ファスナーの種類と使い分けを解説!選び方は?

手芸をしている人なら、1度はファスナーを買ったことがあるかもしれません。あなたはどんな種類のファスナーを購入したでしょうか。ファスナーに種類なんてあるの?と思った人はぜひチェックしてください。今回はファスナーの種類と使い分けを解説していきます。

ファスナーの種類と使い分けを解説!選び方は?のイメージ

目次

  1. 手芸でも人気のファスナー、その種類とは?
  2. ファスナーの種類◎ファスナーといえばYKK?
  3. ファスナーの種類◎ファスナーとチャック、ジッパーの違いは?
  4. ファスナーの部分の種類◎ムシ
  5. ファスナーの部分の種類◎スライダー
  6. ファスナーの種類◎金属製のファスナー
  7. ファスナーの種類◎樹脂製のファスナー
  8. ファスナーの種類◎ビスロンファスナー
  9. ファスナーの種類◎コイルファスナー
  10. ファスナーの種類◎コンシールファスナー
  11. ファスナーの種類◎フラットニットファスナー
  12. ファスナーの種類◎ミニファスナー
  13. ファスナーの種類◎オープンファスナー
  14. ファスナーの種類◎ダブルファスナー
  15. ファスナーの種類◎ループファスナー
  16. ファスナーの種類によっての使い方◎金属ファスナー
  17. ファスナーの種類によっての使い方◎ビスロンファスナー
  18. ファスナーの種類によっての使い方◎コンシールファスナー
  19. ファスナーの種類によっての使い方◎ミニファスナー
  20. 番外編!こんなファスナーの種類もあります
  21. ファスナーにはイロイロな種類がある

手芸でも人気のファスナー、その種類とは?

手芸には欠かすことができないのがファスナーです。ファスナーはとても便利ですが、壊れてしまうことも多く、自分で直したことがあるという人もいるかもしれません。

ファスナーは、ポーチやカバン、洋服などの様々な部分に使われています。それらに使われているファスナーがどんな種類で、どういう理由で使われているものかはご存知だったでしょうか。

今回はファスナーの種類やファスナーの使い分けについて、紹介をしていきます。手芸をするときの参考にしてくださいね。

yuria_marcheさんの投稿
30831000 2113977098881444 8112959837916102656 n

ファスナーの種類◎ファスナーといえばYKK?

ファスナーというと「YKK」という言葉をよく聞くと思います。手芸屋さんにいってもファスナーを探しているとよく目につくのが「YKK」という文字です。このYKKとはどういうブランドのことなのでしょうか。

YKKは日本のブランドで、もともとの社名は「吉田工業株式会社」という名前でした。その吉田のYと工業のK、株式会社のKからYKKというブランドになったのだそうです。

ykk_asiaさんの投稿
29715732 942580486092934 3783327860870086656 n

このYKKのファスナーはとくにスライドファスナーが有名で、世界シェアの約45%を占めているのだそうです。日本の企業YKKの商品が、世界中の人に使われているというのもすごいですね。

YKKの生産拠点は日本の富山県で、世界70か国に拠点のある大企業になります。そんなYKKのファスナーをあなたも手芸で使ってみてはどうでしょうか。

YKKのファスナーはオシャレで丈夫なファスナーだと、世界中で愛されている商品です。

ykkfaさんの投稿
30900023 592872801095021 334218914567290880 n

ファスナーの種類◎ファスナーとチャック、ジッパーの違いは?

今回はファスナーについてまとめていきますが、みなさんは普段何と呼んでいたでしょうか。ファスナーと呼んでいたという人もいれば、チャックやジッパーと呼んでいるという人もいるのではないでしょうか。

ファスナーは、ジャンバーなどについているとチャック、ジーンズについているとジッパーと呼ばれたりするようですが、もともとは同じものを意味しているので、どれが正しくてどれが間違っているというわけでもないようです。

_miya0_さんの投稿
31988190 174628343249835 4170666995378814976 n

ファスナーが世界で誕生したのは1800年代のアメリカなのだそうです。そもそもは靴紐を結ぶのが面倒だと思った人が、靴にファスナーをつけたらいいのではないかと考えたのが始まりであるようです。

アメリカで最初にファスナーが出来たときは、ジッパーと名付けられています。ファスナーを締めるときに「シューっ」という音がすることから、アメリカの擬音である「zip」をもじってジッパーと名付けたのだそうです。

fashionoyajiさんの投稿
29740694 327671587756152 3409653212058222592 n

日本にファスナーがはいってきたのは1900年代になります。日本にはいってきたときには、締めるという行為がその当時日本にあった巾着と似ていたことから、巾着をもじって「チャック」と呼ばれていました。

