マグネットシートのおすすめ人気ランキング13選!選び方もチェック!

あなたは学校や職場でマグネットシートを使用することはありませんか。メッセージの記入が出来るものや、カレンダータイプのものが販売されていますが、他にはどのようなマグネットシートが販売されているでしょうか。今回はランキング形式で紹介していきます。

マグネットシートのおすすめ人気ランキング13選!選び方もチェック!	のイメージ

目次

  1. マグネットシートのおすすめが知りたい!
  2. マグネットシートのおすすめ13選
  3. マグネットシートの選び方
  4. マグネットシートを活用しよう!

マグネットシートのおすすめが知りたい!

あなたは職場やお家で「マグネットシート」を使う機会があるでしょうか。ネームプレートやメッセージの書置き等にも使える便利なものですが、どのようなタイプのものがあるのか気になります。

今回はおすすめの「マグネットシート」を紹介していきます。

マグネットシートのおすすめ13選

人気のあるおすすめのマグネットシートをランキング形式で13種類紹介します。あなたの好みに合ったマグネットシートがきっとあるので、購入するときに参考にしてください。

13位:ニチレイマグネット 黒板マグネットシート

13位には「ニチレイマグネット 黒板マグネットシート」がランクインしました。

「チョークはあるけど、ホワイトボードマーカーが無い」のような学校現場で大活躍するシートです。シートの表面はチョークの使用が可能な「即席黒板」に早変わりするので、ホワイトボードに張り付けてそのまま使用できます。また場合によっては任意な形にカットできますので、どのような形のところも張り付けることができれば使用できます。


ニチレイマグネット マグネットタイプ 黒板セットL サイズ450×600mm1セット付属品 チョーク クロス ポケットマグネット デザイン文具

12位:マグエックス マグネットスケジュールボードシート

12位には「マグエックス マグネットスケジュールボードシート」がランクインしました。

マグネットシートには1ヶ月のカレンダーが印刷されていますので、予定を書き込んでいきことで1ヶ月のスケジュールを管理することができます。磁気を帯びている場所ならどこでも張り付けることができますので、学校現場や医療現場にも用いることができます。また付属品にはマーカーも付いているのがありがたいです。


マグエックス マグネットスケジュールボードシート 月間予定表 小

11位:ソニック マグネットシート ミニサイズ

11位には「ソニック マグネットシート ミニサイズ」がランクインしました。

「ネームプレート用のマグネット」とパッケージに印刷されているように、寸法が100mm×30mmという使いやすいサイズのマグネットシートです。はさみでも簡単にカットできるようになっていますので、ネームプレートの使用でも結構ですし、半分のサイズにカットして壁付のメモ帳にしても便利な商品です。


ソニック/マグネットシート ミニサイズ 白 10枚入/MS-350-W

10位:コクヨ インクジェットプリンタ用紙 マグネットシート

10位には「コクヨ インクジェットプリンタ用紙 マグネットシート」がランクインしました。

価格は200円で2枚入りのお手頃なマグネットシートです。家庭用のインクジェットプリンターで印刷すればオリジナルマグネットの作成が可能になります。マグネットシートには文字がきれいに写る加工がされているので、画像等を印刷してもにじみが少なくあなたのイメージ通りのマグネットの作成を可能にします。


コクヨ インクジェットプリンタ用紙 マグネットシート マット紙 A4 KJ−MS51N 1冊(2枚)

9位:スリーエムジャパン 屋外でも使えるマグネット

9位には「スリーエムジャパン 屋外でも使えるマグネット」がランクインしました。

マグネットシートには「UV耐性」が施されたシートを付けて使用するので、屋外で使用しても長期間使用することができます。マグネットシート自体が「高磁力」の製品ですので、自動車に張り付けることも可能です。流行りの「○○ in car」のようなステッカーをマグネットシートで作成すると、車の運転も楽しくなるでしょう。

8位:レアマグネット カラーマグネットシート

8位には「レアマグネット カラーマグネットシート」がランクインしました。

全部で15色のカラーが用意されているので、きっとあなたのお好みの配色がされたマグネットシートがあるはずです。どちらかというと色に意味を持たせて使うと便利なシートかと思われます。「青色は出席・赤色は欠席」のように言葉で言わずとも、色でメッセージを伝えたい時には大活躍するシートでもあります。

7位:マグエックス マグネット粘着付シート 強力タイプ

7位には「マグエックス マグネット粘着付シート 強力タイプ」がランクインしました。

こちらのマグネットシートは磁気を帯びた壁にくっつけたいものの裏面に使用するタイプのものです。1枚で約6kgの重さに耐えることができますので、スチール製の壁やロッカー等にちょっとしたものを貼り付けたい時に便利です。またスチール面に物を固定したい場合にも重宝できるマグネットシートです。


