恋愛と結婚はこんなに違う!既婚者が語る違い!婚活女子必見!

結婚って、恋愛の延長線上でとっても幸せな毎日が待っていると思っている人が多いのではないでしょうか。 でも、既婚者から言わせると毎日が毎日、思い描いていたような日々ではありませんよ。 婚活中の女子は特に心得ておいた方がいい恋愛と結婚の違いを紹介していきます。

恋愛と結婚はこんなに違う!既婚者が語る違い!婚活女子必見!のイメージ

目次

  1. 1恋愛と結婚はそもそも全く違うもの!
  2. 2恋愛相手と結婚相手も違うように考えるべき!
  3. 3恋愛と結婚…具体的な違いって?
  4. 4恋愛と結婚の違い①恋愛はときめき、結婚は安定
  5. 5恋愛と結婚の違い②恋愛は自由だが子育てには義務がある
  6. 6恋愛と結婚の違い③恋愛と違い結婚は簡単に別れられない
  7. 7恋愛と結婚の違い④恋愛は当人同士、結婚は親戚も含んで
  8. 8恋愛と結婚の違い⑤恋愛は現在、結婚は将来を見る
  9. 9恋愛と結婚の違い⑥恋愛は自分中心、結婚は家族中心
  10. 10恋愛と結婚の違い⑦結婚はとにかく忍耐力が必要
  11. 11恋愛と結婚の違い⑧結婚は、価値観の違いが命取り
  12. 12恋愛気分で結婚すると長続きしない!
  13. 13恋愛中は仲良し、結婚したら[性格の不一致]で離婚…
  14. 14恋愛相手としてはOK、結婚相手としてはNGな男性とは?
  15. 15結婚相手としてNG男性の特徴①甘えん坊
  16. 16結婚相手としてNG男性の特徴②マザコン
  17. 17結婚相手としてNG男性の特徴③家事が出来ない
  18. 18結婚相手としてNG男性の特徴④心に余裕がない
  19. 19結婚相手としてNG男性の特徴⑤自己中・オレ様
  20. 20恋愛と結婚の違いに注目!結婚相手選びは慎重に!

恋愛と結婚はそもそも全く違うもの!

結婚適齢期になったら大好きな彼氏と結婚してそこから毎日幸せな日々が待っている♡なんて、女性なら誰もが一度は思ったことがある夢ではないでしょうか。
結婚に夢や目標を持つことはもちろん素晴らしいことです。
そういった目標を立てていないと、幸せな家庭を作ることはできませんものね。
でも、結婚を恋愛の延長線上という風にとらえていると、ちょっと怖いところがありますよ。

例えば、大好きな彼氏とお泊りデートをしているとき、朝起きたら彼氏が横でまだ眠っていて、自分は起きて朝ごはんでも作ってあげたとしましょう。
朝ごはんができたころに、彼を起こして彼はまだちょっと眠そうにしながら甘えた声を出しているところをかわいい♡思いながら起こし、淹れたてのコーヒーを飲む。

こんなお泊りデートをして「彼と結婚したら、毎日こんな幸せが待っているんだろうなあ…♡」なんて思っていませんか?
残念ながら、答えはNOです。
恋愛と結婚は全く違うもの、それを肝に銘じておかないといざ結婚した時に「こんなはずじゃなかった…」と痛い目にあう羽目になってしまいます。

恋愛相手と結婚相手も違うように考えるべき!

冒頭でいきなり、恋愛と結婚は全く違うという風に言いました。
そうなると、当たり前ですが恋愛してうまくいく相手と、結婚してうまくいく相手が違うというのも当然のことですよね。
恋愛相手としては最適な彼氏であっても、結婚するとなると話は別…なんてことは良くあるパターンです。
特に、残念ながら離婚を選択してしまった夫婦の中で「結婚前に見抜けなかった」「結婚前とは違う」といった意見の割合が非常に高くなっています。

結婚するなら、出来れば離婚はもちろん避けたいですよね。
でも、理想と現実は違うと感じ、せっかく結婚したのに離婚して別々の人生を歩むことになってしまった夫婦も決して少なくないのです。
そのため、婚活中は特に、結婚適齢期になってきたら、男性を「結婚相手としてどうか」と考えてみなければいけません。
いつまでも恋愛相手として男性を見ていると、結婚の波に乗れず慌てて婚活をする羽目になってり、恋愛相手として選んでいた彼氏とそのまま結婚して、「なんか違う」と感じ、別居や離婚といったことも十分にあり得ます。

恋愛と結婚…具体的な違いって?

