ワンピース×ベルトのコーデ特集!付け方や位置など解説!

皆さんはお気に入りのワンピースが変わり映えしない…なんて悩んだことはありませんか? 実は、手持ちのワンピースにおしゃれなベルトをつけるだけでとってもトレンド感のあふれるコーディネートが出来上がるんです。 今回はワンピース×ベルトのコーデを沢山集めました♡

ワンピース×ベルトのコーデ特集!付け方や位置など解説!のイメージ

目次

  1. ワンピース×ベルトでいつものワンピースが早変わり♡
  2. ワンピースに合うベルトの種類は?
  3. みんなのワンピース×ベルトのコーディネートを見てみよう♡
  4. ベルト効果でいつものワンピースがトレンドライクに変身♡

ワンピース×ベルトでいつものワンピースが早変わり♡

手持ちのお気に入りのワンピース。とってもお気に入りだから着たいけれど、ワンピースってそれ1枚で着るからこそ、いつもあんまり変わり映えしない…と悩んでいる女性が多いと思います。

ワンピースは確かにその名のとおり、それ1枚でコーディネートの印象がほぼ決まってしまいますから、同じワンピースを使っていると、違うようにしたつもりのコーディネートでもあんまり変わり映えしないなんてこともよくありますよね。そんな悩みを解消してくれるのが、ベルトです♡

いつも通り着ているワンピースに細ベルトや腰ベルトをつけるだけで、雰囲気も大きく変わりますし、トレンド感があふれるコーディネートに早変わりします。

お気に入りのワンピース、「いつもそれじゃん」って思われたくないからあんまり着られない…なんて方も、細ベルトや腰ベルトなど、それぞれの位置や結び方など、付け方を駆使するだけで、同じワンピースでも全く雰囲気の違うおしゃれなコーディネートに仕上がります。

今回は、そんなおしゃれなコーディネートの技、ワンピース×ベルトのコーディネートについて解説します。ぜひ、ベルトの位置や結び方、付け方から、細ベルトや腰ベルトなどベルトの種類にまで注目してみてくださいね♡

■参考記事:ワンピースにも種類がいろいろ!

ワンピースの種類と名前まとめ!おすすめはどれ?

ワンピースに合うベルトの種類は?

まずは、ベルトと一言で言っても、ワンピースに合うベルトってどんなものがあるのでしょうか。ワンピースにただ手持ちのベルトをなんとなくつけても、おしゃれになるとは限りません。ワンピースと相性のいいベルトのデザインというのがちゃんとあるんです。

手持ちのワンピースに似合うベルトを1つおしゃれアイテムとして買い足すだけで、お気に入りのワンピースのコーディネートが新たにおしゃれに生まれ変わると思うと、とっても嬉しくありませんか?

まずは、ワンピースに似合うベルトを紹介させていただきます。それぞれのベルトの付け方や結び方、おすすめの位置なんかも覚えておいてくださいね。

①コルセットベルト

まず、ワンピースに合わせるおすすめのベルトとして、「コルセットベルト」が挙げられます。コルセットベルトは、細ベルトなどのシンプルなものとは真逆で、比較的太いデザインで編み上げデザインになっているものが非常に多いのが特徴。

コーディネートのテーマになりうるくらい、存在感のあるアイテムです。付け方としては、位置は腰ベルトなどと比べて高めに、ちょうどくびれがある位置につけるのがおすすめの付け方。くびれで細くなっている部分に巻き付けるようにつけると、ちょうどいい位置になります。

こちらのコルセットベルトは、くびれの位置につけることによって、くびれの位置をきゅっと引き締めて見せてくれる効果があるので、細見効果が抜群。

編み上げ式のものも、後ろのフックなどで留めるものなどが多いので、付け方も簡単ですし、結び方が分からないという人も、結び方を練習する必要はありません。シンプルなワンピースや、ロング丈のワンピースに合わせてメリハリをつけたり、コーディネートのテーマアイテムとして活躍してくれるベルトです。

②サッシュベルト

サッシュベルトとは、あまりなじみがない方も知れませんが「金具のついていないベルト」のことを言います。コートについている腰ベルトをイメージしてもらえばわかりやすいと思います。

サッシュベルトもここ数年かなり人気が出てきていて、普通のワンピースにサッシュベルトを巻くだけでとってもオシャレな印象に早変わりする、と大人気となっています。付け方として、サッシュベルトをつける位置としては、大体コルセットベルトをつける位置とほぼ同じ位置につけている方が多いですね。

サッシュベルトは2~3重に巻いて留めるというデザインが多いため、必然的に太い面積になりがちです。そのため、腰ベルトや細ベルトなどのような付け方ではなくどちらかというと、コルセットベルトに似た付け方をします。

