髪の毛の巻き方講座!基礎からアレンジまで長さ別に紹介!

髪の毛の巻き方がわからず、困っていませんか?もしくは、いつも自分で巻こうとしても、なかなかうまくいかないという人もいるでしょう。そこで今回は、ロングからショートまで、髪の毛の長さにあわせた巻き方をご紹介していきたいと思います。

髪の毛の巻き方講座!基礎からアレンジまで長さ別に紹介!のイメージ

目次

  1. 髪の毛巻き方講座!自分でやってもパサパサ髪に
  2. 【髪の毛巻き方講座|基本①】ヘアアイロンの種類
  3. 【髪の毛巻き方講座|基本②】ブラッシング
  4. 【髪の毛巻き方講座|基本③】アイロンスルー
  5. 【髪の毛巻き方講座|基本④】巻き方
  6. 【髪の毛巻き方講座|基本⑤】前髪の巻き方
  7. 【髪の毛巻き方講座|基本⑥】ほぐす
  8. 髪の毛巻き方講座|長さ別にアレンジを紹介
  9. 【髪の毛巻き方講座|アレンジ①】ロングのアレンジ
  10. 【髪の毛巻き方講座|アレンジ②】大人ガーリーなボブアレンジ
  11. 【髪の毛巻き方講座|アレンジ③】クールなボブアレンジ
  12. 【髪の毛巻き方講座|アレンジ④】ゆるふわショートアレンジ
  13. 【髪の毛巻き方講座|注意点①】ヤケドに注意
  14. 【髪の毛巻き方講座|注意点②】ダメージケア
  15. 【まとめ】髪の毛の巻き方は他にもたくさんある

髪の毛巻き方講座!自分でやってもパサパサ髪に

最近、女性としてのおしゃれに目覚めた、「おしゃれ初心者」は困ることだらけです。これまでおしゃれをサボってきたツケではあるのですが、メイクやヘアスタイル、ファッションに悪戦苦闘しているのではないでしょうか。初心者ですから、何事も最初はうまく行かないものですが、おしゃれは見た目に直結することですので、失敗はできるだけ避けたいですよね。

髪の毛にウェーブをかけて、ゆるふわのヘアスタイルを作りたくても、初心者だとコテの使い方も危なっかしいものです。ヘアアイロンの扱い方を間違えると、ロングの髪の毛がパサパサになってしまったり、ショートの毛先がチリチリになってしまうこともあります。

そこで今回は、おしゃれ初心者のために、簡単にできるヘアスタイルの作り方をご紹介したいと思います。これをマスターすれば、初心者でも様座万あヘアスタイルを楽しむことができますし、自由にウェーブをかけることもできるでしょう。初心者でもおしゃれの幅がぐっと広がるのです。

まずは基本的な髪の毛の巻き方を知っておくことが大切ですので、その方法をご紹介していきましょう。一度覚えれば簡単にヘアスタイルを整えることができるため、しっかり勉強しておいてくださいね。

【髪の毛巻き方講座|基本①】ヘアアイロンの種類

初心者が簡単にヘアスタイルを整えるためにも、ヘアアイロンは必須となります。ヘアアイロンには様々な種類があるのですが、これをまずは覚えておきましょう。ヘアアイロンの種類は大きく分けると2つです。ストレートアイロンとカールアイロンの2種類です。

best_b0dy_dietさんの投稿
40653478 1980728841947180 3385963038194522709 n

カールアイロンはまさに髪の毛にウェーブをつけるために存在する種類です。この種類を使ってヘアスタイルを整えれば、初心者でも簡単にウェーブをつけることができるでしょう。ストレートアイロンは基本的に髪の毛を真っ直ぐにするために使うものです。しかしこの種類でもウェーブをつけることはできます。

ストレートアイロンでウェーブをつけると、カールアイロンよりもゆるやかなウェーブをつけることができます。少しだけ巻きたい場合は、初心者でもこの種類のほうがおすすめなのです。しかし基本的な話でいえば、やはりカールアイロンのほうが簡単ですので、初心者はこちらの種類を使用するようにしましょう。

miiikuuu1210さんの投稿
40471506 306922106770999 2412963771780714216 n

2つの種類、ヘアアイロンを持っておいても、使い分けすることができるので便利です。ヘアスタイルをコンスタントに変更する人こそ、まさにおしゃれな人ですので、それを目指すのも良いでしょう。それぞれの種類の中にも、また多くの種類のヘアアイロンがあるため、じっくり考えて選んでください。

