マニキュアの乾く時間は何分くらい?早く乾かす方法も紹介!

女性のオシャレに欠かせないネイル♪今回はセルフネイルを楽しみたい人のために、だいたいのマニキュアが乾く時間や、またマニキュアを早く乾かす方法などについてご紹介します!マニキュアが乾く時間を短縮できれば今よりもさらにネイルを気軽に楽しめるようになりますよ♪

マニキュアの乾く時間は何分くらい?早く乾かす方法も紹介!のイメージ

目次

  1. 綺麗のコツ!マニキュアが乾く時間の短縮法10選をご紹介♪
  2. マニキュアが乾く時間の短縮法(1)爪の表面を磨いておく
  3. マニキュアが乾く時間の短縮法(2)冷蔵庫で冷やしておく
  4. マニキュアが乾く時間の短縮法(3)指先の温度に注意する
  5. マニキュアが乾く時間の短縮法(4)ドライヤーで風を当てる
  6. マニキュアが乾く時間の短縮法(5)トップコートを塗る
  7. マニキュアが乾く時間の短縮法(6)氷水で冷やす
  8. マニキュアが乾く時間の短縮法(7)扇風機や暖房の風に当てる
  9. マニキュアが乾く時間の短縮法(8)少しずつ薄く塗る
  10. マニキュアが乾く時間の短縮法(9)乾きやすいものを使う
  11. マニキュアが乾く時間の短縮法(10)ネイル保護カバーを使う
  12. マニキュアが乾く時間を待つ間に注意することとは?
  13. マニキュアが乾く時間を待つ間の注意(1)液垂れ
  14. マニキュアが乾く時間を待つ間の注意(2)衝撃による剥げ
  15. マニキュアが完全に乾いたか確かめる方法とは?
  16. マニキュアが乾いたか確かめる方法(1)息を吹きかけてみる
  17. マニキュアが乾いたか確かめる方法(2)予備の爪につけてみる
  18. マニキュアが乾いたか確かめる方法(3)ツヤ感を観察する
  19. まとめ

綺麗のコツ!マニキュアが乾く時間の短縮法10選をご紹介♪

指先を綺麗に彩るネイル♪女性のおしゃれの楽しみの1つでもあるネイルですが、マニキュアが乾く時間がかかりすぎて大変だと感じている人も多いのではないでしょうか?

マニキュアは凝ったものにすればするほど完全に乾くまではかなりの時間がかかります。だいたいだいのマニキュアが乾く時間は何分ぐらいなのかというと、速乾性のあるマニキュアでおよそ10分から30分、普通のマニキュアで30分から1時間はかかると言われています。

仕事から帰ってきた時にネイルをしたい女性や、子育ての合間にネイルを楽しみたい女性は少しでもマニキュアを早く乾かす方法を知りたいと思うものですよね。

今回はマニキュアが乾く時間を短縮するための方法をまとめて10選ご紹介致します。自宅にあるものを利用する方法もあれば、専用のアイテムを使う方法もあります。マニキュアを早く乾かす方法を知りたい方は要チェックですよ♪

マニキュアが乾く時間の短縮法(1)爪の表面を磨いておく

マニキュアが乾く時間の短縮法の1つめは、爪の表目を磨いておくことです。

爪のお手入れをする時は甘皮の処理をしたり爪の先をやすりなどで整える人は多いと思いますが、爪の表面まで磨いている人はいますでしょうか?マニキュアを早く乾かすためには、爪の表面をツルツルに磨いておくこともとても重要になります。

爪の表面に凹凸があるとその溝にマニキュアの液が多くたまってしまい乾きにくく、色ムラの原因になることもあります。爪の表面を綺麗に磨くと見た目が格段に良くなるだけでなく、マニキュアが乾く時間も何分間か短縮することもできオススメです♪

マニキュアが乾く時間の短縮法(2)冷蔵庫で冷やしておく

マニキュアが乾く時間の短縮法の2つめは、冷蔵庫で冷やしておくことです。

マニキュアというのは実は冷蔵庫で冷やしてから使うと伸びが良くなり、スッと綺麗に塗ることができるのをご存知でしょうか?そしてさらに冷やしておいたマニキュアは常温のものに比べるとはるかに乾く何分も時間を短縮することも可能になります。

