妊娠初期に出血!鮮血なら少量でも要注意!原因と対処法は?

妊娠初期の体調変化の中には出血が起こる人もいます。妊娠初期の出血にもいろいろなものがありますが、鮮血の場合には流産の危険もあり注意が必要だと言います。妊娠初期に出血が起こりやすい理由や、鮮血がどうして流産になるのか、といったことをお伝えします。

妊娠初期に出血!鮮血なら少量でも要注意!原因と対処法は?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期の鮮血の出血!どうしたらいい?!
  2. 妊娠初期の出血は状態に注意!!
  3. 妊娠初期の鮮血の出血は危険信号!!
  4. 妊娠初期の鮮血の出血に自己判断は危険!すぐに受診を!!
  5. 妊娠初期の鮮血の出血!妊娠初期に出血する原因とは?
  6. 【妊娠初期の出血の原因①】着床出血【鮮血?】
  7. 【妊娠初期の出血】着床出血への対処法【鮮血?】
  8. 【妊娠初期の出血の原因②】子宮と胎盤のずれ【鮮血?】
  9. 【妊娠初期の出血】子宮と胎盤のずれへの対処法【鮮血?】
  10. 【妊娠初期の出血の原因③】絨毛膜下血腫【鮮血?】
  11. 【妊娠初期の出血】絨毛膜下血腫への対処法【鮮血?】
  12. 【妊娠初期の出血の原因④】診察の際の刺激【鮮血?】
  13. 【妊娠初期の出血】診察の際の刺激への対処法【鮮血?】
  14. 【妊娠初期の出血の原因⑤】膣炎・びらん【鮮血?】
  15. 【妊娠初期の出血】膣炎・びらんへの対処法【鮮血?】
  16. 【妊娠初期の出血の原因⑥】子宮頸管ポリープ【鮮血?】
  17. 【妊娠初期の出血】子宮頸管ポリープへの対処法【鮮血?】
  18. 【妊娠初期の出血の原因⑦】切迫流産【鮮血?】
  19. 【妊娠初期の出血】切迫流産への対処法【鮮血?】
  20. 【妊娠初期の出血の原因⑧】流産【鮮血?】
  21. 【妊娠初期の出血】流産への対処法【鮮血?】
  22. 【妊娠初期の出血の原因⑨】子宮外妊娠【鮮血?】
  23. 【妊娠初期の出血】子宮外妊娠への対処法【鮮血?】
  24. 【妊娠初期の出血の原因⑩】胞状奇胎【鮮血?】
  25. 【妊娠初期の出血】胞状奇胎への対処法【鮮血?】
  26. 妊娠初期に腹痛なしの出血!腹痛なしは安全なの?!
  27. 妊娠初期の出血はよくあること!まずはお医者さんの判断を!!

妊娠初期の鮮血の出血!どうしたらいい?!

妊娠すると、体には様々な体調の変化が起こるものです。その多くが、妊娠が成立したことによる、ホルモンバランスの変化が原因のモノで、特に心配することはないものではありません。

しかし、妊娠初期に出血が見られた場合には、よく注意した方がいいでしょう。

妊娠初期の出血というのは、特に心配がいらないものもあるのですが、流産や切迫流産の兆候として見られることもよくあります。

特に、鮮血の出血が合った場合や、大量の出血や塊を伴う出血があった場合には、注意が必要です。

この記事では、妊娠初期の出血、特に鮮血の出血の危険性についてお伝えしたいと思います。

h_kc_iさんの投稿
16123342 263538340733770 1089380259486236672 n

妊娠初期の出血は状態に注意!!

妊娠初期には、様々な理由で出血が見られることがあります。

このときに、よく観察して欲しいことは、出血の状態になります。

出血したら、必ず病院で受診をして欲しいのですが、その時には、出血の状態をお医者さんに正確に伝えることが、危険な出血なのか、心配の要らない出血なのか、お医者さんが判断する時の判断材料となります。

kana.woさんの投稿
14564918 1202735726450420 9082529038332854272 n

妊娠初期に出血が見られた場合には、次のことをメモにして病院へ行くようにしましょう。

・出血の色(真っ赤な鮮血、ピンクがかっている、茶色)
・出血の量(少量、大量)
・出血の状態(さらさら、おりものに混ざっている、塊の有無)
・いつから出血しているか
・妊娠週数
・痛みはあるか、どのような痛みか(チクチク、鈍痛など)

特に大切なのは、出血の量と色、塊や痛みの有無になります。これは正確にお医者さんに伝えられるように準備をしていきましょう。

妊娠初期の鮮血の出血は危険信号!!

