ラブラブ夫婦でいるために大切にしたいこと|エピソードから夜の営みまで紹介

ラブラブ夫婦でいたいと思うのは、夫婦なら誰も願ったことがあるものではないでしょうか。しかし、現実はラブラブでいたいけどそう上手くはいかない…と思う人もいるでしょう。今回はラブラブ夫婦でいるための秘訣や、実際のラブラブ夫婦のエピソードなどを紹介します。

ラブラブ夫婦でいるために大切にしたいこと|エピソードから夜の営みまで紹介のイメージ

目次

  1. ラブラブ夫婦の特徴は?
  2. ラブラブ夫婦エピソード3選
  3. いつまでもラブラブな夫婦でいるための秘訣
  4. ラブラブ夫婦の夜の営み事情
  5. 気を付けて!離婚にいたってしまう原因
  6. いつまでもラブラブ夫婦でいたい♡

ラブラブ夫婦の特徴は?

まずは、ラブラブ夫婦の特徴から見ていきましょう。ラブラブ夫婦と言われる夫婦には、共通点がありますよね。イチャイチャしていなくても、見ているだけでラブラブ夫婦だというのが分かる夫婦はいるのです。

これから結婚してラブラブ夫婦になりたいとか、いつまでもラブラブ夫婦のままでいたいと思っている人は必見♡

この記事では、ラブラブ夫婦の特徴だけでなく、ラブラブ夫婦でいれるような秘訣やエピソード、夜の営みなどについても紹介していきます。

読み終わる頃には、ラブラブ夫婦になれるコツを掴み、今日からの自分たち夫婦のあり方が変わっていくのではないでしょうか。

お互いを尊重している

お互いを尊重するというのは、できそうでなかなかできないことです。長い時間を共有していればいるほど、いつの間にか相手を下に見てしまう発言をしたり、相手を否定する態度を取ったりしてしまうことがあるでしょう。そのため、どちらか一方が「自分はバカにされている…。」と感じてしまうことも。

しかし、ラブラブ夫婦にはこれがないのです。お互いのやっていることもお互いの存在も、夫婦ともども尊重することを大切にしています。パートナーの考えや異なる趣味を理解し認めています。

「認められている!」という安心感をお互いに持つことができ、この安心感によって夫婦はいつまでもラブラブでいられます。大事にされているということが伝わり、幸せを感じることができるでしょう。

信頼感◎

ラブラブ夫婦が相手を束縛しないのは、相手に興味がないからではありません。相手を信頼しているからこそ束縛しないのです。束縛しなくても相手が裏切らないことを分かっているからでしょう。

そのため、ラブラブ夫婦は相手がどこで何をしているかを心配するのではなく、相手が無事に家に帰ってくるかどうかを心配しています。

また、信頼しきっているからこそお互いがある程度自由に行動することもできます。結婚しても友達との付き合いを楽しんだり、一人の時間を満喫できるのも夫婦が上手くいくポイント。

信頼感がある夫婦は、見ているだけで落ち着きがありますね。そして、「家庭に癒しがあるんだろうな。」というのも伝わってくるでしょう。

共有する

ラブラブ夫婦は、今日は何があったとか、何が楽しかった、悲しかったということをきちんと共有することを大切にしています。何か発見や出来事があるたびに、「これ帰ったら話そう!」と思っているのではないでしょうか。

共有するということは、自分を知ってもらうことにもなりますし、これこそがコミュニケーションになりますよね。夫婦間でのコミュニケーションがしっかりしているため、それが信頼になって結果的にラブラブになるのでしょう。

ゆとりがある生活

さらに夫婦に大事なのは、ゆとりです。このゆとりには、金銭的ゆとりと精神的ゆとりがあります。できれば、精神的ゆとりが大きい夫婦のほうがいいですが、金銭的ゆとりもある程度は必要だというのは否めません。