マグエックス マグネット粘着付シート 強力 ワイド MSWFP-2030 無地

6位:サンワサプライ 手作りマグネットステーカー

6位には「サンワサプライ 手作りマグネットステーカー」がランクインしました。

こちらのシートはインクジェットプリンターにも対応しているので、専用ソフトや任意のイラスト作成ソフトを使うことでオリジナルマグネットシートを作成することができます。またマグネットシートの表面には紫外線をカットする特殊なシートを貼り付けますので、屋外でも長期間の使用が可能になっています。

5位:マグエックス マグネットカラーシート大判

5位には「マグエックス マグネットカラーシート大判」がランクインしました。

価格は1枚1039円でシートのサイズは30cm×50cmと、他に市販されているものよりかなり大きなサイズのマグネットシートです。マグネットシートに直接メッセージを書き込んだ「掲示板」としても使用できます。また屋外でも使用も可能なので、イベント等に用いると情報を共有するのに役立ちます。


マグエックス マグネットカラーシート3050 大判 MSC-08-3050W 白

4位:マグエックス ぴたえもん強力 A4

4位には「マグエックス ぴたえもん強力 A4」がランクインしました。

こちらのマグネットシートはインクジェットプリンターでの印刷に対応していますので、あなたが好きなキャラクターや専用サイトからテンプレートをダウンロードして使用することで、オリジナルマグネットシートの作成が可能です。また強力タイプでもありますので屋外の使用にも最適です。


【メール便なら送料240円】マグエックス マグネット 用紙 ぴたえもん 強力光沢 A4 5枚入 MSPZ-03-A4

3位:コクヨ マグネットテープ 粘着剤付き

3位には「コクヨ マグネットテープ 粘着剤付き」がランクインしました。

こちらは掲示物の裏目に任意のサイズにカットしたものを貼り付けることで、磁気を帯びた壁等に貼り付けることができます。ポスターの掲載等に大活躍します。


コクヨ マグネットテープ 粘着剤付き 幅10mm

2位:コクヨ マグボ・マット

2位には「コクヨ マグボ・マット」がランクインしました。

光沢のあまりないマットタイプですので、光の反射を気にすることなくマグネットシートに印刷された文字や画像を確認することができます。


コクヨ (FB-HSM115W) マグネットホワイトボード<マグボ・マット> シートタイプ 450×300mm無地☆

1位:コクヨ 強力マグネットシート 片面粘着剤付き

1位には「コクヨ 強力マグネットシート 片面粘着剤付き」がランクインしました。

任意のサイズにカットしたマグネットをポスター等の掲示物に張り付けることで使用できます。掲示物が多く移動が必要な場合に便利なシートです。


コクヨ/強力マグネットシート(片面粘着剤付き)300x100mm 黒(マク-S340)異方性磁石で従来の約1.5倍の吸着力 KOKUYO

マグネットシートの選び方

マグネットシートの選び方について紹介していきます。

まずはあなたがどのような環境やシーンで使用するのかを確認しましょう。使用する環境やシーンではどのようなサイズのものが必要なのでしょうか。またカラーは何色のものが見やすいのでしょうか。文字を書く必要があるなら白色や黄色と言ったカラーが見やすいですし、マジックペンの色によってはマグネットシートがカラーである方が望ましいこともあります。

大きさはどうでしょうか。たくさん情報を書き込む必要がある場合は、大きなマグネットシートが望ましいでしょう。場合によっては複数枚準備して学校のホワイトボードぐらいのサイズにする必要があるのではないでしょうか。そのようなサイズのマグネットシートもきっとあるでしょうが、保管の仕方や扱い方が難しそうです。

小さいサイズのマグネットシートを使用すると情報を1枚ごとに小分けして書き込みことで、より情報の管理がしやすそうです。また「ご飯冷蔵庫に入っています」のような家族に向けてのメモ書き程度のことでも、小さいサイズのマグネットシーを使うと、紙を使用しなくても済みますので地球にも優しいというメリットがあります。

マグネットシートを使用する環境やシーンに合わせて、マグネットシートの選び方を確認しましょう。

耐水性やUV耐性もチェック

マグネットシートの表面には色々な加工や工夫が施されていますが、「耐水性やUV耐性」もチェックするべきでしょう。マグネットシートは一度使ったら捨ててしまうような「使い切り商品」ではなく、長期間使用していくことを想定して購入するかと思います。長期間使用するためには時々メンテナンスする必要があると思いますが、表面がすぐに劣化してしまうようではいけません。

マグネットシートの大敵である水分への「耐水性」や、太陽光線・紫外線への「UV耐性」もきちんとチェックしておくことも大切です。耐水性に優れていないと書いた文字が消えてしまいますし、またUV耐性が施されていないとマグネットシートの表面の劣化が進んでしまいます。