【髪の毛巻き方講座|基本②】ブラッシング

初心者が簡単にヘアスタイルを整える方法をさっそく紹介していきましょう。初心者は忘れがちですが、実際にコテを使う前にまずはブラシで髪の毛をブラッシングしてください。ブラッシングすることを忘れると、髪の毛を傷めてしまう原因となってしまいます。

mrharry1129さんの投稿
40917190 340613676482940 5811422120917162301 n

ブラッシングをする効果は2つです。1つは髪の毛についたゴミを払い落とせるということなのですが、これによりヘアアイロンをかけやすくなります。もう1つは髪の毛表面にある脂質を全体に広げることです。これにより髪の毛がコーティングされている状態となり、痛みをやわらげてくれます。

chinatsu_kidsmodelさんの投稿
40522496 1090935847738666 4833561462106869732 n

どの種類のヘアアイロンも、髪の毛に熱を与えることになるため、多少のダメージは受けてしまいます。それが毎日となると、ダメージはかなりのものとなり、ヘアスタイルどころではなくなるでしょう。ある程度はヘアスタイルで隠すこともできますが、ヘアアイロンを使うのなら予防しておくことも大切です。必ず使う前に、ブラッシングをするようにしましょう。

【髪の毛巻き方講座|基本③】アイロンスルー

初心者が簡単にヘアスタイルを整える方法としては、まず最初にアイロンスルーをすることが大切です。アイロンスルーとは、コテが温まっている状態で、一度、髪の毛を温める作業のことを言います。それほど強いコテで挟むのではなく、軽く挟んで、すーっと熱を与えていくのです。簡単ですので、誰でもできるでしょう。

rayin_anicaさんの投稿
40665639 187075928881100 6624098683121835052 n

簡単な作業ですが、これはかなり重要な作業です。これを行うと、髪の毛が引き締まり、ウェーブにでる艶が変わります。髪の毛を最初に軽く整えるという意味もあるのですが、それ以上にウェーブがかかった髪に艶を出すためにやらなければならないことですので、必ず行いましょう。

lupinus_rinoさんの投稿
40867692 270026873616487 3271802863788930814 n

【髪の毛巻き方講座|基本④】巻き方

アイロンスルーが終わったら、メインの作業である「巻く」作業を行わなければなりません。巻き方は内巻きと外巻き、2つがありますが、どちらを選ぶかは好みです。どんなウェーブにしたいかによって、巻き方を決めていきましょう。

taiga112011さんの投稿
41105866 287046638580373 6441392281852559821 n

具体的な巻き方としては、まず髪の毛の中間部分にコテを持っていき、髪の毛をはさみながらすーっと下げていきます。そして毛先部分でストップし、内巻きなのであれば内側に、外巻きなのであれば、外側にくるくる巻いていきましょう。

nanana_o.57さんの投稿
40238623 703541310008630 2049701358263337653 n

くるくる巻いた状態となったら、3~5秒程度、停止させ、しっかり熱を与えてください。それが終わったら、熱を与えていない髪の毛の根元部分を反対の手でつかみながら、ゆっくりコテを縦に抜いていきましょう。これをウェーブをかけたい髪にすべて行えば、簡単に巻けるはずです。

【髪の毛巻き方講座|基本⑤】前髪の巻き方

前髪の巻き方は少し特徴的ですので、これもしっかり覚えておきましょう。簡単ですので、そう難しいことをする必要はありません。前髪の巻き方は、まず前髪を手ではさみ、少し前に出すことが大切です。こうすることで、コテでおでこをヤケドするリスクを減らすことができますし、やりやすくなるため、忘れないようにしてましょう。

bmranrakuさんの投稿
41281831 1042808719234246 3517848567172266763 n

前髪をコテで挟むときは、上部を挟んでください。そのまま手首を返して、巻きつけていきます。髪の毛を抜くときは、前髪を流す方向にコテを滑らせるようにして、抜いてください。

genbenyouyi8439さんの投稿
28435887 558364664531981 4811528286909759488 n

こうすることで、うまく丸みと形を整えることができます。最初はどの程度のウェーブがつくか想像できないでしょうから、挟み込む時間を小刻みにしてやると良いです。覚えれば簡単ですので、試してみましょう。

