八方美人はマイナス要素が多い?原因から改善方法まで紹介

「八方美人」という言葉を耳にしたことがある人は多いはず。だけど具体的な意味や、どういうときに使われる言葉なのか明確に知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。八方美人とはマイナス要素が大きい特徴なのか、何故八方美人になってしまうのかについてお伝えします。

八方美人はマイナス要素が多い?原因から改善方法まで紹介のイメージ

目次

  1. 八方美人とはどんな意味?
  2. 八方美人の特徴
  3. 八方美人になってしまう原因
  4. 八方美人が嫌われるワケ
  5. 八方美人は苦労人?
  6. 八方美人をやめたい人へ
  7. 自分が自分らしくいられますように。

八方美人とはどんな意味?

八方美人という言葉を聞いたことはありますか?「はっぽうびじん」と読み、元々はどこから見ても非の打ちどころのない美人を表す言葉でした。しかしいつしか意味が変わり、今ではどんな人に対しても上辺だけ取り繕って付き合う人、という意味で遣われるようになりました。

あまり良い意味で遣っている場面を見たことがないのではないでしょうか。褒め言葉として遣ったことがあるという方もほとんどいらっしゃらないでしょう。ということは、八方美人は良いものではなくマイナス面の大きな性格であるということになるのでしょうか?

そこで今回は八方美人の特徴や原因、改善方法についてお伝えしていきます。八方美人な振る舞いをしているかも?と悩んでいる方は、ぜひ改善の方法として参考になさってみてくださいね。

八方美人の特徴

ではまず最初に、あなたの八方美人度をチェックしてみましょう。気が付いていないだけで、実はあなたも八方美人になっているかもしれませんよ。

思い当たるところが多ければ多いほど、八方美人度がアップします。日頃の行動を思い返してチェックしてみてくださいね。

誰に対してもいい顔をする

八方美人の特徴が強い方は、どんな人に対しても悪い顔をしません。誰に対しても優しく接し、良い人であろうと心がけます。その心理は後ほど解説しますが、自分が苦手だな、と思う人に対してもこのような態度を取ります。

ついつい良い人であろうといい顔ばかりしていませんか?

イエスマン

いい顔をすると似ていますが、八方美人の特徴がある人は他人の言動を否定しません。つまりイエスマンになるということです。否定や間違いを正す発言はせず、うんうんとなんでも肯定する、もしくははっきりとした肯定は避けつつも否定をしない曖昧な態度をとります。

この態度は非常に良くなく、たとえば誰かの悪口に対しても否定意見を言わないため、同意をしていると思われることもあります。そのせいで悪口を言ったつもりはなくても否定をしなかったがために、あの人も悪口を言っていたという風に捉えられてしまいます。

知らないうちに敵を作ってしまい、信用を失くしていたりもします。

自分の意見を持っていない

八方美人の特徴を持つ人は、自分の意見を持っていない、もしくは自分の意見がよく分からなくて発言ができないという特徴もあります。相手に合わせてばかりいるせいで自分の考えを持つのが苦手になり、すべてを人任せにしてしまったり、考えることを放棄してしまうからです。

だからどう思う?と尋ねられても自分の考えや答えを言えず、本当はそう思っていなくても人の意見に同調するしかなくなってしまいます。これが八方美人の悪いループに陥ってしまう原因にもなっています。

優柔不断

自分の意見を持つことが苦手な八方美人さんは、物事を決めるのも苦手とする傾向にあるようです。どっちが良いのか分からずに延々と悩んでしまいます。他人のことならまだしも、自分自身のことでさえも優柔不断なので決めることができません。

こうやって他人に決めてもらってばかりで、しかも不特定多数の人に決めてもらうわけですから周囲の人からしてみたらあまり良い印象には映りませんよね。いい顔ばかりしている、と思われる原因にもなってしまいます。

信頼できる友達がいない

八方美人の人は他人にいい顔をして合わせて生活をすることが多いですが、本当の意味での信頼できる友達を持ちにくい傾向にあります。誰を信じたらいいのか分からず、また自分の本心も打ち明けることができないためです。

