眉毛で印象はこんなに変わる!似合う眉毛でイメージアップ♡

顔の中で眉毛はとても大事なパーツの1つ!眉毛が変われば顔の印象は非常に大きく変わります。今回は様々な眉毛の形などについて詳しく解説しながら、あなたに似合う眉毛をご紹介いたします。似合う眉毛で華やかにイメージアップしましょう♡

眉毛で印象はこんなに変わる!似合う眉毛でイメージアップ♡のイメージ

目次

  1. 石原さとみさんも眉毛だけで別人級印象チェンジ
  2. 眉毛で変わる印象とは?
  3. 似合う眉毛づくりの基本ポイント
  4. 眉毛づくりで注意すること
  5. 顔のタイプ別似合い眉
  6. 眉毛サロンで整えるのもアリ
  7. 自分に似合う眉毛を見つける眉毛アプリもあった!
  8. 理想の眉毛を手に入れよう!

石原さとみさんも眉毛だけで別人級印象チェンジ

鏡を見ていてなんだか自分の顔が垢抜けないと感じることはありませんか?

「メイクを頑張っているのにどうしてこんな野暮ったい印象になってしまうんだろう?」と悩んでいる人は、もしかするとその原因は眉毛にあるのかもしれません!

眉毛は顔の第一印象を決める非常に重要なポイントの1つです。眉毛を変えれば流行のトレンド顔も簡単に手に入れることができます。

今回は眉毛の基本の整え方や書き方、顔の形別に似合う眉毛などについてご紹介します。自分に似合う眉毛でイメージアップしたい方はぜひご覧ください♡

まず眉毛が印象的な芸能人と言えば、女優の石原さとみさんが有名ですね。上の画像は2004年のテレビドラマ「ウォーターボーイズ2」に出演していた当時17歳の頃の石原さとみさんです。

濃く太い眉毛がとても人目をひきつけ、可愛らしい顔立ちを少し野暮ったく見せてしまっている印象がありますね。当時は石原さとみさんと言えば野暮ったい眉毛が話題になったこともありました。

一方コチラの画像は最近の石原さとみさんの画像です。年齢とともにどんどん美しくなっている石原さとみさんですが、一番変わったのはやはり眉毛ではないでしょうか。

濃すぎず適度なバランスに整えられた眉毛が元々のキレイな顔立ちをさらに引き立てているように見えますね!

時代とともにメイクが変わったということもありますが、やはり眉毛が顔全体に与える影響がとても大きいことがよく分かります。

眉毛で変わる印象とは?

では眉毛で変わる印象とはいったい何なのでしょうか?眉毛1つで人の顔の見た目が大きく変わるのは少し不思議ですよね。

一般的に薄すぎる眉毛は個性的な見た目になり、近寄りがたく感じることがあります。逆に太すぎる眉毛は手入れをしていないように見えたり、男性的な力強い印象を与えることもあります。

眉毛を抜きすぎたりして全く無い時は少しぼんやりした印象になってしまいます。

眉毛の形には流行があり年代によって人気の形は変化しますが、メイクをする時はその眉毛の流行をしっかり押さえておかなければ野暮ったい印象になってしまいがちです。

もう何年も眉毛の形を変えていない人は、自分では似合っていると思っていても時代遅れの眉毛になっている可能性があります。

似合う眉毛づくりの基本ポイント

ではここからは実際にいま最も自分に似合う眉毛を作るための基本的なポイントから見ていくことにしましょう。

眉毛づくりの基本的なポイントは全部で5つあります。眉毛の理想的な黄金比、太さ、左右対称、整え方、作り方のポイントをそれぞれ項目別に分けて紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

■眉毛の書き方については以下の記事もぜひ参考にどうぞ!

眉の書き方初心者向け徹底解説!美人度がアップする理想の眉毛をみつけよう!

理想的な黄金比を知ろう

似合う眉毛を作るためには、まず理想的な眉毛の黄金比を知りましょう。眉毛を作る時は黄金比を意識しておくととてもバランスよく見えるようになります。眉毛の黄金比は以下の通りです。

眉毛の黄金比

  • 眉頭と眉尻を見た時に同じ線上にある
  • 眉頭は鼻筋を上になぞった延長線上で目頭より内側にある
  • 眉山は小鼻から黒目の外側の延長線上にある
  • 眉尻は口角と目尻を結んだ延長線上にある

少し分かりにくいという方は以下のインスタグラムの動画で確認してみてください。最初は難しいですが慣れてくると大体の感覚でキレイな眉毛が書けるようになりますよ。

眉毛の太さ

次に眉毛の太さですが、眉毛の太さは目の縦の幅の3分の2くらいが理想的です。

ただしその年によって太い眉毛が流行したり細い眉毛が流行したすることもありますので、ファッション雑誌やメイク雑誌などを流行をチェックしておくとトレンドの眉を作ることができます。

