コテの太さのおすすめは?【19mm・26mm・32mm・38mm比較】

ヘアスタイルを決めるためにはコテは必須アイテムですが、太さがいろいろとあります。コテの太さは19㎜、26㎜、32㎜、38㎜とあり、髪の毛の長さやボブなどのヘアスタイルによっておすすめの太さが違ってきます。この記事ではコテの太さの選び方についてお伝えします。

コテの太さのおすすめは?【19mm・26mm・32mm・38mm比較】のイメージ

目次

  1. コテの太さのおすすめはヘアスタイルや長さで決まる!
  2. コテの太さを選ぶポイントは?
  3. 【コテの太さの選び方1】髪の毛の長さ
  4. 【コテの太さの選び方2】欲しいカール感
  5. 【コテの太さの選び方3】時間経過も重要!
  6. それぞれの太さのコテの特徴とは?
  7. 19㎜の太さのコテについて
  8. 19㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  9. 26㎜の太さのコテについて
  10. 26㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  11. 32㎜の太さのコテについて
  12. 32㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  13. 38㎜の太さのコテについて
  14. 38㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  15. 人気のボブでもコテを使ったヘアスタイルはおすすめ!
  16. 太さ以外のポイントも重要!失敗しないコテ選びのポイント
  17. 【失敗しないコテ選びのポイント1】温度
  18. 【失敗しないコテ選びのポイント2】見た目
  19. 【失敗しないコテ選びのポイント3】自動電源オフ機能
  20. 【失敗しないコテ選びのポイント4】コードのねじれ防止機能
  21. 【失敗しないコテ選びのポイント5】重さ
  22. 【失敗しないコテ選びのポイント6】機能性
  23. 【失敗しないコテ選びのポイント7】温度が上昇する時間
  24. 【失敗しないコテ選びのポイント8】プレートの種類
  25. おすすめのコテは?2018年おすすめのコテをご紹介!
  26. コテの太さ選びを失敗せずに、なりたいヘアスタイルを!

コテの太さのおすすめはヘアスタイルや長さで決まる!

ヘアスタイルに適度なカールを付けるために欠かすことができないアイテムがコテです。自宅でコテを使ってヘアスタイルを整えている人もたくさんいますよね。でも、新しいコテが欲しいと思ったときに悩んでしまうのが、どの太さを選んだらいいのか、ということです。

同じ種類のコテでも、太さが何種類もあるのが普通です。一般的には、コテの太さは19㎜、26㎜、32㎜、38㎜の4種類があります。一番細い19㎜と一番太い32㎜でも2㎝弱の差しかなく、それぞれはほんの数ミリずつの差しかないのですが、やはりカールの仕上がり具合は大きく違ってきますよね。

この記事ではコテの太さの選び方や、太さごとの特徴やふさわしいアレンジ方法、また、失敗しないためのコテ選びのポイントなどについてお伝えします。

コテの太さを選ぶポイントは?

コテの太さ選びには、抑えておきたいポイントがあります。このポイントを押さえておくと、お店に行っても自分が欲しい太さのコテをすぐに選ぶことができます。

コテを選ぶときにお店に行く前に抑えておきたいポイントにはどんなものがあるのか、具体的に見てみましょう。

【コテの太さの選び方1】髪の毛の長さ

コテの太さを選ぶときのポイントの1つ目は、髪の毛の長さです。短い髪の毛ほど細いコテを、髪の毛が長ければ太いコテを選びましょう。

だいたい髪の毛の長さがショートからボブ程度なら26㎜を、ミディアムからロングの間なら32㎜を、スーパーロングなら38㎜を選ぶとヘアスタイルもいい感じてまとまります。

とはいっても、カールの強さの好みにも個人差があるは言うまでもありません。

【コテの太さの選び方2】欲しいカール感

コテの太さを選ぶときのポイントの2つ目は、欲しいカール感です。コテの太さが細くなればなるほど、リッジの効いた細かいカールになります。太くなるほどふんわりとしたゆるふわカールになっていきます。

セミロングでリッジの効いた細かいカールが欲しいときには26㎜を、ふんわりとした感じのヘアスタイルでまとめたいときには32㎜を、自然な感じのゆるふわカールにしたいときには38㎜を選びましょう。

太さをすべてそろえて、その日の気分でカール感を変えてみる、というのもいいかもしれませんね。

【コテの太さの選び方3】時間経過も重要!