お金がないと、「今月どうしよう…」「また飲み会!?」など相手がお金を使うことが癇に障り空気がピリピリしてしまうことがあります。金銭的ゆとりが精神的ゆとりにも繋がるため、やはりある程度はお金にゆとりがあるのも必要です。

ただ、お金だけがあっても精神的なゆとりを持つことができなければ関係はギクシャクしてしまいます。精神的にも大らかな気持ちで居続けられる夫婦がラブラブなのです。

依存していない

夫婦がいつも一緒に行動するのは、微笑ましいことですよね。また、それだけ仲良しだなと思うこともできるでしょう。しかし、仲良しと依存は紙一重。

「どこへ行くのもずっと一緒がいい」「離れたくない」というような依存カップルは、最初はうまくいっても後にお互いの対応が少し変わっただけで、トラブルに発展してしまうことも珍しくありません。

時間が合うときに一緒にいる夫婦は一人の時間も友達との時間も楽しみ、お互いに必要と思いながらも精神的に自立できているので何年経ってもラブラブなままでしょう。

男女であることの意識

夫婦になると家族になります。子供ができるとより家族らしさが出てきますよね。そうなると男女の意識が薄れてしまうことも。

ラブラブ夫婦は、いつまでも相手を男として女として意識しています。そのため、少しのことで胸キュンしたり相手に惚れ直したりすることがあるのです。

男女であることの意識をしている夫婦は、お互いの着替える姿を見ないとか、お風呂は別々で入るなどを工夫していることもあります。

ラブラブ夫婦エピソード3選

実際にいる、ラブラブ夫婦のエピソードについて紹介しますね。結婚して数年経つとラブラブではいられなくなるというイメージを持っている人もいるでしょうが、いつまでもラブラブな夫婦は現実にいるんです♡

可愛いゲームをする夫婦

老夫婦になっても、いつまでもラブラブで仲がいいのはとても羨ましいことですね。何気ない些細なゲームですが、こんな風に冗談を言い合えるというのは、それだけ相手のことがいつまでも愛しい存在だからではないでしょうか。

感謝の言葉を忘れない夫婦

息子のお嫁さんに対して感謝をし、親戚のお嫁さんに対しても褒めちぎり、挙句の果てには自分のお嫁さんへの感謝を伝えるなんてとんでもなくいい夫婦だということが分かりますね。

人の悪口を言い合うのではなく、良いところを褒めあうことができるというのがまず日頃の夫婦の心の中をあらわしていますよね。

しかし、最後に夫のほうが「皆いい妻だけど自分の妻が1番いい妻だ。」とさりげなく言っているような感じがして、心が温まりますね。

面白夫婦

妻はよく、旦那のことを褒めては動かし、褒めては調子に乗らせようとしますよね。この夫婦もまさにその形を取っているのですが、「かっこいいからどいて。」というのは非常に面白い言葉ではないでしょうか。

「邪魔だからどいて。」とか、ただ「どいて。」と言われるとムっとくるでしょうが、「かっこいいからどいて。」と言われると笑ってしまって「はい、ごめんなさい。」と素直にどくことができますよね。

旦那を上手に動かす妻も面白いですし、そこに気づいている夫も面白いですね。この面白さがいつまでもラブラブでいられる秘訣でしょう。

いつまでもラブラブな夫婦でいるための秘訣

ラブラブ夫婦でいたいと思うのは簡単なことですが、実際にラブラブ夫婦になるのは難しいことではないでしょうか。しかし、ラブラブ夫婦がいるのは事実です。

どうしたらラブラブ夫婦で居続けることができるのか、その秘訣を紹介しますね!

感謝の言葉を口にする

当たり前のことなのに、感謝の言葉がなくなってしまうことがありませんか?言わなくても分かってくれているというのは大間違い。いくら夫婦でも言葉を口にしないと伝わりません。

ちょっとしたことにでも「ありがとう!」という言葉を伝えましょう。それだけで、相手の気持ちは満足します。そして、相手からもきちんと感謝されるでしょう。

感謝の言葉をきちんと言うだけでも、お互いを見てるという意識に繋がり、幸福感を高めてくれます。「いつもお仕事、ありがとう。」「いつもおいしい料理をありがとう。」何気ない日に相手に伝えてみませんか?

