【女の子】海外でも通じる名前25選!外国語で意味のある名前も◎

これからはますますグローバルな時代となります。だからこそ、生まれてくる女の子の赤ちゃんには海外でも通じる名前をつけたいですよね。発音しやすい名前は覚えてもらえやすく、コミュニケーションもスムーズにいきます。今回は、海外でも通じる女の子の名前を集めてみました。あなたのお子様も、将来は海外でグローバルに

【女の子】海外でも通じる名前25選!外国語で意味のある名前も◎のイメージ

目次

  1. グローバルな時代だから…海外でも通じる女の子の名前をつけたい!
  2. 海外で“悪い”&”変な” 意味になってしまう女の子の名前とは?
  3. 海外で発音しやすい名付けポイント3つ!
  4. 【女の子】外国語で素敵な意味のある名前9選!アメリカで人気な名前も♪
  5. 海外でも通じる&発音しやすい女の子の名前9選
  6. 女の子×海外でも通じる花の名前7選!ハーフにもぴったり♡
  7. 海外でも通じる女の子の名前を付けてグローバルに♡

グローバルな時代だから…海外でも通じる女の子の名前をつけたい!

現代は、まさにグローバルな時代です。海外で活躍する日本人も増え、日本で暮らす外国人も増え続けています。

以前よりも外国人と話す機会も増えましたが、自己紹介をしても、名前の発音が難しく、困ることも増えているようです。

発音しにくいようで正しく呼んでもらえない、いつまでも名前を覚えてもらえない、外国では変な意味がある名前のようで笑われた…など、戸惑う声も聞きます。

これからのグローバルな時代を生き抜くお子様たちには、海外でも通用する、親しまれやすい名前を付けてあげませんか?

今回は女の子の赤ちゃんにつけたい海外でも通じる名前をまとめてみました。呼びやすい名前から海外でも素敵な意味を持つ名前まで、さまざまな角度でご紹介していきたいと思います。

将来、どこへ行っても名前でつまづかないように、響きが可愛いだけでなく、素敵な意味を込めて名付けてあげてくださいね。


▼子どもの名前の決め方について、もっと知りたい方はこちら!

【子どもの名前の決め方】素敵な名前を付けるための15の方法!

海外で“悪い”&”変な” 意味になってしまう女の子の名前とは?

日本語の響きは、海外では変な意味、悪い意味を持つものもあります。もちろん、だからといって日本で良くない意味の名前になるわけではなく、絶対に避けるべきというわけではありません。

ですが、将来お子様が留学や海外赴任に行くことになったときに、名前で笑われたり、戸惑われたりすることを避けたいと考える場合、その名前が外国ではどのような意味を持つのか、考えておくとよいでしょう。

まずは、海外で悪い意味/変な意味になってしまう女の子の名前をご紹介していきます。主に英語で紛らわしい意味や誤解を与える名前を集めてみました!

赤ちゃんの名づけ本売れ筋ランキングもチェック!

①アイ(愛・亜衣など)⇒I

アイという名前は、ローマ字表記では「Ai」ですが、響きでは「I」と同じです。「I」は英語での一人称なので、会話の中で混乱が生まれてしまう可能性があります。名前を覚えてもらうまでは、少々面倒に思うこともあるかもしれません。

②ヒトミ(瞳、仁美など)⇒hit me,he told me

ヒトミという名前は日本によくあるものですが、英語にすると「hit me」や「he told me」に聞こえてしまう可能性があります。「hit me」は「私を叩いて」という意味なので、相手をびっくりさせてしまうかもしれません。「He told me」も、「彼が私に言った」という意味で、混乱を招きかねません。

③サオリ(沙織、沙保里など)⇒sorry

サオリも日本によくある名前ではありますが、発音が英語の「sorry」に似ているため、「I'm Saori」と伝えたいときに「I'm sorry」と聞こえてしまい、「何を謝っているのだろう?」と混乱させてしまうことがあるようです。

④マミ(真美、麻実など)⇒Mommy

マミも日本で多い可愛い名前ですが、英語の「Mommy(ママ)」に響きが似ています。海外では、誰の「ママ」なの?と思われてしまい、友人同士のなにげない会話が思わぬ誤解や混乱を生んでしまうかもしれません。

⑤リンコ(倫子、凛子など)⇒wrinkle

リンコは可愛く、美しい響きの名前ですが、英語の「wrinkle」に似ています。「wrinkle」は「しわ」という意味なので、どうしてもお年寄りをイメージしてしまいます。せっかくの可愛い名前が、海外ではちょっと残念な印象を与えてしまうかもしれません。

名付けのポイント:男の子は「o」、女の子は「a」の意味も…!

