ストレートアイロンの使い方!正しいかけ方を知って綺麗な髪に!

ストレートアイロンの使い方でポイントになるのは、ブラッシングしてからアイロンをを使うことです。 ストレートアイロンの使い方は、順序良くすると簡単です。 ストレートアイロンを使う前に、ストレートウォーターを使うと、髪のダメージを防げます。

ストレートアイロンの使い方!正しいかけ方を知って綺麗な髪に!	のイメージ

目次

  1. ストレートアイロンの正しい使い方 15選 輝くサラサラヘアに
  2. ストレートアイロンの正しい使い方① 髪をブロッキングする
  3. ストレートアイロンの正しい使い方② 髪の根元から始める!
  4. ストレートアイロンの正しい使い方③ アイロンは下に滑らす!
  5. ストレートアイロンの正しい使い方④ 180℃以上にしない
  6. ストレートアイロンの正しい使い方⑤ 仕上げはヘアスプレー
  7. ストレートアイロンの正しい使い方⑥ 前髪をカール
  8. ストレートアイロンの正しい使い方⑦ アイロンを毎日使わない
  9. ストレートアイロンの正しい使い方⑧ コテの太さ
  10. ストレートアイロンの正しい使い方⑨ 後ろ髪から始める
  11. ストレートアイロンの正しい使い方⑩ ヘアミルクでヘアケア
  12. ストレートアイロンの正しい使い方⑪ ボブもフェミニンに!
  13. ストレートアイロンの正しい使い方⑫ 同じ個所に当て続けない!
  14. ストレートアイロンの正しい使い方⑬ 毛束は5~6cmくらい
  15. ストレートアイロンの正しい使い方⑭ 初心者でも簡単
  16. ストレートアイロンの正しい使い方⑮ ボブをボリュームダウン
  17. ストレートアイロンでウェーブへア
  18. ストレートアイロンで後ろ髪も綺麗に!
  19. ストレートアイロンは適度な温度で!
  20. ストレートアイロンの使い方は、前髪で練習!
  21. ヘアアイロンの正しい使い方は、良くわかりましたか?

ストレートアイロンの正しい使い方 15選 輝くサラサラヘアに

ストレートアイロンが1つあれば、忙しい朝にヘアスタイルを綺麗なストレートにできます。
アイロンを使いすぎると、髪が傷みますが、定期的に使ってみると、ヘアスタイルのアレンジに役立ちます。
アイロンを使えば、ストレートパーマのような美しい髪になれます。
ストレートアイロンをきちんと使って、ヘアスタイルをエレガントにセットしましょう。

ストレートアイロンの正しい使い方① 髪をブロッキングする

ストレートアイロンは、髪を小分けしてブロッキングすると、順序よく髪をストレートにできます。
ストレートアイロンを使う前に、髪のダメージを防ぐために、ストレートスプレーを髪に吹きかけておいてください。
ストレートアイロンは、高熱になるので髪がダメージを受けます。
ストレートスプレーを使うと、髪を保護できて美しいストレートになります。

ブロッキングした髪を、順番に丁寧にストレートにします。
髪をストレートにするために、髪をアイロンで挟んでアイロンを髪の中間から毛先に向かって真っすぐ下におろします。
綺麗なストレートになるように、アイロンをゆっくり下に向けて動かします。
アイロンを、横に向けて動かすと、髪が絡まって傷む原因になります。
アイロンの滑りを良くするために、アイロンを使う前に髪を綺麗にブラッシングしておいてください。

ヘアオイルをつけた髪に、アイロンを使わない!

ストレートアイロンを使うと、髪がダメージをうけるからと言って、ストレートアイロンを使う前にヘアオイルを使ってはいけません、
ヘアオイルをつけた髪にアイロンを使うと、アイロンでオイルの水分が蒸発して、髪のキューティクルを傷つけます。
ヘアオイルは、ストレートアイロンを使った後で、髪に少量つけるだけで良いです。

ストレートアイロンの正しい使い方② 髪の根元から始める!

ストレートアイロンは、髪の根元から中間、毛先にかけます。
髪の根元から中間に向かって、アイロンを動かします。
そして、中間から毛先に向かってストレートになるようにします。
最後にストレートアイロンを、根元から毛先に向かって、一気に下に向けて動かします。
ストレートアイロンを正しく使うと、綺麗なストレートになります。

ストレートアイロンは、同じ場所を繰り返しかけないようにします。
ストレートアイロンを、サイドの髪、バックの髪と順番にしてくださいね。
ストレートアイロンで、同じ場所を繰りかえしてかけると、髪のダメージが酷くなります。
ストレートアイロンの滑りが悪い時は、髪が絡まっているので、ブラッシングするべきです。

ストレートアイロンの正しい使い方③ アイロンは下に滑らす!

