征服感が強い男性の特徴や心理8選!彼の支配欲を満たしてあげるには?

あなたは、征服感や支配欲が強い男性に出会ったことがありますか?ひたすらに女性を追い求め愛しさのあまり自分の腕の中だけに閉じ込めておきたい欲求がひと際強い男性、それが支配欲や征服欲が強い男性の特徴です。今回はそんな彼の心理を理解してみましょう!

征服感が強い男性の特徴や心理8選!彼の支配欲を満たしてあげるには?のイメージ

目次

  1. 支配欲の正体は、征服感や独占欲
  2. 支配欲・征服感が強い男性の特徴3選
  3. 支配欲・征服感が強い男性の心理5選
  4. 支配欲・征服感が強い男性の心を満たすために
  5. 支配欲・征服感が強い男性に効く台詞3選
  6. 支配欲・征服感が強い男性へのセックステク5選
  7. 独占欲が強い男性にすべきこと
  8. 支配欲・征服欲が強い男性と上手な付き合い方を

支配欲の正体は、征服感や独占欲

支配欲とは、言葉の通り人を支配したい欲望のことです。自分の指示に従順に従うことを相手に求めます。自分が一番優位に立ち相手を自分の思い通りに動かしたい、監視下の中に置いておきたいという征服感とも似ています。

征服感には男性の本能が隠れているため、そんなつもりがなくてもそのような立ち振る舞いや言動になってしまうことも多いです。決して悪いことばかりではなく、「女性を守りたい」などといった感情もこの征服感からきていると考えてよいでしょう。

では、征服感や支配欲の強い男性には、具体的にどんな特徴や心理傾向があるのでしょう。お付き合いをするにあたって女性はどんなことを心構えとして持っておいたらよいのか。

男性の征服欲や支配欲を満たす濃厚な夜をすごすための、セックステクニックなども合わせてご紹介します。自身が傷つくようなことはあってはなりません。征服感や支配欲、独占欲の強い男性を受け入れることができたら、試してみてくださいね。

独占欲と支配欲や征服感の意味は少し異なる

支配欲の中には、誰にも渡したくない、自分一人だけのものにしたいというような独占欲も隠れているのかもしてません。相手を思う強さのあまり、縛り付けようとしてしまっているのでしょう。

しかし、自分の支配下に置いておきたい征服感や支配欲とは、似ているところがありますが意味合いは少し変わってきます。

支配欲・征服感が強い男性の特徴3選

支配欲・征服感が強い男性は本能的に立ち振る舞いをしていることが多いです。自覚がある男性は敢えて征服感を出しているのかもしれません。自然と自分に従うような気が弱い女性を選ぶ傾向があります。

ここでは、まず特徴について紹介していきます。あなたの恋人は当てはまりますか?

支配欲・征服感が強い男性の特徴①プライドが高い

支配欲・征服感が強い男性は自身のプライドが非常に高いといえます。人からの指摘や助言には耳を貸そうとすることは少なく、ルールは自分で作るタイプが多いでしょう。例え言動に違和感を覚えたとしても、それを否定されることを嫌います。

支配欲・征服感が強い男性の特徴②常に優位でありたい

支配欲・征服感が強い男性は常に女性よりも優位でありたいと考えます。上記でも紹介した自分ルールなどを、自分が上に立った状態で従わせようとしてくることもあるでしょう。常に優位でいたいため、相手を監視下に置き思い通りに動かすことで支配欲を満たしています。

支配欲・征服感が強い男性の特徴③自己中心的なところがある

自分の思い通りにならないと気が済まない性格なため、相手を振り回しても罪悪感などにかられることは少ないです。自己中心的な考えを持っており、相手のことを考えるより自分にとっての損得で行動します。

感情の起伏が激しく、思い通りにことが運ばないと、イライラしたり怒った態度をとることもあるでしょう。その感情が人や物に当たる場合もあるため、注意が必要です。

支配欲・征服感が強い男性の心理5選

支配欲・征服感が強い男性の主な特徴を紹介してきましたが、心理状態はどうなっているでしょう。自分が絶対の言動の裏側には、意外とネガティブな要素も含まれているのかもしてません。

支配欲・征服感が強い男性の心理①主導権を握りたい

支配欲・征服感が強い男性の心理として、自分が男らしくリードしたいという気持ち強く、主導権は自分にありたいと考えています。これは、女性とのデートを始めセックスにおいても全てです。

