濡れすぎにはデメリットが!セックスで濡れすぎる時の対処法解説!

セックスでアソコが濡れるのは自然なこと。でも、濡れすぎにもデメリットがあることを知ってますか?濡れすぎることは悪いことではないですが、セックスではデメリットになることがあります。この記事ではセックスで濡れすぎるデメリットと、濡れすぎる時の対処法を解説します。

濡れすぎにはデメリットが!セックスで濡れすぎる時の対処法解説!のイメージ

目次

  1. セックスで濡れすぎはよくない?デメリットがあるってホント?
  2. 濡れすぎないまでも…セックスで濡れるのはなんで?
  3. セックスで女が濡れたら男はどう思う?
  4. 濡れすぎってどのくらい?
  5. セックスで濡れすぎるデメリット1【男性器が外れやすくなる】
  6. セックスで濡れすぎるデメリット2【男性がイキにくい】
  7. セックスで濡れすぎるデメリット3【男性器が中折れしやすい】
  8. セックスで濡れすぎるデメリット4【体やシーツが汚れてしまう】
  9. セックスで濡れすぎるデメリット5【コンドームが外れやすい】
  10. セックスで濡れすぎるデメリット6【女性もイキにくい】
  11. セックスで濡れすぎるデメリット7【クンニしづらい】
  12. セックスで濡れすぎるデメリット8【簡単な体位しかできない】
  13. セックスで濡れすぎる時の対処法1【前戯を長めにする】
  14. セックスで濡れすぎる時の対処法2【膣の締まりをよくする】
  15. セックスで濡れすぎる時の対処法3【正常位で腰の下にクッション】
  16. セックスで濡れすぎる時の対処法4【ピストン運動の間隔を短くする】
  17. 濡れすぎはおかしくない!セックスをたっぷり楽しんで!

セックスで濡れすぎはよくない?デメリットがあるってホント?

セックスする前から、彼と手をつないだだけでアソコが濡れてくる。オナニーではそれほどだけど、彼とのセックスでは愛液があふれるように出てくる。

女性のアソコが濡れていないと、スムーズにセックスすることができません。セックスでは、ある程度女性のアソコが濡れていることが前提ですが、あまりに濡れすぎるのもよくないと言われています。

「え~、濡れすぎの何がいけないの?男も喜んでくれるんじゃないの?」と思う女性もいるかもしれませんね。

では、早速セックスで濡れすぎることのデメリットについてお話していきます。なぜデメリットになるかがわかったら、濡れすぎる時の対処法もチェックしてみましょう。

彼とのセックスを順調に進めるための、思わぬ秘訣が隠されているかもしれませんよ。

■参考記事:濡れやすい女性の特徴って?コチラも参照!

濡れやすい女の特徴15選!【必見】

濡れすぎないまでも…セックスで濡れるのはなんで?

女性の膣から出る愛液は、セックスにおいて潤滑液の役割を果たし、男性器をスムーズに挿入し、時には性交痛を軽減してくれます。

そもそもなぜセックスやオナニーで愛液が出て、アソコが濡れるかを説明しましょう。

女性は好きな男性とスキンシップすることで安心し、脳から「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。オキシトシンは別名「幸福ホルモン」とも呼ばれていて、骨盤内の血流を増やし、女性器を充血させる作用があります。

salon_viange2017さんの投稿
20634830 124059241553410 7002050157210501120 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

こうしてセックスに対する準備ができると、今度は膣から膣液が分泌されます。

膣内を潤すと同時に、膣の入り口付近から「バルトリン腺液」、尿道口の近くから出てくる「スキーン腺液」と呼ばれる分泌液も出てきます。また、膣の奥にある子宮頸管からも粘液が分泌されます。

これらの分泌液は俗に愛液と呼ばれ、男性器の挿入のショックを和らげたり、膣に傷がつくのを予防する効果があります。

mg.3f.jpg.no.2さんの投稿
15403504 1206924106032882 2592530929465425920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

愛液は男性のセックステクニックによって分泌されるのではなく、女性が興奮しつつもリラックスし、安心した状態であって初めて分泌されるものなのです。

もし女性が濡れる様子がないなら、それは安心感や興奮を感じていない何よりの証拠。相手男性に安心して身をゆだね、自分に素直になっているからこそ、女性は濡れることができるのです。

女性が濡れないなら、今一度セックスの雰囲気づくりに問題がないか見つめ直してみましょう。

■参考記事:女性が濡れる仕組み、コチラも参照!