妊娠初期に出血がある原因にはいろいろとあります。

その中でも、特に注意しなければならない出血の原因は、流産と子宮外妊娠になります。

その症状については、この記事の後の項目で詳しくみていきますが、流産も子宮外妊娠も、真っ赤な鮮血の大量出血が起こることが特徴となります。

塊を伴う大量出血であることも多いものです。

鮮血が出るというのは、出血が始まって間もないということを意味しています。

お腹の中に何らかの傷ができる要因があるということを意味しているので、早急な対処が必要になります。

kafka_papaさんの投稿
24177516 344092242733108 2117725395859013632 n

妊娠初期の鮮血の出血に自己判断は危険!すぐに受診を!!

妊娠初期に、少量でも鮮血の出血があったり、大量の出血があった場合には、自己判断で様子を見るというのはとても危険になります。

特に、子宮外妊娠の場合には、大量出血を起こした場合には卵管の破裂が起きてしまっている可能性も高くなります。

特に、激しい腹痛を感じる時には、危険な状態になっている可能性があります。

dodge_wadsさんの投稿
23596398 131278654174136 7998673262135476224 n

大量出血を起こして出血性ショックを起こす可能性も高いので、診療時間外であっても、早急に受診することをお勧めします。

激しい腹痛を伴う大量の出血の場合には、救急車を呼んだほうがいいかもしれません。

aya_tobiさんの投稿
22158666 694198997446720 1911744025677791232 n

妊娠初期の鮮血の出血!妊娠初期に出血する原因とは?

妊娠初期に出血する原因にはいろいろとあります。

その中には切迫流産や子宮外妊娠のように、すぐに対処しなければならないものもあります。

しかし、意外に思う人も多いことかと思いますが、妊娠初期の出血であっても、心配する必要がそれほどないものも多いものです。

同じ妊娠初期の出血の症状であっても、救急車を呼ぶ必要があるほど切羽詰っている出血と、診療時間が始まるまで待ってから受診すればよい出血があるのです。

ここから、妊娠初期に出血する原因をいろいろと見ていき、心配しなくてはいけない出血はどのようなもので、心配がない出血はどのようなものなのか、それぞれ見ていきたいと思います。

ajudgmpさんの投稿
23734647 2386286278262416 6659827987698941952 n

【妊娠初期の出血の原因①】着床出血【鮮血?】

妊娠初期に見られる、全く心配がいらない出血の原因には着床出血というものがあります。

これは、受精卵が子宮に着床するときに、子宮内膜に根を下ろす時に起こる出血です。

受精卵が子宮に着床するときには、子宮内膜を溶かしてその中にある血管を壊します。この時に出血が起きてしまうと考えられています。

着床前出血は、生理予定日の数日前から、生理予定日頃に起こると言われています。

日数は、およそ3日から7日程度と生理の日数と変わらないことから、生理が少し早めに始まったと勘違いする人も少なくありません。

seitai.yuさんの投稿
11934862 216966501999769 927291986 n


色や量は、個人差がとても大きいので、一概に言えません。

生理と比べると出血量が少量だったと感じる人や、本当に少量でおりものに多少血がまじっていただけと感じる人、生理と変わらない出血が合ったと後から振り返ったら感じた人、それぞれです。

色も、鮮血だったという人もいれば、ナプキンに少し色がつく程度だったという人、茶色いおりものだったという人もいます。

痛みを感じる人もいますが、どうして痛みを感じるのかその原因はよくわかっていません。

pokonyan53さんの投稿
14722948 1804430083215965 565612687115943936 n


◆関連記事:着床後のおりものについて気になる方はこちら

【おりものの変化】妊娠超初期・着床後はおりものがどう変わる?