何かアクションを起こすときの最終決定は自分で下していきます。相手に主導権を握られることがないように、常に自分が先手を打ち、相手の女性を囲っていたいという支配欲も強く働いているのです。

支配欲・征服感が強い男性の心理②彼女の唯一でありたい

支配欲・征服感がが強い男性の特徴として次にあげられるのは、自分は彼女の唯一としての存在でありたいと願っていること。

女性から見た「最高の彼氏」や「最高の男性」であり続けたいというプライドや「ひとりじめしたい」という独占欲が非常に強く働いています。さらに、女性に対して自分のテリトリーの中においておきたいという気持ちが強いのもこのタイプと言えるでしょう。

支配欲・征服感が強い男性の心理③オンリーワンになりたい

支配欲・征服感の強い男性は、彼女や大切にしている女性のオンリーワンでありたいと思っています。自分以外の人間にほんのわずかでも目を向けて欲しくない、自分の代わりなど見つけて欲しくないといった気持ちが強いです。

誰かのオンリーワンになりたいという欲求は誰しもが一度は欲したことのあるものですが、特にその傾向が顕著に、そして継続的に続いている状態なのがこのタイプと言えるでしょう。

ふたり「だけ」の特別でオンリーワンな状態を作り出したい欲求が強いことも特徴の一つです。他の誰も割り込めない位に彼女の「初めて」や「二人だけ」の世界を作り上げようとするのです。

支配欲・征服感が強い男性の心理④奪われるのが怖い

支配欲・征服感が強い男性の心理としては、奪われるのが怖いという恐怖心も働いています。少しでも手を放しておこうものなら、すぐにでも誰かに奪われてしまうのではないかという不安感から征服することで繋ぎとめておきたいと考えます。

独占欲にもよく似ていますが、常に自分の目の届く範囲内、腕の届く範囲内に置いておきたい、他者とのコミュニティを絶ち自分と相手だけの空間を確立することで安心感を得ようとするのです。

支配欲・征服感が強い男性の心理⑤自分に自信がない

なぜ支配欲・征服感が強い人は束縛したり制限したりする行動に走るのか。その理由の一つに、自分に自信がないということもあげられます。根底の心理は自分自身に魅力があると思えないから。

他に魅力的な男性が現れたら、自分よりもそちらの男性に心が引き寄せられてしまうのではないかという不安が強く残っているからです。そのネガティブな心理を打ち消すため、支配や征服によって縛ろうとしてしまうのです。絶対の拘束から逃げられないように。

支配欲・征服感が強い男性の言動のすべては、この心理からはじまるのかもしれません。

支配欲・征服感が強い男性の心を満たすために

支配欲・征服感が強い男性は、抱えている心の闇を取り除いてあげることで、安心感を得ることができます。自分にとって必要な存在であることを彼自身が自覚していけば、次第に心は満たされてくるでしょう。

悩みや相談などをして頼ったりすることもおすすめです。自信が持てるようになれば、固執していた支配欲や征服感ももしかしたら薄れてくるかもしれません。心理や状態を理解し、彼を認め、自尊心を高めてあげましょう。

自分の意志はしっかり持つ

しかし、支配欲・征服感が強い男性は時折視野が狭くなり、周りが見えなくなることもあります。また、欲求が強くなり従順に聞いていると内容がどんどんエスカレートすることも。

間違ったことをなんでも聞き入れてしまうのはよくありません。されて嫌な要求や、ここは呑み込めないと感じた場合は、はっきりと自分の意思を伝えることも大切です。支配欲や征服感というのは、次第に洗脳のように操作されてしまうこともあります。

万が一暴力などで傷つくようなことがあれば、離れることもひとつの手だということは、忘れないようにしてください。

支配欲・征服感が強い男性に効く台詞3選

上記で支配欲・征服感が強い男性の心を満たす心構えをお伝えしましたが、そんな男性に効果的な言葉を紹介していきます。言葉で伝え、さらに安心感を得てもらいたい人におすすめです。

支配欲・征服感が強い男性に効く台詞①「あなただけ」

まずは「あなただけ」という台詞を要所要所で使ってあげること。自分の中のたったひとりの存在であることを伝えましょう。

例えば特別な演出やサプライズをしてくれたときに「こんなことをしてくれるのはあなただけ」大切な場所や遠くの旅行へ連れて行ってくれた時には「一緒に来たいと思うのはあなただけ」プライベートな話をしたり弱音を吐いた時に「こんなこと話せるのあなただけ」など。

このように女性に言われた男性は「ああ、自分だけなのか」と安心感と優越感、さらには独占欲までも満たすことができるのです。


■参考記事:彼氏に言われたいドSなセリフ、コチラも参照!

