協調性とは?自己PRで協調性をアピールする方法!【例文あり】

協調性って?自己PRで協調性をアピールする方法は? 協調性が欠けていると思っている人も必見です! 仕事で役立つ自己PRや、素敵なエピソードの例文などもご紹介していきます。自分のアピール方法や協調性をうまく活かすことであなたの長所にもなります。

協調性とは?自己PRで協調性をアピールする方法!【例文あり】のイメージ

目次

  1. 協調性って?
  2. 協調性が欠けている?協調するのが苦手な人の特徴
  3. 協調性を身に付ける方法
  4. 協調性が身につく訓練
  5. 協調性があなたの長所になる
  6. 就活にも協調性が役立つ
  7. 就活などで協調性を自己PRする例文
  8. 自己PRで協調性をアピールする場合の注意点
  9. 面接などでの協調性のアピール方法
  10. 協調性を仕事に活かす
  11. 協調性のあるエピソード:書き方・ポイント
  12. 協調性のある人の行動とは?
  13. 協調性の長所は?
  14. 協調性はどんな人にもあるもの?
  15. 協調性ってどんな時に役立つの?
  16. 自分のできる範囲で協調性をアピールしていこう
  17. 協調性のある人はコミュニケーション能力も高い
  18. 協調性のある人は仕事もできる
  19. 協調性はあった方がいい!
  20. まとめ

協調性って?

「協調性」と聞くとあなたはどのような人を思い浮かべますか?
「自分の気持ちを押し殺している」「人に意見を合わせすぎている」「自分の意見が無い」などなど上げだすと案外沢山の意見が出てきます。

今回はそんな「協調性」について詳しく解説していきます。
仕事や人とのコミュニケーションに役立つ協調性を身に付けてい行きましょう。

そもそも「協調性」ってどんな意味?

協調性とは、複数の人数で一つの目標に皆で協力し、作り上げていくときに必要になってくるものです。
個人一人一人が強い主張をしていては、まとまる話もまとまりません。

協調性があることにより、同じ目標を思った人同士がその目標に向かって協力しあい進めていける事ができるのです。

そんな協調性は社会では欠かせないものなのです。

協調性があることで、周りの人とのコミュニケーションが図れ、その場が上手くまとまります。
協調性がある人が一人でもいることで、その場が和むことがあります。

協調性が欠けている?協調するのが苦手な人の特徴

では、「協調性が欠けている」「協調性が乏しい人ってどんな人?」などの疑問がわいてきます。

それは、人と協力ができない人、自分の意見を押し通す人、周りの意見を聞入れられない人などがあげられます。
あなたの周りにそんな協調性の乏しい人はどれくらい居ますか?

協調性の乏しい人は、人と合わせることが苦手ですので単独行動をしていることが多いようです。
また、人の意見に対し否定的な意見や自分の意見をかぶせてくる場合もあります。

そんなことをしていては、協力して何かをやり遂げなくてはならないとき、非常に苦労してしまいます。
協調性が乏しことで社会や会社になじめず、仕事を転々としている人も多いようですね。

協調性を身に付ける方法があれば知りたいと思いませんか?
協調性を身に付ける訓練を行うことで、今より生きることが楽になる事があります。

協調性を身に付ける方法

それでは協調性を身に付けるにはどのようなことをするといいのでしょう?
こちらでは、「協調性の身に付ける方法」について提案していきます。

協調性を身に付けたい方はぜひ「訓練」と合わせて実践してみて下さいね。

協調性を身に付ける方法①人と接触する

当たり前のことですが、人に触るわけではありません。
人に興味を持ち、会話することを実践していってください。初めは「今日はいい天気ですね。」など、一言の会話からでも構いません。

もし、あなたの心の中に「なんでそんな人にへコヘコしてまでそんなことしなくてはいけないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、その気持ち自体が協調性に欠けてしまう考えなのかもしれません。

まずは、あなたから同じ仕事仲間や学校での友達に話しかけてみましょう。

協調性を身に付ける方法②できるだけ会話を楽しむ

あなたが話しかけた相手とできるだけ会話を楽しむようにして下さい。
ムスっとしていたり、つまらなさそうな表情はやめておきましょう。笑顔を心がけ、楽しい会話をするように心がけてください。