何気ないスキンシップを大切に

キスとかハグ、手をつなぐ、肩にさわるなどのようなちょっとしたスキンシップは増やしていくことをおすすめします。何気ないスキンシップをしっかりしているだけで、男女の意識というのが薄れなくなります。

ただお互いに触れるだけなのに安心することができるのがスキンシップ。精神的に安定するためにも大事なものです。お互いの存在の大きさがよく分かるので、スキンシップが多いとそれだけでラブラブ度も増すのでしょう。

マンネリ防止デート

夫婦になると、恋人のときみたいなデートが減ってきてしまうもの。一緒に住んでいるので毎日顔を合わせるようになりますよね。そのため、一緒に出かけるということがなくなってくるのも仕方がないことでしょう。

しかし、仕方がないとそのままにするのもよくありません。たまには2人で食事に行くとか、2人でショッピングに行くなどのようにデートは大切。

たまにでいいので2人の時間を作ってみましょう。女性はしっかりお化粧をして、男性もおしゃれをして恋人のときみたいなデートを楽しんでくださいね。

▼関連記事:夫婦でのおすすめのデートプラン!

夫婦デートは何するのがいいの?昼夜別におすすめデートプラン紹介!

記念日を忘れない

結婚記念日とか、お互いの誕生日など大事な日がありますよね。その日は絶対に忘れないようにしましょう。記念日は仕事を早く終わらせてお祝いしたり、別日に時間を作って旅行に行くなどするといいですね。

記念日をお互いに覚えているということは、お互いを大事にしている証拠なので気持ちが満たされてラブラブさを継続する秘訣。

お互いの両親の誕生日や母の日、父の日なども一緒にお祝いすることでさらに夫婦の絆が深まりますよ。

お互いの話をしっかり聞く

一日の中でいつでもいいのでお互いの話を聞く時間を作りましょう。あえて時間を作らなくても、お互いがきちんとコミュニケーションを積極にとれることが理想ですが、時間がないときには敢えて時間を作ってください。

そして、自分ばかりが話すのではなく、相手の話もしっかりと聞いてあげてください。話を聞くことで相手は心の安らぎを感じ安心してくれます。

寝る前やご飯を食べているときでもいいので、沢山二人で話してみてくださいね。

ケンカをしたら仲直り

いくらラブラブ夫婦でも意見が食い違ったり、これは許せない!と思って喧嘩することがあるはずです。しかし、喧嘩は喧嘩をした後が大事です。きちんと仲直りをして、引きずらないようにしましょう。

感情的になるのではなく冷静になってお互いの言いたいことを言いあうのも大事ですね。また、悪いと思ったことは謝ること。喧嘩したときこそ素直になったほうが上手くいくのです。

「喧嘩しても、朝おきたら必ずおはようと挨拶をする!」などのように夫婦で喧嘩したときのルールを作っておくといいですね!

引けるところは引く

これは、いい意味で諦めるということです。自分が引けると思ったところまで頑固になって意地になる必要はありません。また、相手に細かくチクチクと言う必要もないですよね。

目をつぶれると思える部分や、ここは自分が引こうと思える部分があったらサっと引いてください。これは、夫婦のバランスを取るためにも大事なことですよ。

引けるところを引くというのは、思いやりにも繋がりますよね。だからこそ、ラブラブでいられるのでしょう。

相手を知ろうとする

結婚して夫婦になったからといって、相手に無関心になるのはやめましょう。いつだって相手のことを知ろうとすること。いつまでも相手に興味を持つことが大切です。

人間なので、相手は日々違うことを思い何かしらの成長をしている可能性もあります。いつまでも同じ状況や同じ精神状態ということはほぼないはずです。

そのため、常に相手を知ろうとして相手を見てあげましょう。愛情をかけることでラブラブ度は遥に増しますよ。

一緒に寝る

一緒に寝るというのは、最初は当たり前のようにできていたことではないでしょうか。しかし、子供が生まれたり結婚年数が長くなってくることでいつの間にかバラバラで寝る夫婦も増えてきてしまうのが現実。