では、ここまで恋愛と結婚は違うということを沢山伝えてきましたが、具体的にどういったところが違うのかを紹介していきたいと思います。
離婚した夫婦の多くの割合が、この恋愛と結婚の違う点を理解せずに結婚してしまったケースと言っても過言ではありません。
出来るだけ具体的に紹介していきますので、婚活の際などにもぜひ参考にしてみて下さいね。

恋愛と結婚の違い①恋愛はときめき、結婚は安定

これは、恋愛と結婚の大きな違いであり、誰もが間違いやすいポイントともいえます。
恋愛はときめきを求めるものであることに対して、結婚は安定を求めるものだということです。
婚活などでもつい、ときめくような恋愛をしてくれるような男性を探したりしていませんか?
ときめくような恋愛をしてくれる男性というのは、結婚とは全く関係のないことだということに気が付いてください。

結婚相手としてみるのであれば、「ときめくような恋愛」とはまったく別で、「安定的な生活」を送れそうな相手を探し出すことが大切です。
それは、決して金銭面的な話とは別ですよ。
一緒にいて心が落ち着く、のんびりとした時間を過ごすことが出来るといった安定的な関係を築ける相手の方が、結婚相手としては理想的で、婚活で探したい相手と言えるでしょう。

恋愛と結婚の違い②恋愛は自由だが子育てには義務がある

恋愛は、どんなことでも基本的に当人同士の自由です。
付き合い方や、束縛の度合い、「別れる!」なんてことだって当人同士の自由です。
でも、結婚したら違います。
特に、子どもができた場合は、大きく変わります。
子どもが出来たら、その子どもを養い、育て上げなければならないという義務が発生します。

子どもにご飯を食べさせてあげて、きちんとした教育を与えてあげるだけのお金はしっかり稼がなければならないし、今まで自分に使っていた時間も、1日のうち大きな割合で子どもに費やすことになります。
それだけでなく、今まで自分たちの為に使っていたお金も、大きな割合で子どもの為に使うことになります。
結婚し、子どもを授かることは、割と誰もが当たり前のように感じている流れかもしれませんが、このような義務が発生するということもしっかり頭に入れておきましょう。

恋愛と結婚の違い③恋愛と違い結婚は簡単に別れられない

「もし、うまくいかなければ離婚したらいいや」と考えている場合、それは大きな間違いです。
結婚というのは、「私たち、付き合いました」とは全く重みが違うものです。
戸籍まで変わるのですから、簡単に結婚して簡単に離婚するということは出来ません。

理論上は、結婚するときは婚姻届けを記入して提出する、離婚するときは離婚届を記入して提出するというだけの話ではありますが、それに至るまでがとても大変です。
もし、調停離婚するなんてことになったら、かなりの割合の時間と労力を割くことになります。
さらに、自分が結婚したことで結婚式などでお祝いしてくれた親族や友人のことを思うと、簡単に離婚できないという人も割合多くいます。
「あんなにお祝いしてもらったんだから、もう少し耐えてみよう」といった心理に陥るのです。
離婚という選択が決して悪いわけではありませんが、恋愛の別れと同じように、「合わなければ離婚したらいいや」と考えるのは、通用しないということが言えます。

恋愛と結婚の違い④恋愛は当人同士、結婚は親戚も含んで

恋愛は当人同士が好きあっていれば成り立ちますが、結婚はお互いの親戚ももれなくついてきます。
例えば、どんなに性格が合わないような人たちでも、旦那様の親族であれば、最低でも年に数回は顔を出してうまく親戚づきあいをしていかなければなりません。

love_11873さんの投稿
18252707 1808001736185694 5917472315406286848 n

最近では、親戚づきあいが減ってきた、という家庭の話しも聞きますが、それでも割合的に年間最低でも2回は帰省することにはなる家庭がほとんどです。
年末年始とお盆だけでも帰省して孫の顔を見せてあげるなりしないといけませんし、その間嫁は働きっぱなしです。
基本的には、しっかりと良き妻を演じないと自分の旦那さんの株を下げることにもなりますし自分も後々苦労することになりますから、そつなくこなすことが大切ですが、気苦労が絶えないのも事実ですね。