ドSなセリフ集!男性に言われたら胸キュンな9つの言葉を紹介!

支配欲・征服感が強い男性に効く台詞②「あなたじゃなきゃダメ」

反対に、男性を必要とする台詞も支配欲や征服欲が強い男性にはよく効きます。男性に対して「自分にはあなたでなくてはいけない」ということを、しっかりと言葉で伝えましょう。

男性は女性からのオンリーワンでありナンバーワンであるという愛の訴えに心が満たされる思いを感じれるのです。

支配欲・征服感が強い男性に効く台詞③「いないなんて考えられない」

これも男性を必要とする女性の可愛らしい一言です。「あなたのいない人生なんて考えられない!」といった表現や、「私の未来にあなたがいないなんて考えられない!」といった言葉を使って彼の支配欲や征服欲を満たすとよいでしょう。

相手から必要とされていると感じると安心感を覚え、男性も必要以上に監視したりする行為が緩和されていきます。支配欲や征服欲の強い男性は同じくらい不安感や嫉妬心が強いということも理解してあげるとよいでしょう。

支配欲・征服感が強い男性へのセックステク5選

男性にとって、セックスは支配欲や征服感を満たす行為でもあります。もちろん傷つけられるような乱暴なセックスは絶対にあってはなりません。主導権を握らせたセックスを、裏では自分自身が主導権を握り濃厚なセックスを作っていきましょう。

支配欲・征服感が強い男性へのセックステク①営みも主導権は彼に

支配欲や征服欲や強い彼氏の心を満たすセックスをするには、まず基本的な姿勢として主導権は相手に一任させること。こちらから主体的に動いてはいけません。相手から「おねだりさせたい」といった趣旨のアクションが無い限りはある意味マグロでも大丈夫。

むしろ相手から翻弄されている位の演技をしてもOK。主導権は彼にあり、セックスに置いても相手のコントロール下にあるということをこれでもかというほど押し出していきましょう。

そうすることで、彼の「相手を征したい」「相手を支配したい」という欲求を満たすことができ、より濃厚で燃え上がる夜を過ごすことが出来ます。

支配欲・征服感が強い男性へのセックステク②名前呼び+愛の囁き

征服欲が強い彼氏の心を満たす二つ目のテクニックは、彼氏の下の名前をフルネームで呼んであげること。セックス中に見つめられながら相手の名前を呼ぶという事は、実はとても上等な手段です。

人は自分の名前を呼ばれれば呼ばれるほどに相手への好意と興奮のボルテージが上昇していきます。この心理をうまく利用しましょう。そして、さらに応用編のテクニックとしては、名前を呼んだあとに愛の囁きをプラスしてあげること。

この技を習得すれば、まるで「あなたしか私の目には映っていないの、それくらい夢中なの」ということをアピールすることが出来ます。男性側からしてみても自分の事だけで、女性の身も心も満たしているという征服感が興奮をより一層高ぶらせてくれます。

そういったテクニックを駆使して相手の支配欲や征服欲を満たすことができるよう、上手に手のひらで彼の心を転がしていきましょう。

支配欲・征服感が強い男性へのセックステク③軽い抵抗をみせる

女性は無意識のうちに行う人も多いですが、彼とセックスをする際には軽い抵抗を見せることも実はテクニックのひとつ。「だめ」や「いや」といった言葉の抵抗はもちろん、男性の力にはかなわないまでも手で抑えるなどの軽い抵抗をみせると良いでしょう。

そこですかさず、男性がぐいぐいと押しきってしまいセックスの快楽の波に飲まれてしまう。ここまでがワンセットです。相手が手首を抑える行為はなどは、「自分の思うがままにしている」という興奮を覚えて、支配欲や征服欲を満たすことが出来ます。

最近は耳にすることも少なくなってきましたがよほどの草食系男子でなければ、女性の軽い抵抗はある意味催促の合図と捕えている男性の心理を上手に利用するとよいでしょう。

支配欲・征服感が強い男性へのセックステク④ひたすら丁寧に愛撫

支配欲・征服感を満たすために出来ることは、男性への愛撫を丁寧にすること。それも、これでもかというほど丁寧にすることがコツです。まずは丁寧に愛撫させてもらえる運びを作りましょう。