ラテン語系の名前では、「Mario」や「Antonio」のように「o」で終わるものは男子名、「Christina」や「Angelica」のように「a」で終わるものは女子名となっています。

そのため、男の子の「コウタ」や「エイタ」、女の子の「子」で終わる名前など、ラテン語系と逆にしてしまうと、名前だけのイメージで性別を間違われてしまう可能性があります。

海外で性別を間違われないためには、終わりの母音に気を付けて名付けてあげることもポイントと言えるでしょう。


▼名前に使わないほうがいい漢字について知りたい方はこちら!

名前に使わない方がいい漢字223選&一覧!失敗しない漢字選びとは?

海外で発音しやすい名付けポイント3つ!

日本人にとって日本語にない発音が難しいように、日本語の発音も外国の人には難しいことがあります。名前は特に難しく、覚えにくいという印象を持つ外国人も少なくないと思われます。

海外の人、特に英語圏の人に正しく発音してもらうためには、避けた方が良い文字や音があります。海外の人でも発音しやすい名前を付けてあげたいときは、以下の3つのポイントに注意しましょう。

①ラ行が難しい…!LとRの違いも

ラ行の文字を含む名前は、男子名・女子名ともに人気があります。しかし、日本語の「ラリルレロ」は、英語の発音にはないため、英語話者にとって正しく読むのは難しいようです。

英語ではラ行に相当する文字は「L」か「R」しかなく、どちらも日本語のラ行とは発音が違います。

日本人の名前をローマ字表記するときは「R」を使うので、どうしても舌を巻いた発音になってしまいます。そのために、表記を見て呼ばれたときに、ちょっと違うと感じることが多いのです。

実際に「R」を使った名前は海外にも多くあるので、まったく呼べないほど難しいわけではないと思います。日本語と同じ正しい発音で呼ばれなくてもかまわない場合、ニックネームで呼べる名前を考える場合は、ラ行を使った名前でも良いと思いますよ。

②「ツ」や「ッ」を発音できない

日本語の「ツ」や「ッ」も発音が難しく、名前を正しく呼ばれないことがあります。「ツ」は「チュ」「トゥ」や「ズ」に似た発音になってしまうので、ちょっと違うなと感じるかもしれません。

英語では「ッ」のような促音はありません。また、子音で終わることの多い英語と違い、日本語は母音で終わるので、促音は特に難しいと考えられます。

名前に促音が入ることはあまりないかと思いますが、「タック」や「マッツ」のようなニックネームは発音が難しいと思われますので、海外では別のニックネームを付けてもらった方が良さそうです。

③「リュ」や「リョ」という音がわからない…

日本語の「リャリュリョ」という発音も、英語にはありません。ローマ字表記で「Rya Ryu Ryo」と書きますが、「Ry」は「ライ」と読むため、まず正しく呼んでもらえません。発音自体も難しく、「リョウコ」のような名前は、「リヨコ」「リヨーコ」のようになってしまう可能性があります。

海外でも正しい発音で名前を呼んでもらいたい場合は、「ラ行」や「ツ」、「リュ」「リョ」という名前は避けた方が無難です。

◆おすすめ!世界で通じる名づけBOOK 子どもにつけたい外国語由来の名前

【女の子】外国語で素敵な意味のある名前9選!アメリカで人気な名前も♪

海外で通じる名前にするなら、外国語で素敵な意味のあるものを付けてあげましょう。響きが良く意味も素敵な名前は、海外でも高い人気があります。

どこに行っても、親からの愛情を感じられる名前は、お子様への最大のプレゼントになるでしょう。

英語だけではなく、フランス語やハワイ語など、おしゃれな響きのある名前もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「妊娠線ケア」できてますか?作りたくないママにもできてしまったママにも【ノコア】