女性が濡れる仕組みと原因とは?メリットはあるの?

セックスで女が濡れたら男はどう思う?

同じセックスで濡れるという状況でも、「濡れたら相手が喜んでくれる」と思う人もいれば、「恥ずかしい」と感じる人もいます。

では、男は女性が濡れることにどう感じているのでしょうか?多くの男は、女性が濡れれば濡れるほど興奮し、「こんなに濡れさせる自分ってどうよ?」くらいに思っています。

kj.44さんの投稿
24124854 1881141412198217 7410102329849937920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

オナニーだけではあり得ないほど女性が濡れると、男として自信を持つことができるという人もいます。こうした男性心理は、セックスに興奮と刺激を付け加えてくれる大切なものです。

ただ、あまりに濡れすぎると「こんなに濡れるなんて…病気?」「オナニーしたて?」など、気持ちが萎えてしまう場合もあるようです。

とは言え、カラカラに乾いているよりは、やはり濡れている方が男の優越感を刺激します。あまり気にしないようにしましょうね。

■参考記事:男の願望を叶えるセックスって?コチラもチェック!

男の願望を叶えるセックス・エッチ!男はどんなことしたいの?

濡れすぎってどのくらい?

「濡れすぎってどのくらいの量のこと?」と疑問があるかと思います。

目安としては、パンティーが湿る程度、パンティーを脱いだ時に愛液が足を伝って垂れてこないくらいが適量とされています。

まるでおしっこを漏らしたかのようにパンティーがビショビショになっていたり、激しくオナニーしたかのようにぐっしょりして、パンティーを取り換える必要があるくらいだと、濡れすぎと言えるでしょう。

セックスで濡れすぎるデメリット1【男性器が外れやすくなる】

セックスで濡れすぎるデメリットその1は、男性器が外れやすくなることです。

女性器から出る愛液は潤滑油としての役割を果たしてくれていますが、女性が濡れすぎると滑りが良くなりすぎて、ピストン運動の際に抜けやすくなります。

後背位や側位などの体位は挿入しづらい上に、せっかく入ってもすぐ抜けてしまいます。

park_galleryさんの投稿
929047 1377212945897249 1516918779 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

特に立った状態での後背位は、激しくピストン運動できるメリットもありますが、愛液の滑りが良くなり過ぎて、さらに抜けやすくなるというデメリットもあります。

ピストン運動が繰り返されると、気分がかなり盛り上がっているはず。その最中にスポッと抜けてしまうと、「いいところだったのに…」と場がシラケてしまって困った…という人もいるようです。

セックスで濡れすぎるデメリット2【男性がイキにくい】

セックスで濡れすぎるデメリットその2は、男性がイキにくいということです。

アソコが濡れすぎるということは、その分膣内の締まりが悪くなるということ。男の感覚からすると、「ゆるい」ということになるんですね。

膣内の締めのよさで、男は気持ちよさを感じたり、イキやすくなります。ところが、ゆるいとなかなかイキにくくなり、途中で疲れ果ててしまいます。

イキにくいならまだしも、「入れてる感覚がなく、どれだけピストン運動を頑張ってもイケないこともある」という意見もあります。濡れすぎは男性器が膣に触れる感覚を奪ってしまうんですね。

こんなセックスが何度も繰り返されると、男の気持ちが先に萎えることにつながります。もしセックス後に男が疲れているようなら、一度膣を締めるトレーニングをしてみてはどうでしょうか?