朝、お出かけ前にコテでいい感じでカールを付けたとしても、時間が経過するとともにどうしてもゆるんできてしまいます。そこで、時間経過ととともにゆるむことを逆手にとって、その日1日のスケジュールの中で、最も最高な自分を演出したい勝負時間に最適なカールになるように、時間を逆算して考える、という方法もあります。

例えばアフターファイブに女性らしい柔らかな感じを演出できる32㎜程度のふんわりカールになるようにしたいのなら、朝は26㎜を使っておく、という方法です。

湿気の多い雨に日にはカールも取れやすいものですよね。時間経過や天気の様子も考えながら、どの太さのコテを選んだらいいのか、考えてみるのもいいでしょう!

それぞれの太さのコテの特徴とは?

19㎜から38㎜までそれぞれの太さのコテにはいったいどんな特徴や、おすすめのヘアアレンジがあるのでしょうか?ここからは太さごとのコテの特徴やヘアスタイルについて具体的に見ていきたいと思います。

19㎜の太さのコテについて

19㎜の太さのコテは、コテの中でも最も細くて、細かいカールが作れます。ベリーショートの人が、短い時間で癖をつけるのにおすすめなコテです。
ヘアスタイルの全体的にランダムにカールを付けていきたいのなら、ベリーショートからミディアムヘアの人におすすめです。

また髪の毛が長い人でも、ヘアアレンジの最後に襟足などに部分的に細かいカールを作りたかったり、しっかりとカールを付けたいときに使うこともできます。

ソバージュや細かめのパーマみたいなウェーブを作りたいときにも19㎜のコテがおすすめです。

bro_ryuさんの投稿
22427634 149928652283286 5355452531642204160 n

19㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?

prim1024さんの投稿
35001361 1031433837004932 5676907026744082432 n

19㎜のコテを使ってできるヘアアレンジのおすすめにはどんなものがあるのでしょうか?

19㎜のコテを使ってできるアレンジには、まずゆるふわウェーブがあります。19㎜でゆるふわってちょっと意外ですが、ロングの髪の毛を多めに取りながら、内巻きで巻いていくと、19㎜でもゆるふわを作ることができます。

巻いていくときに取っていく髪の毛の量を調整すると、ウェーブの強さを調整することができます。髪の毛を少なくすると、ウェーブの強さが強くなっていくので、自分が欲しいウェーブの強さを調整することも可能です。

また、少なめに巻きながら、毛束ごとに内巻きと外巻を交互にミックス巻をしていくと、緩めのソバージュのようなヘアスタイルになります。

細いからこそ自由自在にカールやウェーブが作れる19㎜のコテを使いこなせるようになれ、なりたいヘアスタイルも自由自在ですね!

mizmutsuさんの投稿
15875990 118505848655580 7176333822638686208 n

26㎜の太さのコテについて

次に19㎜よりも1段階太い26㎜のコテについてみていきましょう。

26㎜は32㎜と合わせて最も使っている人が多いコテですね。26㎜は19㎜程カールが強くならずに、でもしっかりとしたカールを作ることができるということで人気が高い太さです。

髪の毛全体を26㎜のコテで巻いていくと、少し小さめで、きつい印象のカールになりますが、ほぐしてあげるとふんわりとしたボリューム感のあるヘアアレンジになります。

太いコテに比べると、カールが細かくなる分だけ、ボリューム感を出すことができるので、ボリュームが少ないことに悩んでいる人に26㎜はおすすめの太さです。

makichi1370さんの投稿
33788200 1023260784504162 2089135546621231104 n

26㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?

yuuuuuuki15さんの投稿
10249318 229296913936365 1461551588 n

26㎜のコテは強めのカールにもできるし、ゆる不和カールにもできるということで、重宝している人が多い太さですね。

26㎜のコテでアレンジするおすすめのヘアスタイルというのは、本当に幅が広すぎて、ご紹介しきれない、というのが本当のところです。

ミディアムやロングの人は強めに巻くことでパーマ風のアレンジにすることができます。パーマをかけなくても、パーマをかけた感じにできるのは便利ですね。

ショートヘアの人はゆるめに巻くことで、ちょっとしたくせ毛風のヘアスタイルにアレンジすることができます。前髪のセットに使っても便利なので、ぜひ自分なりのヘアスタイルのアレンジを見つけてみましょう!

ntm_kamiさんの投稿
35982559 1140182516124134 8775691747163373568 n

32㎜の太さのコテについて

26㎜と並んで人気が高いコテの太さが32㎜です。26㎜よりも太いのでふんわりとしたカールを作ることができますね。ショートヘアからロングヘアまでどの髪の長さの人にも使える太さとして人気があります。