特に屋外で使用する場合は、耐水性とUV耐性に優れたものでないとマグネットシートがマグネットシートの役割を果たせないことが考えられます。伝えるべき情報が正しく伝わらないことによって、起きてしまうトラブルもきっとあることでしょう。「掲示物」として使用するのですから、ご覧になる方のことを第一に考える必要があります。

マグネットシートの表面の加工を確認して、長期間使用できるようにしましょう。

掲示物に使うなら粘着付きが便利

ポスター等の掲示物にマグネットシートを使用するなら「粘着付き」のマグネットシートかどうかを確認する必要があるでしょう。黒板や鉄製の壁等に掲示物を貼りたい場合は、マグネットシートを掲示物の裏の四隅等に張り付けると、磁石面に張り付けることが可能になります。

セロテープやガムテープでも張り付けることは可能ですが、剥がすときに粘着力が強いと掲示物が破れてしまうことで、掲示物を台無しにしてしまうことがありえます。また張った後に掲示物を移動したい時にも、マグネットシートはとても便利です。任意に動かしたい場所へ簡単に移動できるというメリットがあります。

マグネットシート自体が簡単にハサミ等で任意の大きさにカットできるので、様々な形の掲示物に利用もできます。掲示物といえば四角のイメージがありますが、幼稚園や学校では星型やハート型の掲示物もあるでしょう。任意の形にカットできる分、どのような形の掲示物にも対応できます。

掲示物以外にもホワイトボード等に使うマジックペンやクリーナ等に使用しても便利です。こういった文房具にはマグネットが取り付けられていますが、取れてしまうハプニングがどうしてもあります。こういったハプニングにも粘着付きマグネットが大活躍します。

書き込めるかどうかを確認

マグネットシートを「ホワイトボード」の代わりに使用する場合には「書き込めるかどうか」を確認しておくべきです。ちょっとしたメモ書き程度のことなら、何度かいても消せるホワイトボードが便利ですが、そのようなものを取り付けない場所にはホワイトボード代わりにもなるマグネットシートが便利です。専用クリーナー等を用いて書き消しを何度も繰り返せるので、経済的も効率が良いです。

またマグネットシートのタイプによっては、一般的なプリンターに対応したマグネットシートもあります。広く使用されている「インクジェットプリンター」で書き込み可能でしたら、あなた自身のオリジナルデザインをマグネットシートに表現することができます。

職場によっては「出勤管理表」のような掲示物に、出勤した場合に自分の名前が書かれたマグネットシートを移動させて、出勤を管理するようなところもあると思います。そのような自身のネームシートの作成が可能となります。ネームプレート以外にも「日付」「曜日」のようなカレンダーに関連するものも作成できるでしょう。

お子さんがいる家庭では、お子さんが好きなキャラクターを印刷してあげても、きっと喜んでくれることでしょう。

好きな形にカットできると◎

マグネットシート自体を「好きな形にカットできるか」も事前に確認しておく必要があります。市販されているマグネットシートははさみ等で簡単に切れるようなものが多いですが、中にははさみで切れないような硬さのマグネットシートもあります。あなたの使用シーンに合わせて任意の形にカットすることが求められる場合は、好きな形にカットできるものかどうかも確認しておきましょう。

マグネットシートにそのまま印刷したものよりも、印刷したもの形に合わせてカットしたものを使う方が掲示物として有効な場合があります。例えば「矢印」のような案内を促すものであれば、掲示している地図上に上に張り付けて「目的地」を目立たせる効果がります。しかしこの矢印に余計な余白が付いていると、他の地図を隠してしまうことに繋がります。

その点余計な余白を伴わずに印刷されたものの形にカットされたものを使用している方が、見た人はとても分かりやすいです。矢印以外にも野菜や果物・キャラクターの形にマグネットシートをカットしてあげると、幼稚園や学校といった子供がたくさんいる環境では喜ばれるのではないでしょうか。また工作の時間等でもマグネットシートを使えば、家でも使えるオリジナルシートを作ることができるでしょう。

マグネットシートを活用しよう!

今回は人気のあるおすすめしたいマグネットシートをランキング形式で13種類紹介しました。きっと使ってみたくなるマグネットシートがあったのではないでしょうか。オフィスツールを最大限に使用して、効率よく仕事を進めていきましょう。

ライフスタイルに関連する他の記事もチェックしよう!

市販のおすすめチーズランキングTOP35|チーズの種類別で紹介♡
coco壱(ココイチ)人気メニューランキングTOP15!おすすめトッピングも!
ご当地お菓子種類ランキングTOP40!お土産にもぴったり♡
コンビニ鳥からランキングTOP13!おやつやおつまみに最適♡
新着一覧
最近公開されたまとめ