吉岡里帆のメイク方法&道具まとめ!儚い雰囲気の美人顔になりたい♡

吉岡里帆のメイク方法&道具まとめ!儚い雰囲気の美人顔になりたい♡

CMをはじめ映画やドラマに活躍している吉岡里帆さん。守ってあげたくなるような儚い可愛さに加え、知的な雰囲気も魅力です。そのピュアで可愛い美人顔をマネしたいという女性も多いのではないでしょうか?今回は吉岡里帆さんのような愛され顔になれるメイク方法やコスメをご紹介します!

5823View

記事の目次

  1. 1.吉岡里帆のような美人顔になりたい!守ってあげたくなる可愛さ&知性も♡
  2. 2.【吉岡里帆のスキンケア&ベースメイク】つやつやの透明肌になる方法!
  3. 3.【吉岡里帆のアイメイク】まん丸のウサギ目!目頭切開ラインのやり方は?
  4. 4.【吉岡里帆のリップ&チーク】ナチュラルにポッと色づくのが可愛い♡
  5. 5.【吉岡里帆の愛用コスメ】気になるメイクアイテム&オススメのカラコンを紹介!
  6. 6.吉岡里帆風メイクで知的で可愛い美人フェイスに近づいちゃお♡

吉岡里帆のような美人顔になりたい!守ってあげたくなる可愛さ&知性も♡

ピュアな可愛らしさが魅力の吉岡里帆さん。俳優養成所を経て2012年に事務所入りし、2013年に芸能界デビューしました。2014年にグラビアデビューして以降、その名を世に知らしめたCMをはじめ、数々の映画やドラマに出演し活躍を続けている女優です。

中でも「ゼクシイ」や「どん兵衛」のCMは可愛いと話題になり、CMを見て吉岡里帆さんの可愛さにはまってしまった人も多いのではないでしょうか。2017年にはもっともブレイクした女優に選ばれています。

吉岡里帆さんは2018年、2019年と次々に出演映画が公開されるなど注目されている旬の女優です。映画やドラマでは可愛らしいだけではなくコミカルな一面も見せるなど、演技の幅も広がっています。

そんな吉岡里帆さんは守ってあげたくなるような可愛らしい癒し系の外見に加え、うるおったみずみずしい肌や知的な雰囲気があるのも魅力です。今回は、吉岡里帆さんのような美人顔になれるメイク方法を徹底解説していきます!

【吉岡里帆のスキンケア&ベースメイク】つやつやの透明肌になる方法!

吉岡里帆さんはピュアな可愛らしさが魅力ですが、白くて透き通るような美肌の持ち主でもあります。思わず触れたくなるような、吉岡里帆さんのようなつやつや透明美肌に憧れる女性も多いのではないでしょうか。

吉岡里帆さんのような美肌にはどうしたらなれるのでしょうか?つやのある透明肌になるためのスキンケア方法やベースメイク方法をチェックしていきましょう!

スキンケア:メイク前にも保湿!肌の免疫力を保つ工夫も◎

吉岡里帆さんのような透明美肌には、スキンケアが欠かせません!メイク前にもしっかり保湿するのがポイントです。たっぷりの化粧水で肌を保湿してくすみをなくし、透明感ある潤い肌にしましょう。

吉岡里帆さんは肌が弱いようなのですが、美肌のために肌の免疫力を保つ工夫もしているそうです。丁寧なスキンケアのほか、しっかり睡眠をとることや食事をきちんととること、冷え性対策など、生活習慣を見直すことも透明感ある美肌のために大切といえます。

ベースメイク:下地はブルー系/ パープル系で透明感をアップ!

次にベースメイクの方法です。吉岡里帆さんのような透明肌になるには、ブルー系やパープル系の下地が欠かせません。

ブルー系下地は顔の赤みやニキビ跡をカバーして、涼しげな透明肌を作ります。パープル系下地は、黄ぐすみを解消して血色感や清潔感のある透明肌になれます。

ブルー系やパープル系の下地は、顔全体に塗るのではなく気になる部分に絞ってつけるのがポイントです。まず普段使っている下地を毛穴を埋めるように塗ったら、おでこや頬、鼻など気になる部分にブルー系やパープル系下地をポンポンとおいていきます。

付けた下地を指で小刻みになじませて、自然に仕上げましょう。なじませるときには、顔の中心から外側に向かって叩き込むようになじませるのがポイントです。赤みの出やすい小鼻の溝も忘れずにカバーしましょう!

ブルー系やパープル系下地を使うとき、透明感を出したいからと言ってつけすぎるのは禁物です。つけすぎると化粧崩れしやすくなってしまいます。特に皮脂の多い部分には控えめにつけるようにしましょう。

おすすめのブルー系下地はこちら!

コスメデコルテ AQミリオリティ メイクアップエッセンス 02

楽天

透明度の高いブルー系下地です。青白くならず、生まれつき肌が白いかのように自然に透明肌を演出してくれます。高保湿なのでしっとりした使い心地も魅力。

ファンデーションはブラシなどで薄く仕上げるのがコツ!

次のページ

【吉岡里帆のアイメイク】まん丸のウサギ目!目頭切開ラインのやり方は?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely