妊娠初期のレントゲン撮影は大丈夫?胎児への影響は?健康診断では?

妊娠に気づかずレントゲンを受けた、妊娠初期に健康診断でレントゲンを撮る、という人もいるのでは?レントゲンは放射線を使うので、赤ちゃんへの影響が心配ですよね。今回は、妊娠初期にレントゲンを受けても良いのかや、胎児への影響について解説します。

妊娠初期のレントゲン撮影は大丈夫?胎児への影響は?健康診断では?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期のレントゲンは大丈夫?
  2. 赤ちゃんの大事な器官が作られる!妊娠初期
  3. レントゲン検査とは?
  4. レントゲンは放射線を使う!放射線の胎児への影響は
  5. 妊娠初期の被ばく影響①:奇形、流産
  6. 妊娠初期の被ばく影響②:発がん、発育遅延
  7. 影響が出る放射線量は?妊娠時期別に解説!
  8. 妊娠初期でも大丈夫!?レントゲン検査の被ばく量は
  9. 妊娠初期の健康診断、レントゲンは受けてもいい?
  10. 妊娠初期の人間ドック!レントゲン、バリウム検査は
  11. 妊娠初期の足のレントゲン
  12. 妊娠初期の歯医者!歯のレントゲンは
  13. 妊娠初期、妊活中のレントゲン
  14. 妊娠初期にレントゲンを受けてしまったら
  15. 心配しすぎないで!妊娠初期のレントゲン

妊娠初期のレントゲンは大丈夫?

妊娠に気づくのは生理が1週間程度遅れた時期、妊娠週数でいえば妊娠4週~5週ごろという人が多いと思います。会社などでの健康診断では検査項目にレントゲン撮影が入っているので、妊娠に気づく前にレントゲンを受けてしまうこともあるかもしれません。また、人間ドックではバリウム検査やマンモグラフィーを行いますし、足のレントゲンや歯医者でのレントゲンも、受ける可能性があります。

sr25pさんの投稿
21910861 128070087920308 303519467588026368 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠に気づかずレントゲンを受けてしまったり、妊娠初期にレントゲンを受けることになったら、おなかの中の赤ちゃんに影響が出てしまうのでは?と心配になってしまいますね。妊娠初期のレントゲン撮影は、胎児に影響があるのでしょうか?今回は、健康診断やバリウム検査、足のレントゲン、歯医者でのレントゲンなど、妊娠初期のレントゲンの胎児への影響について解説していきます。

da1arimaさんの投稿
21568614 1823876894591322 8354824637653188608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

赤ちゃんの大事な器官が作られる!妊娠初期

妊娠初期とは、妊娠週数でいうと妊娠4週~15週、妊娠2カ月~4カ月ごろのことをいいます。妊娠初期は器官形成期とよばれ、赤ちゃんの重要な器官が作られる時期です。また妊娠4週未満は妊娠超初期と呼ばれます。妊娠初期のうち、妊娠4週~7週末までは中枢神経が作られ、心臓や目、手足などが作られる特に重要な時期です。この期間は薬や放射線による影響を受けやすい時期です。

また妊娠8週~11週末までは指や性器といった、細かい部分が作られます。妊娠初期のうち、妊娠4週~11週末までは、胎児の各器官が作られる重要な時期なので、妊娠期間の中でも特に薬や放射線の影響に注意したい時期といえます。

yu___ri.diaryさんの投稿
22858143 154036058536236 2126696255395463168 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram


◆関連記事:妊娠初期に気を付けたいことをまとめてみました!

妊娠初期に気をつけること一覧!食事などの注意点まとめ!
妊娠初期の過ごし方!生活や仕事での注意点まとめ!

レントゲン検査とは?

レントゲン検査は、体の内部の構造や変化を調べる方法として比較的簡単で経済的にできるため、健康診断や病院で最もよく用いられる検査方法です。健康診断では胸部X線検査が検査項目として入っています。また人間ドックではバリウム検査やマンモグラフィーがよく行われます。実はレントゲン検査では放射線が使われているため、レントゲン撮影をすると放射線被ばくします。

yaebalife34さんの投稿
21436036 115261935811823 583074065636392960 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「被ばく」と聞くとびっくりしてしまいますが、実は自然界にも放射線は存在しています。そのため、私たちは普段から日常的に被ばくしていることになります。私たちが日常的に受ける放射線量は年間2.4mSv(ミリシーベルト)といわれています。一方、通常レントゲン撮影などから受ける放射線量は年間2.3mSvといわれていますので、普段受けている放射線量とあまり変わらないことがわかります。

scotomascotomaさんの投稿
21373665 347923828967650 2675473134567555072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

レントゲンは放射線を使う!放射線の胎児への影響は

では、妊娠初期に放射線を浴びてしまった場合、胎児にはどんな影響が出てしまうのでしょうか?妊娠初期に一定量以上の放射線を受けると、胎児に奇形や発がん、流産、発育遅延などの影響が出ると考えられます。胎児に影響が出るとされる放射線量の基準は、100~200mGy(ミリグレイ)以上といわれています。

piiic5さんの投稿
21984975 1725956901045120 9021628888861638656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ご存知のように普段、被ばく線量で使われる単位はmSv(ミリシーベルト)やSv(シーベルト)です。ただ、胎児の被ばく程度を表すときには、放射線の吸収線量として表す単位であるmGy(ミリグレイ)やGy(グレイ)を使うほうが良いとされています。胎児への影響が出るとされる100mGyを超える放射線量を浴びる可能性があるものとして、原発事故やがんなどの放射線治療があります。

_unacoro_さんの投稿
22157142 985934374882994 3811740323663577088 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠初期の被ばく影響①:奇形、流産

妊娠初期に一定量以上被ばくすると、胎児に奇形が出る可能性があるといわれています。妊娠初期は胎児の細胞分裂や分化が盛んで、放射線による影響を受けやすい時期です。そのため、妊娠期間のうちどの時期に被ばくしたかによって影響の出る部分が違ってきます。

一方妊娠3週末までの妊娠超初期はまだ器官形成期に入っていませんので、この時期に被ばくをしても奇形を起こすことはありません。妊娠超初期に一定量以上の被ばくをした場合、妊娠に至らないか、もしくは妊娠しても流産になります。

妊娠初期の被ばく影響②:発がん、発育遅延

妊娠9週以降の胎児期に一定量以上被ばくすると、発がんや遺伝的影響、発育遅延、精神遅滞などの影響が出る可能性があります。胎児期に被ばくすることで、無事に生まれても発がんリスクが高まったり、発育の遅れが出ることがあります。また、放射線によって胎児の生殖器に影響が出る可能性もあり、生まれた赤ちゃんが成長して不妊になるなどの影響も考えられます。

影響が出る放射線量は?妊娠時期別に解説!

妊娠初期の放射線による胎児への影響は、どの時期にどれくらいの放射線を、どの部位に受けたかによって違ってきます。ICRP(国際放射線防護委員会)によると、妊婦さんが被爆をして影響が出る「しきい値」は100mGy~200mGyとされています。「しきい値」とは、影響が出る放射線量の最低の値のことです。一般的に、妊娠4週~10週でのしきい値は100mGy、妊娠10週~27週で120mGyといわれています。

mSv(ミリシーベルト)でいうと?

日常的に被ばく量を表す単位はmSvですので、この単位でいうとどれくらいの被ばく量で胎児に影響がでてくるのでしょうか。まず、受精後0~9日の時期に50~100mSv以上被ばくすると、受精卵が死んでしまい妊娠が成立しない、または流産する可能性が出てきます。妊娠4週~12週では100mSv以上で奇形が発生したり流産する可能性があります。

さらに、妊娠12週~27週で120mSv以上被ばくすると発育遅延や精神遅滞などの影響の可能性が出てくるとされています。なお、国際放射線防護委員会は、妊娠から出産までに妊婦が受ける被ばく量が10mSvを超えないようにすべきだとしています。

