40代でロングヘアは痛い?痛くならないためのポイントは?

若い頃からずっとロングヘアという人が気になるのが「40代のロングヘアは痛い」という言葉。その一方で「自分らしさを大切にしたい」と思う人も多いよう。そこで今回は40代でのロングヘアを「痛い」と言わせないためのヒントやポイントをまとめてみました。

40代でロングヘアは痛い?痛くならないためのポイントは?のイメージ

目次

  1. 40代・女ざかりの魅力演出にふさわしいヘアスタイルは何?
  2. ロングヘアが好きだけど40代だと「痛い」ってホント?
  3. 40代で素敵なロングヘアの憧れ芸能人と言えば?
  4. 40代・どんなヘアスタイルだと「痛い」と言われるの?
  5. 40代でも「痛い」と言われないロングヘアに似合うパーマは
  6. 40代で「痛い」と言われないロングヘアの為のヘアアレンジは
  7. 40代でのロングヘア、「巻き髪」は痛い?痛くない?
  8. 40代のロングヘア「痛い」と言われるヘアスタイルは?
  9. 40代ロングヘアに似合う髪色、痛い髪色とは?
  10. 40代のロングヘア「痛い」と言われない為の必須条件は
  11. 40代のロングヘアスタイルをもっと楽しむためのポイントは?
  12. 40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせない小物は
  13. 40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないアクセは?
  14. 40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないメイクは
  15. 40代のロングヘアを「痛い」と言わせない為には工夫が必要

40代・女ざかりの魅力演出にふさわしいヘアスタイルは何?

若い頃からお気に入りのヘアスタイルと言えばロングヘア、という人も少なくありません。実際、髪質の優れた日本人のロングヘアはオリエンタルビューティのシンボルとして、欧米各国からも人気があり、ハリウッドなどに進出した日本人芸能人に黒髪ロングヘアスタイルが多いのもそのためです。

しかし、その一方で年齢を重ねるごとに周囲の目が厳しくなるのもロングヘアスタイル。特に40代を迎えた女性のヘアスタイルとしてロングヘアは目の敵にされているといってもいいほどのディスられ方が目につきます。

けれど「好きなものは好き」という権利が自立した40代女性たちにはあるはず。そこで今回はそんな「自分スタイル」としてロングヘアをまだまだ楽しみたい40代女性たちに勝手に「痛い」と周囲に言わせないためのロングヘアを生かすポイントやアイディアを選りすぐってご紹介します! ぜひあなたらしさを大切にしたロングヘアを楽しむ一助にしてみてくださいね。

ロングヘアが好きだけど40代だと「痛い」ってホント?

「痛い」と言われる40代のロングヘア。実際の街の声としてはどうなのでしょうか?

もちろん人それぞれ、また年齢や男女差もあるので一概には言えませんが「痛い」と言われるロングヘアの40代女性の多くは「ヘアスタイル」だけを指摘されているわけではなく、メイクやファッション、言葉遣いや身ごなしなどを併せて「痛い」と言われているケースが多いよう。

つまり逆に言えば40代でもそうしたメイクやファッション、身ごなしなどに気を配ったり、似合うアレンジやパーマ、巻き髪などを駆使すれば「素敵ロングヘア」を生き生き楽しめるということ。諦める手はありませんね!

40代で素敵なロングヘアの憧れ芸能人と言えば?

では具体的に40代でも「痛い」と言われないロングヘアスタイルの芸能人は、という時に良くあげられるのが以下の4人の芸能人。それぞれに寄せられるコメントからその人気の秘密を見ていきましょう。

彼女たちのどういった点を見て他人が「痛い」「痛くない」「老ける」「老けていない」と判断するのかが客観的に分かるいい材料となっています!

