婚活デートの回数別ポイントを解説!告白は3回目、4回目は脈なし?

婚活中の女性必見!ちょっと気になる相手ができてデートが決まったら、そのデートで気をつけるべきポイントはどこなんでしょうか?この記事では婚活デートの回数別のポイントについて解説していきます!どうやって距離感を詰めれば好きになってもらえるのでしょう?

婚活デートの回数別ポイントを解説!告白は3回目、4回目は脈なし?のイメージ

目次

  1. 告白までのデート回数は3回がベスト
  2. 1回目のデート:相手に興味を持つ
  3. 2回目のデート:相手を見極める
  4. 3回目のデート:相手との距離を縮める
  5. 4回目のデート:相手との関係によって変化 
  6. 婚活デートは自分の中で基準を作っておくと◎

告白までのデート回数は3回がベスト

婚活で気になる人と意気投合。今回は婚活デートを成功させる回数別の気をつけるべきポイントを紹介していきます!

デートまで漕ぎ着けることができたけど、あれ?告白のタイミングっていつ?そう思うこともあるかもしれません。

まず、告白のタイミングでベストだと言われているのは3回目のデート。1回目の時はまだ早く、2回目で相手のことをちゃんと見て、そして3回目で告白というのが王道パターンです。

好きでもない相手と3回もデートするはずない、と思って告白する人が多いんですね。

1回目のデート:相手に興味を持つ

まずは1回目のデートの気をつけるべきポイントから紹介していきます!1回目のデートはお互いほとんど初対面か、初対面でなくても婚活イベントでちょっと話しただけ、という場合が多いでしょう。

なので1回目のデートのテーマは「相手に興味を持つ」こと!ちょっと良いかも、と思う異性がいたらその人のことをもっと知るためのデートを心がけることで、初デートを成功させることができます。

そのために気をつけるべきポイント、相手の見ておくべきポイントについて紹介していきます!また2回目のデートにつなげるためのポイントも合わせて見ていきましょう。

デートは短時間で

1回目のデートの目安は2〜3時間くらい。ほとんど相手のことを知らないまま長時間一緒にいるのは、仲良くなるためには結構リスクが高いです。まずは食事だけ、軽いおしゃべりだけのデートにしましょう。

そのためには会話がしやすいお店選びをすることが重要です。相手のことを食事をしながらよく知れる場所選びをしましょう。特に休日だと人気のカフェやレストランは混み合っている可能性が高いです。

なのでゆっくり会話しながら食事ができる、静かであまり混み合っていないレストランを選ぶのがポイントです。最初は相手にも喜んでもらおうとおしゃれで人気の場所を選びがちですが、かえって逆効果になる可能性もあるんですね。

▼関連記事:ランチだけの初デートで男性に好印象を持たれるには?

初デートランチのメリット*男性心理や好印象ポイントとは?

第一印象が大事!

ほとんど初対面か、婚活パーティで会っただけの相手。パーティでは万人ウケする格好を選びつつ、普段のファッションはまた違うかもしれません。ですが人の第一印象、見た目はかなり重要です。

身だしなみには気をつけて、特別おしゃれでなくても構いませんので清潔感のある格好を意識しましょう。ナチュラルメイクや綺麗なヘアスタイル、万人ウケするカジュアルで女性らしい格好を意識しましょう。

また食事をする時は食べ方やマナーにも気をつけて、上品な印象を持たせることが大切です。言葉遣いにも気をつけましょう。まずは「ちゃんとした女性」をアピールすることが重要です。

1回目のデートのチェックポイント

1回目のデートのポイントは、相手がどんな人なのかだいたい知ることで、無理に長時間一緒にいる必要はありません。「あれ、この人なかなか良いかも?」と思えるなら2回目に進みましょう。

さらに言えば、短めのデートにすることで「もうちょっとあの人と一緒にいたかったな」と思わせることができれば、2回目のデートにつなげることができます。

「また誘ってください」「また会いたいです」など解散する時に2回目のデートを匂わせるような言葉を投げかけることで、相手の男性も2回目のデートに誘いやすくなります。

2回目のデート:相手を見極める

無事2回目のデートに漕ぎ着けることができれば、次は相手のことをもっと知ることができるデートをしましょう。前回の初デートより、もう少し一緒にいる時間を伸ばしても良いかもしれません。