流行をしっかり押さえた眉毛は若々しい見た目になりとても好印象に見えます。

左右対称

またキレイな眉毛を作るためには、左右対称を意識することも非常に大切です。人は顔のバランスと同じで、左右で非対称の眉毛よりも、左右対称になっている眉毛を美しいと思う傾向があります。

完全な左右対称にするのは少し難しいですが、上記で紹介した眉の黄金比を利用して眉毛を作ればかなりキレイにバランスを取ることができます。

眉感や眉山の位置、眉尻の終わる場所などは特に重要なポイントです。

眉毛の整え方

では実際に眉毛を整える方法についても紹介致します。自分に合った眉毛を作るためには、まず自分の眉毛の処理をすることから始めます。

準備するものは眉毛をとくためのコーム(ブラシ)、眉バサミ、眉用カミソリ、毛抜きの4つあればOK!全てダイソーなどの100均ショップやドラッグストア、コスメショップなどで揃えることができます。

種類も色々ありますので、ぜひ使いやすいものを用意しましょう。

手順①まず眉毛の形を決める

自分の眉毛の処理をする手順は、まず理想的な眉毛の形を決めます。慣れていない人や、よく分からないという人は市販の眉毛テンプレートを利用するのも1つの方法です。

眉毛テンプレートはプラスチックなどで出来ていて、自然な眉毛の形にくりぬかれているプレートのことです。顔に当てて使うことで簡単に美しい眉毛を書ける優れものです。

眉毛テンプレ―トはアーチ型やナチュラル型など色々あります。

手順②余分な箇所の眉毛を処理する

理想的な眉毛の形が決まったら、後はその形に添ってはみ出ている余分な箇所の眉毛を処理していきます。

はみ出ている眉毛の量が少ない時はピンセットや毛抜きで抜いても良いですが、はみ出ている眉毛の量が多いときや痛いのがイヤなときは眉用カミソリで剃るのもOKです。

決して必要な箇所の眉毛を抜いたり剃ったりしないように気を付けましょう。

手順③不揃いな眉毛を適度な長さにカットする

余分な箇所の眉毛が処理できたら、あとは不揃いな眉毛を適度な長さにカットします。眉毛はお手入れをしていないとかなりの長さになります。

長すぎるまつ毛はボサボサに見えズボラな印象になります。まつ毛用コームでまつ毛をとかしながら、しっかり長さを調整していきましょう。

眉毛の作り方

自分の眉毛を整えたら、次はコスメを使って眉毛を作っていきます。

必要なものは眉毛を書き足すためのアイブロウペンシル、アイブロウパウダー、眉毛の色を変えたい場合はアイブロウラッカーなどがあれば便利です。

眉を書き足すアイブロウペンシルやアイブロウパウダーは自分が使いやすいものならどちらでもOKです。

手順①眉毛が足りない箇所に1本1本書き足す

コスメを使って眉毛を作る時は、処理した自分の眉毛で足りない箇所に1本1本書き足していきます。メイク初心者の方は細いペンシルを使うのが綺麗な眉毛を書くコツになります。

鏡の前で片手でペンシルを持ち、もう片方の手でペンシルを持つ腕を支えながら書くと手元が安定します。眉テンプレートなどを使い、黄金比を守りながら丁寧に眉毛を仕上げましょう。

手順②眉用ティントを使う方法も有り

メイクをするたびに眉毛を作るのが面倒だという場合は、眉用ティントを使うのも有りですね。眉用ティントは一度眉を作れば数日間はキレイな眉が長持ちするというとても便利なアイテムです。

眉用ティントは化粧品が売られているドラッグストアやコスメショップなどで購入することができます。毎日のメイク時間を短縮したい場合はぜひ使ってみてください。

■眉毛の整え方や書き方については以下の記事でも紹介しています!

眉毛の形の整え方・書き方!似合う眉の形の探し方も解説!

眉毛づくりで注意すること

キレイな眉毛を作るときには注意するべきことがいくつかあります。眉毛は顔の第一印象を決める大切なパーツの1つです。失敗してしまわないように、以下の点については特に気を付ける必要があります!

剃りすぎない

眉毛作りでは、まず剃りすぎない、抜きすぎないことが重要なポインになります。

理想的なまつ毛を作るためには自分のまつ毛を処理することはとても大切です。

しかしあまりやりすぎてしまうと書き足すまつ毛の量が増えて自然なまつ毛に見せるのが難しくなってしまったり、メイクを落とした時に顔の印象が大きく変わってしまったりすることも少なくありません。

まつ毛だけを見ながら処理していると、だんだんどこまで剃れば良いのか分からなくなってしまうこともありますので、できれば鏡は少し離れた場所に置いて顔全体の印象を確認しながら処理すると安心ですね。