その後、ファスナーという言葉で世界中に広がり定着していったので、ファスナーやジッパー、チャックという3つの名前がそれぞれ広まってしまったようです。

10110_fabさんの投稿
29740114 1039284932894352 6867439568551936000 n

ファスナーの部分の種類◎ムシ

ファスナーのことを紹介していく前に、ファスナーの部分の呼び方について少しおさらいをしておきましょう。ファスナーには大きく分けて、ムシという部分と、止め部分、スライダーの部分があります。

ムシというのは、ファスナーがかみ合う部分のことで、布と布などをとめる部分のことを言います。あのギザギザとしたものがついた長さのある部分ですね。

このかみ合う部分は、ムシと呼ばれることが多いですが、エレメントと呼ぶ人もいます。

fujii_kentさんの投稿
32164117 160124144838744 2822271581986750464 n

ファスナーの部分の種類◎スライダー

ファスナーの部分であるスライダーは、ムシをとめるために引き上げたり、下げたりする動く部分の部品になります。

通常のタイプのスライダーのことはロック式スライダーと呼ばれています。ロック式スライダーの場合は、輪っかになっている部分があるので、そこにファスナー用のアクセサリーをつける人もいますよね。

シンプルなのがいいという人もいますし、アレンジが楽しめるということでも人気があります。

redkabagonさんの投稿
31988109 170850910272026 318576308667809792 n

スライダーには、玉付きスライダーというものもあります。これは、持ち手の部分が細く長いタイプで、掴みやすく邪魔になりにくいというメリットがあります。

力が分散してしまうので、厚手のものを閉じるときには不向きです。それでもオシャレなデザインを楽しめることができるので、ポーチなどのファスナーには玉付きスライダーが使われることが多いですよね。

hikone7878さんの投稿
34125587 193178254668967 4102905648537141248 n

ファスナーのスライダー部分は、おしゃれで可愛いデザインのものがたくさん売られています。犬の足跡のようなものやキャラクターの形をしたものから、素敵なストーンやイラストの入っているものまで多彩です。

同じ種類のファスナーでも、スライダーが変わるだけでもイメージの違うものになります。ぜひイロイロなスライダーを試してみてくださいね。

nekonomama8さんの投稿
30601550 163713887652437 793786612877099008 n

ファスナーの種類◎金属製のファスナー

それではファスナーの種類についてみていきましょう。YKKでも多く扱っているファスナーが金属製のファスナーです。

一番オーソドックスなファスナーで、ムシの部分が金属になっているタイプのものです。長さも選ぶことができて、服やポーチなど種類を選ばずに使い分けをすることも可能です。

丈夫だというメリットがありますが、重いというのがやや難点です。

duck_buttonさんの投稿
33175510 2013751965619014 5493020793694584832 n

ファスナーの種類◎樹脂製のファスナー

手芸屋さんで売られているファスナーの多くは、樹脂製のファスナーになります。金属製のファスナーよりも軽くて使い分けがしやすく、取り扱いがしやすいというのがポイントです。

樹脂製のファスナーは、ムシの部分が樹脂でできているタイプのファスナーになります。金属製のファスナーと比べるとムシの部分がゴツゴツとしていないのも特徴です。

masumitetuさんの投稿
31748651 1992415157676002 666506970752090112 n

ファスナーの種類◎ビスロンファスナー

ビスロンファスナーは、樹脂製ファスナーの種類の1つになります。樹脂製ファスナーと一言で言ってもたくさんの種類があります。

多くの樹脂製ファスナーは、このビスロンファスナーになります。金属の代わりに樹脂を使っているので軽くて扱いやすいファスナーです。

長さが選べるだけでなく、樹脂でできているのでファスナーのカラーも豊富にあることがポイントです。ポーチからカバン、洋服まで様々なものに使い分けをすることができます。

masumitetuさんの投稿
31236162 247408975818798 2220567202350759936 n

ファスナーの種類◎コイルファスナー

コイルファスナーも樹脂製のファスナーの種類になります。コイルファスナーはムシの部分がコイルと呼ばれるらせん状になっているファスナーのことです。

写真ではみることができませんが、金属製のファスナーとムシの部分を比べてみると、コイルファスナーのムシのギザギザと出ているところがらせん状になって内側に丸まっているのがわかるはずです。