寝るという行為は、リラックスするということでもあります。その瞬間に一緒にいられるというのは、実はとても嬉しくて幸せなことなのです。その幸せを夫婦で一緒に感じましょう。

一緒に寝るのは、スキンシップの一つでもありますよね!

美味しいご飯を作る

これは、妻でも旦那でもご飯を作る担当の人は、美味しいご飯を作ってください。忙しくても、簡単なものでいいので手作りにするのです。ご飯に手をかけるということは、愛情を与えるのと同じこと。

あたたかい食卓にはあたたかい空気が流れます。自然と笑顔や会話が増えてくることでしょう。作ってもらったほうは感謝の言葉と「美味しい!」という感想を伝えてください。

同じテーブルで食の欲求を満たすというのは幸福感につながり、笑顔の連鎖が広がります。

褒めあう

ちょっとしたことでもいいので、相手のことを褒めてください。何かしてもらったら、感謝を伝えるのは当たり前ですが、「すごいね!」とか「さすがだね!」と褒める言葉も付け足しましょう。

さらには、仕事面に対しても「毎日頑張っていてすごいよ。」などのように労う言葉をかけてくださいね。自分が相手を褒めることができたら、相手もきっと褒めてくれますよ。

付き合っていた頃のように、お互いに褒めあうことも夫婦がうまくいく秘訣です。

セックスをないがしろにしない

夫婦のセックス近年問題視されており、セックスレス夫婦もたくさんいるのが現実です。しかし、セックスはないがしろにしてはいけません。

たまには時間をかけたセックスをするとか、きちんと愛し合っているのが分かるようなセックスをしましょう。セックスをないがしろにすると次第に心の溝が生まれ、離婚原因になってしまうことも珍しくありません。

自然なセックスができるようにするためにも、毎日のスキンシップを大切にしましょう。

ラブラブ夫婦の夜の営み事情

ラブラブ夫婦は、どんな夜の営みをしているのでしょうか。夫婦になると、毎日一緒にいるのでセックスに対して気持ちを持っていくのもなかなか難しいと感じるときもありますよね。

ここではどうしたら、夜の営みに対しても自然にすることができるのか紹介していきます。

二人が納得ルールを作る

まずは、お互いに納得できるルールを作りましょう。例えば、セックスの頻度を週に2回にするとか、何かの合図を作ってその合図がセックスを意味するものにするなどです。

最初から納得できるルールがあるのなら、セックスに対して重く考えることも少なくなります。大事なのは、お互いが納得するルールを作ることです。

「すき」「愛してる」の伝え方

恋人のときは好きとか愛してるというのも簡単に伝えられていたものが、夫婦になり月日が経つと次第になんだか恥ずかしくなってきてしまうものです。しかし、きちんと伝えることが大切。

ハグをして好きと伝えるとか、キスをしながら伝えるなどのように伝え方も工夫しましょう。そこからセックスに発展するような伝え方にしてもいいですよね。

断り方にも愛をもって

いくらラブラブ夫婦でも、気分が乗らないときはセックスをしたくないと思う日もありますよね。そんなときは、「今日はちょっと…。」と断ってしまうでしょうが、愛のある断り方をしてくださいね。

例えば、「セックスよりも今日はハグしていたいな。」と言ってハグをするとか、「今日は手を繋いで寝たい。」と言って手をつなぐなどです。また、セックスはなしでもキスはするなどのようにスキンシップを入れた断り方がおすすめですよ。

単純に「したくない!」とか「嫌!」と言ってしまうと、「嫌われているのかな?」と相手に思わせてしまうので気をつけてくださいね。

▼関連記事:夫婦のセックス事情について!