【髪の毛巻き方講座|基本⑥】ほぐす

髪の毛の巻き方は、コテで巻けば終わりというわけではありません。ほぐす作業が終わって、初めて髪の毛の巻き方は終わるのです。ほぐし方は簡単です。ロングの人もショートの人も、髪の毛に手ぐしをしてください。これでほぐすことができます。

no.blowさんの投稿
41326657 324981121595976 3815029569512094047 n

手ぐしは髪の毛全体に対して行いましょう。ウェーブがかかった部分とそうでない部分を、これによりうまく馴染ませることができるため、しっかり行ってください。

_riickyy_さんの投稿
40284383 298965714021158 4056766861818870049 n

しっかりウェーブをキープしたいということであれば、スタイリング剤やヘアスプレーを使用すると良いです。長くキープできますし、乱れにくくなります。それで髪の毛を自然な感じに仕上げることができれば、巻き方はすべて完了です。

髪の毛巻き方講座|長さ別にアレンジを紹介

髪の毛の基本的な巻き方は理解できたでしょう。基本的な巻き方でウェーブしていけば、ヘアスタイルをうまくセットすることができます。しかし髪の毛の巻き方は一種類ではありません。ボブの人にはボブの、ロングの人にはロングのアレンジが存在するのです。そこでここからは、ボブの人やロングの人など、髪の毛の長さに合わせた巻き方を紹介していきます。

47sugimotoさんの投稿
41451929 294331474679806 2768641158940296474 n

ロングやショート、ボブなど、様々な髪型があるものですが、それに適した巻き方を覚えておくことで、アレンジのパターンも増えるものです。初心者の人は基本を身につけたら、長さに合わせたアレンジを覚えることで、人とは違うヘアスタイルをセットすることができるようになります。おすすめのアレンジですので、ぜひこれを機会に覚えておいてください。

_keisukekobayashi_さんの投稿
41537565 493559114444194 2747564632572028437 n

【髪の毛巻き方講座|アレンジ①】ロングのアレンジ

ロングの人におすすめのアレンジとして、大人っぽく見せることができるアレンジがあります。大人っぽい顔立ちの女優さんや美人でスタイルの良い女性に合うアレンジですので、ロングの人は試してみましょう。このアレンジは、細いパーマを細かく作っていくアレンジです。

ryoichinishimiさんの投稿
40766979 236649387195910 384501323406621074 n

ロングの髪の毛を細かい束にわけてアレンジしていきましょう。ポイントは先に毛先にカールをつけることです。毛先のカールをつけた部分はコテで挟まず、その上から髪の毛をくるくる巻いていきましょう。そしてそのまま髪の毛を掴んだまま、一度髪の毛をくるくる逆回転ではずしていき、もう一度、くるくる巻き上げてください。

moly___gardenさんの投稿
40887148 308764646590799 7536113485575084352 n

【髪の毛巻き方講座|アレンジ②】大人ガーリーなボブアレンジ

ボブの人はその髪型を活かした、大人ガーリーなミックス巻きがおすすめです。ボブの人におすすなミックス巻きとは、外巻きと内巻きをミックスさせる巻き方です。ミックス巻きをすることで、大人っぽさとかわいさを両立させることができます。ボブの人はどうしても幼く見られてしまうため、このようなアレンジがおすすめです。

_kenta53846さんの投稿
40730671 2019017278163381 4766626547018760192 n

ボブにおすすめなミックス巻きは、基本的に外巻きと内巻きを組み合わせるだけです。ゆるめにやれば大人っぽくできますし、強めにウェーブをつければ、派手にもできます。自分のボブに合った方法でミックス巻きを行っていきましょう。

ryoichinishimiさんの投稿
41397902 237405893614812 6108853656056151368 n

【髪の毛巻き方講座|アレンジ③】クールなボブアレンジ

おすすめなボブアレンジとして、クールな印象を与えるものもおすすめです。かっこいいボブを理想とする女子も多いでしょう。巻き方も簡単ですので、初心者にもおすすめのスタイルとなります。

niinyo_sanさんの投稿
41100018 169418000604293 6350499990328421030 n

クールなボブアレンジのやり方は、大きめのカールを1つ作るだけです。きれいに作るためには、何度かコテを当てる必要がありますので、それでキレイなカールを作りましょう。

drawinglove7052さんの投稿
40332845 2019998421624918 3390354400204890348 n


□関連記事:もっと髪の毛の巻き方について知りたいあなたはこちらもチェック

外ハネミディアムの作り方!巻き方は?コテやアイロンが必要?
長い前髪の巻き方は?コテ・ストレートアイロンで可愛くアレンジ!