セックスで濡れすぎるデメリット3【男性器が中折れしやすい】

セックスで濡れすぎるデメリットその3は、男性器が中折れしやすいということです。

膣内が濡れすぎると、男性器と膣との接触する面積が減ってしまいます。その分摩擦がなくなるので、入れてる感覚を味わえなくなると言います。

気持ちがどうしても女性に向かなくなり、シラけた気分のまま膣内で男性器が中折れしてしまった…というケースもあるようです。

ただ、中折れ自体は女性の膣の締め付けの問題というよりも、男の心理的ストレスが大きく関わっているケースも多々あります。また、オナニーで男性器を強く握りすぎていることも考えられます。

中折れしないようにするには、女性だけでなく男も何らかの対処法を考える必要があります。

女性ができる対策法としては、お尻の穴をキュッと締めたり、クリトリスを刺激してもらうようにすると、膣の締まりもよくなるので、ぜひ試してみましょう。

セックスで濡れすぎるデメリット4【体やシーツが汚れてしまう】

セックスで濡れすぎるデメリットその4は、体やシーツが汚れてしまうことです。

ラブホや旅館でセックスするならともかく、自宅でするとなると、濡れすぎは大概体やシーツを汚してしまいます。

いくら愛する人の愛液とは言え、体やシーツについたまま寝るのは抵抗がありますよね。衛生面の問題もあるので、何らかの予防策は講じたいものです。

mikahugmeさんの投稿
25005193 741121316077951 2023320425555034112 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

そもそもセックスはお互いの体液を交換する行為ですが、その行為自体は決して清潔とは言えません。そのためセックスの後はシャワーを浴びたり、ティッシュで愛液をふき取ったりと、衛生予防を徹底する必要があります。

また、きちんとした対処法をとることは性病予防にもつながります。清潔で安心なセックスをし続けるためにも、愛液付着に対する予防はちゃんと考えるようにしましょうね。

xxcandy7さんの投稿
18579775 859267930891586 7804718135390502912 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

セックスで濡れすぎるデメリット5【コンドームが外れやすい】

セックスで濡れすぎるデメリットその5は、コンドームが外れやすいことです。

妊娠予防や性病感染予防に大活躍のコンドームですが、女性器が濡れすぎていると、挿入している時にコンドームの中に愛液が入り込んでしまい、ズレやすくなってしまいます。

上にズレ上がったコンドームを手で直した経験のある人ならわかるでしょう。ズレるだけならまだしも、最悪の場合、膣内で外れてしまうこともあります。

コンドームが外れるのを予防するためにも、コンドームは自分のサイズに合ったものを選ぶ必要があります。

それでも愛液でヌルヌルになるなら、いったん男性器を膣から抜いて、ヌルヌルをしっかりふき取ってから挿入し直すようにしましょう。

妊娠の危険性も清潔も、予防するのは自分次第だと言えます。

sakibon69さんの投稿
22069993 121524691890195 5546483472853368832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

セックスで濡れすぎるデメリット6【女性もイキにくい】

セックスで濡れすぎるデメリットその6は、女性もイキにくいことです。

膣内が濡れすぎると、男性器と膣との接触する面積が減ってしまい、男はイキにくくなると言いましたが、それは女性にとっても同じことなんです。

膣の中での気持ちよさを味わえないと、なかなか興奮状態にイキつかないし、セックスそのものに疲れてしまいます。

イキにくいと思ったら、オナニーやパートナーの指や口で、クリトリスなどの性感帯を刺激するようにしましょう。

セックス前に膣を敏感にしておくことで、膣壁に男性器が吸い付くような感覚が味わえるようになるでしょう。気持ちよさが増せばセックスが楽しくなりますよ。

セックスで濡れすぎるデメリット7【クンニしづらい】

セックスで濡れすぎるデメリットその7は、クンニしづらいことです。

あいにく、多くの男はそれほど愛液が好きではありません。潔癖症と言わないまでも、コンドームが妊娠予防だけでなく性病予防になることを考えれば、決して清潔ではないはずです。