【妊娠初期の出血】着床出血への対処法【鮮血?】

着床出血は、特に流産などの危険性がある出血ではないので、特に出血そのものを心配をしたり対処法を取らなければならないようなことはありません。

ただ、着床出血が起こる時期というのは、まだ妊娠したくのかどうかという自覚がないことが多いので、着床出血を疑った場合には、お酒やタバコをやめるなど、お腹の中で赤ちゃんを育てるのにふさわしい生活を始めるように準備をしましょう。

ririko1995さんの投稿
23498766 279214192600282 5432371380119142400 n

【妊娠初期の出血の原因②】子宮と胎盤のずれ【鮮血?】

妊娠初期に起こる出血の原因には、子宮と胎盤がずれることによる出血もあります。

受精した直後から、受精卵というのは猛烈な勢いで分裂を始めて、お腹の赤ちゃんはどんどんと成長していきます。

子宮の中に着床した後は、その赤ちゃんの成長に合わせて子宮も徐々に大きくなり始めるのとともに、赤ちゃんのベッドとなる胎盤も子宮の中に形成され始めます。

tomosan_wa_oya_no_sunekajiriさんの投稿
24253867 1483609538428337 8289923137735229440 n

子宮が大きくなる成長と、胎盤の形成のタイミングがずれてしまうと、子宮と胎盤の間にズレが生じて、胎盤の端が少しはがれて出血してしまうことがあります。

出血が多ければ鮮血や、血の塊として出てくることもあります。少量であれば出てこなかったり、茶色いおりものや少量の塊として出てくることもあります。

gusumamaさんの投稿
23595016 1524229001002182 7216372542859116544 n

【妊娠初期の出血】子宮と胎盤のずれへの対処法【鮮血?】

子宮と胎盤にズレが生じてしまった場合、出血がなかったり、茶色いおりもの程度の少量の出血で済んでいる場合は、診療時間内に受診をして医師から心配がないと言われれば問題ありません。

ただ、出血が少量ではなく、大量の鮮血や血の塊であった場合には、切迫流産を起こしている可能性もあります。

dita_wallaceさんの投稿
23347791 1641031975953323 3551488193406697472 n

大量の出血や塊の出血を起こしてしまっても、安静にしていれば元に戻ることも多いのですが、無理をすると、流産に繋がってしまう可能性もあります。

まずは受診をしてお医者さんの指示を仰いだ上で、無理をしすぎない生活をするように心がけましょう。


machihanaka0103さんの投稿
23507362 1716812145005253 7137125491395264512 n


◆関連記事:おりものについてはこちらをチェック

おりものとは?おりものが体の変化のサインってほんと?

【妊娠初期の出血の原因③】絨毛膜下血腫【鮮血?】

妊娠初期に出血が見られる原因には、絨毛膜下血腫というものもあります。

絨毛膜下血腫で見られる出血というのは、ごく少量です。少量過ぎて身体の外に出てくる前に体内に吸収されてしまうのがほとんどです。

絨毛というのは、受精卵が子宮の中に着床してから、子宮内膜へ伸ばす目のことをいいます。この絨毛とお母さんの子宮がつながることで、お腹の赤ちゃんはお母さんから栄養をもらうことができるのです。