協調性を身に付ける方法③相手の長所を引き出す

相手のいいところ、長所を褒めるようにして下さい。これは相手にお世辞を言うことや、相手にへコヘコすることではありません。あなたが、協調性を身に付けるためのいわば訓練なのです。相手のいいところを理解し、口に出して褒める練習をしていると思ってください。

始めはぎこちなくても協調性を身に付ける方法を少しづつ、毎日繰り返し行っていくことで自然と協調性が身についていくでしょう。
次に、協調性を身に付ける訓練も同時に行っていきましょう。

協調性が身につく訓練

こちらでは協調性を身に付ける方法とは違い、「訓練」になります、そのため短期間で協調性を身に付けたい場合や今の自分を早く変えたい時におすすめな方法です。
ぜひ、今日からでも実践していきましょう!

協調性が身につく訓練①相手の長所を見つける

相手の長所を一つでも見つけることで、その人の良さがわかります。
例えあなたと気の合わない相手だと感じていても、何度か接して会話をしてみるようにしましょう。
ここでは苦手意識は禁物です。

協調性が身につく訓練②マイナス思考を停止させる

マイナスな考えがあなたを苦しめている原因です。
マイナス思考の人は、マイナスに考えてしまう思考回路が出来上がってしまっています。過去のトラウマや傷ついた経験から、マイナスな思考回路になったと考えられます。しかし、マイナス思考は訓練次第で変えることもできるのです。
まずは、マイナスな考えが出てきたら一旦考えをストップしてください。またマイナスな考えが出てきたら考えないようにする。マイナス思考は癖のようになってしまっています。

その為意識的にやめるようにしていくことが大切なのです。

協調性が身につく訓練③自分が役立つことを考える

自分が誰かのために役立つことは無いかを考えましょう。
身近な人や、募金などを通して人の役に立つこともいいですね。
しかし、早く協調性を身に付けたいのであれば、身近な人とコミュニケーションをとることが一番早いでしょう。

身近な人の役に立てるような行いをすることと、相手に協力できることを考えていきましょう。

毎日、目標を決めながら実践していくことでこちらの訓練は身に付きます。
協調性の訓練を毎日10回行うなど回数を決めておくとより早く協調性を身に付けることができるかもしれません。

協調性があなたの長所になる

協調性を身に付ける方法や訓練を用いることでよりあなたの性格に協調性がプラスされ、人とのコミュニケーションの幅が広がることでしょう。

つまり協調性を身に付けることで、あなたの長所になるのです。

これまで人とのかかわりが苦手だった人も、人見知りの人も協調性を身に付けることでより人間関係を円滑にすることができるのです。
協調性があれば、家庭や仕事でも役立ちますので、どこへ行っても重宝される存在になります。

協調性を身に付けて、あなたの長所として生かしていきましょう。
また、協調性が身に付くことで人と接する恐怖がなくなることも考えられます。

就活にも協調性が役立つ

協調性は、もちろん就活にも役立ちます。どんな小さな会社もどんな大きな会社も協調性のある人材が欲しいものです。
協調性は会社に入社してからも訓練されることがあります。
協調性を新人研修などで訓練されるのです。協調性が備わっていることであらゆる人と協力して大きな仕事や目標を達成していける力になりますので、会社としても協調性は必要です。

協調性が社会に出てからも仕事で役立つことはお話しましたが、就活の時の面接でも面接官はあなたの協調性を見ている場合があります。

協調性に欠ける人材は、会社でもトラブルの原因になります、どれだけ仕事ができている人でも協調性に欠けてしまう人はマイナスになってしまいます。

協調性は社会に出る前から身に付けておくことでより就活にも役立つ武器になることでしょう。

会社に入社してからの訓練では遅いのです。
就活前からきちんと協調性を身に付けておくことで、より仕事でも役立つ人材になるのです。

就活などで協調性を自己PRする例文

こちらでは実際に就活で自己PRをするときに使える例文をご紹介していきます。
自己PRが苦手な方もぜひ例文を参考に一読くださいね。

どのようなことを中心に、自己PRを行う文章と協調性を絡めた文章にすればいいのかの見本になるといいですね。
例文をもとにあなたらしい過去のエピソードを織り交ぜた素敵なものにしてください。