ナチュラルスタイルが人気の井川遥

実年齢より「老ける」ロングヘアスタイルの女性にありがちなのが「がんばりすぎ」や「作りこみ過ぎ」。その点ロングヘアで人気の芸能人の1人、井川遥さんのヘアスタイルやアレンジ、さらに時折見せる巻き髪ヘアはどれもふんわり感を大事にしたナチュラルさが魅力のポイント。

さらに嫌らしくない程度の明るめの髪色も重く見えがちなロングヘアを軽やかに見せるコツです。

娘と並んでも遜色なし! の後藤久美子

先ごろ芸能人デビューした愛娘との2ショットを公開した後藤久美子さんも若い頃からのロングヘアスタイルを誇る芸能人の1人。彼女の場合は髪色もほとんどいじらず、まさに東洋人的美人スタイルの王道です。

もちろんその「老ける」ことのないスタイルを維持するためにはストイックな体のラインや皮膚の色艶、さらには髪そのものの念入りな手入れあってこその美しさかも。

作らない可愛らしさが魅力の永作博美

若い頃から変わらない「可愛らしさ」をうまくキープし続ける芸能人の代表格といえば永作博美さん。彼女の場合はずっとロング一辺倒というわけではなく、作品や時期によってはショートやボブスタイル、さらにはさまざまなヘアアレンジやパーマスタイルを披露したことも。

しかし一貫して変わらないのが「老ける」要素ゼロの笑顔の破壊力。年齢を重ねても可愛らしさを上手に残すことでロングヘアを楽しめるという見本です。

夫・反町隆史と仲良し夫婦の松嶋菜々子

現在もなお女優として輝きながらも2人の子供を育てる母である松嶋菜々子さん。ミディアムやロングでウェーブをきかせた髪型が印象深い人も多いのかもしれません。

知的で落ち着いた印象を与えながら、女性としての上品さも醸し出すまさに40代にふさわしい髪型のお手本となるのではないでしょうか。


◆関連記事:美魔女の特徴はこちら

美魔女とは?特徴は?単に痛いオバサン?

40代・どんなヘアスタイルだと「痛い」と言われるの?

では芸能人ではない一般的な40代でロングヘアの女性のうち、どういった女性が「痛い」「老け見え」と言われてしまうのでしょうか。

ここからは40代女子がロングヘアを選択する時に気になるパーマやヘアアレンジ、巻き髪や髪色などを中心にチェックしていきましょう。

40代でも「痛い」と言われないロングヘアに似合うパーマは

ロングヘアスタイルでも魅力的に見えるといわれる40代女子のうち、ストレートロングだけにこだわるという人は案外少ないもので、多少のパーマを取り入れたヘアスタイルにしている女性が大半です。

ではそうした40代女子のロングヘアを魅力的に見せるときにどういったパーマに気を配ればいいか、といえばやはり「作り込みすぎない」のが一番のコツ。

特に改まった夜のお出かけでもないのに、あまりにゴージャス感ばりばりのパーマスタイルは、それだけで「(がんばりすぎているのが伝わって)辛い、痛い」と見られてしまいます。

井川遥さんのように、あくまでゆるいナチュラル感をとりいれたパーマスタイルが40代女子のロングヘアを成功させるポイントかも。

40代で「痛い」と言われないロングヘアの為のヘアアレンジは

普段はおろしたロングヘアスタイルを楽しんでいる、と言う人でも、時にはアレンジヘアを楽しみたいもの。しかしそうしたアレンジの時も若い頃とはまた違った工夫とチェックポイントが必要なのが40代女子です。

たとえばゆるいパーマヘアを軽くあげたヘアスタイルは仕事の場でもやりがちですが、そんな時に「痛い」と思われないようにするには、自分の髪のボリュームと、毛のコンディションチェックが欠かせません。

特に降ろしているときには気付かなかった襟足や耳横の白髪や髪の傷みをそのままにしていると「粗雑に見えて痛い」と思われる要因に。

さらに、髪量などボリュームが要求されるアレンジを、若い頃のままにやっていると前から見ているだけでは気付かなくても後頭部の毛やせのせいで貧相に見えてしまうこともままありがち。アレンジを楽しむ際は、後ろからはどう見えるかもきちんと調べておきましょう。

40代でのロングヘア、「巻き髪」は痛い?痛くない?