コイルファスナーもYKKでよく見ることができる商品です。長さもカラーも豊富で、気軽に手に取ることができる商品です。

pacelolpopさんの投稿
11917810 478260185681445 1104288912 n

ファスナーの種類◎コンシールファスナー

コンシールファスナーも樹脂製のファスナーの種類のひとつです。ファスナーというと、開けたり閉めたりするところなので、取っ手が持ちやすく、開けやすく閉めやすいようになっているものです。コンシールファスナーはその点で、他のファスナーとは違う用途になります。

コンシールファスナーは、周りの人からは見えないようにするというファスナーになります。ファスナーが見えないと開けるときに大変なのではと思うかもしれませんね。

コンシールファスナーが使われるのは、スカートやワンピースのファスナー部分なのです。できるだけ目立たない作りになっているコンシールファスナーは、スカートやワンピースにぴったりのファスナーになります。

shimada.shojiさんの投稿
15048129 359298177755794 7574042163546161152 n

ファスナーの種類◎フラットニットファスナー

フラットニットファスナーは、ファスナーの下の部分がないのが特徴です。ファスナーの下の部分がないので、はさみで長さを加工しやすいという特徴があります。

長さ調節ができるので、使い分けるならポーチなどを手作りするときに使うのがおすすめです。洋服の場合は、留め具があるもののほうが便利ですよね。

YKKのファスナーでもカラーバージョンも豊富なので、手芸を楽しみたい人にもぴったりです。

haleluyaworksdesignさんの投稿
22429999 780329172136792 2271356496296017920 n

ファスナーの種類◎ミニファスナー

ファスナーには長さの短いミニファスナーというファスナーもあります。

カラーバリエーションも豊富で、1つ1つのファスナーも細く、薄いファスナーもあるので、ファスナーを使い分けて手芸を楽しみたいという人にも人気の商品です。服のポケットやポーチにはぴったりのファスナーになりますね。

acodollsさんの投稿
23735520 521919641518512 6375714234621231104 n

ファスナーの種類◎オープンファスナー

オープンファスナーというのは、最もシンプルなタイプのファスナーです。スライダーが1つだけ付いていて、下に留め具が付いているものになります。

オープンパーカーなどに使われているのが、オープンファスナーですね。最近はファスナーを飾りとしてつけてあるだけで、オープンしないというものもあるようです。

yougorouさんの投稿
21294670 1495508413875867 2365329405774921728 n

ファスナーの種類◎ダブルファスナー

ダブルファスナーは1つのファスナーにスライダーが2つ付いているタイプになります。洋服ではあまりみませんが、カバンのファスナーはダブルファスナーを使い分けているものが多いですよね。

ダブルファスナーもYKKでも人気の商品になっています。2つのスライダーがついているので、留め具も両方ともについているものが多く、長さの調節がしにくいというデメリットはあります。

chiiiiedeniさんの投稿
30841905 724078811315395 4606391749680562176 n

ファスナーの種類◎ループファスナー

YKKなどで市販されているファスナーではありませんが、ループファスナーというものもあります。

これはファスナの片側だけを使って輪っかをつくって、ファスナーをとめるというものになります。カジュアルで可愛い雰囲気になります。カラーバリエーションの多い樹脂製のファスナーで挑戦してみるといいかもしれませんね。留め具が上も下も同じタイプの種類のものを使うと良さそうです。

shugeiya.poppyさんの投稿
33058984 1746848872064145 4908522357989048320 n

ファスナーの種類によっての使い方◎金属ファスナー

では実際にファスナーをどうやって使い分けているのか、それぞれのファスナーの使い分けについてみてみましょう。

ファスナーの使い分けで最初に思いつくのが洋服ではないでしょうか。金属ファスナーを使うとき、使い分けとしては厚手の種類の洋服のファスナーだと思って使い分けをするといいでしょう。

パーカーでも冬に着るような、厚手のタイプの洋服のファスナーにピッタリです。

pavanti_maikoさんの投稿
25035663 184562512286426 4527357642695245824 n

厚手の洋服の種類には、ジーンズ生地も含まれます。ジージャンはボタン派の人も多いとは思いますが、簡単に脱ぎ着できるファスナータイプの種類のジージャンも人気があります。

ファスナータイプの種類のジージャンには、シルバーのカラーのファスナーも素敵ですが、色落ちしているようなゴールドの種類もおすすめです。

kaigram623さんの投稿
31571269 126147968253551 8761992326202523648 n

厚手の洋服である、ジャンバーにももちろん金属ファスナーを使い分けることができます。金属ファスナーは長さの調節がしにくいので、どれくらいの長さが必要なのか、しっかりと図っていかなくてはいけないというのがデメリットになります。