恋愛と結婚の違い⑤恋愛は現在、結婚は将来を見る

恋愛は「今この瞬間が楽しい」と、今に焦点が向いているのに対して、結婚は常に将来のことを考えていかなければなりません。
お金の使い方にしても、恋愛の時は「明日のデート代」という直近のことだけでよかったかもしれませんが、結婚は、何年何十年先のことまで考えて、資金計画を立てていかなければなりません。

子どもが欲しい、マイホームがほしいなどといった場合は特に大切です。
ローンを組む時までに頭金を貯められるのかなど、逆算も大切になってきますので長い期間で物事を見て、お金のやりくりをしたり、日々の生活の中で一定の割合貯金が出来るのかなどといったことが大切になってきます。

恋愛と結婚の違い⑥恋愛は自分中心、結婚は家族中心

恋愛の場合は、自分たちを中心に物事を考えていればそれでいいのですが、結婚したら家族が中心になります。
そのため、自分の個人的な感情は2の次3の次、家族の為に何が一番いいのかを考える必要が出てきます。
極端な話、どんなに夫婦の関係が破たんしていても、子どもがまだ小さいため、離婚せずに我慢しているという奥様がいるのは、こういった事情からです。
恋愛の時点では、自分たちのことで物事を決めて大丈夫ですが、結婚は家族全体のことが最重要となるので、その点が大きく違います。

love_11873さんの投稿
18299774 206666739845459 4257636191882444800 n

恋愛と結婚の違い⑦結婚はとにかく忍耐力が必要

「結婚は忍耐だ」とよく言われますよね。
本当にその通り、結婚には忍耐がとっても大切です。
恋愛の場合は、正直、本当に分かり合えないのであれば「別れ」という選択肢もありますが、結婚したら基本的に離婚という選択は最悪のケースであって、基本的には考えられない選択肢です。

そもそも、どんなに仲がいい親子でも兄弟でも、絶対に人生に一度はケンカをしていますよね。
血のつながった親子や兄弟でさえ、毎日顔を合わせて、毎日一緒に居たら些細なことで不満が溜まりケンカが発生したりするのに、育った環境も違うような他人が結婚して突然一緒に暮らすようになり、ストレスが溜まらないわけがないのです。
そのため、結婚生活で、パートナーに対して多少の不満を持つことは仕方がないことです。
でも、それをいかに二人歩み寄っていくのか、ちょっとくらいは…とどちらかが我慢するのかというのが非常に大切になってきます。

何でもかんでも自分のやり方に合わせて!と思うと、相手が疲れてしまいますし、逆に自分が相手に合わせてばかりだとストレスが溜まってしまいます。
また、すぐに話し合いが出来る状態ならいいですが、仕事で忙しい、家事や子育てでゆっくり夫婦の会話の時間が取れないなどのことも考えると、すれ違いが起きてしまうことも。
そういった状況を考えると、ある程度の忍耐力というのはどんな結婚にも必ず必要になってきます。

恋愛と結婚の違い⑧結婚は、価値観の違いが命取り

恋愛では、価値観が違うからこそ、「素敵♡」と思える面も多々あります。
例えば、高いプレゼントくれたり、高級レストラン連れて行ってくれたり、彼といるときにはシンデレラ気分になれる、といったシーン。
でも、結婚して後に旦那が勝手にサプライズで「君にプレゼント」と高いプレゼントを買ってきてくれたとして…喜ぶ奥様の割合はかなり低いと言えます。
「これ買うお金あったら何が出来る?」と考える奥様の割合がほとんどを占めていると言っても過言ではないほど、女性は結婚したら堅実になります。
特にお金はシビアです。
こういった価値観の違いは、恋愛どまりだったら通用しても、結婚相手としては命取りなのです。

恋愛気分で結婚すると長続きしない!