パーマヘアに比べて比較的自分自身で気軽にチャレンジしてみることがたやすいのが巻き髪アレンジ。万が一失敗しても、すぐ元に戻せるのも良いところです。

実際ロングヘアを楽しんでいる40代の芸能人の多くも役どころやファッション、さらにシチュエーションに合わせたアレンジの際に巻き髪を多く取り入れているのは周知の事実。試してみない手はありません。

さらに巻き髪で作り出すカールラインは、どうしても目じりなどに笑いシワができてしまう40代女子にとって、その印象を和らげる働きがあるのも見逃せないポイントです。

その巻き髪を取り入れる際に気をつけたいのが後れ毛の始末。若い頃のロングヘアでの巻き髪をアレンジした場合には無造作なままで何の問題もなかった後れ毛ですが、40代女子の場合は、後れ毛が悪目立ちすると、「貧相」や「老け見え」の原因になりかねません。

さらにパーマで傷みきったロングヘアを巻き髪にすると、下手をすれば箒のようにそそけだって見えてしまうので、気をつけましょう。


◆関連記事:痛い人の特徴に当てはまっていませんか?

痛い人の特徴9選!

40代のロングヘア「痛い」と言われるヘアスタイルは?

「巻き髪も、パーマも、ストレートスタイルもアレンジも色々ためしたけど結局40代女子に似合うロングヘアスタイルって何?」と思う人もいるかもしれませんが、万人に似合うヘアスタイルといったものは例え20代女子であってもないようなもの。試行錯誤しなくては見つかりません。

どうしても自分では迷う、という人は自分と皮膚の色や顔かたち、頭の形などの共通点のある芸能人の真似をしてみるというのもひとつの方法。特に気軽に試してみることのできる巻き髪やアレンジは色々チャレンジして周囲の気の置けない友人知人からのリアクションを見てみるのもよい方法です。

40代ロングヘアに似合う髪色、痛い髪色とは?

単にファッションとしてだけでなく白髪隠しの意味合いからも毛染めが欠かせなくなるのが40代。ロングヘアの場合は、当然髪の面積も大きくなるので、その髪色のチョイスや毛染めの頻度も大切になってきます。

ここで大切になってくるのが「好きな色」で髪色を選ぶのではなく「似合う色」で選ぶということ。ロングヘアが素敵といわれる芸能人の多くが、髪の毛色が悪目立ちしないのは顔の皮膚の色などに合う色味をチョイスしているということを忘れないようにしなくてはいけません。

他の人に似合うから、といって自分に似合うかどうかはまったく別。どういった色を選んだらいいのか自信がないときは、信頼できるヘアスタイリストに相談してみるのも1つの手です。

また、そうしてせっかく手に入れた似合う髪色も、白髪が目につくほど混ざっていたり、明らかに傷んでいたりすれば台無し。特に毛先まで栄養が行き届きにくくなる40代女子の場合は、しっかりとしたヘアケアが必要です。

40代のロングヘア「痛い」と言われない為の必須条件は

ともすれぱ「痛い」「老け見え」と片付けられてしまう40代女子のロングヘアスタイル。素敵に見せる最大のポイントは「見えないところでの努力」といえそうです。

ロングヘアを楽しむとしても何もしなくてもきれいだった若い頃に比べると、確かに手がかかるのも事実ですが、逆に言えば手をかければかけただけの見返りも望めるのが髪のお手入れのいいところ。

鏡に映る正面からだけではなく、きちんと横からや後頭部の自分の髪の見え方をチェックすることで、どこが自分のロングヘアのウィークポイントかをきちんと把握することができるはず。それを生かしての巻き髪や毛染めカラーのチョイス、アレンジなどを工夫すれば「まだまだ捨てたものじゃない」のが40代女子。ぜひがんばりたいですね。

40代のロングヘアスタイルをもっと楽しむためのポイントは?