mii_baby0418さんの投稿
22802401 141752789888297 1544359270571573248 n

絨毛膜下血腫というのは、何らかの原因で、絨毛が発達してできた絨毛膜と子宮との間に出血が起きてしまうことを言います。

多くの場合は、自然になくなることが多いのですが、出血量が多い時には、腹痛やお腹の張りを感じることもあります。

【妊娠初期の出血】絨毛膜下血腫への対処法【鮮血?】

絨毛膜下血腫になっているかどうかというのは、定期検診の時のエコーで診断します。

赤ちゃんを包んでいる胎嚢の周辺に血液がたまっているのが見られたら、絨毛膜化血腫と診断されます。

絨毛膜下血腫を治療する方法はありません。

対処法としては、家事や仕事を無理せずに、できるだけ安静に過ごすことが大切だと言われています。

ほとんどの患者さんは、安静に過ごすことで、流産や早産にならずに済んでいます。

tubaki320さんの投稿
22280310 123228435050505 1228044146220990464 n

【妊娠初期の出血の原因④】診察の際の刺激【鮮血?】

妊娠初期に出血する原因には、妊婦健診の際の内診の際に膣の中を傷付けられることもあります。

妊娠初期の妊婦検診というのは、まだ赤ちゃんがとても小さいので、お腹の上からのエコーでは映すことができません。

そのために、経膣プロープという器具を、膣から子宮へ挿入することで、赤ちゃんの状態を確認します。

knbr.anrさんの投稿
22158879 515538018798304 8566612477201088512 n

膣壁というのはとてもデリケートなものなので、硬い器具が挿入されることで、刺激されてしまい、傷付けられてしまうことがあります。

また、妊娠初期には妊婦健診の際に子宮頚癌検査を行います。

子宮頚癌検査では、子宮頚部の粘膜を軽くこすり落とす必要がありますが、この時にも出血してしまうこともあります。

aika.y329さんの投稿
14350599 1833277300225534 2082699764 n

【妊娠初期の出血】診察の際の刺激への対処法【鮮血?】

診察の際に出血してしまうのは、ちょっと困ることですが、やはり、赤ちゃんの状態を調べて、ちゃんと育っているかどうかを確認するためには、大切な検査になります。

診察の際の出血というのは、少量で済むことも多く、すぐに止まるのでそれほど心配する必要はありません。

なかなか出血が止まらない場合には、病院で相談することをお勧めします。

ponmama0919さんの投稿
14334847 516262501906839 282749954 n

【妊娠初期の出血の原因⑤】膣炎・びらん【鮮血?】

妊娠初期に出血する原因には、膣炎やびらんもあります。

膣炎やびらんは妊娠には関係なく、女性なら誰にでも起こる可能性のあるものです。

膣炎というのは、身体の中の常在菌やクラミジアなどの細菌によって、膣の中に炎症が起きてしまうことです。

gonta_mamaさんの投稿
13628351 506217479567997 1604801206 n

びらんというのは、20代から30代の女性に多く見られるもので、女性ホルモンの分泌によって、地球の粘膜が大きくなり子宮頚部から飛び出してしまう状態になることです。

性交で傷つけられたり、妊娠中には内診によって傷付けられると出血してしまうことがあります。

seitai.yuさんの投稿
13651705 1173621709346757 455940644 n

【妊娠初期の出血】膣炎・びらんへの対処法【鮮血?】

症状がびらんだけで、内診の際に出血するだけであれば特に治療の必要はありません。

しかし、膣炎を併発している場合は、治療が必要になることもあります。

素人では対処できないことなので、産婦人科の先生とよく相談して、治療法についてお聞きしましょう。

【妊娠初期の出血の原因⑥】子宮頸管ポリープ【鮮血?】

妊娠初期に出血を起こす原因には、子宮頸管ポリープもあります。

子宮頸管ポリープというのは、子宮の入口の子宮頚管に、赤みを帯びたポリープができる病気です。

現在では、どうしてこのポリープができてしまうのか原因が分かっていないので、予防することができません。

mai_innamiさんの投稿
19425474 325751997862306 3086068915688701952 n

子宮頸管ポリープの細胞は、とても傷つきやすく繊細なので、ちょっとした刺激で簡単に出血を起こしてしまいます。

性交や激しい運動による刺激で出血することが多いのですか、おりものに多少血がまじったり、少量の不正出血がある程度なので、それほど気にしない人も多くいます。

不正出血以外の自覚症状はないために、妊婦健診で初めて発覚する人も少なくありません。

bbyama12さんの投稿
22793632 522510674756720 5412596586184179712 n

【妊娠初期の出血】子宮頸管ポリープへの対処法【鮮血?】

子宮頸管ポリープへの対処法は、基本的に切除することが原則となります。

しかし、妊娠中に発覚した場合には、切除した方がいいのか、出産が終わるまで待ったほうがいいのかというのは、その時の状況に応じて変わってきます。

妊娠中に子宮頸管ポリープがあると、出血や細菌感染のリスクが増えるのですが、切除手術を行うことは子宮にむやみな刺激を与えることになるので、流産や破水を招く恐れもあります。