love_11873さんの投稿
18252043 1889156498038710 2044514293864464384 n

いかがでしょうか。
恋愛と結婚が全く違う性質のものだということ、わかっていただけましたか?
恋愛と結婚ではそもそも求めているものや快楽を感じる部分が全く違う、別のものであるため、その延長として恋愛気分で結婚をしてしまうとなかなか長続きしません。
離婚するとまではいかなくても、パートナーに不満をもったまま結婚生活を続けるということになりかねません。

love_11873さんの投稿
18160700 1468893839835603 5048637892130242560 n

せっかく結婚したのに、不満を抱えたまま生活していくのは嫌ですよね。
そうならないように、結婚する前に恋愛の感覚を結婚にシフトしていく必要があるのです。
これは、婚活する女性だけでなく、今付き合っている彼氏と結婚しようと思っている方も同じです。
「私たちなら絶対に大丈夫!今まで大きなケンカも乗り越えてきたし、彼はいつも私の味方でいてくれるし!」と言っている女性程、早々に離婚するもしくは別居生活のような状態にまで陥ってしまうこともよくある話です。
相手を過信せず、しっかりと価値観を合わせていくことが大切です。

恋愛中は仲良し、結婚したら[性格の不一致]で離婚…

何年も交際関係を経て結婚したのに、なぜか結婚したら「性格の不一致」という理由で離婚するというケースがとても多いのが事実。
離婚原因の中でも、「性格の不一致」は多くの割合を占めています。
逆に、昔の人は恋愛どころかお見合いをしてそれで結婚を決めても、そのまま関係良好に、最後まで夫婦として生涯を共にしている人が多くいますよね。
不思議だと思いませんか?
お見合いで知り合った人と、結婚して60年近く一緒にいても、ほとんどの割合で離婚に至っていないなんて。

理由は簡単です。
お見合いの人たちは、相手を最初から「結婚相手」として見ているからなのです。
だから変な理想も描かないし、変な要求もなく、ただ結婚するにあたって必要なスペックだけにこだわって選びあった結果結ばれた方々だから、うまくいくのです。
今婚活している人は、昔ながらのこういったお見合いでの見極め方というのも大変参考にしてもらいたいと思います。

恋愛相手としてはOK、結婚相手としてはNGな男性とは?

では、恋愛相手としてはOKだけれども、結婚相手としてはNG…というような男性のパターンにはどんなものがあるのか?具体的に紹介していきたいと思います。
あなたの周りにも割といるような人種ですから、結婚する前にこういった特徴がないか、婚活中などにはしっかり見極めるようにしてくださいね。

結婚相手としてNG男性の特徴①甘えん坊

love_11873さんの投稿
18013330 202389586935681 643623183135539200 n

甘えん坊な彼氏って可愛いですよね。
特にお世話好きな女性など、母性本能がくすぐられて甘えん坊な男性のことが好きだという女性も少なくないと思います。
大好きな彼氏と甘えてくれる瞬間に幸せを感じ、何でもしてあげたい♡と思いますよね。
そういった女性って、たいていが結婚した後も、恋愛の時と同じように自分は旦那さんに尽くしてあげることが出来て、毎日旦那さんに頼られて甘えられるのが幸せに感じられると思っています。
旦那さんがその日着て行く服、ネクタイ、靴下、ハンカチ、かばんの用意まですべて自分がしてあげて、お弁当もカバンに入れてあげて玄関先でお見送り…♡なんて想像していませんか?

love_11873さんの投稿
18096613 1841969852686746 6561788878062092288 n

実際に結婚生活となると、全く別物です。
子どもが出来ると特に、「子どものことまではどうせ出来ないでしょう。ならせめて自分のことくらい自分でやって!」とキレるようになりますよ。
ほとんどの割合で、こういったことでご主人に不満を持っている女性が多数いることをご存知ですよね?

love_11873さんの投稿
18299099 1934590073441729 1820018277447892992 n

現実はそうなのです。
みんな、結婚する前は「自分は尽くすタイプだから、旦那にイライラしたりしない」と思っていても、いざ結婚して自分のこと、子どものこと、家のこと…さらに旦那のこととなると、イライラしてしまうのは当然です。
こういった点から見ても、恋愛と結婚は全く別のものなのです。

結婚相手としてNG男性の特徴②マザコン

異様に自分の家族に優しい、頻繁に連絡と取っている男性っていますよね。
そういった方は要注意です。
恋愛している間は、「家族を大切にしている素敵な人♡」なんて思ってしまいがちですが、実際に結婚して、家族になるとそれは表裏一体、「マザコン」へと化してしまいます。
旦那さんがお母さん大好き人間だった場合、お母さんも息子大好き人間の可能性が高いです。
そうなると、相思相愛で、お母さんは嫁につらく当たったり、いわゆる嫁姑問題が発生します。