自己PRで最も重要なポイントはあなたの「強み」です。あなたのセールスポイントにもなります。
いくら協調性があっても、あなたの強みをしっかりと伝える事ができなければ何の意味もありません。
以下の例文をもとにあなたの強みをいくつか紙に書き出し、どのような自己PRをすれば印象が良くなるのかを考えていきましょう。

協調性を自己PRする例文

私は、大学3年の頃にガソリンスタンドでアルバイトをしていました。
ガソリンスタンドでのアルバイトは経験がなく初めての事でしたが、非常に体力のいる仕事内容と接客などで店員も忙しいため、なかなかコミュニケーションが取れず、連絡が上手くいっていなかったことがありました。

そこで私が、店長や社員さんにみんなの連絡網とこれまで見づらかったシフト表を変えることを提案しました。
初めは忙しくなかなか社員や店長と話ができなかったのですが、連絡網が車の油で汚くなったことがきっかけで店長から「前に、連絡網とシフトを見やすくしたいって言ってたよね?やってみる?」と言われ、事務の方と協力して新しくシフト表とみんなの連絡網を作成しなおしました。

仕事が円滑に回るようになり、褒められた経験がありました。
それ以降、私はアルバイトの教育係やみんなの連絡担当を任されることがあり、今でも自分の自信につながっています。

このように、例文をもとに具体的な内容であなたのエピソードを盛り込むようにして下さい。
さらに例文にもあるように、どのようなエピソードの時に協調性を感じられたのかをよく考え、長所を考えあなたをアピールしていきましょう。

就活での自己PRのために協調性をアピールできる文章を書くために、学生時代にやっていたアルバイトの経験から「協調性」をアピールできるようなエピソードを用意しておくといいでしょう。

例文のようにこれまでの経験とあなたの長所や自信となる出来事をストーリー性のあるエピソードとして伝えるようにしましょう。例文にあるように、あなたのエピソードから協調性をアピールすることにより、よりリアルにあなたの事を伝えられるのです。

自己PRで協調性をアピールする場合の注意点

では、具体的に自己PRで協調性をアピールする場合、どのようなことに注意をすればいいのでしょか?
自己PRで失敗しない協調性のポイントをいくつか挙げていきます。

①裏付・根拠がない
あなた自身の気持ちを書くばかりでは、何の裏付けにもなりません。具体的な根拠やあなたが経験したことなどを中心に自己PRをするといいでしょう。

②「自分には協調性がある」とストレートに言わない
「自分に協調性がある」とストレートに言ってしまうことで、どのように協調性があるのかが理解できません。さらに、自分で「協調性がある」という事で協調性があるかどうかは他人が判断することです。謙遜のない文章にも見えてしまいますので気を付けましょう。

③具体的なエピソードを織り交ぜる
何のエピソードもなく裏付けや根拠を語ることはできません。キチンとあなたの体験をもとに成功例を加えることでよりあなたの協調性のある部分を理解できるのです。

これらの事に気を付け注意していくことで、より協調性が伝わる文章になることでしょう。
自己PRを失敗させないためにも注意点をよく理解しておくことが大切です。

面接などでの協調性のアピール方法

では、実際に協調性をアピールするにはどうしたらいいのでしょう?
自分で協調性をアピールすることで、「自信過剰」や「謙遜が無い」なんて思われないか心配ですよね。

面接の時などあなたの協調性をアピールする方法はいくらでもあります。面接官の質問に「学生の頃の部活は?」「ボランティアの経験は?」「人間関係で苦労したことは?」などの質問は協調性をアピールするのに非常に大切な質問になります。

そのため、

〇「学生の頃の部活は?」
過去にさかのぼり。集団生活をしているか、部活を通し協調性があるのかを見ている場合が考えられます。どのような部活でどれだけ成果を上げたのかを気になる面接官もいます。あなたの部活でのエピソードを話すようにしてみましょう。

〇「ボランティアの経験は?」
自ら人のために活動をしていく姿勢は、協調性や人を助けたい気持ちがあることなどを確認しています。あなたがどのような気持ちでボランティアに参加したのか、また参加者とはどのようなエピソードがあるのかなどを具体的に伝えていきましょう。

〇「人間関係で苦労したことは?」
協調性が一番出るポイントです。あなたの過去のエピソードから、苦労したがきちんと乗り越えた成功例を話すようにしましょう。

このように、自己アピールで協調性をアピールする方法はいくらでもあるのです。
しっかりと面接官の話に耳を傾け、協調性のある話ができる質問にしっかりとあなたのエピソードを絡めアピールしていきましょう。