【髪の毛巻き方講座|アレンジ④】ゆるふわショートアレンジ

ショートの人の場合、おすすめなのがゆるふわアレンジです。ショートの髪の毛をゆるふわにすることで、おしゃれでかわいいヘアスタイルを作ることができます。

yu.ki.0117さんの投稿
15253204 221363954956312 908107561280995328 n

ショートの人がゆるふわアレンジをするときの巻き方は、軽くウェーブをかけることがポイントです。コテで挟む時間を短くすれば、ゆるいウェーブをかけることができます。ショートはなかなかアレンジしにくい髪型ですので、このような方法で変化をつけていきましょう。

shown_73さんの投稿
40667110 298141620780558 2833601580477783834 n

【髪の毛巻き方講座|注意点①】ヤケドに注意

ここからはヘアアイロンを使って、髪の毛をセットするときの注意点をご紹介したいと思います。まずは、ヘアアイロンでヤケドをしないということが大事です。

anko3995さんの投稿
41163710 527795864357778 931201607595496253 n

ヘアアイロンは高温ですので、素手でコテの部分を触ってしまうと、ヤケドしてしまいます。手などであれば、まだ良いかもしれませんが、顔をヤケドしてしまったら最悪でしょう。すぐには治りませんし、化粧で隠すのも難しいです。

ars_0108さんの投稿
38481843 2232652736966103 6947877786245660672 n

特に一番注意しなければならないのは、ショートの人です。ショートの場合、どうしてもコテと肌の距離が近くなってしまいます。また、ショートであるが故に、髪の毛を持ち辛く、なかなかヘアアイロンをかけにくいです。そのため、ショートはヘアアイロンでケガをしやすい髪型ということになります。

ショートの人はできるだけ注意して丁寧にやるか、ヘアアイロンを使わないか、どちらかにしましょう。ピンカールなどを使って、ウェーブを作ることもできるため、そもそもヤケドしやすいヘアアイロンを使わない工夫も大切です。

【髪の毛巻き方講座|注意点②】ダメージケア

ヘアアイロンを使ってウェーブを作る際には、ダメージケアをしっかりするということも大切です。ヘアアイロンを使うと、どうしても髪の毛は傷ついてしまいます。熱が髪の毛にくわえられると、髪の毛の中の水分が蒸発してしまうからです。あまりにもこの水分が蒸発され過ぎると、髪の毛はパサパサになってしまいます。

25choooxさんの投稿
40278803 750597855271388 6152275260885350426 n

パサパサになった髪の毛になってしまうと、それを回復することはできません。切ってしまうか、隠すしか方法はないのです。どれだけトリートメントを使っても、パサパサの髪の毛を完全に戻すことはできないため、そのような状態になる前に、対策をしておく必要があります。

accomplish_hair_salonさんの投稿
40257393 477031659467271 2965954904342317164 n

一番重要なことは、ヘアアイロンを使い過ぎないことです。また、スタイリング剤を使うことで、髪の毛が傷むことを防ぐことができます。そしてさらに、しっかりダメージケアをすることも大切です。

ダメージケアとなると、トリートメントを使った方法が一番良い方法となります。トリートメントには髪の毛に必要な成分が入っているため、それをしっかり髪の毛に塗ることで、健やかな髪の毛を保つことができるのです。また、ヘアアイロンの使用を定期的にやめ、髪の毛を休ませてあげることも覚えておいてください。

【まとめ】髪の毛の巻き方は他にもたくさんある

髪の毛の巻き方やアレンジの方法を紹介してきましたが、慣れてしまえば、それほど難しくはありません。そして今回紹介したもの以外にも、アレンジはたくさんあります。髪の毛の巻き方をマスターするためには、常に最新情報を得ておく必要があるため、勉強を怠らないでください。

platinum1312さんの投稿
41301176 331557610747813 4530614485263410721 n

もっと髪の毛の巻き方について知りたいあなたはこちらもチェック

ストレートアイロンのやり方教えます!巻き方完全攻略法
19mmのコテでつくるふんわりスタリング!おすすめの巻き方を紹介!
長め前髪のレングス別ヘアスタイル!巻き方や流し方などアレンジも!

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