出来ればネイルを始める前の30分間程度は透明フィルムなどのカバーを外して冷蔵庫で冷やして使うようにすると後でとても便利ですね。冷蔵庫に入れる時間が無い時は器に氷水を作り、そこにカバーを外したマニキュアを入れて冷やすこともできます。マニキュアを早く乾かすためには是非お試しください。

マニキュアが乾く時間の短縮法(3)指先の温度に注意する

マニキュアが乾く時間の短縮法の3つめは、指先の温度に注意することです。

マニキュアが乾く時間の短縮法ではマニキュア本体を冷蔵庫や氷水で冷やすと紹介しましたが、さらにマニキュアを早く乾かすためには実は指先の温度についてもしっかり調整する必要があります。

マニキュアというのは外気温と指先の温度の差が大きければ大きいほど乾く時間が何分か短くなると言われています。そのため例えば冬の寒い時期はヒーターやお湯で指先を温めておき、暑い夏は氷水や扇風機などで指先を冷やしておくと効果的だと考えられます。

■参考記事:マニキュアフラワーでアクセサリーを作ってみよう!

マニキュアフラワーの作り方は?余ったネイルで可愛くDIY!

マニキュアが乾く時間の短縮法(4)ドライヤーで風を当てる

マニキュアが乾く時間の短縮法の4つめは、ドライヤーで風を当てることです。

マニキュアは表面は意外と早く乾くことがありますが、その中身までしっかり乾かすためにはかなりの時間が必要になります。あまり時間がない時にマニキュアを早く乾かすためには、ドライヤーの熱風を指先に当ててみると何分間か早く乾かすことができますよ。

1本1本の指にゆっくりとドライヤーの風を当てていくことで、マニキュアは表面だけでなくしっかり中の液まで乾きます。

ただしドライヤーのパワフルモードなどをあまり指先に近づけると火傷をしてしまう恐れもありますので、やりすぎには注意が必要です。ドライヤーを使う時は火傷防止のために冷風と温風を交互に当てると良いかもしれませんね。

またドライヤーの風が強すぎるとせっかくのマニキュアがよれてしまったり吹き飛んでしまうこともあります。ドライヤーを使う時は慎重に使うことをオススメします。

マニキュアが乾く時間の短縮法(5)トップコートを塗る

マニキュアが乾く時間の短縮法の5つめは、トップコートを塗ることです。

マニキュアの基本的な塗り方はベースコート、マニキュア、トップコートの順に重ねていく事です。ベースコートは爪の表面をなめらかにしてマニキュアの発色を良く見せる目的があり、トップコートはマニキュアを塗った爪の表面をカバーする目的があります。

genlethu25さんの投稿
10246056 435326109937105 1025185553 n

トップコートはネイルに艶感を出すだけでなく、仕上げにマニキュアの爪をコーティングしてカバーすることで傷をつけにくくしたり剥げを防止する効果もあります。

速乾性のトップコートを塗れば少なくとも表面は何分も早く乾かすことができますので、忙しい人でも身動きが取れやすくなります。綺麗なネイルをすぐにカバーしたい人はトップコートは欠かすことはできません。

m.c_0510さんの投稿
12534373 493256694189650 1063815593 n

マニキュアが乾く時間の短縮法(6)氷水で冷やす

マニキュアが乾く時間の短縮法の6つめは、氷水で冷やすことです。

ネイルを始める事前準備ではマニキュア本体を冷蔵庫や氷水で冷やしておくと良いとご紹介しましたが、実はネイルを施した後の指を氷水で冷やすと何分も早く乾かすことができるのをご存知でしょうか。

綺麗にネイルが完成した指を氷水に浸すのは少し勇気がいりますが、しっかりとトップコートでカバーして表面が乾き膜ができた後なら氷水に浸してもマニキュアが溶けだすような心配はありません。