①エマ(漢字:恵麻、絵麻、恵茉など)

エマはドイツ語やフランス語で「すべてを包容する」「全世界の」という意味があり、スケールの大きさを感じさせます。海を渡り、幅広く活躍する女性にぴったりの名前ですね。エマは海外でも人気の高い名前ですよ。

②サラ(沙羅、紗良など)

サラはヘブライ語で「王女」という意味で、海外でも人気の名前です。親が子にプリンセスのように美しく華やかな存在になってほしいと願うのは、どの国でも同じですね。気高さや知性も感じさせる名前なので、あてる漢字も華やかなものにしてあげましょう。

③アンジュ(杏樹、安珠など)

アンジュはフランス語で「天使」を意味します。可憐で無垢な天使をイメージする名前は、海外でも純粋な印象を与えるのではないでしょうか。アンジュという響きも可愛らしく、女の子にぴったりな名前です。

◆妊娠・出産の記録に【しまうまブック】

④アミ(亜美、亜未など)

アミはフランス語で「友達」を意味します。友達を大切にすることは、世界中の親が子どもに言い聞かせることなので、海外でも素敵な名前だと思われるでしょう。良き友は、人生を豊かにしてくれます。アミは、そんな願いを込めることができる名前です。

⑤マナ(茉奈、麻那、真菜など)

マナはハワイ語で「神の力」や「奇跡」を意味します。壮大な意味ではありますが、いつかくるかもしれない苦難の時期に神の加護が得られますようにという親の願いを込めることができる名前です。

親として、子どもにはその手を離れてからも苦しみのない幸せな人生を歩んでほしいという願いを込めることができます。

◆おすすめ!葉酸サプリは妊娠前から産後の授乳期までママと赤ちゃんに必要!

⑥リコ(莉子、梨子など)

リコはハワイ語で「輝き」を意味します。どんな道を選んでも自分が輝けるように…親から子への、そんな願いが感じられます。ハワイの美しい自然と、自然の持つ大きなパワーが感じられる名前ですね。

⑦マリン(真凛、愛鈴など)

マリンはマリンスポーツなどでも馴染みのある、英語で「海の」という意味がある名前です。

海と言えば、大きい、広い、綺麗というイメージがありますよね。海のように心の広い子になってほしい、エメラルドグリーンの水面のように美しい子になってほしい、という願いが感じられる名前です。

「両親が海で出会った」「お子様が海の近くで生まれた」など、海と関わりのある家族にもぴったりな女の子の名前ですね。

⑧ミリ(美里、実莉など)

ミリはハワイ語で「かわいがる」という意味があります。さらにミリミリと続けて言うと「最愛の」という意味になり、親の子に対する愛情が読み取れる名前です。大きくなったお子様がその意味を知ったら、きっと幸せな気持ちで満たされると思いますよ。

⑨モナ(萌奈、萌名など)

モナはイタリア語で「平和的な」という意味があります。グローバルに活躍することを願うなら、平和を願う気持ちは持っていてほしいですよね。優しい子になってほしいという意味を込めることもできる、可愛い名前です。

◆おすすめマタニティウェア!【エンジェリーベ】

海外でも通じる&発音しやすい女の子の名前9選

これからの時代、日本で生まれたお子様がいずれ海外で活躍する未来も十分に考えられます。また、国内でも海外の人々とふれあう機会は増えていますよね。

海外で暮らしたり、外国の人たちとともに働くことになったりしても名前でつまづかないように、外国人にも発音しやすい女の子の名前を考えていきましょう。

呼びやすい名前は覚えてもらえやすいので、親密感があるものです。海外でも呼びやすくて、愛される女の子の名前をつけてあげましょう。

◆おすすめ!産前・産後のママと赤ちゃんを応援する【AMOMA】のオーガニックハーブティー

①レイ(麗、玲、玲衣など)

レイはローマ字表記では「Rei」となりますが、英語で「光」や「光線」を意味する「Ray」と同じ発音だと伝えれば、呼びやすい名前だと認識されるでしょう。太陽光のように明るく輝くような名前は、海外でも好印象だと思いますよ。発音もしやすく、すぐに覚えてもらえる名前だと思います。