あくまでも主導権は相手に渡したままで愛撫をさせてもらえるようにおねだりをするか、もしくは相手から要求された時に恥ずかしがらず手や舌、体全体を使って愛撫しましょう。相手が制止するまでひたすら続けてあげるということも一つの手です。

普段の生活ではしとやかに、そしてベットの上では大胆に変身することを意識するだけでも、十分に効果があります。ベットの上だけで見られる特別なパートナーという存在と、さらに一心にあなたに尽くす姿に、男性の支配欲や征服感は満たされるのです。

支配欲・征服感が強い男性へのセックステク⑤もっとして!の魔法。

これはセックスが盛り上がりの最高潮を迎えた時に使ってみるとよいでしょう。支配欲や征服感が強い男性は、彼女やパートナーに夢中になって求められるととても優越感を覚えます。その心理を上手く利用して「もっとしてほしい!」という魔法の言葉を使いましょう。

「もっとして」の魔法にかかった男性は興奮のボルテージがどんどん上がっていきます。そして自分に夢中になっている女性をもっと攻め立てたい、もっと余裕が無くなるほどに快楽を与えてあげたいという衝動に駆られ、激しいセックスを楽しむことができるでしょう。

独占欲が強い男性にすべきこと

支配欲や征服感に似たような独占欲。あなたを他者に触れさせず自分のテリトリーの中に閉じ込めておきたいという思いが強い欲求です。その欲求が過剰に反応し深い嫉妬や束縛から、支配したいという感情に変わってくることも多々あります。

あなたへの愛情が強すぎる故にかもしれません。不安定な気持ちが、心の癒しをどこかでずっと追い求めています。独占欲が強い男性には、その寂しさや不安を埋めてあげることで安心感を得ます。

自分の気持ちや存在を認めてもらうことができないと、暴力や浮気に走ってしまうことも。言葉で丁寧に想いや愛を伝えることが大切です。


▼:独占欲が強い男性の心理が知りたい人はこちら!

独占欲が強い男性・女性の心理とは!独占欲を克服するには?

愛をたくさん伝える

まずは、あなたが好きだ、愛しているということを伝えてあげましょう。言葉で伝えるのはもちろん、力いっぱい抱きしめたり体温を感じさせてあげることでも構いません。

どこかに行ってしまう不安や、自分の方が好きなんじゃないかという心の溝を埋めてあげることで、独占欲は次第に和らいできます。愛情と好きな人からの温もりが何よりの安心材料です。

隠し事をしない

自分の知らないことがあることで不安がどんどん大きくなり、そこに比例して独占欲も強まります。限度を超えるとGPSや盗聴器などで監視に走ってしまうことも少なくありません。

自分が何をしているか、誰といるかなどの情報を隠さず伝えることによって安心を覚えることが出来るでしょう。しかし、悪いことをしていないのに逐一伝えることは精神的にも疲弊してきてしまうこともあるため、無理のない範囲で行うことがいちばんです。

丁寧に言葉で伝えることも大切

男性の独占欲を常日頃から満たすような行動をしていては、あなたが参ってきてしまいます。我慢は禁物。自分のやりたいことや臨んでいることは丁寧に言葉で伝えていきましょう。相手に納得してもらうことができれば、固執した束縛も弱まるはずです。

支配欲・征服欲が強い男性と上手な付き合い方を

彼の征服欲は、マイナス思考で見れば「重い」「うるさい」「束縛されている」と思いがちですが、裏を返せばそれだけ大切な女性の事を愛していて、自分の腕の中に閉じ込めておきたいほどに愛おしい存在なのです。

心いっぱいに愛されているのは女性にとっても恵まれている環境下であるともいえます。しかし、そこで大切になってくるのは女性側が自分の自由を確保する領域を保っておくこと。

いくら愛されているといっても窮屈で息苦しさを覚えているのならば相手にも安心してもらえるような努力をして、ある程度の自由は許容してもらえる信頼関係を構築していきましょう。

セックスについてもっと情報を知りたいアナタに!

セックス中に彼を喜ばせる言動!セリフや腰の使い方などを解説!
「イキそう」と男性が言ったときの返事の言葉7つ!これは興奮する!
セックスしたくないのに彼氏が求めてくる!そんな時の解決方法は?

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