氷水に浸す時は勢いよく浸すのではなく、そっと静かに入れていくのがコツになります。ネイルを楽しむ時は氷水は非常に重宝します。氷水をすぐに作れるようにたくさんの氷を作っておくと良いですね。

マニキュアが乾く時間の短縮法(7)扇風機や暖房の風に当てる

マニキュアが乾く時間の短縮法の7つめは、扇風機や暖房の風に当てることです。

マニキュアを早く乾かすためには、ドライヤーの風だけでなく室内にある風の出る物ならば何でも活用できます。部屋で扇風機や暖房などを使っている時はそれらの風にあてているだけでも何分も早くマニキュアが乾くこともあります。

急いでいる時や何が何でも早くマニキュアを乾かしたい時はピンポイントで風を送れるドライヤーがオススメですが、ドライヤーは大きな音が出てしまうのが難点です。

ネイル中にのんびりテレビ見たり音楽を聞いたりしたい時や深夜にネイルをしたい時はドライヤーで乾かすのはあまり向いていませんので、扇風機や暖房の風を利用してみてくださいね。

マニキュアが乾く時間の短縮法(8)少しずつ薄く塗る

マニキュアが乾く時間の短縮法の8つめは、マニキュアを少しずつ薄く塗ることです。

マニキュアが乾く時間がかかりすぎると悩んでいる人は、マニキュアを綺麗に塗ろうとしてハケにたっぷりと取ってベタ塗りすることがありますが、実は乾きにくいのはそのことが原因になっている場合もあります。マニキュアを一度でベタ塗りしてしまうとそのぶん何分も乾くのに時間がかかってしまうことになります。

そのためマニキュアを塗る時は何度も薄く塗って乾かすのを繰り返す重ね塗りをすることが早く乾かすコツになります。

マニキュアはハケについている余分な液体はなるべく落として塗ってしまうと薄い色になってしまうと心配する人もいるかもしれませんが、薄く塗って乾かして重ね塗りを繰り返すと鮮やかで綺麗なネイルに仕上げることも可能ですよ。

■参考記事:余ったマニキュアの処分方法は?

マニキュアの捨て方は?中身が残ってるときの処分方法は?

マニキュアが乾く時間の短縮法(9)乾きやすいものを使う

マニキュアが乾く時間の短縮法の9つめは、乾きやすいものを使うことです。

実はマニキュアには乾きやすいものもあれば、乾きにくいものもあるのをご存知でしょうか?マニキュアは意外とラメ入りのものやクリアなものは速乾性が高く、単色で存在感のあるマットタイプのものは乾くのが遅いという特徴があります。

そのため何分かでもマニキュアを早く乾かしたい時は、なるべく乾きやすい性質のマニキュアを使ってみるのも1つの短縮法になります。

マニキュアにかかる時間を短くカバーしたい時はぜひ検討してみてくださいね。

マニキュアが乾く時間の短縮法(10)ネイル保護カバーを使う

マニキュアが乾く時間の短縮法の10個めは、ネイル保護カバーを使うことです。

セルフネイルを美しく仕上げるために使うネイル保護カバーというものをご存知でしょうか?ネイル保護カバーとは綺麗にできたネイルの上につけることで、乾いていないネイルが服などについて取れてしまうのを防いだりする効果がある商品のことです。

マニキュアを乾く時間を何分間か短縮するためには、ネイル保護をカバーを使って指先に保護するのも1つの方法になります。

100均ショップなどでも購入することができますのでチェックしてみてくださいね。

マニキュアが乾く時間を待つ間に注意することとは?

マニキュアが乾くためには短縮法を使っても少し時間がかかってしまうものですが、マニキュアが乾く時間を待つ間に注意しなければいけない事はあるのでしょうか?