それ以外は丈夫で長持ちするのでおすすめです。ボーイッシュな洋服には、やっぱり金属ファスナーが似合いますよね。

amazonajpさんの投稿
22580607 142687003018656 2998093060455268352 n

ファスナーはアメリカで、最初は靴紐の代わりに使い分けられていたということで、靴にファスナーという組み合わせもおすすめです。

洋服とは違って、靴は自分でアレンジをしたり直すということはできないので、自分で靴にファスナーをつけるということはないかもしれませんね。でもこんな靴への使い分けも素敵ですよね。

sochan.510さんの投稿
31762438 174864753175159 8465013355071930368 n

ファスナーの種類によっての使い方◎ビスロンファスナー

樹脂製のファスナーであるビスロンファスナーは、カラフルで軽いのでイロイロな使い分けをすることができます。長さの調整がしやすいというのもポイントですね。

カラーが豊富なので、洋服の生地の色にあわせたファスナーを選ぶことができるのもポイントです。デザインを統一できるので、シンプルなコーディネートをしたいという人にはおすすめのファスナーです。

oboemakishima10さんの投稿
25010368 1569511536476790 7102705159628652544 n

ちょっと変わったデザインの洋服にもぴったりのファスナーになります。長さの調節がしやすいだけでなく、すでにイロイロな長さに切られているものが売られているのも嬉しいですよね。

金属ファスナーのように重くないので、運動するときに着る服や、アウトドアに行くときの洋服にもピッタリのファスナーです。

thedokodemodoorさんの投稿
24178193 696924873844545 6274724624185950208 n

軽くて薄くて柔らかい樹脂製のファスナーは、子供用の服などにもぴったりのファスナーです。子供用の服であれば、多少厚手の服にも使えます。

カラフルな色が揃っていて、長さの調整もしやすいので、使い分けも簡単にできますよ。子供用の洋服だけでなく、子供用のカバンやポーチに使うのにもぴったりです。

mini_prensessさんの投稿
14566688 1080577015392994 6135646002524192768 n

■参考記事:古着をリメイクしてみよう♪

古着のリメイクアイデア・作り方まとめ!いらない洋服を再活用!

ファスナーの種類によっての使い方◎コンシールファスナー

コンシールファスナーは、周りの人からあまりみられないようにと考えられているファスナーです。コンシールファスナーはレディースの洋服によく疲れているファスナーの種類になりますね。

女性ならあるあるですが、ここさえ入ってしまえば履けるというスカートやパンツもありますよね。タイト系のスカートやパンツの場合は、ファスナーの長さを長めにしておくことで多少の体重変動もクリアできそうです。

sheratan0001さんの投稿
34416227 2079691522301397 3072009731087269888 n

コンシールファスナーはスカートやパンツ、ワンピースで使われることが多いですよね。そのためコンシールファスナーは、カラーバリエーションや長さも豊富にそろっています。

ワンピースの場合は、特に長さのあるコンシールファスナーが必要になります。しっかりと長さを測って、必要な長さのものを購入するようにしましょう。着やすさに関係してくるので、短い長さにならないようにしたいですね。

tre_felicita_sewingさんの投稿
12905274 1026756974065878 690689348 n

コンシールファスナーはスカートやワンピースだけではなく、パンツで使われることもあります。パンツで使われるコンシールファスナーは、スカートやワンピースのものとはデザインが変わることがありますが、使い方は変わりません。

周りの人からファスナーがあることを気が付かれないようにデザインされているのが、コンシールファスナーです。しっかりとコンシールファスナーを隠せるコーディネートを楽しみましょう。