②リサ(理彩、里沙など)

リサはローマ字表記では「Risa」となりますが、欧米には「Lisa」という女性名があるので、パスポートを取るときに非ヘボン式の「Lisa」で登録すると、海外でも通用する名前になります。ちなみに「Lisa」は英語圏の女性名「Elizabeth」の略で、ヘブライ語で「神の約束」という意味があります。

③アン(杏、安など)

アンはローマ字表記では「An」となりますが、欧米には「Ann」や「Anne」という女性名がありますので、そのままでも通用すると思います。おそらくどの国でも発音しやすいので、親密感の感じられる名前だと思いますよ。

◆おすすめベビー服【コンビミニ】肌触りやママの着せる手間こだわったブランド

④エリ(江里、英理など)

エリは「Eri」という表記になりますが、欧米には「Elly」や「Ellie」という女性名があるので、「エリー」と呼んでもらうようにするとコミュニケーションがスムーズにいくと思います。「Ellie」には「光」や「慈悲」という意味もあり、優しく明るい女の子になってほしいという願いを込めることもできます。

⑤メイ(芽衣、芽生など)

メイはローマ字表記では「Mei」となりますが、「五月」の「May」と同じだと伝えれば、外国の人たちも発音しやすく、覚えやすい名前と認識してもらえます。「May」の語源はギリシャ神話の女神「マイア」によるものとされています。女神のように美しく気高く育ってほしいという願いを込めることもできます。

◆おすすめ!世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見『ファムズベビー』

⑥ニナ(仁菜、二奈、仁那など)

ニナは可愛らしい響きの名前で、欧米でもそのまま「Nina」のスペルで女性名として使われています。「純粋な」という意味があり、スペイン語では発音は「ニーニャ」となりますが、「小さな女の子」という意味もあります。海外では「ニーナ」という発音の方が馴染みがあるので、「ニイナ」でも良いでしょう。

⑦ナオミ(尚美、奈緒美など)

ナオミは日本でも馴染みのある名前ですが、実はそのままのスペリングで欧米にも「Naomi」という女性名があります。日本でも海外でも通用する代表的な名前とも言えます。

ナオミは聖書にも出てくる名前で、「楽しさ」や「心地よさ」という意味があります。いつも明るく笑っていてほしいという願いを込めることができる名前ですね。

⑧レナ(玲奈、怜那、麗奈など)

レナのようなラ行で始まる名前も、近年人気の高い名前です。先ほどラ行の名前は難しいとご紹介しましたが、「レナ」ではなく「リナ」に近い発音なら、難しくないと思います。日本ではレナ、海外ではリナと呼ばれる名前だと伝えれば、お子様も戸惑いなく海外で生活できると思います。

⑨マリエ(真理恵、麻理江など)

マリエはローマ字表記で「Marie」となり、欧米では「マリー」という女性名になります。発音にこだわりがなければ、日本では「マリエ」、海外では「マリー」として通用します。

「Marie」には「綺麗な」という意味があり、美しい女の子に育ってほしいという願いを込めることができる名前です。


▼ハーフの子供の名前について、もっと知りたい方はこちら!

ハーフの子供の名前の参考に!男女別におすすめの名前例を紹介!
【男の子】海外でも通じる名前135選!呼びやすくてかっこいい♪

女の子×海外でも通じる花の名前7選!ハーフにもぴったり♡

女の子の名前には、美しく可憐に育ってほしいという願いを込めて、「花」という漢字そのものを使ったり、何かの花の名前を付けたりすることも多いですよね。

今回は、数ある花の名前を使った名前の中で、海外でも馴染みやすい、発音のしやすい名前をご紹介します。いずれも海外で名前の由来を聞かれたら、堂々と答えられる素敵な名前になりますよ♡

①ユリ(百合、由梨、結莉など)

ユリは英語では「Lily」なので、少し響きが似ています。短い名前は発音がしやすく覚えやすいので、花の名前の中でも海外で通用しやすい名前ではないでしょうか。

ユリの花言葉は「純粋」や「無垢」なので、いつまでも純粋さを失わずにいてほしいという願いを込めることができます。

②サクラ(桜、咲良など)