協調性を仕事に活かす

協調性を仕事で活かす場合、どのような時に協調性が活かせるのか考えていきましょう。
会社側も仕事が円滑にできるよう協調性のある人材を求めています。
このように、協調性があることで仕事も人間関係も円滑にすることができると期待されています。

たとえば、上司や部下などと上手くコミュニケーションが取れ、仕事を円滑にできる人や、同じ部署で同じ目標に向かい同じ部署同士協力して成果をあげて行ける、少々意見が合わなくても自分の損につながっても妥協できる心の広さも大切です。
このような人間が、仕事でも協調性のある働きができるのではないでしょうか?

仕事で効率よく成果を上げるためには、協調性は欠かせないのです。
時には心が折れることや、自分が損することもある中で、いかに周りのため仕事のために動いていけるのか。そんな協調性があることで円滑に物事を進めていけることができるのです。

協調性のあるエピソード:書き方・ポイント

協調性のある素敵なエピソードがある例文についてご紹介していきます。

協調性をアピールした文章に仕上げたい場合どのような書き方をすればいいのでしょう?
以下の例文をもとにあなたも文章を書いてみましょう。


書き方・ポイント

集団の中で、同じ目標をいかに協力して「対立を調整するなどの交渉力」や、それらを「引っ張っていく統率力」もポイントになってきます。
協調性という受け身的な立場から、あなたの強みを見い出し書き加えることでよりあなたの素敵な人材をアピールすることができるのです。

このことを踏まえながら、以下の例文を参考に文章を作ってみて下さい。

協調性のあるエピソードの例文

私はメンバーをまとめていくことが得意です。新規立ち上げのプロジェクトにはいつも参加していたため、人と人同士で意見の対立をいかにうまくまとめていくか、また同じ目標に向かうためには協調性が大切です。個人よりもチームでうまくやっていける方法を常に考えています。

例文は、あくまでも例文です。あなたが志望する会社に合った文章を考えましょう。
会社の特質を知ることでより素敵なエピソードで文章を書くことができるのです。

協調性のある人の行動とは?

では、協調性のある人が実際に取っている行動とはどんな行動でしょう?
協調性のある人の行動をもとに、長所を探していきましょう。
また、あなたも協調性のある人の行動を真似することでより協調性のある人の気持ちがわかるかもしれません。

①人の長所を知っている
人の長所を知っていることで、その人の良さがわかります。長所はその人のいいところですので仕事で長所を発揮することができるため、仕事を計画するときに長所を知っておくことでその人のいいところを理解したいと考えているようです。

②対立しても、相手の意見も聞き入れ、整理できる
沢山の人が集まれば、当然意見の食い違いや対立が出てきてしまうもの。しかし、そんな状況になってもきちんと相手の意見を受け入れ整理できる人が協調性のある人なのです。

③チームワークを大切にしている
チームの事を考え、チームがいかに円滑に回っていけるかを考えています。

④個人プレーはしない
他人を出し抜いたり、足を引っ張るような事はしません。また、一人だけ成果を上げようとは思っていません。集団の全体を見渡しながら計画を進めていける人です。

⑤人を分けない
つまり好き嫌いをしない事にもつながります。人を分けてしまうことで仕事に支障が出てくることもよく知っています。

協調性の長所は?

協調性があることで、より円滑に物事を進めていけるのです。
協調性の長所ってどんなところにあるのでしょう?

これまで挙げてきた内容をもとに見ていきましょう。

仕事での「協調性」の長所とは、異なる意見の人同士の集まる集団において、いかに意見の異なるもの同士をうまく調整し同じ目標に向かわせることができるのかなどの特徴が長所です。

また、家庭やプライベートでは、意見の合わないもの同士をいかに調和や調整できるかが協調性の長所になります。

協調性はどんな人にもあるもの?