ですから八方美人なので周囲に人が集まっているように見えて、心の中では孤独を感じてしまいます。本当の心と心の付き合いができていないと、自分自身も気が付いているからです。

他人の顔を伺った対応をする

八方美人になりやすい特徴を持つ人は、揉め事が大嫌い、苦手である傾向が多いです。自分が原因となって揉めるなんてもってのほかだと考えていますから、ついつい相手の顔色を伺うような行動にでてしまいます。

こういう行動をしているとおどおどしている印象に見えたり、ビクビクしているように見えたりと、はつらつとした印象からはほど遠くなってしまいますよね。

物腰が柔らかい

悪い印象のことばかりお伝えしてきましたが、最後は八方美人さんだからこその特徴をお伝えします。八方美人の特徴を持つ人は、多くの人が物腰の柔らかい言動をします。ですからとても優しくて丁寧な印象に見えます。

八方美人という特徴はさておき、人はみな喧嘩腰の人よりも物腰の柔らかい人と付き合いたがるものです。ですから人当たりの良さを考えると八方美人さんは最高に素晴らしい特徴を持っているとも言い換えられそうです。


▼関連記事:もっと八方美人な人の心理を知りたい方はこちらもチェック

八方美人な人の心理・特徴19選!短所や改善方法も解説!

八方美人になってしまう原因

続いて何故八方美人になってしまうのか、原因を見ていきましょう。原因が分からなければ対処のしようもありませんよね。ドキッとするような原因をいくつかピックアップしていますので、自分の現状にあてはめてみてくださいね。

自信がない

自分に自信がある人は堂々と振る舞い、自分の意見を発言していますよね。八方美人になってしまう原因は、そういった立ち振る舞いができない、つまり自分自身に自信がないせいであることがほとんどです。

自分に自信がないから発言をしにくかったり、誰かの意見に合わせたりしてしまうのです。誰かと同じならおかしくはないだろう、という安心感からもこういった行動を起こす傾向にあるようです。

嫌われるのが怖い

八方美人な特徴を持つ人は自分に自信がない上に、人から嫌われることを極端に恐れてしまうようです。人から嫌われてしまったら、さらに自分自身の言動に自信が持てなくなってしまうからです。

強い心があれば自分の信じた道を貫き、結果的にそれが人に嫌われてもいいという心持ちになるものですが、八方美人の特徴を持つ人はなかなかそういった考えを貫くことができません。どうしても周囲の意見や顔色をうかがい、嫌われないような立ち居振る舞いをしてしまうのです。

周りの評価に敏感

自分自身に自信がないからこそ、他人からの評価で自信をつけようとする人が多いのが八方美人の特徴です。つまり、周囲の評価に過敏になってしまうということです。嫌われたくないという気持ちも関連していますね。

周りからどう思われているか、変だと思われていなければ安心できるという心理が働きます。逆に変だと思われていそうだなと思えばコロコロと態度を変えていきます。そこでまた八方美人であるという認識を持たれるという、負のループに陥ってしまうようです。

孤独を恐れている

八方美人の特徴を持つ人は、表面上は付き合いのある人が多く孤独ではないように見えます。しかし実質心を通わせられる友人がいないということが多いため、本当の孤独感を拭うことができません。ですからさらにいい顔をし過ぎてしまい、上辺だけの付き合いの知人を増やしていってしまいます。

孤独がへっちゃらならば、いい顔をする必要もありませんよね。人よりも少し孤独に弱いという特徴のせいで、いろんな人にいい顔をし過ぎてしまうのかもしれません。

八方美人が嫌われるワケ

ここまで八方美人の特徴や原因を見てきましたが、何故八方美人が嫌われるのかは分かりませんでしたよね。そこでここからは、何故八方美人は嫌われてしまうのかについてお伝えしていきます。

何を考えているのか分からない

この人は何を考えているんだろう?とある程度予想がつかないと、人付き合いをするのが怖くありませんか?ある程度思考が読めないと人付き合いは難しいものです。そういった意味で、八方美人の人の思考を読むのは大変難しいです。人によってコロコロと意見を変え、その場で思考が変わってしまうからです。

八方美人じゃない人にとっては、あのときと言っていたことが違う!と思ってしまいますよね。そうなると付き合いにくい、あまり付き合いたくないと思われるきっかけになってしまうというわけです。