ストレートアイロンは、必ず根元から下に向かって滑らします。
綺麗なストレートにするために、横に向けてアイロンを動かさないようにします。
ストレートアイロンを使う時は、ドライヤーで髪を乾燥させておきます。
髪が濡れていると、高熱のアイロンで髪がやけどして髪が傷みます。

ストレートアイロンを使うと、髪はとっても傷むので、ヘアオイルやミストで髪をケアしましょう。
髪の外側や内側など、髪を丁寧に小分けしてからストレートにします。。
ストレートアイロンは、使い慣れると簡単に扱えます。
ストレートの髪が美しいと、自信がもてますね。
髪が絡まったまま、ストレートアイロンを使うと、抜け毛や切れ毛の原因になります。

髪をストレートにして、しなやかに!

ストレートアイロンは、髪を美しく見せるために使います。
ストレートアイロンの使い過ぎは、髪がパサパサになる原因です。
週に2,3回程度、使用するだけが、髪に優しいです。
ストレートアイロンを使った後で、ワックスをつけると一段と髪が綺麗に見えます。
ヘアケアをきちんとすれば、アイロンを使っても髪がしなやかで綺麗になります。

ストレートアイロンの正しい使い方④ 180℃以上にしない

ストレートアイロンを180℃以上にすると、髪が傷み過ぎになります。
ストレートアイロンは、とっても高温になるから扱いに注意しましょう。
ストレートアイロンで、髪をストレートにするには、150℃から180℃の温度で、素早く滑らせます。
ストレートアイロンを、低温でゆっくり使うと髪がもっとダメージをうけます。
ストレートアイロンは、高温でサッと滑らすことがポイントです。

ストレートウォーターを髪にかけてから、一度髪をドライヤーで乾燥させます。
髪が乾いてから、5分から10分待った後で、ストレートアイロンを使います。
ストレートアイロンで、髪をストレートするには必ずストレートアイロン専用のスタイリング剤を使った方がいいです。
ストレートにするために、ブロッキングは6か9に分けることもポイントです。
後ろ髪のブロッキングから、ストレートになるようにアイロンを滑らします。

ストレートアイロンの正しい使い方⑤ 仕上げはヘアスプレー

ストレートアイロンを使って、髪をストレートにできれば、髪全体にスプレーします。
髪の美しさを保たせることができます。
ストレートアイロンで髪が傷んでしまったら、アイロンを使った後でヘアオイルをつけるといいでしょう。
ストレートアイロンは、自分で髪をストレートに仕上げれて便利です。

ストレートアイロンを使うなら、アイロンを滑らすときに、同時にコームを滑らせると艶感がでます。
ストレートアイロンで、美しいストレートヘアが実現できます。
ストレートアイロンを根元から毛先にかけて、滑らした時に、毛先を内側に巻くと内巻きカールになります。
ボブヘアスタイルの方に、毛先カールはおすすめです。

ストレートアイロンの正しい使い方⑥ 前髪をカール

ストレートアイロンで、前髪を内巻きカールにできます。
前髪を二つに分けて、内側の髪の根元からアイロンを滑らせて毛先を内巻きにカールします。
上側の前髪は上に向かって、アイロンを動かしましょう。
そして、アイロンが高い位置に来たら手首をひねらせてカールになるようにします。

ストレートアイロンで、前髪をカールにできればイメージが変わりますね。
前髪が短くてもカールできます。
ストレートに飽きたら、髪全体を小分けして、小分けした髪をねじってからストレートアイロンを滑らせると、ウエーブのかかった髪になります。

ストレートアイロンで、カールヘアも楽しめる

ストレートアイロンでもカールもできるアイロンがあります。
ストレートとカールの両方に使用できるアイロンです。
カリーヘアにするためにアイロンに髪を巻き付けて、クルクルとアイロンを回しながら下へ滑らします。
アイロンの使い方の工夫で、カーリーヘアーになれます。
ロングやミディアムヘアの人は、髪を立て巻きにしたりストレートアイロンで可愛いヘアスタイルになれます。

