンドしたときに弾みで浮いてしまうという欠点があります。

また、挿入時も慣れていない人は入れにくく、フラフラしてうまく入れられない場合が多いです。

完全に男性に覆いかぶさるようにすれば抜けにくくなりますが、角度がつきにくくなるので、気持ち良い場所に当たらない可能性もあります。

ベッドでのセックスは、2人のセックスの仕方と感じる場所などの相性が関係してきてしまうので、人によっては向いていない可能性があることを理解しておきましょう。

男性が上になってセックスするほうが動きやすく、必要に応じてベッドのマットレスやスプリング、反発力なども変えるとちょうどよい状態にできるかもしれません。

ベッドのホコリ取りや掃除の仕方

布団は必ず干してバサバサすること

ベッドでセックスするときに厄介になるのがハウスダストと臭いです。長年がさつにしていて、ベッドのマットレスやシーツをきれいにしていないと、ベッドにはたくさんのホコリ、ハウスダストが残ります。

また、寝汗も残りやすいため、その臭いも消臭しないとセックスする相手にとっては悪臭と感じられてしまうかもしれません。

そのため、ベッドは事前にホコリを完全に取り除けるくらいに干して、バサバサしてホコリを飛ばし、シーツはしっかり洗って臭いも落としましょう。

それでも舞い上がるホコリが出てきてしまう場合は寝室の中にたまっているホコリもきれいにしないといけません。

換気も欠かさずに、ベッドをきれいにできていればセックスする彼が鼻水とくしゃみで苦しみすぎて、セックスに集中できなくなることもありません。

マットは掃除機でガッツリホコリを吸い上げる

ベッドのマットが大きすぎて移動させられず、干すこともできない場合は、掃除機でガッツリホコリを吸い取りましょう。

最近の新しいベッド用のマットはそう簡単にホコリが出ないようになっていますが、少し古いものはホコリをたくさん蓄えていることがあります。

干せなくても掃除機でじっくり時間をかけてホコリやハウスダストを吸い上げて、最後にファブリーズしておけばだいぶましになります。

また、ベッドがある部屋は空気清浄機をつけて、空気中のホコリを残さず吸い取ってもらえるようにしましょう。

意外と床付近に溜まっているホコリ、机や本棚周りのホコリは人の動きに伴って起こる空気の対流でホコリを巻き上げる要因になります。

自分の部屋のホコリとは仲良しできても、他人の部屋のホコリは耐えられないという人は多いので、ベッドでセックスするときはきちんと掃除をあげてください。

枕カバーやシーツはしっかりきれいに

忘れがちなのが枕カバーの洗濯と交換です。彼がよく寝ていくようであれば100円ショップのものでも良いので何かしらクッションを枕にできるように、相手の分の枕も一つ用意しましょう。

布団と異なりベッドのシーツは交換が手間ですが、ちゃんとシーツを洗濯しておかないと黄ばんだり、落ちない汚れがついたりして恥ずかしいことになってしまいます。

枕カバーは男女ともに臭いがよく残るので、セックスする前には洗っておくか、新しい枕カバーを使っておきましょう。

セックス中には枕を使わないほうが良いこともありますが、枕があったほうがセックスしたまま寝落ちできるというメリットがあります。

タオルケットのような洗濯できるものがあればそれもあわせて洗濯しておき、どんな寝具もできるだけ欠かさずにきれいにしておいてください。

さらに、セックスした後のシーツは2人の汗、彼の精液、あなたの愛液で汚れてしまっている可能性がありますので、後片付けが面倒な場合はバスタオルやシーツを被せておいてその上でセックスするようにして手間を減らしましょう。

シーツに彼の匂いやぬくもりが残る方が良いという人もいるかも知れませんが、時間が経つと消えてしまって汚れになってしまいます。

ベッドで激しくセックスする時に用意するもの

バスタオルを体の下に敷くと掃除しやすい

理性が吹っ飛ぶくらいの気持ちの良いセックスをしたいならば、ベッドの敷布団やシーツがどれだけ汚れても気にならないで済むように準備しておきましょう。

大きめのバスタオルやシーツを重ねて敷いておけばセックスした後にそれを外して洗濯すればよいだけです。

セックスするときにバスタオルやマットを追加で敷いておくとそこの部分だけ温かくなり、ベッドの厚みも増して気持ちよさが増すかもしれません。

汚れて後片付けが面倒にならないという心の余裕があれば、その分、思いっきり感じられて乱れやすくなるはずです。

男女ともに心の枷があると本気になれないので、汚れても大丈夫だという状態になっていれば、男性も愛撫、セックスに集中することができます。

汗だくになってセックスするのにも抵抗なくなり、完全に時間も理性も忘れて愛し合えれば一生忘れられない思い出にもなるかもしれません。

ゴムやティッシュは枕元に

ベッドで乱れる用意ができていても、途中でティッシュを用意しに移動したり、ゴムを用意しにベッドから離れたりしていると、せっかくの雰囲気が冷めてしまって、愛撫や前戯中にふと我に返ってしまう時ができてしまうかもしれません。