裏があると思われる

何を考えているか分からないと同様に、意見がいつも変わったり人によって変えたりすることで本心は別の所にあるのではないか?と疑われるきっかけにもなります。

裏がある人とは誰だって付き合いを控えたいものですよね。本当は八方美人の人に裏なんてないのかもしれないけれど、意見を意図的に変えていると思われて本心は別の所にある、裏があると思われてしまうわけです。

本音が見えない

何を考えているか分からない、裏がある、と疑ってしまうということは本音が見えないということにもつながりますよね。八方美人の人のこういった態度のせいで、話していることや行っていることが本心からの行動ではないと疑われてしまいがちなのです。

自分をしっかりと持ち、自分の意思で行動をしている人の本音って信頼できますよね。でも八方美人の人の行動や意思はその人の本音ではないことが多いため、信頼をされないのです。その結果、本心が分からないので付き合いを避けられがちになるというわけです。

嘘をつかれる

こちらは八方美人の人が本当に嘘をつくわけではありませんが、人によって態度や言動を変えることが相手に嘘をつかれるという不安感を与えているという意味になります。あのときはこう言ってたのに…、と思われてしまえば、相手にとっては八方美人の人の言動は嘘だったということにつながってしまうからです。

嘘をつく人とは本心で付き合えませんし、できれば付き合いを避けたいですよね。嘘をつくつもりもついているつもりもなくても、八方美人な行動が嘘をつくかもしれないというイメージを植え付けてしまっているのです。


▼関連記事:本当に嘘をつく人の心理は一体どんなものなの?

嘘をつく人の心理・特徴13選!【要注意】

八方美人は苦労人?

八方美人な人の特徴や原因、嫌われる理由をお伝えしてきました。これを読むと八方美人の人は自分の首をしめてしまっているようにも見えますね。誰だって八方美人になりたくてなっているわけではないでしょう。

ここからは八方美人であることによって、苦労してしまう事柄を見ていきます。

いいように利用される

八方美人な態度は利用の仕方によっては大変便利です。頼られれば断れない性質を利用して、いいように利用されることも少なくありません。

嫌なことだったりできないことであっても、断って嫌われるのが怖くて請け負ってしまうのです。利用する側もそれを分かっているので容赦がありません。仕事でもそうですし行事などの面倒ごとを、気がつけば押しつけられていることが多くあります。

我慢することに慣れてしまう

嫌われたくなくてイエスマンになりがちな八方美人さんですが、好きで嫌われたくない態度をとっているわけではありません。嫌だなぁと思いながら行動をしていることもありますし、つらいなぁと感じることも多くあります。つまり、我慢をして行動をしているということになりますね。

こういった我慢が日常茶飯事になってしまい、我慢をすることに慣れてしまいます。我慢強いということは良い部分もありますが、自己犠牲の我慢は自分の心を壊してしまうきっかけにもなってしまいます。

嘘をつくことも出てくる

人によって態度や意見を変えることで、意図せず嘘をついてしまう結果にもなります。それで心を痛めてしまう八方美人の特徴を持った人もいます。嘘をつくことで心苦しくなり、悩んでしまうことも少なくありません。

そしてやはり周囲からの信頼を失うことにもつながります。周囲から、表面上は仲良く見えるけれど嘘をつくことを恐れられて、本当の付き合いをしてもらえないこともあります。

本当の自分を見失ってしまう

こうやって我慢や嘘を重ねていくうちに、本当の自分の気持ちを見失いがちです。本当はどう思っているのか、どうしたいのかがだんだん分からなくなってしまうのです。

そして分からないせいで、また周囲の意見に流されていってしまいます。どんどん八方美人の型にはまっていってしまうというわけです。

いつまでたっても本音を言える仲間が見つけられない

八方美人な態度を取り続けていると自分の本心を見失うばかりか、本当の友人をつくることも困難となってしまいます。嘘をつく人と積極的に付き合う人はいませんし、本心を話してくれなければ打ち解けることもできないからです。