旦那とのセックス事情赤裸々調査。頻度は?レス夫婦はどうしてる?

気を付けて!離婚にいたってしまう原因

好きで結婚したはずの夫婦なのに、離婚してしまうこともありますよね。離婚には、必ず原因があります。結婚するまではラブラブで、周りからもいい夫婦になれると思われていたのに、実際は離婚したという夫婦もたくさんいるでしょう。

離婚とはほど遠い夫婦になるためにも、気をつけておきたいポイントを抑えてくださいね!

どちらかに負担をかけてしまう

夫婦は、どちらが偉いとかどちらが下というものがありません。常に対等なのが夫婦です。そのため、どちらかに負担をかけてしまうのは×。負担をかけられているほうが辛くなってしまいます。

例えば、共働きでお互いに生活費を入れているのに、妻だけが家事などをしているとなると妻がきつくなりますね。逆に共働きで妻の帰宅が遅くて毎日旦那だけが家事をするとなると、旦那がきつくなるでしょう。

お互いの仕事のことを理解してお互いに協力しながら夫婦生活を過ごしてくださいね。負担は二人で一緒に背負うものですよ。

相手に求めすぎてしまう

相手に求めすぎるというのは、自分を押し付けるのと同じですよね。違う環境に育った2人なのに、自分の価値観を強く相手に押し付けて、「こうでなければならない!」と求めすぎるのは間違っています。

こうなってしまうと、相手を尊重することができなくなってしまいますよね。尊重できないと、一緒にいる意味が分からないと感じてしまうことも。

自分の意見を伝えるのは大事ですが、相手に求めすぎるのは意味が違うことだというのを把握してくださいね!

話し合いの時間を持たない

お互いが話をしなくても居心地のいい空間が作れるというのは理想の夫婦像ですが、コミュニケーションをお互い取らず会話がないというのはまた別の話。

何かを夫婦できめるとき、相談したいことがあるとき、必ず話し合いの場を設けるようにしましょう。話し合うのがめんどくさいと、勝手に決めていいよと相手に放り投げ任せっぱなしにしてしまうのは×。

お互いが納得がいく話し合いを心がけましょう。

理想像が高すぎる

理想が高すぎるというのは、例えばギリギリの生活をしているのに、セレブみたいな生活を望むとか高級な時計や車を買いたいと思うなどのことをいいます。

理想像が高すぎると、今の生活に不満を感じてしまうことになるでしょう。不満が大きくなると喧嘩になり、「こんなはずじゃなかった…。」と離婚してしまうこともあるのです。

夢を見るのはいいですが、高すぎる理想を持ってくるのはやめましょうね。

いつまでもラブラブ夫婦でいたい♡

好きな人と結婚するというのは、とても幸せなことですよね。相手が自分と結婚してくれたということにも深い感謝をしなければならないことです。

その幸せと感謝を忘れなければ、ずっとラブラブな夫婦でいられるはず。せっかく出会い夫婦になれたのですから、お互いを大事にして生涯を共にしていきましょう。

もっと夫婦について知りたいあなたへ!

▼関連記事:旦那が大好きな妻のエピソードについて!

「旦那が大好き」エピソード!幸せな夫婦生活を続ける秘訣とは?

▼関連記事:旦那と喧嘩する原因や仲直りの方法について!

旦那と喧嘩する原因と仲直りする方法!夫婦喧嘩でNGな行動とは?

▼関連記事:一生添い遂げる可能性が高い夫婦の特徴について!

一生添い遂げる可能性が高い夫婦の特徴7選!

▼関連記事:結婚してもラブラブ夫婦でいる秘訣

結婚してもラブラブ夫婦でいるための秘訣・コツ13選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