眉毛のカラー

また眉作りでは眉毛のカラーも少し気を付ける必要があります。華やかな印象に見せたいからとあまり明るいブラウンなどにしてしまうとまつ毛だけが浮いてしまうこともあり、非常に不格好になってしまいます。

眉毛のカラーについては髪の色に合わせるなど、そこだけ浮いてしまわないようにするのが良いでしょう。

眉メイクを濃くしすぎない

さらにキレイな眉毛を作りたい時は、あまり眉メイクを濃くしすぎないことも重要です。眉メイクは濃くしすぎると男性的な眉になってしまいキツイ印象を与えてしまうこともめずらしくありません。

ナチュラルメイクならナチュラルなまつ毛にするなど、眉メイクについても他のメイクとのバランスを考えることが大切ですね。

顔のタイプ別似合い眉

キレイな眉毛の作り方などを紹介してきましたが、コツは掴めましたでしょうか?

ここからは丸顔さんや面長さんなど顔のタイプ別に似合う眉の形をご紹介していきます。もし自分の顔の形にコンプレックスを持っている場合でも、眉毛の形を工夫すればそのコンプレックスを和らげることも可能になります。

以下の項目の中から自分の顔の形に当てはまるものを選び、似合う眉毛の形をチェックしてみましょう!

丸顔さん「長め×目尻キリッ」

顔の輪郭が全体的に丸みを帯びている丸顔さんには、「長め×目尻キリッ」の眉毛がおすすめです。

長めの眉毛で顔の丸みをカバーしつつ、眉毛の下の部分を丁寧にカットしてキリッとさせることでシャープな輪郭に見せることができます。

面長さん「短め×平行」

顔が縦に長い面長さんは、「短め×平行」の眉毛がおすすめです。

面長さんは長いアーチ状の眉毛にするとかえって顔が細長く見えてしまうため、幅は短くして形は平行でまっすぐ平らな眉毛にすると小顔効果が期待できます。

ベース型さん「直線×やわらかアーチ」

ベース型さんの顔には、「直線×やわらかアーチ」の眉毛がおすすめです。

えらが張っていて顔が少し大きく見えてしまうベース型さんは、直線を意識したやわらかいアーチ型の眉毛にすることで男らしい印象から女性らしい優しい印象に見せることができます。

逆三角顔さん「平行眉山×アーチ型眉」

逆三角顔さんには、「平行眉山×アーチ型眉」がおすすめです。

顎がシャープで凛々しい印象を与える逆三角顔さんには、まっすぐ平行な眉山と曲線が綺麗なアーチ型で丸みをプラスするのが良いですね。

たまご型さん「直線×平行眉」

理想的な顔の形と言われるたまご型さんにはどんな眉の形も似合いますが、特に「直線×平行眉」が良く合います。

たまご型さんも少し顔が細長く見える場合がありますので、直線と平行眉を意識することで小顔に見せるとバランスが良くなります。

2019年トレンド眉「細眉」

流行の眉毛の形を取り入れたい方には、2019年のトレンド眉「細眉」がおすすめです。

少し前までは太めのしっかりした眉毛が流行っていましたが。2019年は細いシャープな見た目の眉が美人眉としてトレンドになっています。

普段書く眉よりも上下の幅を細くして、眉山を少しだけ高めに作るのがポイントですね。

■眉毛でモテる顔になりたい方はコチラの記事もぜひどうぞ!

眉毛で印象は大きく変わる!眉毛でモテる顔になる!【男女別】

眉毛サロンで整えるのもアリ

自分に似合う眉毛は分かってもどうしても綺麗な眉毛が作れないという人や、自分で眉毛の形を整えるのが不安な人の場合は、眉毛サロンなどで整える方法もあります。

プロの目線で似合う眉毛を提案してくれるだけでなく、細部までキレイに処理を施した美しい眉毛を作ることができます。

サロンによってはアイブロウプランなど様々なプランがありますので、ぜひ近くのサロンに問合せしてみてはいかがでしょうか♪

自分に似合う眉毛を見つける眉毛アプリもあった!

さらに自宅で簡単に自分に似合う眉毛を見つける方法として、眉毛アプリなどを利用する方法もあります。

以下の「YouCam メイク カメラ-自撮り」は、スマホのカメラ機能を使って自分に合う眉毛のバーチャル体験をすることができるとても便利なアプリです。

興味がある方はこちらもぜひ一度体験してみても良いかもしれませんね!

【Appliv】YouCam メイク - カメラ、自撮り

理想の眉毛を手に入れよう!

今回は基本的な眉毛の作り方から、顔の形別に似合う眉毛などについてご紹介いたしました!

メイクをする上で眉毛はとても大切なパーツになります。ぜひキレイな眉毛の作り方のテクニックを身に着けて、理想の眉毛を手に入れましょう♡

■眉毛の整え方をもっと知りたい方はコチラの記事も参考に!

眉毛の整え方・剃り方!綺麗にお手入れする方法!メイクで形を作る!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