ストレートアイロンの正しい使い方⑦ アイロンを毎日使わない

ストレートアイロンは、髪がダメージを受けるので、使用回数を最小限にします。
なるべくストレートアイロンを使わない日を増やすべきです。
毎日ストレートアイロンを使うと、髪のダメージが悪化します。
ストレートパーマを美容院でかける方が、アイロンを毎日使うより髪のダメージが少ないです。

ストレートアイロンで髪をサラサラストレートにできれば、仕上げに冷風を与えます。
髪がアイロンで高温になっているから、冷風で覚ましましょう。
冷風で髪がサラサラになります。
髪を美しく見せるために、温風よりも冷風で冷ますといいです。

ストレートアイロンの正しい使い方⑧ コテの太さ

ストレートアイロンには、19mm、26㎜、32㎜、38㎜と種類があります。
ストレートアイロンのコテの太さが19㎜なら、ショートヘアスタイルに最適です。
ショートヘアをストレートにしたりカールしたりするのは、19㎜のコテの太さが扱いやすいです。
26㎜のコテの太さは、ミディアム丈の髪の長さにピッタリです。
髪をカールしたり、ストレートにしてボリューム感を作れます。

ストレートアイロンの32㎜のコテの太さは、ミディアムからロングの髪の長さに使えます。
毛先カールやストレートなど、使い方はいろいろできます。
ストレートアイロンのコテの太さが38㎜は、ロングのヘアスタイルの人におすすめです。
ロングの人は、髪のボリュームを出したいときに、ストレートアイロンを使うと簡単にフンワリさせれます。
髪質が細い人は、太目のコテを選んで、髪質が太い人は細めのコテを選びましょう。

ストレートアイロンの正しい使い方⑨ 後ろ髪から始める

ストレートアイロンを使うために、髪をブロッキングにします。
後ろ髪からストレートにして、ブロッキングしている髪を後ろ髪から始めて、順番にアイロンをかけます。
ストレートアイロンは、プレートがセラミックなので、髪を傷つけません。
後ろ髪は見えないけれど、アイロンの高温で髪が傷まないように素早くアイロンを滑らせます。

後ろ髪をストレートにするときに、フンワリ感を持たせて毛先は内巻きになるようにアイロンを滑らせるといいでしょう。
アイロンは、後ろ髪のハネを抑えて、綺麗なヘアスタイルを作れます。
アイロンは、後ろ髪にボリューム感をもたせることのできます。
ヘアスタイルが美しく見えるように、後ろ髪もストレートアイロンで綺麗にセットできます。

ストレートアイロンの正しい使い方⑩ ヘアミルクでヘアケア

ストレートアイロンで髪をストレートにするときは、アイロンを使った後で、髪にヘアミルクをつけてヘアケアします。
髪のダメージは避けられません。
アフターケアが必要です。
髪が傷んでいるなら、ストレートアイロンを使うことを数日間やめた方が良いす。
ストレートアイロンを使う前も、髪全体にヘアミストを吹きかけてから、ストレートアイロンを使ってください。

ストレートアイロンは、髪のパサつきの原因になります。
ヘアオイルやトリートメントミスとで、ストレートアイロンを使った後にヘアケアをするべきです。
ヘアスタイルを整える時に、ワックスを使って髪をスタイリングするといいです。
ワックスも髪質を綺麗に見せます。
また、前髪や後ろ髪を丁寧にストレートアイロンでスタイリングできます。
前髪は短いのでコテの細いストレートアイロンを使うと、上手に毛先をカールしたりストレートにできます。
後ろ髪は見えないので難しいですが、ボブなら中間の太さのコテを使うといいでしょう。
ストレートアイロンで後ろ髪も綺麗にスタイリングできるようになります。

ストレートアイロンとヘアケア

ストレートアイロンを使い続けると、ストレートパーマより髪を傷めます。
ストレートアイロンを使うなら、トリートメント以外にアルガンオイルやオリーブオイルなどのヘアオイルを使うべきです。
ストレートヘアにしても、髪のダメージをケアしていなかったら、とっても見た目が悪くなるはずです。
髪を美しく保つために、ヘアオイルやヘアクリーク、ワックスなどを使ってくださいね。

ストレートアイロンの正しい使い方⑪ ボブもフェミニンに!