40代女子のロングヘアをもっと楽しむためには、髪自体の工夫だけではなく、メイクや帽子などの顔や頭頂部全体の印象をきちんと整えることも大切です。

せっかくのロングヘアが、そうしたことをおざなりにしたことで「痛い」と見られたり「老ける」スタイルと思われるのは本末転倒もいいところですよね。

40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせない小物は

パーマや巻き髪を取り入れたふんわり路線でもアレンジを生かしたきっちり路線でも、どちらにしても「がんばりすぎない」が「痛い」「老ける」ロングヘアにならないコツの40代女子の場合、顔廻りに大きな印象を与える干帽子などの服飾小物にも気をつかいたいもの。

特に秋冬についそのお手軽さから使用しがちなニットキャップは、実は前髪などの扱いを間違えるとたちどころに「ダサい」「実年齢よりさらに老ける」という難しいファッションアイテム。

どうしても頭頂部にボリュームが足りないときやトータルコーディネート的に帽子を取り入れたい、という時は、素材にこだわった上質なものを選び、「大人の女性」を演出するか、ふわっとしたシルエットの「ゆるふわエアリー感」を大切にするのが40代ロングヘアスタイルを素敵見せにするコツ。

「どんなのを選んだら良いか自信がない」という時は、帽子単体だけを見て買い求めるのではなく、あわせたい服装で出かけてからセレクトするとカンタンです。

40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないアクセは?

さらっと降ろしたヘアスタイルでも、きっちり結い上げたヘアアレンジでも、「老け見え」かそうでないかを決めるポイントの1つになりえるのがアクセサリー。

特にオシャレに敏感な40代女性のうち、いち早く流行のイヤリングやピアス、ネックレスといった顔周りのモノを普段のファッションに取り入れているという人も多いのでは。

しかしそうしたオシャレ40代女子のうち少なからぬ女性たちが「痛い」と片付けられてしまっているのも現実。その訳は「流行のモノが自分の年齢にふさわしいかどうか」の見極めを間違っているばあいがほとんどという説が。

例えば、スウィングタイプやキラキラ光って目を惹くタイプのピアスやイヤリングの場合などは、どうしても周囲の人の目がそこに集まるのは当然のこと。

その時に、一緒に目に留まりやすい耳廻りなどの髪がぱさついていたり、もたついていたりあるいは白髪が目立つといったお手入れ不足の場合、いくらオシャレのためにパーマやヘアアレンジをがんばっていてもパッと見たときの印象は「痛い」という一言で片付けられてしまいます。

40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないメイクは

「老ける」あるいは「老け見え」の1番の要因は、実は皮膚のたるみやシワ、シミではなく「年齢に合わないメイク」にあることが多い、とご存知でしたか?

実はこの「老ける」メイクが、せっかくのロングヘアスタイルを痛くみせることにもつながりかねません。特に「老ける」メイクとなりがちなのが、若い頃と同じメイク用品をそのまま使い続けている女性です。

いくらベストセラー商品で自分でも気に入っていても、20代の頃と40代の今の皮膚の色味やくすみでは大きな隔たりがあるもの。いわばキャンバスの色が違うのに、いつまでも同じ色のアイシャドウやライナー、チークやリップを使っていては、同じ絵柄でも引き立つわけはありません。

さらに髪色を明るくしがちな40代のロングヘアスタイルで、アイブローだけいつまでも真っ黒だとそこだけ浮いて見えてしまい「老ける」要素満載に。ロングヘアを素敵に見せたいのなら、メイクも含めたトータルな調和が必要です。

40代のロングヘアを「痛い」と言わせない為には工夫が必要

いかがでしたか?
40代でも50代、60代でも自分の好きなヘアスタイルを楽しみたい気持ちは同じはず。ただし、肉体的にはどうしても若い頃とそっくりそのまま同じというわけにはいきません。

ならば年を重ねた40代にしかできない「ロングヘア」の楽しみ方があるはず。そうしたヘアアレンジやパーマ、巻き髪といった工夫を凝らし、節制したボディラインに似合う服でより生き生きと若々しく毎日を過ごす40代にふさわしいロングヘアのライフスタイルを見つけてくださいね。

もっと素敵な40代になりたいアナタはこちらもチェック

40代女性でモテる人の特徴5選!なんでまだモテるの?
可愛い40代女性の特徴と魅力!アラフォーでもモテる!【必見】
大人のベリーショートの髪型・ヘアスタイルまとめ!40代でも大丈夫

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