妊娠初期でも大丈夫!?レントゲン検査の被ばく量は

病院での検査や健康診断で受けるレントゲン検査やバリウム検査、CT検査では、1回あたりどのくらい被ばくするのでしょうか。公益社団法人日本放射線学会によれば、レントゲンやバリウム検査、CTなどの通常のX線診断検査において、胎児に影響が出てくる100mGyという放射線量を超えることは極めてまれだとされています。

sho_gunさんの投稿
21296133 171197243427154 8022403978648092672 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、レントゲンによる胎児への被ばく量はどのくらいかというと、胸部レントゲンで0.01mGy以下、腹部レントゲン1.4mGy、腰椎レントゲンで1.7mGyです。バリウム検査では1.6mGyです。CT検査は頭部0.005mGy以下、胸部0.06mGy以下、腹部8.0mGy、骨盤部25.0mGyです。胎児に影響が出る100mGyよりかなり低い値ですので、レントゲンやCTによる胎児への影響は心配ないと考えられます。

aristo8888_37_2jzさんの投稿
21373122 1843086802668778 6265780225943011328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠初期の健康診断、レントゲンは受けてもいい?

妊娠初期に会社などで健康診断を受けることもあるかと思います。健康診断の検査項目には、レントゲン検査があります。健康診断では、一般的に胸部X線単純撮影というレントゲン検査をします。この検査の被ばく量は0.01mGy以下と微量ですので、妊娠に気づかずに受けてしまったとしても心配ありません。

kinchan206さんの投稿
17881927 1493601693992451 5019016812654755840 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ただし、妊娠がわかっている場合には健康診断を受ける前に問診票に記入するなど、必ず申し出るようにしましょう。少ないとはいえレントゲン検査を受けると被ばくすることになるので、妊娠がわかっている場合にはお腹をカバーするプロテクターをつけたり、レントゲン自体を避けるといった対応をしてくれます。

scotomascotomaさんの投稿
21147991 115104445877432 1299338906822508544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠初期の人間ドック!レントゲン、バリウム検査は

では妊娠初期に人間ドックを受けた場合はどうでしょうか。人間ドックで受ける検査のうち、胎児に影響が出る可能性のある検査項目として、マンモグラフィーやバリウム検査が挙げられます。まず、乳がんの検査であるマンモグラフィーは、通常のレントゲンよりも微量のX線で検査するので、まず胎児への影響はありません。ただ乳がんの検査は超音波検査でもできるため、妊娠している場合には超音波検査をすることが多いようです。

wataru_iwaさんの投稿
21689484 120405695347569 4711196274622201856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

消化管の検査をするバリウム検査でも、放射線による被ばくを受けます。バリウム検査1回あたりでの胎児の被ばく量は1.6mGyと微量ですので、バリウム検査で胎児に影響が出る可能性も非常に低いといえます。そのため、妊娠に気づかずバリウム検査を受けてしまっても心配しすぎないようにしましょう。

jazz_instさんの投稿
22794370 128512574434089 6837411609644630016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠初期の足のレントゲン

足を骨折したときや、足をねんざして骨折の疑いがあるときには足のレントゲンを撮ることがあります。足のレントゲンは子宮からも離れていますので、胎児への影響は低いといえます。また、足のレントゲンは被ばく量も微量ですので、妊娠に気づかず足のレントゲンを撮ったとしても心配ありません。

danku9914さんの投稿
22158886 331709493958683 6059950313488515072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ただし、微量とはいえ、レントゲン検査を受ければ被ばくするのは事実です。妊娠がわかっている場合には、不必要な被ばくは避けたいですよね。必要がない限りは、足のレントゲンも撮らないほうが不安になることもないので、避けたほうが良いでしょう。妊娠している場合や妊娠の可能性がある場合には、整形外科や産婦人科の医師に相談してみましょう。

rkikukikurさんの投稿
21980150 121019361948180 426358083464200192 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠初期の歯医者!歯のレントゲンは

歯医者に通院中に妊娠がわかった、という人もいるかもしれません。妊娠初期に歯医者でレントゲンを撮っても大丈夫なのかな、と心配してしまう人もいると思います。歯医者でのレントゲンは当然口の中に向かって行うので、お腹へは口に向けた放射線のうちの一部しか届きません。そのため、歯医者でのレントゲンが胎児に影響を及ぼす可能性は低いといえます。

katsu_craftさんの投稿
21434188 265095297327833 2086680478890328064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