ストレートアイロンで、髪をストレートにしやすい長さはボブです。
ボブは、ストレートアイロンで根元からフンワリさせて、毛先を内巻きにカールするだけで可愛いイメージになります。
ストレートアイロンを使って、前髪をセットするときは、ストレートにしたり、クルンと前髪をカールしてください。
ヘアスタイルのバランスを良くするために、ボブでもロングでも前髪からストレートにすることがポイントです。

ストレートアイロンを使って、ボブをフンワリ丸みをおびたヘアスタイルに仕上げるには、ストレートアイロンを下に向かって滑らしてはいけません。
ボブを綺麗にセットするためには、ストレートアイロンに挟んだ髪を上に向けて引き上げます。
そうすると、ボブがかっこよく丸みのあるヘアスタイルになります。
アイロンで挟んだ髪を、上に引き上げることでボリュームが出て、綺麗なボブになります。


◆関連記事:ミディアムヘアをもっとかわいくしたいアナタはこちら

「ミディアムヘアの巻き方」初心者でもふわふわに仕上げるコツ!簡単!

ストレートアイロンの正しい使い方⑫ 同じ個所に当て続けない!

ストレートアイロンは、高熱になるのでストレートに上手くできなくても、同じ髪にアイロンを2秒以上当ててはいけません。
ストレートアイロンで、髪が傷むと綺麗なヘアスタイルにならなくなります。
ストレートアイロンを、繰り返して同じ髪に当て続けてはいけないのです。

ロングヘアをストレートにするときも、髪をはさんだアイロンを真っすぐ下に向けて滑らすだけです。
ロングヘアは、ストレートにしやすいでしょう。
ショートヘアでも、アイロンを滑らすほどの髪の長さがありませんが、ショートヘアにボリューム感を持たせるために、上に向けてアイロンを動かすといいでしょう。
髪のダメージを最小限にするために、素早くアイロンを動かしましょう。
アイロンを何度も繰り返して、同じ個所に当て続けないことが大事です。

ストレートアイロンの正しい使い方⑬ 毛束は5~6cmくらい

ストレートアイロンの中央に髪を挟んで髪をストレートにします。
その時に、毛束は5~6cmの幅くらいがちょうどいいです。
髪を多くとってもストレートアイロンの効果がありません。
ショートでもロングでも、髪の幅5~6cmの毛束が適切です。

毛先がはねている時は、毛先を内巻きにカールするとストレートになります。
ボブでもショートでも、ストレートアイロンを使うと綺麗にスタイリングしやすくなるでしょう。
ボブやショートは、ストレートアイロンを使ってカールしたり、アレンジが楽しめます。
ボブは、ストレートアイロンを使って、最も美しくセットしやすい髪の長さです。

ストレートアイロンの正しい使い方⑭ 初心者でも簡単

ボブやショートヘアのヘアスタイルがボサボサになってしまう人は、ストレートアイロンで悩みが解消できます。
ストレートアイロンは、初心者でも使いやすいです。
ボブやショートなら、簡単にブロッキングして髪を挟んで上から下へアイロンを滑らすだけです。
また、ボリュームが欲しい時も、アイロンに挟んだ髪を上に向けて引き上げると、ボブやショートがかっこよくセットできます。
後ろ髪がペチャンコになっている時も、ストレートアイロンで盛り上げるように髪を大きく巻く感じに動かせばいいのです。

初心者にとって、髪を真っすぐ下に向けて滑らすだけの単純な動きは簡単です。
初心者は、ストレートアイロンの使い方のコツをすぐに感じれるでしょう。
髪をブロッキングして、後ろ髪からストレートにします。
初心者はストレートアイロンを使い始めてからすぐに使いこなせれる実感を感じれるはずです。
ストレートアイロンの使い方は、単純なので初心者でもきれいなストレートになるでしょう。
初心者は、髪を挟んだアイロンを下に向けて滑らることを、気にかけるだけで良いです。

ストレートアイロンの正しい使い方⑮ ボブをボリュームダウン

ストレートアイロンは、フンワリしたヘアスタイルを作るだけでありません。
髪に癖があるやうねりのある髪を、ストレートアイロンを使ってストレートに治せます。
ボリュームを抑えたボブやショートヘアスタイルにしたいときも、アイロンで綺麗にセットできます。
髪の流れに合わせて、ストレートアイロンを軽く滑らすだけです。
ボブやショートヘアスタイルは、ストレートアイロンで簡単に髪のボリュームや癖を治せます。