どんな時もあなたの味方でいてくれると思っていた彼も、相手が母親であればまた別、という男性の割合が非常に多いのも事実です。
仕事や人間関係では、「いつも君の味方だよ」なんて言いながら、「お義母さんにこんなこと言われた」などと告げ口をしても、「俺のお母さんも、悪気があったわけじゃないと思うんだ」などと、何かにつけて母親をかばい、仲裁はおろか嫁の味方は出来ません。
見て見ぬふりならまだかわいいもの、最悪の場合母親の味方に付くことだってありますので、要注意です。

結婚相手としてNG男性の特徴③家事が出来ない

家事ができない男性も婚活時にチェックしておきたい重要ポイントです。
恋愛においては、家事が出来ようが出来なかろうが別にかまいませんが、結婚となると話は別です。
女性の中には、「家事くらい私がするから大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、甘いです。
結婚生活は、最初の1~2年だけではありません。
結婚して死ぬまで、約50年~60年、共にするわけです。

その期間中、あなたが病気になったり、妊娠・出産などのライフイベント、子どもの世話などで家事に専念できない期間がどれくらいあると思いますか?
結婚して長い期間一緒にいることを考えると、家事が最低限できるというのは婚活相手の最低条件と言っても過言ではありません。
婚活の際には、こういった点にもしっかりと着目するようにしましょう。

結婚相手としてNG男性の特徴④心に余裕がない

love_11873さんの投稿
18300176 1853817661612776 7444202733797638144 n

心に余裕がない男性も要注意です。
婚活の際などは、職業を聞いたりすると思いますが、それと同時に休日はどれくらいあるのか、仕事がある日はそのあとどのように過ごしているのかを聞いてみて、その人がどれだけ心にゆとりをもって生活をしているのかを見極めましょう。

love_11873さんの投稿
18443158 205377203308609 9174049345392082944 n

恋愛しているときは、デートの間だけが癒しだ…と、男性は心にゆとりがないことを表面上出さないこともあります。
結婚すると、否が応でも毎日顔を合わすわけですから、仮面をかぶっておくことは難しいです。
そのため、心に余裕がないということが一気に浮き彫りになり、大きな割合で離婚の原因になってしまいます。
心のゆとりがないというのは、家庭をおろそかにしてしまったり、些細なことでケンカをする、思いやりがもてない、暴力をふるうなどといったことにまで発展しかねません。
婚活の際には、どれくらい心に余裕を持っているのかも見極めることが出来るといいですね。

結婚相手としてNG男性の特徴⑤自己中・オレ様

love_11873さんの投稿
18298881 456600181343849 3756704672862175232 n

オレ様タイプの男性も、恋愛対象としては良くても、結婚相手としてはNGです。
恋愛の期間は、自己中な男性でも「私がいないとこの人はダメなんだ」なんて錯覚に陥ったり、そんな恋をしている自分に恋をしてしまいがちです。
でも結婚は全く別の違うものです。

love_11873さんの投稿
18299287 116987085536003 6190409730356150272 n

結婚してから50年~60年一緒にいる、子どもも作ると考えると、思いやりがなければやってられません。
夫婦二人の時はまだ耐えられたとしても、家族が増えていくにつれ、自己中な旦那さんに嫌気がさし、離婚の選択をせざるを得ない日がきてしまうことでしょう。
実際に、離婚した夫婦の中の割合としても、自己中・オレ様タイプの男性と「性格の不一致」で別れているのは珍しくありません。

恋愛と結婚の違いに注目!結婚相手選びは慎重に!

love_11873さんの投稿
18161507 767055136787697 1001268743415791616 n

いかがでしたか?
基本的に恋愛は、その時に本人がよければ成り立つというものばかりですが、やはり結婚となると話は別、全く違うものです。
この二つの違う点をしっかりと意識して、婚活していくことが大切です。
せっかく結婚したのに、結局離婚する羽目に…なんてことにならないよう、相手選びは慎重に!
応援しています。

もっと結婚について知りたいあなたへ

彼氏と結婚したい!結婚を意識させるためにすべき行動はこれ!
20代女子で結婚したい人は知るべき事実!
好きな人と結婚するなら二番目の男性?一番好きな人とは結ばれない?

関連するまとめ

関連するキーワード

yuuden
yuuden

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