桜は日本の花というイメージが海外でも浸透しているので、サクラという響きは親しみやすいと思います。

桜の花言葉は、「精神美」や「純潔」という花言葉があり、桜のように可憐で清らかに育ってほしいという願いを込めることができます。桜の花には美しいばかりではなく、おしとやかなイメージもあるので、海外でも日本的な女性らしさを連想される名前ではないでしょうか。

③ラン(蘭など)

ランは短く、海外でも発音しやすい名前です。響きも可愛らしいので、親しみやすい名前だと思います。

ランの花言葉は種類によって様々ありますが、ラン全般では「美しい淑女」や「優雅」というものがあります。美しく育ってほしいという願いを込めることができ、日本でも海外でも呼びやすいぴったりな名前です。

④マリ、マツリ、マリカ(茉莉、茉莉花など)

茉莉花は一般的にはジャスミンと呼ばれる花です。ジャスミンから取り、マリ、マツリ、マリカという名前を付けることができます。響きも可愛らしいですし、ジャスミンはプリンセスの名前としても親しまれているので、憧れの対象になりそうな名前です。

ジャスミンの花言葉は、「愛想の良い」や「愛らしさ」です。誰にも愛され、守ってもらえる女の子になってほしいという願いを込めることができます。

⑤モモ(桃、萌々など)

モモは、その可愛らしい響きと桃色(ピンク)のイメージで、日本で長く人気を誇る名前です。シンプルで短い名前なので、海外でも発音しやすく親しまれる名前だと思います。

桃の花言葉は、「チャーミング」「気立ての良さ」「私はあなたのとりこ」「天下無敵」というもので、可愛らしさの中にもしたたかさを感じさせます。

⑥アイナ(藍那、愛菜)/アイラ(愛良、亜衣羅)

アイはシンプルで海外でも発音しやすい名前です。藍色(インディゴ)の色彩とすっきりとした響きが合わさり、スタイリッシュなイメージの名前です。

ただし、先ほどもご紹介したようにアイという名前は英語の一人称の「I」と響きが同じですので、アイナ、アイラのような名前にすると良いでしょう。

アイコは「o」で終わる名前で男性名と間違われかねないので、避けたい場合は別の音を選びましょう。

アイ全般の花言葉は「美しい装い」「あなた次第」で、染料としての藍の印象が強いですが、どんなものも染めてしまう色、つまり、どこへ行っても自分らしさが出せるという意味を持たせることができます。海外で活躍するならぴったりの名前ですね♪

⑦リラ(莉羅、梨良など)

リラはフランス語でライラックのことを指します。ライラックは欧米、特にヨーロッパで好まれている「友情」「謙虚」「思い出」などの花言葉をもちます。

4月~6月ごろに花を咲かし、優しい香りが心を親します。春から初夏にかけて生まれた女の子の名前としてもおすすめです。


▼花の名前×女の子の名前について、もっと知りたい方はこちら!

女の子の名前!花の名前でかわいい名前260選!【季節別】

海外でも通じる女の子の名前を付けてグローバルに♡

いかがでしたか?海外でも通用する女の子の名前には、可愛い響きを持つもの、素敵な意味を持つものがたくさんありますよね。

海外の人たちの中には、日本の名前は発音しにくく覚えにくいという印象を持っている人も少なくありません。

これからのグローバルな時代を生きる子どもたちには、日本国内だけでなく、海外でも「素敵な名前」と思ってもらえる名前を付けてあげましょう。

発音しやすい名前は、すぐに覚えてもらえるので、コミュニケーションが円滑に進みます。初対面の人と毎回名前の説明をする煩わしさをなくすためにも、名付けの際は海外で通じるかどうかを考えてあげてくださいね。

女の子の名前について、もっと知りたい方はこちら♪

女の子の名前の名付け方は?古風から今風まで人気250選
女の子の珍しい名前420選!【かわいい】
女の子の二文字の名前!古風な漢字からひらがなの名前まで210選!
女の子の名前!一文字でかわいい名前150選

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