巻く長さや回数が多くなるロングヘアの人にとっては、巻の回数が少なくて済む32㎜の方が使い勝手がいいですね。ショートの人でも、ふんわりとした印象にしたい人は19㎜や26㎜よりも32㎜を選ぶ人も多いものです。

自然な感じのカールに仕上がるのが32㎜のコテの一番の特徴です。

naka_329さんの投稿
29415382 350693715450786 10362544904470528 n

32㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?

kouko52さんの投稿
37077282 2153420088024514 2730863979164336128 n

32㎜のコテではどのようなヘアスタイルにアレンジできるのでしょうか?

最もオーソドックスな太さといってもいい32㎜のコテでは、アレンジできるヘアスタイルの幅も広いのが特徴です。どんなヘアスタイルにしても、カールやウェーブはナチュラルテイストに仕上がるのがいいですね。

どんな時でも簡単で時間もかけずにアレンジできるのは、内巻きです。毛先だけ内側に一回転だけ巻くだけです。ヘアスタイルを整えるのが苦手な人でも失敗することなく簡単にできて、どんな服装にも似合うヘアスタイルになります。

また、内巻きにミックスをプラスすると動きのあるウェーブが付けられます。毛先だけ内巻きのカールを付けたら、上下2段に髪の毛を分けます。下の段には内巻きのカールを付けていき、上の段には外巻のカールを付けていきます。

こうすることでふんわりした32㎜のコテでも十分に動きのあるウェーブを作り出すことができます。

ringonoki.inadaさんの投稿
36136821 585093498599424 8087604562908676096 n

38㎜の太さのコテについて

最後に最も太い38㎜のコテについてみていきましょう。38㎜のコテはかなりゆるいカールを作れるコテです。38㎜を使うと、カールやウェーブというよりも、くせ毛風の感じに仕上がる、という人もいますね。全体的にゆるい感じで仕上げることができるのが38㎜なので、毛先だけボリュームを出したいときに、38㎜でふんわりとした感じでカールを付けてみる、という人もいます。

38㎜ならわざとらしさがない、緩いカールに仕上がるので、ナチュラルテイストなくせ毛風ヘアスタイルで仕上げたい人におすすめです。

thebenchmadestoreさんの投稿
14597414 1240770242656748 1929247838475124736 n

38㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?

maipmichaelさんの投稿
16789486 255196021591537 3594852944891084800 n

38㎜のコテを使うときには、やはりある程度の髪の毛の長さが必要になります。ロングからスーパーロングの髪の毛の長さではないとうまくまとまらないので、38㎜のコテを選ぶときには注意しましょう。

38㎜のコテを使ったおすすめのヘアスタイルは、やはりゆるふわウェーブです。かなり細かく巻いたつもりでも、コテの太さでゆるく仕上がるので、全体的にゆるふわな印象になりますね。

前髪を38㎜のコテで巻くと、くせ毛風に仕上げることもできます。外国人風のくせ毛風なヘアスタイルにしたい人におすすめです。

sol_satoshiさんの投稿
12224423 1634150413511527 1874960901 n

人気のボブでもコテを使ったヘアスタイルはおすすめ!

コテでカールを付けたり、くせ毛風にウェーブを付けてみたいと思っても、なかなかうまくいかないのがボブスタイルの髪型。ショートボブではなかなか上手にコテで巻けない、というお悩みを持っている人も多いものですね。

ボブで毛先だけのカールは作れても、くせ毛風にはなかなかできない、と思っている人へ。実はボブでもコテの太さをちゃんと選んで、使い方を間違えなければコテを使いこなすことはできるんです!

natsumi_reonさんの投稿
37734103 253538498811957 3103316151434739712 n

ボブにおすすめのコテの太さ

ボブのヘアスタイルをコテで整えたいときには、19㎜か26㎜を使いましょう。ボブの毛先だけをワンカールさせるのであれば26㎜がおすすめです。ボブにウェーブ感を出したいのであれば19㎜で細かくボブにカールを付けていきます。

natsuko_ookiさんの投稿
38493912 322053991671420 4664196383077564416 n

ボブスタイルでのコテの使い方

lala__hairさんの投稿
38488246 1864010617227192 2699157748901216256 n

ボブにワンカールを付けたいときのコテの使い方は、適度な量に髪の毛をブロッキングしてから、コテで髪の毛に熱を通してから毛先だけに26㎜のコテでワンカール付けましょう。