八方美人な性格を改善しない限り、孤独感を感じ続けてしまうことになるかもしれません。

八方美人をやめたい人へ

やはりあまり良いイメージのない八方美人な性格ですが、実は良い部分だってたくさんあるんです。最後に八方美人な性格を直したいという方に向けて、八方美人な性格の良いところと直し方をお伝えします。

悪いことばかりじゃない

八方美人な性格の悪いところをたくさんお伝えしましたが、裏を返せば良いところにもなりえますよね。例えば誰とでも平等に付き合うことから不平等がない人という印象も与えられます。そのことから誰にでも愛想良く付き合うことだって可能です。

八方美人な人は周囲の顔色をうかがいがちですが、反対に言うと空気を読めるということになります、周りの状況把握を得意とするとも言えますよね。

こうやってポジティブな意味合いにしてみると、八方美人も悪くないと思えませんか?もちろん嘘をついたり本音を出さなさすぎるのは問題点ですから、改善すべき点と伸ばす点を見極めて、八方美人と付き合っていくと良いかもしれませんね。

自分の気持ちと向き合う

具体的な八方美人な性格の直し方ですが、まずは自分の本心を見つけ出しましょう。あなたはどうしたいですか?どう思っていますか?我慢をする必要なんてないんです。あなたの本心を伝えたところで、嫌うような人であればその人がそれまでの人なのです。

あなたの本心を聞きたいと思ってくれる人はたくさんいるはずです。まずは自分で見失ってしまった、本当の気持ちを感じる心を取り戻せるよう、自分自身と向き合ってみましょう。

感情を出す努力を

自分自身の心と向き合えたなら、自分が楽しいと思える部分、悲しいと思える部分、怒りを感じる部分も分かるようになるはずです。それが分かったら、積極的に感情を出してみましょう。難しいなと思った場合は、「それは楽しいね」「それは悲しいね」「それは少し腹立たしいかも」といった言葉にすることでも大丈夫です。

あなたの感情が分かれば、周囲の人も安心します。あなたに合わせてくれる人だっています。どう思っているか、どう感じているかを周囲に伝える努力をはじめてみましょう。

まずは人を信頼する

あなたが自分の本心を伝え、感情を伝えることで相手も本音で向き合ってくれます。そこでやっと信頼関係が生まれます。自分のことを隠したままの相手を信用するのはとても困難なことです。

難しいかもしれませんが、まずは自分から相手を信用してみましょう。嫌われるかもしれないという恐怖感を拭うのは簡単ではないかもしれませんが、よっぽどひどい仕打ちをしない限り嫌われることはありません。むしろあなたが本音を出すことで嫌ってくるような相手なら、あなたから付き合いをやめてしまえば良いのです。

あなたが他人を信頼し本音を出すことで答えてくれる人を大切にしていきましょう。そうすることでいつだって本音で付き合える、本当の気持ちをさらけ出せる人間関係を築きやすくなりますよ。いつの間にか八方美人な性格や愛想笑いは消え、本音と本気の笑顔で付き合える関係になっていることでしょう。

自分が自分らしくいられますように。

いかがでしたでしょうか?今回は八方美人な性格になる原因や八方美人の特徴、嫌われる理由から改善方法をお伝えしました。

八方美人な性格になりがちな人は、人と争うことを嫌う心優しい人が多いです。誰とでも穏便に付き合いたい、良い関係を築きたいと思うがあまりに自分の心を殺してしまい、本音の付き合いができなくなっていることが考えられます。

悪い部分ばかりではありませんが、あまり周囲にいい顔ばかりしていて、本当のあなたが見えずに周囲の人も付き合い方に悩んでしまいます。

八方美人な特徴である空気が読めるだとか、愛想が良いという部分は活かしていきましょう。どこかだけに肩入れしすぎず誰とでも平等に付き合う気持ちは大切です。その気持ちを持ったまま、あなたの感情や気持ちは表に出すことを心がければいつしか八方美人な性格から卒業できていることでしょう。

もっといろんな性格について知りたいあなたはこちらもチェック

子供っぽい女性の性格・特徴21選!子供っぽい女性はモテる?
「なんか」という口癖でわかる性格・心理15選!
臆病者の性格や恋愛の特徴21選!克服するにはどうする?

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