2回目のデートに応じてくれたということは、お互い「ちょっと良いかも?」と思っているということ。そのことを意識した上で、相手のことをもっと良く知ることができるデートを考えることが大切です。

価値観がわかるデートが◎

2回目のデートで相手を知る中でも、重要なのが価値観。相手がどんなものが好きで、どんなことを大切にしているのか、そのことを知ることで今後一緒にいても自分とのギャップを感じないか確かめられます。

なので例えば映画を見たり、美術館や博物館にデートに行くのも良いでしょう。もちろん相手が興味がない映画や展示に連れて行くのはNG。行き先は十分に話し合って決めましょう。

お酒の飲み方を確かめるために居酒屋デートをするのも良いかもしれません。展示に対する感想や、お酒も上品に飲むことができるのかどうかを見ることで、相手の価値観、素の表情を見ることができるんです。

▼関連記事:美術館デートを楽しむための注意点とは?

美術館デートを楽しもう!服装や注意点からおすすめ美術館まで紹介!

自分らしくいられるかも重要

また、相手ばかりではなく自分の気持ちも確かめましょう。今は相手の前で品良くしているかもしれません。ですが、目の前の相手は今後結婚するかもしれない相手です。

結婚後も一緒にいられるためには、自分が自然体でいられることもとても重要になってきます。自分がその人の前で自分らしくいられるか、猫をかぶってはいないかなど、自分の気持ちをしっかり見直しましょう。

もちろんそのことは相手も見極めています。男性も、自分が無理をせずに一緒にいられる相手なのか、その相性や居心地をしっかり見極めているので、相手との距離感をしっかりと見つめながら2回目のデートを楽しみましょう。

2回目のデートのチェックポイント

2回目のデートのチェックポイントは相手と話が合うかどうか。映画や美術館に行ったら、相手の感想をしっかり聞きましょう。相手の見方や感想はもちろん自分とは違ったものでしょう。

その見方に対して自分はどう感じたのかをしっかり見極めることが大切です。受け入れられる「違い」なのか、はたまた受け入れられない「ずれ」なのかを見極めて、今後一緒にいられるかどうかをしっかり見極めましょう。

この辺りは結局のところ人の好みや性格によって左右されるので、この時点で合わなければこの相手との今後は考えられない、と踏ん切りをつけるのも大切です。婚活はぴったりの結婚相手を見つけるものですよ。

3回目のデート:相手との距離を縮める

そして告白にもっとも適していると言われる3回目のデート。3回目のデートでは、少し遠出して、お互いのことをもっと知ることができるデートプランにするのもおすすめです。

ここまできたら、相手との距離を縮めて告白まで踏み切る、ということもありますよね。1日中一緒にいられるようなデートにすることで相手の自然体の姿を見極めるというのも良いでしょう。

長めのデートプランを

例えばフェスやスポーツ観戦、近い観光地までドライブデートに出かけるのも良いでしょう。そうした相手の素の表情がわかりやすいデートに行きましょう。

お互い共通の趣味があるなら、その趣味をメインにしたデートを楽しむのもおすすめです。その趣味の楽しみ方にギャップがないかも合わせて見ることで、今後の関係をしっかり確かめることもできます。

そして長時間一緒にいても大丈夫かどうか、そこを見極めることも大切なポイントです。長時間のドライブも苦にならない、長時間二人で一緒にいても変に気を使うことがないと感じれば、もう告白まで目前です。

告白にはベスト

日本人は心理的に「3」という数字に区切りの良さを感じている人が多く、3回目のデートも同様。告白にベストなタイミングとも言えます。何も好きでもない相手と婚活のために3回もデートに応じません。

お互い相手を「悪くない」「この人と付き合ったら楽しそう」と思っているなら、告白のタイミングとしてベストでしょう。その3回目のデートの解散時に、正式に告白する・されるという可能性が高いです。

3回目のデートのチェックポイント

3回目のデートでは、思い切ってボディタッチや結婚観など、相手のもっとデリケートな部分に踏み込んでみるのも良いでしょう。ここに大きなズレがあると、「婚活」なのに「結婚」に対して意識の違いがあるということになります。