ボブにウェーブを付けたいときには、細めの毛束でブロッキングしてから、根元から毛先まで一度コテでしっかりと髪の毛に熱を通します。その後、毛束の中央から毛先に向かって挟むようにしてウェーブを付けていきます。

ボブは髪の毛が短くて毛先が傷んでもなかなか切れないので、コテに触れる時間は短くして、ボブの髪の毛が傷まないように気を付けましょう。

1216nasukaさんの投稿
38531088 2011537382211227 5594151090078613504 n

太さ以外のポイントも重要!失敗しないコテ選びのポイント

コテを選ぶときのポイントは太さだけではありません。他にも様々に選ぶポイントがあります。失敗しないコテ選びのポイントにはいったいどんなものがあるのか、ここから1つずつ、その理由とともに見ていきましょう。

【失敗しないコテ選びのポイント1】温度

コテを選ぶときのポイントは温度です。コテの温度は高くなればなるほど、くせを付ける力が強くなりますが、髪の毛も傷みやすくなっていきます。コテの最適温度というのは髪質によって違い、細くてやわらかめの髪の毛であれば低めの温度が、硬くて太い髪の毛であれば高めの温度がいいでしょう。

どのメーカーのコテも、必ず温度調節ができるようになっていますが、最適温度は人によって全く違います。細かく温度調節ができるタイプのものが、髪の毛を傷めずに思うようなカールを作れていいでしょう。

また、最高温度も重要です。どんなに硬い髪の毛であっても180度あればいいでしょう。コテの温度は180度まで上げられて、できるだけ細かく調節できるものを選ぶことをおすすめします。

【失敗しないコテ選びのポイント2】見た目

コテは毎日使うものですよね。朝、お出かけをする前にヘアスタイルをコテで整えるのに、可愛いコテや気に入ったデザインのコテを使っていたら、テンションも上がるものです。

コテのデザインはメーカーによって大きく違います。かわいらしいものやカラフルなものもあれば、実用性とコスパ重視であまりデザイン性が高くないものもあります。

まずは性能や機能性から選ぶべきですが、見た目もできれば気に入ったデザインのものを選ぶようにしましょう!

【失敗しないコテ選びのポイント3】自動電源オフ機能

コテは高温になる電化製品なので、うっかりと電源をオフにするのを忘れてしまうととても危険です。電源を自動でオフにしてくれる機能がついていると、一定の時間が経つと自動で電源が切れてくれるので安心です。オフになるまでの時間は短くて15分、長いものでは60分です。スイッチを切り忘れてしまうことが多いといううっかりさんは、ぜひ購入の際にはこの機能も検討しましょう。

【失敗しないコテ選びのポイント4】コードのねじれ防止機能

コテは髪の毛を巻くためのものです。くるくると巻いているうちに、コードがどんどんとねじれてしまって、後から戻すのが大変だった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

ねじれを直さずに使っていると、コードの中の電線がねじれた状態で電気が通ることになり、とても危険な状態になります。

コテの中にはねじれ防止機能として、コードの根元の部分が回転するようにできているものもあります。ねじれをその都度直すのが面倒くさいという人は、ねじれ防止機能がついているコテを選ぶことをおすすめします。

【失敗しないコテ選びのポイント5】重さ

コテは頭の高さまで持ち上げて使わなくてはいけません。しかもカールやウェーブを付けるためにはゆっくりとじっくりと時間をかけてコテをキープしなくてはいけません。

あまり重いものだと腕や肩に相当な負担がかかります。やはり軽いものがおすすめです。しかし、あまり軽いものでは耐久性に不安があります。軽いけれども耐久性もしっかりとあるものを選ぶようにしましょう。耐久性についてはレビューを参考にするといいですよ。


□関連記事:もっとコテについて知りたいあなたはこちらもチェック

長い前髪の巻き方は?コテ・ストレートアイロンで可愛くアレンジ!
コテ・ヘアアイロンのおすすめ人気ランキング!これで理想の巻き髪に!