そのために、最近では、悪性が疑われる場合を除いて、妊娠中は切除しないという判断が増えています。

enni_omameさんの投稿
20766464 1897781853875029 164122447115714560 n

【妊娠初期の出血の原因⑦】切迫流産【鮮血?】

妊娠初期に出血する原因には、切迫流産もあります。

流産と切迫流産の違いというのは、流産というのは赤ちゃんがお腹の中で完全になくなってしまう状態をいいます。

切迫流産というのは、妊娠22週以前に流産をしかけている状態ではあるけれども、赤ちゃんの命がまだ失われていない状態です。

流産してしまう危険性が高い状態ではあるのですが、何とか乗り越えて出産までこぎつけた人も少なくありません。

soraaa_1115さんの投稿
24125273 1819251468107830 7156613123816816640 n

切迫流産の兆候としては、少量の不正出血と軽い下腹部痛が起こります。

切迫流産というのは、妊娠中でもかなり深刻な状態ですが、出血の量は少量なので、自己判断で病院に行かずに、とんでもないことになってしまう人もいます。

少量の出血だからと馬鹿にせずに、出血が合ったら必ず一度は病院で相談するようにしましょう。

yurika_handmadeさんの投稿
24125045 1998355460399999 1370090182262390784 n

【妊娠初期の出血】切迫流産への対処法【鮮血?】

切迫流産への対処法ですが、切迫流産を治療するための治療法というのはありません。

切迫流産を流産にしないようにするためには、とにかく安静にすることが大切です。

切迫流産と診断されて、安静にした人と、普通の日常生活を送り続けた人を比べると、安静を保った人の流産率は日常生活を送り続けた人の約4分の1だという研究結果もあります。

切迫流産から回復する可能性を高めたいのであれば、安静を保つことをお勧めします。

【妊娠初期の出血の原因⑧】流産【鮮血?】

妊娠初期に出血を起こす原因には、流産もあります。

流産というのは、とても悲しいことですが、何らかの理由で妊娠を継続することができずに、お腹の赤ちゃんの命が失われてしまうことです。

流産の多くは、妊娠12週前に起こることがほとんどです。

妊娠すると、胎盤が形成される前でも、赤ちゃんは子宮内膜に絨毛の根を張ってお母さんから栄養をもらえるようにしますが、流産をすると、赤ちゃんが根を張った部分の子宮内膜が剥がれ落ちます。

そのために、通常の生理よりも激しい大量の塊を含む出血が起こり、腹痛を伴うこともよくあります。

妊娠初期に腹痛とともに、大量の出血や、塊を含む大量の出血があった場合には、流産を疑いましょう。

anko_6969さんの投稿
23596268 738505586344610 7316164454419267584 n

【妊娠初期の出血】流産への対処法【鮮血?】

流産をしてしまった場合、剥がれ落ちた子宮内膜などの塊が、大量に出血してもすべて出血で出切らずに、中に残ってしまうことがあります。

そのまま放置しておくと、塊が残ったままになり、子宮の中で炎症を起こしてしまうこともあります。

自然に残った塊を排出されるのを待つこともできますが、万が一、残った塊が炎症を起こしてしまうと、次の妊娠に差し支えることもあるので、子宮の中に残った塊を除去するための子宮内容除去手術を行うことが一般的です。