コルセットベルトとの違いとしては、金具がないためナチュラルな印象になり、ゴテゴテとしたコーディネートにならず、シンプルきれいに着こなすことができるベルトです。

結び方が難しそうと思うかもしれませんが、コートのベルトの結び方と同じで、きれいにリボン結びにするくらいでそんなに難しい結び方を練習する必要がないのもうれしいところです。

③細ベルト

最後に、ワンピースに合うベルトとして細ベルトが挙げられます。細ベルトは、その名のとおり幅が1~2㎝くらいの細いベルトのことを指します。付け方としては腰ベルトにしてもいいですし、高い位置につけてワンピースをハイウエストのような印象のコーディネートにすることも可能です。

また、細い分、隠す付け方も可能なので、ワンピースの上に腰ベルトにして、その上をちょっと出したワンピースで隠せば、セットアップ風のコーディネートに変身させることもできます♪

こちらは、普段使っている普通のベルトと要領は同じなので、特に特別な結び方があるわけではないので、これ専用に結び方を練習する必要などもありません。腰ベルトとして使いたい場合には、ほかに紹介したコルセットベルトやサッシュベルトでは合わないので、こちらの細ベルトを腰ベルトにすることをおすすめします。

細ベルトは華奢な雰囲気があるので、腰ベルトにしてちょっとルーズな感じにしてもどこかきれいめ感があふれ、だらしなくならないように見せてくれるのがうれしいところです。

④太ベルト

細ベルトとは逆に、太ベルトもワンピースのアクセントとして人気です。その名の通り太めのベルトでしっかりとウエストマークをつけるので、メリハリのある女性らしいシルエットを演出することができます。ワンピースはもちろん、ワイドパンツなどパンツスタイルにも取り入れられます。

コルセットベルトとシルエットは似ていますが、カジュアルなデザインのものが多いのでシャツワンピなどかっこよく、カジュアルに着こなしたいワンピースコーデにおすすめです。

■参考記事:同窓会に着ていけるワンピースコーデは?

同窓会の服装!ワンピースがいい?20代・30代・40代の女性必見

みんなのワンピース×ベルトのコーディネートを見てみよう♡

では、ここからは実際に皆さんのワンピース×ベルトのコーディネートを見ていきましょう。どのコーディネートも、もちろんですがワンピースだけでも十分可愛いコーディネートに仕上がるものです。

でも、そこにあえて腰ベルトや、トレンドの結び方のサッシュベルトをつけることによってさらにワンピースを可愛く見せるということができちゃうんです♡おしゃれな結び方なども非常に参考になりますから、ぜひコーディネートと合わせてベルトの結び方などにも注目してください。

お気に入りのワンピースの雰囲気を変えたい…とっても気に入ったワンピースをヘビロテしたい…そんな方はぜひ、これから紹介するワンピース×ベルトのコーディネートを参考にして、同じワンピースを使いながらも、何通りものワンピースコーディネートを完成させてくださいね♡

①白ワンピでフェミニンに

こちらは白の女の子らしいフェミニンなワンピースに、濃いめのブラウンのコルセットベルトをつけたコーディネートです。ブラウス素材でとっても可愛い春にぴったりのワンピースはこれ一枚でも十分おしゃれで可愛い印象ですよね。

でも、たまには気分を変えたり、雰囲気の違うコーディネートにしたいというときもあると思います。そんなときには、ウエスト部分にコルセットベルトをつけることで、コーディネートのアクセントになり、まったく違う雰囲気のコーディネートに仕上がります♪

ベルトのカラーが全体のコーディネートをきゅっと引き締めてくれるので、メリハリがついたコーディネートになりますね♪

②黒ライダースでクールに

こちらは黒の花柄ワンピースに黒のライダースを合わせたコーディネートです。ボトムスにジーンズをはき、黒のスニーカーも。小物類のキャップやバッグに至るまで黒で統一していて、ウエストにつけているコルセットベルトも黒、と全体的にワンカラーで統一したコーディネートです。

全体的に黒で統一した上に、ライダースジャケットで、一見メンズライクになりがちですが、花柄ワンピースをチョイスすることで女の子らしさが出ていますね。甘辛コーデが上手に出来上がっていて、バランスのいいコーディネートに仕上がっています。

③ブラウン花柄でガーリーに

こちらは、ブラウンの小花柄のロングワンピースを使ったコーディネートです。ロングワンピースはゆったりとしたデザインで、ふんわりシルエットがとっても可愛いですね。ボトムスにジーンズを合わせてチラ見せすることで甘すぎずカジュアルな印象をプラスしています。

