【彼氏を好きになれない!】別れるべき?続けるべき?悩んだときの判断基準とは?

彼氏のことを好きになれないということはありませんか?彼氏を好きじゃないと、付き合っている意味もわからなくなり、別れるべきなのか続けるべきなのか悩んでしまうこともあるでしょう。悩んだ時にどう判断したら良いのか判断基準についてもご紹介していきます。

【彼氏を好きになれない!】別れるべき?続けるべき?悩んだときの判断基準とは?のイメージ

目次

  1. 彼氏を好きになれないと悩んでいるあなたへ!
  2. 彼氏のことが好きなれない…これって普通?
  3. 【女性心理】彼氏を好きになれない原因・理由は?
  4. 彼氏が好きになれないときの対処法!
  5. 彼氏と別れたほうがいい?判断の仕方や時期とは?
  6. 好きになれなかった彼氏と上手に別れる方法とは?
  7. 付き合い続けるなら…彼氏を好きになる努力をしよう!

彼氏を好きになれないと悩んでいるあなたへ!

彼氏を好きになれないのはどうしてか不思議に思うこともありますよね。それには、何かしらの理由が存在します。今後も関係を続けていくか、別れるべきか見極めが難しいところです。彼氏を好きになれないと悩んでいるあなたは参考にしてみてください。

彼氏のことが好きなれない…これって普通?

「彼氏のことが好きになれない私っておかしいのでは?」と悩んでしまうこともあるでしょう。彼氏のことが好きになれないのは、一般的には珍しいことではありません。彼氏のことが好きになれなくて悩んでいる人もいるのです。

付き合ってから好きになるパターンは意外に多い

告白された場合、相手のことが好きではないけれど、「いい人だな」と思って付き合ってみることもあります。付き合い当初は、彼氏になっても好きではないという場合もあるのです。

付き合ってみて、相手の良い部分をもっと知ることで、「好き♡」という気持ちが高まってきます。それまでは、彼氏のことが好きではないというパターンは意外に多いです。

とりあえず付き合うことは悪くない!

「今、彼氏がいないし付き合ってみようかな」と軽い気持ちで付き合うこともあるのではないでしょうか。とりあえず付き合うことは悪くありません。

付き合ってみることで、お互いに理解し合える部分も増えてきますし、自分と性格や価値観が合うかも見極めることができます。相手のことが好きではなくても、愛情が芽生えてくる可能性も十分にあり得るのです。

【女性心理】彼氏を好きになれない原因・理由は?

彼氏を好きになれない原因や理由にはさまざまあります。原因や理由を知ることで、このまま関係を続けていくこともできるか、別れを選択するか判断するきっかけとなるでしょう。一般的な彼氏を好きになれない原因や理由をご紹介します。

顔がタイプじゃない

彼氏がブサイクだったり、好みのタイプの顔ではないからと彼氏のことを好きになれないという人もいます。今後の付き合いを迷ってしまうこともあるでしょう。顔だけが全てではありません。

しかし、顔がタイプではないと周りの目も気にしてしまいますよね。顔が気にならないくらいの彼氏の良いところを見つけることで、彼氏のことが好きになる可能性もあります。

彼氏の性格や価値観が合わない!

人それぞれ性格や価値観が違います。性格や価値観が合わないと、付き合い当初は遠慮しがちで我慢してしまうことも多いです。

しかし、付き合いが長くなるにつれて、ちょっとしたことでケンカになってしまうことも。衝突することが増え、性格や価値観を受け入れることができなくなり、次第に彼氏のことが好きではなくなってしまうこともあるのです。

彼氏に魅力を感じない

彼氏と付き合っていても、「果たして彼氏の魅力はどこにあるのだろう?」と疑問に感じてしまうこともあるでしょう。相手に魅力を感じるからこそ、恋はドキドキして楽しいものです。

付き合い始めの頃は、素敵な男性だと思っていたのに、実はとてもだらしない人で生理的に受け付けなくなったという場合もあるのです。

相手の嫌なところを知ってしまった

付き合う前と付き合ってからでは、彼氏の本性がわからないこともあります。付き合う前は、何とか好きになってもらいたい一心から、自分自身を取り繕っている可能性もあります。

付き合っていくうちに本性が現れて、相手の嫌なところを知ってしまったことで、今までの気持ちがスーッと引いていってしまうのです。嫌なところを受け入れられなくなったら、別れを決意することもあるでしょう。

理想のカップルになれない…

彼氏ができるまでは、こういうカップルになりたいという理想の恋愛像をイメージすることも多いですよね。

理想のカップルを目指して交際を始めますが、付き合っていくうちに自分が思い描いていたカップルとは程遠いものとなった場合、彼氏のことが好きになれない場合もあるのです。恋愛することに対しても、楽しさを感じなくなってしまいます。