pasqualemolatailorさんの投稿
14733255 1312174705482688 5511208764717400064 n

ファスナーの種類によっての使い方◎ミニファスナー

手芸をしている人であれば、普通のファスナーよりもミニファスナーを使う機会のほうが多いという人もいるかもしれませんね。

ミニファスナーにも長さの種類がありますが、ジャケットの内ポケットや、ポーチ、人形の服などに使われることが多いようです。

cometclub18さんの投稿
34078488 669482036716668 4349736912232120320 n

人形の服とはいっても、写真の人形よりはもう少し大きいサイズ感の人形の洋服づくりに使われているようです。

ミニファスナーは、ファスナー自体が細くて、生地も薄いものを使っているので、開け閉めのためのものというよりは、洋服のデザインとして楽しまれているようです。

640emuさんの投稿
32782185 839741109553513 2311342792145633280 n

ミニファスナーを一番使うのは、やはりポーチをつくるときになるようです。自分の好きな大きさで、自分の好きな生地を使った檻地鳴りのポーチをつくる人は多いですよね。

ポケットがたくさんある、ファスナーをたくさんつけたポーチも可愛くておすすめです。あなたにしかできない、素敵なオリジナルポーチをつくってみてはどうでしょうか。

bonheur_filさんの投稿
34325808 455220608258398 2240368315845312512 n

■参考記事:ぬいぐるみの服をハンドメイド!

ぬいぐるみの服の作り方は?型紙を使って簡単に作れる【無料】

番外編!こんなファスナーの種類もあります

ここまでファスナーの種類と使い分けについて紹介させていただきました。ファスナーはそのデザインが可愛くておしゃれなので、開け閉めのためではなく、デザインのひとつとして洋服や靴に取り入れられることがあります。

そんな素敵なデザインを、アクセサリーとして使っている人もいるようです。ファスナータイプのネックレスは、少しロックなイメージも出るデザインのアクセサリーですよね。

maiko0748さんの投稿
28434348 346029399227091 4230589043357777920 n

赤い生地にゴールドのムシのついたファスナーをブレスレットにしたアクセサリーです。ムシの部分が独創性のあるデザインになっていますね。

細いブレスレットと一緒につけても、可愛いアクセサリーとして楽しむことができそうです。このブレスレットであれば、フォーマルな席にもつけていけそうですね。

romancerioさんの投稿
33473560 2177896595559891 7536183229422764032 n

ファスナーを使ったリングもありました。ファスナーのデザインを活かした、華やかなデザインのリングになっています。

1つのリングだけでも十分に豪華な感じを出すことが出来そうですね。フォーマルなファッションにもカジュアルなファッションにも似合いそうなアクセサリーになっています。

romancerioさんの投稿
32203121 173173810060049 7252439019626168320 n

ファスナーを使ったコサージュです。金属ファスナーを使っているので、重さはそこそこあるかもしれません。でもとても豪華なイメージがでていますね。

黒いドレスにつけるとキラキラを胸元を華やかにする、ピッタリのコサージュになるのではないでしょうか。ちょっとしたパーティーにつけていくと良さそうです。

romancerioさんの投稿
30855398 174321999952938 8887470564554309632 n

ファスナーを靴に使うのではなく、サンダルに使ってしまうというのもおしゃれですね。カジュアルな雰囲気がでています。

ジーンズとの相性もピッタリなのではないでしょうか。浜辺では注目を浴びそうですね。

midorito_yuzawaya_gasukiさんの投稿
32187355 821610448037528 7091189463249846272 n

ファスナーのアレンジも

ファスナーを購入したまま使うのも素敵ですが、せっかく手芸をするなら、とことんオリジナルのファスナーを追求するのもおすすめです。

ファスナーの周りを自分なりに可愛くアレンジしてみるのはどうでしょうか。編むのはちょっとできないかもという人は、おしゃれな色の糸で縫い目をつけていくだけでも、可愛いアレンジにすることができます。

mikasuke30さんの投稿
30085445 958803887620288 1240290983472529408 n

ファスナーにはイロイロな種類がある

今回はファスナーの種類と使い分けを解説させていただきました。これから手芸を始めようと思っている人の参考になっていれば幸いです。

ファスナーはどの生地につけるか、どんな用途でつけるのかによっても、どのファスナーを選ぶのかを変えた方がいいことがわかりました。

ちょっと重たいけどシンプルなものを選ぶのか、軽くてカラフルなものを選ぶのかでも、洋服やポーチにつけたときのイメージが変わってきます。

あなたのイメージに近いファスナーを選んで、手芸をさらに楽しんでくださいね。

quiltshop_maryslittlegardenさんの投稿
28428318 179150459396492 5125670205053206528 n

もっと手作りのものや手芸について知りたいアナタへ!

リュックサックの作り方まとめ!子供用から大人用まで簡単手作り!
ワンピースを手作りで!簡単な作り方紹介!【型紙あり】
セリア商品一覧!キッチン・食器・収納・手芸・ネイルなど!【人気】
Tシャツをリメイク!袖・襟・裾をアレンジで可愛くしよう♡

関連するまとめ

鈴子
鈴子
涼しくなりました。新しい家族が増えました。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