また被ばく量もごく微量ですので、妊娠に気づかず歯医者でレントゲンを撮ってしまっても心配ありません。歯医者のレントゲン検査にはデンタルとパノラマの2種類があります。どちらも被ばく量は0.01mGy以下なので、歯医者のレントゲンと胸部レントゲンは同程度の被ばく量となっています。それでも妊娠初期に歯医者でレントゲンを受けてしまって不安だという場合には、産婦人科の医師に相談してみましょう。

kyuzeeen.fitさんの投稿
22802363 336859870058482 5673096518874169344 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠初期、妊活中のレントゲン

胸部レントゲンや足のレントゲン、バリウム検査、歯医者でのレントゲンなど、レントゲン検査による被ばく量は微量です。そのため、妊娠初期にレントゲンを受けてしまったとしても、大きな問題がないことがほとんどです。しかし、妊娠していることがわかっている場合には、レントゲンを避けたほうが良いこともあります。妊娠中なら、必要のない被ばくは避けたいですよね。

そのため、妊娠がわかっている場合には、問診票にその旨を記入するか、医師に伝えるようにしましょう。緊急性がない限りはレントゲン自体を避けることが多いです。また、妊娠中に必要があってレントゲンを撮る場合にはお腹にプロテクターをつけて放射線が当たらないようにしてくれます。

moriyamak15さんの投稿
20902277 187224771818793 8880881835614142464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠しているかも・・・妊活中のレントゲンは

妊活中で、まだ妊娠しているかわからない時期に、レントゲンを受けることになったらどうでしょうか?もし妊娠していたら・・と思うと、胎児や妊娠自体に影響が出てしまうのでは?と不安になってしまいますよね。妊活中にレントゲンを受けるときには、妊娠の可能性があることを医師や検査技師に伝えておきましょう。

健康診断や人間ドックでは、妊娠の可能性がある場合にはレントゲン検査自体を避けることが多いようです。また、必要があって妊活中にレントゲンを受ける場合には、妊娠が否定できる時期、つまり生理直後から約10日間の期間に受けるようにしましょう。

toshiyukikosakiさんの投稿
21041450 264790674013306 6600806972319072256 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠初期にレントゲンを受けてしまったら

一般的なレントゲン検査が胎児に影響を及ぼすことはあまり考えられませんが、被ばくすることは事実です。妊娠していることに気づかずレントゲンを受けてしまって心配な場合には、まず産婦人科の医師に相談するのが一番です。相談するときには、レントゲンを受けた時期と部位をしっかり伝えます。

megmeg_iloveyouさんの投稿
21688634 115354079156779 5145576983333175296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠何週に、どの部分にどのくらいの放射線を受けたかによって、医師の判断が変わってくるためです。妊娠中に不安を抱え続けるのは体にも赤ちゃんにも良くないので、妊娠初期にレントゲンを受けてしまったら念のため医師に相談するようにしましょう。

yoyortptさんの投稿
22711057 166412127273656 3162568180220559360 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

心配しすぎないで!妊娠初期のレントゲン

妊娠初期にレントゲンを受けても良いか、またレントゲンの胎児への影響について解説してきました。妊娠に気か付かずに、健康診断などでレントゲンやバリウム検査、足のレントゲンや歯医者でのレントゲンを受けてしまうこともあるかもしれませんが、これらの検査での被ばく量は微量で、胎児に影響が出ることはまれですので、心配しすぎないようにしましょう。

とはいっても、妊娠中に必要ない被ばくは避けたいですから、妊娠がわかっている場合や、妊娠の可能性がある場合には医師や検査技師に伝え、レントゲンを受ける前に十分に相談するようにしましょう。妊娠中はちょっとしたことでも不安になってしまいますが、もし妊娠初期にレントゲンを受けてしまって心配な場合には、産婦人科の医師に相談しましょう。

妊娠中のことについて知りたいアナタはこちらもチェック

妊婦は明太子・たらこを食べても大丈夫?注意点は?
妊婦がカレーを食べても大丈夫?妊娠初期は要注意?
妊婦がうなぎやレバーを食べても大丈夫?妊娠中の胎児への影響は?

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