ストレートアイロンを使うと、ボブ、ショートやロングヘアスタイルは、サラサラ感のあるストレートになります。
サラサラをキープするために、アイロンを使う前にアイロン用のストレートミストを使うと良いです。
ストレートミストで、美しいボブやショートヘアになれます。
ボブやショートなら、初心者でも簡単にストレートアイロンを使いこなせれます。

ストレートアイロンでウェーブへア

ストレートアイロンを使う前に、髪の外側と内側に分けておきます。
内側の髪を最初に少しアイロンに挟みます。
ストレートアイロンを滑らせながら、半回転させてそのまま1回転半させながら下に滑らせます。
初心者でも、綺麗なウェーブを作れます。

内側のウェーブが終われば、外側の髪の上の部分からをアイロンに挟んで、回転させながら滑らせます。

ショートヘアやミディアムヘアでも、ストレートアイロンを回転させながら滑らすだけで、ウェーブヘアになります。
初心者にとっては難しいかも知れません。
ヘアアイロンを回転させながら滑らすときに、髪がアイロンに絡まりやすいから、少ない毛束をアイロンに挟んで始める方が楽にできると思います。


◆関連記事:ストレートもいいけどゆるふわ巻き髪をしたい方はこちら

【髪の毛の巻き方】ゆるふわ巻き髪をコテで簡単に作る!

ストレートアイロンで後ろ髪も綺麗に!

ストレートアイロンで、後ろ髪を巻いたり、ストレートにすることは難しいことです。
後ろ髪の毛束をアイロンに挟んだら、アイロンを上に向けて滑らしてもいいです。
ヘアスタイルは、後ろから見ても横から見ても、バランス良く整ていることが理想ですね。
ストレートアイロンは、髪全体にかける必要があります。
時間がない時は、外側だけストレートにして、ごまかすことはできます。

後ろ髪の毛先がはねている時も、ストレートアイロンで内巻きにできて便利です。
ヘアスタイルは、後ろ髪も綺麗であることが大切です。
後ろ髪は、髪の根元からストレートにすることが難しいので、髪の中間から毛先にかけてストレートアイロンを滑らせるだけで十分綺麗になヘアスタイルになります。

ストレートアイロンは適度な温度で!

ストレートアイロンは、150~180℃の温度で使用すると、きちんとストレートの髪になります。
アイロンの温度を高くし過ぎても、髪が傷むだけです。
初心者の方は、160℃くらいの温度で、試してみるといいでしょう。
ストレートになるか、様子を見て温度を調節をしてください。

ストレートアイロンは、温度調整ができない物もあります。
初心者にとって、温度が調節できないアイロンを選ぶと、温度は自動的に適度に調節されるから便利だ思います。
ショートヘアに使うなら携帯用のミニサイズが使いやすいです。
ショートヘアなら携帯用のアイロンを使って、誰でも簡単にカールしたり、ストレートにしてヘアスタイルを自分で簡単にアレンジできます。

ストレートアイロンの使い方は、前髪で練習!

ストレートアイロンは、初心者にとっては難しく感じるはずです。
初心者にとってはストレートアイロンに髪を挟みながら、上手く滑らすことも大変でしょう。
初心者なら、前髪をアイロンで挟んで、何度も練習することを勧めます。
前髪は短いので練習にうってつけですね。
前髪は、初心者にとってストレートアイロンの使い方をマスターしやすいです。

ストレートアイロンは、髪を傷つけるので、前髪で練習するときでもやりすぎに注意しましょう。
ストレートアイロンは、いつでも手軽に髪をサラサラのストレートにできます。
髪のダメージを考えて、ヘアケアにも励んでください。
初心者は、細すぎない太すぎないコテを選ぶといいです。

ヘアアイロンの正しい使い方は、良くわかりましたか?

ストレートアイロンは、自分で髪を簡単にストレートしたり、カールしたりできます。
ストレートアイロンは、自宅で好きな時に髪を綺麗なストレートにできるから、便利ですね。
ストレートへアは、髪がサラサラに見えて、美しいヘアスタイルのイメージです。
あなたも、ストレートアイロンを使いこなしてみましょう。

もっとヘアアイロンについて知りたいアナタはこちら

ヘアアイロン・スプレー・ドライヤーは飛行機に持ち込める?
ヘアアイロン用スタイリング剤のおすすめと正しい使い方!
ヘアアイロンの最適温度とおすすめの使い方解説!【髪をキレイに】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