もちろん愛しい彼女の愛液を味わえるからと、クンニしてくれる男もいます。

それでも、濡れすぎたアソコはあまりウェルカムでないことは確かです。まして顔面に乗られるとなると、クンニするどころの騒ぎではありません。

態度に出さないまでも、濡れすぎが原因で彼がクンニを避けている可能性は十分に考えられるのです。

セックスで濡れすぎるデメリット8【簡単な体位しかできない】

セックスで濡れすぎるデメリットその8は、簡単な体位しかできないことです。

アソコが濡れすぎていると、男が上になる正常位や座位では問題ないにしても、バックや測位はヌルヌルとして挿入しづらい上に、動いてもすぐにスポッと抜けてしまいます。

何度もスポスポ抜けてしまうとそれがストレスになって、セックスの興奮が冷めてしまうことも…。

仰向けになった女性の片足にまたがり、もう片方の足を持ち上げて挿入した体位「松葉崩し」は、深く挿入できる上に、激しいピストン運動には向いていない分、ゆっくりとした動きが求められます。

つまり、速いピストン運動をしなくてもいいし、むしろアソコがしっかり濡れていないとできない体位です。ぜひチャレンジしてみましょう。

セックスで濡れすぎる時の対処法1【前戯を長めにする】

セックスで濡れすぎる時の対処法1つ目は、前戯を長めにすることです。

前戯の手段はオナニーでも彼による刺激でも構いません。目的はオーガズムの直前まで快感を高めておくことです。

つまり、膣内を敏感にしておくのです。膣が敏感になっていれば、いざ挿入された時に男性器が膣壁に触れる感覚が伝わりやすくなります。

セックスで濡れすぎる時の対処法2【膣の締まりをよくする】

セックスで濡れすぎる時の対処法2つ目は、膣の締まりをよくすることです。

濡れすぎると、膣内で男性器が接触する感覚が減るからと言うのであれば、どうしても締まりが悪くなる感は否めません。

でも、膣の締まりは普段の何気ない動きをしながら、トレーニングすることができるんですよ。

azu2226さんの投稿
25014133 376459652778975 3606447874826567680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

オナニーする時に指を膣に挟んで、キュッと肛門を締めるようにしたり、普段座っている時に骨盤をしっかり立てるようにすると、自然と膣が締まってきます。

膣の締まりをよくすると、姿勢がよくなり、免疫力が高まるので、性病などの感染予防にもつながります。普段から骨盤体操などを意識してやるといいですね。

catback4hさんの投稿
24331902 168849753848800 8381237007191375872 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

セックスで濡れすぎる時の対処法3【正常位で腰の下にクッション】

セックスで濡れすぎる時の対処法3つ目は、正常位で腰の下にクッションを置くことです。

たとえアソコが濡れすぎていても、男性器がしっかりと奥深くまで挿入されていれば、激しくピストン運動しても抜ける頻度は少なくなります。

正常位の時は、ぜひ腰の下にクッションや枕を敷いておきましょう。挿入しやすい角度になり、より深く挿入できるようになります。指でオナニーするように、挿入角度をチェックするのもいいでしょう。

kobayashitakaneさんの投稿
25010541 519261171788405 5879001704925495296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

セックスで濡れすぎる時の対処法4【ピストン運動の間隔を短くする】

セックスで濡れすぎる時の対処法4つ目は、ピストン運動の間隔を短くすることです。

ピストン運動は激しく動き、ストロークが長いと気持ちいいと思っているところが、男が勘違いしがちなところです。

女性からすると、長いストロークはただ単にGスポットに当たる頻度を減らしてしまうだけで、あまり気持ちいいものではありません。

「優しく突いて」と、短いストロークになるよう、腰を小刻みに動かしてもらうようにしましょう。まずは指オナニーで練習するのもいいですね。

acousphereさんの投稿
24845134 169292397151542 8012848359314292736 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

濡れすぎはおかしくない!セックスをたっぷり楽しんで!

オナニーではあまり濡れないのに、彼とのセックスでは濡れすぎてしまう…それは決しておかしいことではありません。

彼を信頼し、リラックスできているということ。ただ、時にセックスが楽しめなくなることがあるかもしれませんが、そこは対処法を知って、彼といっしょに克服するようにしましょう。

大切なのは、セックスをたっぷり楽しもうとする心ですよ。

気持ちのいいセックスについてもっと情報を知りたいアナタに!

オーラルセックスは好き?しない理由とは?男女別に本音を調査!
セックスの平均時間は?理想として挿入はどれくらいすべき?
目隠しセックス・プレイのやり方と効果!これで大興奮!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