もちろん協調性はどんな人にもあります。
しかし、協調性が強い人や乏しい人など人により様々です。

実際に協調性のある人を想像しながら、過去の自分と照らし合わせてみるのもいいですね。

協調性は、ほとんどの人に備わっているいわば集団行動には欠かせない物なのです。
日本の学校教育でも、そんな集団生活の大切さや部活動での経験などにより、ある程度の協調性を身に付けさせようとしています。

普通に学校に通い、部活動をしていれば一般的な協調性が身につくことでしょう。
しかし、組織に入り複雑な人間関係やまとめ役を担う協調性はそれだけでは務まりません。

その要素にはリーダー的素質や、まとめる力、挙力していく精神など様々な要素が重なり協調性のある人へとなっていけるのです。

協調性ってどんな時に役立つの?

「協調性は一体どんな時に役立つの?」そんな疑問がわいてきそうです。
協調性があることで、より人とのかかわりが大切になってきます。

具体的にどのような時に協調性が役立つのでしょう?

苦手と思う人とも意見を合わせ、上手くまとめていくことができます。
その為、協調性のある人を悪く言う人は少ないでしょう。

そんな理由から板挟みになってしまう事も考えられます。
協調性が役立つときは、そんな調整役や意見が合わないもの同士の意見をまとめる時などに役立ちます。

自分のできる範囲で協調性をアピールしていこう

協調性のアピールの仕方がわからない場合、無理に協調性をアピールする必要はありません。
無理にアピールすることで、何をアピールしたいのか周りに伝わらない場合があります。

自然とアピールできるチャンスを待ちましょう。

あなたが人助けをしたい時、また困った人を助けたい時などにアピールできるかもしれません。
無理に協調性をアピールするのではなく、協調性をアピールするチャンスが来た時に行うといいですね。

協調性のある人はコミュニケーション能力も高い

協調性のある人はいつも周りに沢山の人が集まってくるでしょう。
協調性があることで、あなたを頼ってくる人が現れることも...。

コミュニケーション能力は生きる力にもつながります。

協調性は、受け身にとらえられがちですが、チームをまとめていくことを考えればリーダー的要素も必要です。
その為、協調性があることで自然とコミュニケーション能力も身についている人も多いのです。

人と人とをつなぐ役割や、人と人とを調整する役割にも長けているため、協調性のある人を頼ってくる人も多いのでは?

協調性のある人は仕事もできる

コミュニケーション能力があることで、様々な人と円滑に仕事ができる特徴もあります。
協調性があることで、より人間関係ばかりではなく仕事の内容もよく理解できている人が多いのです。
協調性があることで、効率よく仕事の成果を上げる努力をしますので仕事内容をしっかりと把握していなければできません。

このように協調性があることで、人と人との意見を調整する役割も果たせることと仕事が円滑にできる事から仕事ができる人が多いのではないでしょうか。

協調性のある人は、仕事や人をまとめていける人材なのです。

■関連記事:仕事ができる人・できない人の特徴って?こちらもチェック!

仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】
仕事が遅い人の特徴は?原因と改善策11選!

協調性はあった方がいい!

これまでご紹介してきましたように、「協調性」はあった方がいいという事をお判りいただけたでしょうか?
協調性があることで、より周りの人とも円滑に過ごしていけるのかもしれません。

あなたが感じる協調性のある人はどんな人ですか?

あなたが思う協調性のある人は、こちらの記事を読む前と印象が変わっていますか?
協調性のある人は受け身がちにとらえられますが、実は縁の下の力持ちという事も考えられます。

あなたも協調性を身に付け、さらにコミュニケーションが円滑にできる人を目指してみてはいかがでしょう?

まとめ

いかがでしたか?
仕事ではいかに協調性が大切か理解していただけましたか?

協調性を身に付けることで、仕事に対する考え方も変わることでしょう。

協調性があることで、より円滑に仕事をすることができるのです。
また、協調性を身に付けることで、ひととのコミュニケーションが円滑になることも考えられます。
あなたの強みと協調性で仕事の成果もあげていきましょう!

もっとコミュニケーション能力をアップさせたいあなたへ!

会話力を向上させる23の方法・コツ!
人見知りの特徴と克服方法完全解説!
素直になれない人の特徴と心理7つ!解決方法は?【恋愛】
言いたいことが言えない心理と改善方法教えます!

関連するまとめ

mika3678
mika3678
お読みいただき、ありがとうございます。女性の素敵な恋愛ライフを応援します♪少しでも、彼との不安がなくなり、彼との距離が縮まるような記事を書いていけたらと思います。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