【失敗しないコテ選びのポイント6】機能性

コテの中には様々な機能がついているものもあります。

プレートの中が開いてストレートにも使うことができるタイプのコテや、ブラシがついていて、コーミングしながらカールを巻くことができるものなどあります。

自分にとって必要な機能がついているコテを選ぶようにしましょう。

【失敗しないコテ選びのポイント7】温度が上昇する時間

コテを使うのは忙しい朝のお出かけ前にヘアスタイルをセットするときです。忙しい時間帯なので、とにかく早いに越したことはありません。コテが使える温度まで何分もかかっているようでは困ってしまいます。

早いものでは180度まで上がるのに30秒から40秒ほどの商品もあります。長くても1分以内で使えるものを選びたいですね。

【失敗しないコテ選びのポイント8】プレートの種類

コテのプレートの種類を選ぶことも大切です。おすすめなのはセラミックスかチタンです。どちらも耐久性があって、滑りがよく、髪の毛へ摩擦を与えにくいのが特徴です。

コテを使うことでの髪の毛のダメージは熱か摩擦によってもたらされるものなので、摩擦が少ないということは、それだけ髪の毛へのダメージも少なくて済むということです。

セラミックスは熱伝導が良くて、髪の毛に均一に熱を通すことができるというメリットがあります。

チタンは高級素材なので価格が高くなる傾向があります。

マイナスイオンを発生させて静電気を抑える効果を持つものあります。マイナスイオンで静電気を抑えられると、髪の毛の傷みを抑えて、仕上がりをきれいにしてくれるという効果があります。

おすすめのコテは?2018年おすすめのコテをご紹介!

2018年のおすすめのコテにはどんな商品があるのでしょうか?ここからはぜひ使っていただきたい、コテのおすすめ商品をご紹介していきます!あなたに合ったものがあるのでしょうか?!

プロが愛用!使いやすさならこれ!

まずはプロが愛用しているというコテをご紹介します。CREATE ION(クレイツイオン)のカールプロSRという商品です。コテの表面にクレイツイオンチタニウム加工を採用していて、髪の表面を滑らかに滑り、耐久性にも優れています。温度上昇が早くて、忙しい朝にも使いやすいと評判です。

tsurutani_kさんの投稿
31571578 178159419509692 2987383361934196736 n

仕上がりにムラなし!

AIVIL(アイビル)のDHセラミックアイロンなら、ムラのない仕上がりになります。コテの温度を一定に保つことができるマイカヒーターを採用していて、熱の伝わり方が一定なので、仕上がりにムラが出ません。
設定温度になっているかどうかが、ランプでわかるようになっているので、使いやすいと評判です。

kanako__sugimotoさんの投稿
12277644 216907495335904 1042209221 n

低音でもしっかりカールをキープ!髪の毛に優しいコテといえば?!

髪の毛に優しく使えるコテといえば、Lumielina(リュミエリーナ)のヘアビューロン 2D Plusです。低音設定にしても、しっかりとカールを付けることができて、しかも夕方までふんわりカールがしっかりと持続します。
コテでカールを付けるのを失敗すると、そのたびに水で濡らしてカールをいったん落とす必要がありますが、このコテは水でぬらさなくても、何度でもカールの巻直しができます。忙しい朝でも、納得できるヘアスタイルにできるということで人気が高い話題のコテです!

emi_chaaさんの投稿
37957878 222884675228104 6625001991976255488 n

3000円以下!プチプラでも髪の毛に優しく、安全設計がうれしい!

3000円以下なのに、摩擦を軽減させるセラミックコーティングで髪の毛に優しく、しかも安心設計のコテがあります。それがSPIRATION(アスピレーション)のカールアイロンです。

セラミックk-てぃんぐなので摩擦が少なく、髪の毛のダメージを最小限に抑えてくれます。また、温度上昇も早いのに、消し忘れても自動的に電源が消えるようになっているので、安心して使うことができます。

aspiration_jpさんの投稿
35574416 217739088854255 5614715466506305536 n

コテの太さ選びを失敗せずに、なりたいヘアスタイルを!

この記事ではコテの太さについていろいろとみてきましたがいかがでしたか?いったいどんなコテを選んだら、自分がなりたい髪の毛になれるのか、悩んでいる人は本当に多いですよね。太さだけでもきちんと選べると、より自分のなりたい髪の毛に近づけるのではないでしょうか。

コテの太さによって、ヘアスタイルの印象も大きく変わってきます。ぜひコテ選びを失敗することなく、あなたのなりたいヘアスタイルを自由自在にアレンジできるようにしましょう!

もっとコテについて知りたいあなたはこちらもチェック

ソックカールのやり方のコツは?コテのいらない簡単巻き髪!
前髪の流し方!コテとストレートアイロンで流す方法を解説!
巻き髪の作り方!コテ・アイロンを使った初心者でも簡単なやり方!

関連するまとめ

yukky777
yukky777
読者の方が知りたいと思う情報をわかりやすくお伝えできればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