付き合ってから気持ちが冷めてしまった

彼氏のことが大好きだったのに、付き合ってから気持ちが冷めてしまったということも意外とあります。彼氏と付き合うまでは頑張ってアピールしますが、自分のモノになった途端に、愛情が冷めていくのです。

これは、略奪する女性によくある話ですが、人のモノを奪うことだけが目的で、付き合ったら気持ちが冷めるのですぐ別れるパターンが多いです。

寂しくてとりあえず付き合ってみた…

彼氏と別れたばかりの時や人生がうまくいかない時は、誰でもいいからとにかく側にいてほしいと思うこともありますよね。孤独感に耐えられなく、寂しさを埋めるためにとりあえず付き合ってみたという理由もあります。

寂しい気持ちは癒されるけれど、付き合っていても彼氏のことを好きになれず、カップルでいる意味があるのかと悩んでしまうのです。

他に好きな人がいる

彼氏のことを好きになれないのは、他に好きな人がいるという理由もあります。彼氏よりも魅力的な男性が現れて、好きになってしまうこともあるでしょう。

彼氏に対しては何も不満はないけれど、恋は止められないものです。彼氏に罪悪感を感じながらも、他の男性に気持ちが向いてしまっているので、好きになれない自分がいるのです。

元彼が忘れられない…

彼氏と付き合っていても、元彼への未練を断ち切ることができなく忘れられないから、彼氏のことが好きになれないという理由もあります。

元彼を自分からフッた場合は未練もありませんが、向こうからフラれた場合、その恋を引きずってしまう可能性もあります。新しい恋をしたら忘れられるかと思っていたけれど、忘れられない状況にあるのです。

彼氏が好きになれないときの対処法!

彼氏のことが好きになれないけれど、続けるべきか別れるべきか悩んでいる人は、別れを決断する前に続けていけるかを考えてみることが大切です。別れるのは最終的な手段として考えておきましょう。彼氏が好きになれないときの対処法をご紹介します。

彼氏を見つめ直してみる!彼の良いところを知ってる?

彼氏の良いところがわからないという人もいるのではないでしょうか。彼氏を見つめ直してみることが大切です。彼氏の友達に話を聞いてみたり、彼氏に仕事の話を聞いたり、自分と一緒にいる時以外の彼氏の様子を知ることです。

いろいろな角度から彼氏を知ることで、彼の良いところが見つかるはずです。彼氏をよく知ることで、普段とは違った部分を好きになる可能性があります。

真剣な話をしてみよう!

彼氏と将来の夢や恋愛観など、真剣な話をして彼氏の本心を知ることが大切です。「私の長所って何だろう?」など悩み相談のような形で話を切り出すのも良いでしょう。

彼氏が自分のことをどれくらい理解してくれているのかを知ることができます。また、真剣な話をすることで、将来のことをどう考えているのかもわかるでしょう。

ドキドキだけが恋愛じゃない!好きなタイプは実際は別かも

恋愛はドキドキするものですが、そのドキドキ感は付き合いが長くなるにつれて無くなってくるものです。彼氏が自分の好きなタイプではないことから、彼氏のことを好きになれないと思っている人は、好きなタイプは実際は別物かもしれません。

好きなタイプではないと思っていた彼氏が、実は一緒にいて心地よいパートナーになれる可能性もあるのです。

恋愛したい男性と結婚相手は別?

恋愛したい男性のタイプと結婚相手の条件は違うことも多いです。実際、好きなタイプではなかったけれど結婚したという女性も多数います。

恋愛する場合はかっこいい人、結婚相手は一緒にいて安心できる人など恋愛と結婚は別物でもあります。結婚願望がある場合は、実際に結婚相手として見るのも良いのではないでしょうか。

王子様じゃなくても…一緒に幸せになれる♡

「白馬の王子様が現れて、幸せにしてもらいたい♡」と思ってはいませんか?お姫様願望が強いと、つい相手に幸せにしてもらうと考えてしまいがちです。

相手に幸せにしてもらうだけではなく、自分も相手を幸せにしたいと思えるような恋愛をすることが大切になります。一緒に幸せになるという観点で考え直してみましょう。

あなた自身が自然体で過ごせていないかも

彼氏に対して、ありのままの自分をさらけ出していますか?彼氏の前では良く見せようと取り繕っていたら、ストレスが溜まり疲れてしまいます。そのために、相手が好きになれないことも。

お互いが気の許せる関係であることが大切ですから、素の自分を出していくと自然体で過ごすことができます。一度本来の自分を出して、彼氏の反応を見てみると良いでしょう。

彼氏と別れたほうがいい?判断の仕方や時期とは?