ふんわりシルエットのワンピースはそのまま着てもとっても可愛いですが、こちらのようにウエスト部分にコルセットベルトをつけるだけで、メリハリがつき、トレンド感が増しますね。とってもオシャレなママさんで、お子さんもきっとうれしいことでしょう♡

④白ワンピですっきり

こちらは、爽やかな白のシャツワンピを使ったコーディネートです。白のシャツワンピに、レザーのパンプスととってもシンプルですが清潔感のあるおしゃれなコーディネートに仕上がっています。

シャツワンピはそのままふわっとさせても可愛いのですが、こちらのコーディネートのように細ベルトをつけてきゅっと引き締めるだけで、シルエットがプリンセス風になり、とっても女の子らしい可愛いコーディネートに仕上がります。

⑤イエローワンピのアクセント

こちらは、ちょっと大人っぽいイエローワンピースを使ったコーディネートです。イエローのこちらのワンピースは胸元がVになっているノースリーブワンピで、デコルテもとってもきれいに見えますし、どこかエレガントで大人の女性の雰囲気が漂っています♪

イエローは膨張職なので、イエロー一色でコーディネートするには勇気がいる…という人もいるかもしれませんが、こちらのコーディネートのように、ウエスト部分をブラウンのサッシュベルトできゅっと引き締めれば、スタイルアップ効果も出る上に、コーディネートの印象自体がきゅっと引き締まって見えます。

⑥花柄に黒ベルト

こちらは、ネイビーの花柄のワンピースに黒のサッシュベルトを合わせたコーディネートです。ネイビーの花柄ワンピースはちょっとレトロな印象の花柄で、裾のフリルプリーツもとっても可愛いですね。

袖がちょっとバルーンになっているのもポイントです。ハーフ丈で全体的にふんわりとしたワンピースなので、ウエストに太ベルトを幅広めに巻くことで、きゅっと引き締めてコーディネートのアクセントにすることができます。

このワンピース自体は太ベルトををつけなくても十分可愛いアイテムですが、サッシュベルトをつけることでトレンド感が増しますよね。

⑦白ワンピに細ベルト

こちらは、白のシャツワンピースを使ったコーディネートです。白のシャツワンピは胸元がVになるようにボタンを留めて着こなし、黒のインナーをチラ見せすることでぼんやりとしてしまいがちな白コーデをきれいに見せています♪

こちらも、ウエスト部分にベルトを巻くことでシャツワンピがふわっとなるのを利用して、とっても女の子らしいコーディネートに仕上げています。

コルセットベルトは華奢で女の子らしい上品なイメージをプラスしてくれますし、ブラウンで合わせることで統一感が出てとってもオシャレなコーディネートになっています。

⑧ニットワンピに細ベルト

こちらは、スリット入りのとっても女性らしい可愛いニットワンピースを使ったコーディネートです。ニットワンピースはニットの素材感が女性らしさを演出してくれるので、それだけでとっても可愛い女の子スタイルになりますよね。

でも、ニットワンピースはストンと落ちるタイプのものが多いので、細ベルトをウエストにつけるだけでおしゃれさとスタイルアップ効果を得ることができるんです。

ストンとストレートに着るのももちろん可愛いですが、ちょっと上品にきゅっと引き締めたいときは、こちらのコーディネートのように細ベルトを腰に巻くことで、シルエットにメリハリがつき、上品なコーディネートに仕上がります。

ベルト効果でいつものワンピースがトレンドライクに変身♡

ワンピースに似合うベルトの種類から、ワンピース×ベルトのコーディネートまで一気に紹介してきましたが、いかがでしたか?ベルト一つあるだけで、いつものワンピースのコーディネートが本当に大きく印象が変わります。

こんなにおしゃれなコーディネートが、お気に入りのワンピースで完成するなら、ぜひ買い足したいアイテムですよね♡冒頭にも申し上げた通り、ワンピースはそのアイテムの面積が大きい分全体的なコーディネートの印象を決めてしまいがちです。

だからこそ、気に入ってるからといってヘビロテしていたら「いつも同じ服着てる人」なんて思われかねてしまいません。ヘビロテする際にも、今回紹介したようにベルトを合わせるなどして、印象をガラッと変えればお気に入りのワンピースを何の心配もすることなく着続けることができます♡

ぜひ、みんなのおしゃれなワンピース×ベルトのコーディネートを参考にしてくださいね。

ワンピースのコーデについてもっと情報を知りたいアナタに!

ワンピース×スニーカーのコーデが可愛い!おしゃれコーデ特集!
ネイビーのワンピースコーデ55選!春夏秋冬別の上品なコーデ!
しまむらワンピースコーデ特集!【季節別】
ユニクロシャツワンピースのコーデ・着こなし特集!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