相手が自分と付き合う、結婚することに対してしっかりとプランを考えていないことがわかれば、3回目のデートでお断り、なんてこともあります。今後の関係を見極めるためにもちょっと踏み込んだ話をしてみましょう。

それで相手もちゃんと自分との交際や結婚を考えていることがわかれば、ちゃんと告白して交際に踏み切る、というのも良いでしょう。ここで告白を断りたい場合も、ちゃんと理由を含めて相手に真剣に断りを入れるのも大切です。

▼関連記事:告白のタイミングはいつ?成功させるポイントを解説

付き合うタイミングっていつ?告白成功の7つのポイント

4回目のデート:相手との関係によって変化 

そして4回目のデート。4回目のデートでのスタンスは、相手との関係性を踏まえて見極めましょう。告白にOKして付き合っているのか、告白されて保留しているのか、はたまたまだ告白してないのか。

それぞれの状況によってデートのプランは違ってきます。まだ付き合っていない場合なら、今後の相手との関係性を真剣に見直しましょう。婚活の時間は無限にあるわけではないことを忘れずにデートに行ってください!

カップルになって初めてのデート

無事3回目のデートで告白、そして見事カップルになった場合は、今度は結婚を見据えて相手との関係を保ちましょう。まずは恋人としてどうかからのスタートかもしれません。

相手に無理をさせず、自分も無理をせずに相手と自然体で付き合っていくことで、今度はカップルになることではなく結婚することを目標とした関係性を築いていきましょう。

もちろん自分が「結婚したい」という気持ちを強く持ってアピールすることは相手の負担にもなりかねませんので、ちゃんと相手との関係性を見極めながら、居心地の良さを確かめるようにしましょう。

告白を保留中のデート

「付き合うかどうかはちょっと待って・・・」と自分が保留にしているのか、相手が保留にしているのか状況によって異なりますが、少なくとも、4回目のデートに応じているということは相手が「ナシではない」ということ。

保留されている側の場合はあまり返事を急がないように、相手に対するアピールを続けるようにしましょう。

自分が保留している場合は、相手をあまり待たせすぎないよう、早めのうちに答えを出すことが大切です。婚活の時間は無限にあるわけではありません。相手もあなたと付き合いたい、結婚したいと思ってデートに誘っているんです。

告白なしの4回目のデート

告白されないまま4回目のデート。その時の状況やデートの内容によっては3回のデートではまだ相手を知るには不十分だと思ってしまう人もいるでしょう。また相手の性格によっては3回のデートで告白は…と思っている人も。

なので4回目以降でのデートでは、早めに関係に決着をつけましょう。相手との関係性を見極めて、自分から告白するか、相手が自分のことをどう思っているのか確かめる、というのが良いでしょう。

相手が自分のことをどう思っているのか、本当に自分との結婚を考えてデートに誘ってくれているのかしっかりと答えを出す、というのもとても大切なことです。そのためにはまず自分の気持ちを見直すことから始めましょう。

▼関連記事:告白してくれない男性心理は?告白されるテクをチェック!

告白してくれない男性はどういうつもり?彼から告白してもらうテク

婚活デートは自分の中で基準を作っておくと◎

いかがでしたか?今回は婚活デートの回数別のチェックポイントについて紹介してきました。婚活の時間は有限です。しっかりと相手を見極めた上で、相手との関係性に答えを出しましょう。

だらだらとデートの回数を重ねるのはNG。自分の気持ちを大切にした上で、結婚を前提としたお付き合いがスタートできるように自分からも行動を起こしましょう!

婚活相手との交際を考える上で自分の気持ちや相手の性格、好みや価値観などにある程度基準を作っておくと、自分の気持ちに決着がつけやすくなるのでとてもおすすめですよ。

▼関連記事:婚活デートでの告白のタイミングはいつ?男女別にポイントを解説!

婚活デートでの告白のタイミングは?注意点を男女別に解説!

▼関連記事:婚活地獄を抜け出したい!どうしたら幸せを手に入れられる?

婚活地獄に堕ちやすい女性の特徴!抜け出して幸せを掴む方法とは?

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