彼氏と別れた方がいいかもと思っている人もいるのではないでしょうか。別れたことを後悔しないようにしたいですよね。どのような状態になったら別れることを判断したら良いのか、また時期についてもご紹介していきます。

付き合って1~2カ月はまだ早い!半年~1年は見極めどき!

付き合って1~2ヶ月で判断するのはまだ早いです。彼氏のことを全て理解するには不十分になります。もっと相手の良いところが見えてくる可能性もあるので、付き合って半年くらいまでは見ておいた方が良いでしょう。

半年~1年は見極めどきになりますから、その時に本当に別れた方がいいのかを判断していってください。

生理的に受け付けないのはNG!

彼氏と一緒にいても、生理的に受け付けないという場合もありますよね。恋人同士なら、手をつないだり、ハグしたり、スキンシップを取りますが、手もつなげないくらい生理的に受け付けない場合は、早めに別れた方が良いでしょう。

生理的に受け付けないというのは、彼氏が何をしても嫌悪感を感じ、無理だということなので、今後彼氏を好きになれない可能性が高いです。

「顔だけ好き」は黄色信号!

顔だけが好きで付き合った場合、性格は見ていないことになります。顔が良くても性格に問題がある場合、女癖が悪かったり、暴力を奮ったりする人も中にはいるでしょう。

問題のある男性にひっかからないためにも、顔だけではなく、中身もしっかりと見ることが大切です。真剣な付き合いをしたいなら、考え直した方が良いでしょう。

大きな価値観の違いにも注意しておこう

大きな点で価値観が違う場合、その後の将来の選択にも影響が出てくるため、注意が必要です。小さな価値観ならお互いに受け入れながらやっていくことができるでしょう。

大きな価値観の場合、付き合いを続けていくなら、「そのうち考えが変わるかもしれない」と期待して放置しておくよりも、少しずつで良いので、自分の考えを伝えておく方が良いです。

好きになれなかった彼氏と上手に別れる方法とは?

好きになれなかった彼氏と別れを決断した場合、どうやって別れを切り出そうか悩んでしまうでしょう。できるだけ彼氏を傷つけない別れ方をしたいですよね。好きになれなかった彼氏と上手に別れる方法をご紹介します。

言いづらくて先延ばしにしるのが一番アウト!

彼氏に別れると伝えるのは勇気がいることですよね。彼氏が良い人ほど、なかなか言い出せづらくて先延ばしになってしまう可能性も。

しかし、別れを切り出せずにいることが、余計に彼氏を傷つけることになってしまいます。一緒にいても彼女の態度や行動から薄々感づいている場合もあるのです。別れを決断したなら、はっきりと伝えることが大切です。

連絡を取る頻度を減らして雰囲気を作る

連絡を取る頻度を減らして、別れを切り出す雰囲気を作っていくことです。連絡を減らしていくと、彼氏は「最近どうしたのかな?」「一緒にいてつまらないと思われているのかな?」と思うことでしょう。

別れを切り出す雰囲気を作って、タイミングを見計らうことが大切です。別れたいと伝える時に、急に伝えたら気持ちの整理もつきません。少しずつ伝わるようにしましょう。

感謝と謝罪の気持ちを示そう

別れを伝える時は、「今までありがとう」「ごめんなさい」という気持ちを交えて伝えるようにしましょう。付き合っていた期間が長くなるにつれて、余計に別れることにショックを受けてしまいます。

「別れたい」とだけ伝えたら、相手は感情的になってしまう可能性も。感謝と謝罪の気持ちを示すことで、別れもスムーズに進むようになるでしょう。

友達に戻りたいなら直接話そう!LINEやメールはNG

別れた後も友達に戻りたい場合は、LINEやメールはNGです。LINEやメールで別れを伝えた場合、文章だけのやりとりなので、相手の本心が見えてこないです。また、LINEやメールでは、その後連絡が取れない状態になってしまう可能性があります。

友達に戻りたいなら、自分に真剣な気持ちをしっかり伝えて、「友達に戻りたい」こともしっかりと伝えることが大切です。

付き合い続けるなら…彼氏を好きになる努力をしよう!

彼氏を好きになれない時に続けるべきか、別れるべきかの判断基準についてご紹介しました。別れたいと思った時は最終手段として、彼氏との関係を続けていくことができるか見直してみることが大切です。付き合いを続けるなら、彼氏を好きになる努力をしましょう!

彼氏との関係についてもっと知りたい方はこちらをチェック!

彼氏が好きすぎてやばい!そんな彼女の特徴とは?
彼氏が好き!彼氏が好きすぎる時の対処法とは?【長続きの秘訣】
年上彼氏が好き!年下彼女が話す付き合って良かった7つの理由!
彼氏への不安が募っていく…。締め付けられる心を救う方法と思いの伝え方

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