ck711ckさんの投稿
24127153 130005491014870 565302916894687232 n

【妊娠初期の出血の原因⑨】子宮外妊娠【鮮血?】

妊娠初期に出血をする原因には、子宮外妊娠もあります。

卵子と精子が出会って受精するのは、子宮ではなく、卵管になります。

受精すると、受精卵が卵管から子宮へ移動して、子宮内膜上着床するのが普通の妊娠の成立です。

それが何らかの原因によって、受精卵が子宮までたどり着くことができずに、子宮以外の場所に着床してしまうことを子宮外妊娠といいます。

子宮外妊娠であっても、妊娠が成立した日時に大量に分泌されるホルモンが分泌されるようになるので、妊娠検査薬を使うと、妊娠成立の陽性反応が出てしまいます。

wnwnchanさんの投稿
22500034 145582252848875 4464878508627197952 n

子宮外妊娠でも、ある程度の大きさまで受精卵は成長することができるのですが、徐々に不正出血や下腹部痛などの症状が現れてきます。

週数が進むにつれて、不正出血の量は大量になっていき、下腹部痛のひどくなっていきます。

妊娠7週から8週くらいになると、卵管破裂を引き起こすこともあります。

卵管破裂が起きてしまうと、大量の出血を起こし、出血性ショックに陥ってしまうこともあります。

不正出血が続く時には、できるだけ早く産婦人科を受診することが大切です。

t.y0618さんの投稿
21373033 154519745128400 4834305812740440064 n

【妊娠初期の出血】子宮外妊娠への対処法【鮮血?】

子宮外妊娠での対処法は、現在では日本では原則として手術によって受精卵を除去することになります。

欧米では、薬を使う治療法も一般的になりつつありますが、現在の日本では薬は保険適用外になるために、手術での治療となります。

手術の方法は、子宮外妊娠が起きている場所や症状によって変わってきます。

医師の判断によるので、よくわからないことがあったら、よく質問して理解してから手術に臨むようにしましょう。

gomamiko_chanさんの投稿
24177832 170031597069933 5612574562748203008 n

【妊娠初期の出血の原因⑩】胞状奇胎【鮮血?】

妊娠初期に出血する原因には、胞状奇胎もあります。

胞状奇胎というのは、卵子の染色体異常で、正常に受精出来なかったことで起こります。

受精して子宮に着床すると、受精卵は、やがて胎児になる胎芽細胞と、胎盤や卵膜へ変化する絨毛細胞に分かれるのですが、胞状奇胎というのは、絨毛細胞だけが異常に増殖をして、やがて子宮の中を覆い尽くしてしまうものです。

増殖した絨毛細胞がブドウのように見えることから、「ぶどうっ子」と呼ばれることもあります。

胞状奇胎が起きると、不正出血や、重いつわりの症状が現れますが、現在では妊娠初期からエコーの診断により、早期に異常が発見できるので、自覚症状が出ることはあまりありません。

miori712さんの投稿
23735085 1953993871594634 3753854300636315648 n

【妊娠初期の出血】胞状奇胎への対処法【鮮血?】

胞状奇胎への対処法としては、手術で取り除くことが第一です。

1回の手術では子宮の中の内容物が取りきれないこともあるので、再手術を行うこともあります。

再手術を行っても再発しやすいので、数ヵ月は経過を観察する必要があります。

まれに胞状奇胎が子宮の筋肉の層にまで侵入してしまう侵入奇胎になってしまうことがあります。

侵入奇胎は薬を投与することによる化学療法をする必要がありますが、それでも状態が改善しなければ、子宮を全摘出する場合もあります。

maamo48さんの投稿
23498164 130553734251630 7078121466906017792 n

妊娠初期に腹痛なしの出血!腹痛なしは安全なの?!

妊娠初期に出血を起こす場合には、腹痛がある場合と、腹痛なしの場合があります。

腹痛とは言っても、軽くシクシクチクチクする程度の腹痛から、居ても立ってもいられないほど激しい腹痛に見舞われることもあります。

腹痛なしの場合には、腹痛梨は問題はないのでしょうか。

腹痛なしの妊娠初期の出血というのは、どういったものがあるのでしょうか?!

腹痛なしの出血には診察による刺激や、膣炎やびらん、ポリープといったものになります。

腹痛なしの血が起こる場合には、悪性の子宮頸管ポリープでなければ、腹痛なしの出血が起こる症状には早急に対処しなければならないというものはではありません。

iiiireさんの投稿
23507142 743317982535352 7405025747225542656 n

しかし、腹痛なしだからといって、自己判断で腹痛なしだから病院へ行かなくてもいいというものではありません。

この記事の中でも、腹痛がありますとお伝えした症状であっても、腹痛なしだったり、余りにも軽い腹痛で、腹痛なしと勘違いしてしまうこともあります。

腹痛なしの場合でも、何らかの出血が合ったら、腹痛なしだから大丈夫だとは思わずに、必ず一度は病院で診察してもらいましょう。

mhr_angelmamさんの投稿
22637558 166356783945398 4562594868651622400 n

妊娠初期の出血はよくあること!まずはお医者さんの判断を!!

ここまで、妊娠初期の鮮血の出血がある場合についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

妊娠初期に出血があると、流産したのではないかと慌ててしまう人も多いかと思いますが、流産以外にも妊娠初期に出血する原因はいろいろあることがお分かりいただけたかと思います。

妊娠初期の出血には、色や塊の有無、腹痛ありか腹痛なしかなど、様々な状態があります。

自己判断をすることはとても危険なので、妊娠初期に出血が合った場合には、色や塊の有無、腹痛ありか腹痛なしかなどといったことをメモにして、必ず受診するようにしましょう。

dai2nokiroさんの投稿
22426950 842102289302416 853891033757384704 n

もっと出血について知りたいアナタはこちら

高温期12日目の症状!出血や下腹部痛など!陰性でも妊娠の可能性?
産後の出血はいつまで?悪露で鮮血がでたら注意?量の変化は?
妊娠初期の出血の原因と対処法は?注意すべきなのはどんな時?

関連するまとめ

yukky777
yukky777
読者の方が知りたいと思う情報をわかりやすくお伝えできればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