そうならないようにベッドの上から手を伸ばせば届く所にティッシュとゴムを多めに用意しておくことをおすすめします。

コンドームは若者の場合は、激しくすると2回、3回分くらいは必要になるかもしれないので、最低でも3個は用意しておけば安心です。

セックスの初体験、2回目くらいのときはコンドームをうまくつけられないで失敗する可能性もあるので、予備をどこかに隠しておいてもよいでしょう。

ティッシュはボックスティッシュが置いてあれば不足することはないでしょう。

枕は2人分あるのが理想的

セックスした後はたいてい力が抜けてすぐに寝てしまう人が多いため、枕は2人分あったほうが良いです。

ベッドが大きくない場合は、狭いベッドの中で2人で詰め詰めになって寝ないといけなくなるのでせめて枕を用意しておかないと場所がなくなってしまいます。

セックスして愛し合ったまま、抱き合って眠るのも良いですが、乱れすぎて理性を失った状態でセックスしていてコンドームが外れていることに気付かずにセックスして、中出ししてそのまま寝てしまったら致命的です。

枕が一つしかないとどう足掻いても、一つの枕を奪い合うことになりますので、寝るスペースを分ける意味でも枕は2つあったほうが良いでしょう。

普段は枕は抱きまくらとして使い、彼が家に来た時には彼の枕として使ってもらえれば効率的で、枕も邪魔にはなりません。

ひとつ気をつけないといけないのは、一人暮らしで、彼とはじめてのセックスをするときに枕が2つカンペキな状態でそろっていると、既に他の男がいるのではないかと疑われることもあるので、家に彼を呼ぶ前に枕を買っておくという事を伝えておくと良いでしょう。

枕やマットレスも2人で使うと足りなくなってしまいますので、共用できるように100円ショップなどコストが掛かりすぎない所を頼りましょう。

一人用のベッドでセックスする場合の注意

揺れが激しいと壊れるかも

一人用のベッドに大人2人が乗るとサイズによっては大きく凹んで壊れてしまうこともあります。

1人用のベッドでも120kgくらいの人が寝てもだいたいは大丈夫なので、大人2人寝ても問題はなさそうですが、セックスする場合はそこに揺れが加わるため耐久度の限界を超える可能性があります。

女性の体重が50kg、男性の体重が60kgだった場合はすでにギリギリかもしれませんので、ベッドの大きさが小さい場合は気にしておいたほうが良いです。

ベッドが小さい場合は男性が積極的に腰だけを動かすようにしてセックスすれば揺れは最小限にできますが、男性の腰に大きな負担がかかります。

この方法は男性が体全体の揺れでピストンするわけではないので、男性の腰使いがある程度発達していないと期待はできません。

また、男性の経験が豊富でないと女性の中で気持ち良い場所に当たらない可能性があるので、なかなかうまくいかないかもしれません。

体重が重いとベッドの軋み音でうるさいかも

学生の一人暮らしのアパートの部屋では、ベッドの軋み音が上下階に響いて聞こえてしまう可能性があります。

毎晩のように盛っているとさすがにうるさくて大家さんに言われてしまう可能性もありますので、注意する必要があるでしょう。

これは体重が重くなくてもベッドの質が悪いとうるさく音が出てしまい、女性の声が大きすぎてもうるさくなって周りに聞こえてしまいますので、どうしても肩身の狭い状態でセックスしないといけなくなります。

特に折りたたみ式のベッドでは、構造が弱いことが多く、男女二人が乗って揺れるとフレームが歪んだり、ネジが緩んできしむようになったりします。

ベッドでのセックスにもメリットはありますが、デメリットもありますので熱々になって周りが見えなくなる前に理解はしておきましょう。

激しく乱れているのを周りに聞かれてから、大家さん経由で注意されるのは恥ずかしいですから、きちんとこういった点は大人として自己管理しておいてください。

激しくしたいなら彼の腰使いに任せるほうが良い

どうしても激しいセックスをベッドで楽しみたいならば、彼の腰使いに頼り切ったほうが良いです。

騎乗位で女性の腰を動かすのも良いですが、それでは汗だくになるほどの激しいセックスは難しいです。

男性が上になる正常位になって、男性も女性も一緒に腰をぶつけ合うようにすると、ベッドのスプリングの反動がちょうど静かに揺れるタイミングがありますので、それを掴んでセックスしましょう。

男性側にも腰に角度をつけて挿入するようにしてほしいと伝えておいて、少しずつ2人で練習すれば理想的なセックスができるはずです。

どちらか一方が動くだけのセックスが気持ちよくないわけではないですが、2人一緒にぶつけ合うようなセックスもできるようになれば、気持ちよさも倍以上になります。

そうするためには理性は一旦捨てて、ベッドの反動と彼の腰使いと自身の欲望に忠実になるのが一番です。

まとめ

ベッドでセックスをする時には、布団などでするときに比べてスプリングによる揺れが加わりますので、腰の使い方に少しコツが必要です。

また、むやみにボフンボフン揺れていると軋み音がしてうるさくなりますので、うまい具合にピストンできるようにしましょう。

また、ベッドのメンテナンスや掃除も欠かさないようにして、セックス中に鼻水やくしゃみで辛くならないようにしてください。

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