マニキュアを美しく綺麗に仕上げるためには完全に乾くまで余計な刺激を与えないことがとても大切になります。

次はマニキュアが乾く時間を待つ間の注意について特に2つご紹介致します!時間をかけたネイルが台無しにならないように、こちらの方もしっかり目を通してみてくださいね。

マニキュアが乾く時間を待つ間の注意(1)液垂れ

マニキュアが乾く時間を待つ間の注意の1つめは、液垂れです。

マニキュアが乾く間に最も注意しなければいけないのは、表面が乾くまでにマニキュアの液が垂れてしまうのを防ぐことです。マニキュアは中身までしっかり乾かすために時間がかかりますが、表面だけなら数分で乾いてくるものです。

マニキュアを塗り終えた後は液が垂れてこないように両指を使わずしばらく静かにしているように注意が必要ですね。

マニキュアが乾く時間を待つ間の注意(2)衝撃による剥げ

マニキュアが乾く時間を待つ間の注意の2つめは、衝撃による剥げやよれです。

ネイルを失敗してしまいやすい人の多くはマニキュアが乾く前に手を動かして物に当たってしまうのが原因になることもあります。マニキュアが乾かないうちに衝撃を与えてしまうと変な型が付いてしまったりよれてしまったり、または剥げてしまうこともあるため気を付けなければいけません。

マニキュアが乾いていないうちは服を脱ぎ着したりすることは控え、なるべく物を触らないように注意しましょう。

■参考記事:除光液がない時の代用品って?

除光液がない!代わりに代用できるもの9選!これでネイルを落とせる!

マニキュアが完全に乾いたか確かめる方法とは?

では最後はマニキュアが完全に乾いたか確かめる方法についてもご紹介致します。

上記ではマニキュアの乾く時間を短縮する方法などについてご紹介しましたが、乾いたか確かめることができなければ何かと不便ですよね。

次はマニキュアが完全に乾いたか確かめる方法を3つご紹介します。いつもマニキュアが乾かないうちに触って台無しにしてしまうという人は要チェックです!

マニキュアが乾いたか確かめる方法(1)息を吹きかけてみる

マニキュアが乾いたか確かめる方法の1つめは、息を吹きかけてみることです。

マニキュアを塗った後はしばらく置いたあとにフーっと長く息を吹きかけてみると乾いているのか確かめることができることもあります。息を吹いてマニキュアの表面や膜が震えるようならまだ生乾きということですし、それがない時は完全に乾いていると考えることができます。

マニキュアが乾いたか確かめる方法としてはとても有名ですので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

マニキュアが乾いたか確かめる方法(2)予備の爪につけてみる

マニキュアが乾いたか確かめる方法の2つめは、予備の爪につけてみることです。

予備の爪とは100均などで購入できる付け爪などのことです。自分の爪にマニキュアを塗った後に予備の爪にも同じように塗っておくと、マニキュアが乾いたか確かめる方法としては最適です。剥げやよれを確認する時に予備の付け爪の方を使えば躊躇なく確認することができます。

綺麗に仕上げたネイルを絶対に崩したくない時はぜひ試してみてくださいね。

マニキュアが乾いたか確かめる方法(3)ツヤ感を観察する

マニキュアが乾いたか確かめる方法の3つめは、ツヤ感を観察することです。

マニキュアというのは液体の時でも乾いてからも非常に艶があるのが特徴ですが、実はそのツヤ感を観察することがマニキュアが乾いたか確かめる方法になる場合もあります。

濡れたような光沢がある時はまだ触った時にマニキュアが指についてしまう可能性がありますが、深いツヤが見られる時はしっかり乾いている状態かもしれません。ネイルを何度も楽しんでいるうちに判断がつくようになってきますよ。

まとめ

マニキュアが乾く時間の短縮法10選やマニキュアが乾いたか確かめる方法などについてご紹介しました!マニキュアがなかなか乾かないと悩んでいた人たちのお役に立ちましたでしょうか?

ネイルは作業する時間も楽しいものですが、マニキュアが乾くのを待つ時間は正直退屈してしまうこともありますよね。

皆さんも上記のまとめを参考にして頂き、ぜひマニキュアを早く乾かす短縮方法などを実践して時間を有効に使ってみてくださいね♪

ネイルについてもっと情報を知りたいアナタに!

派手なネイルのデザインまとめ!ピンクでド派手に楽しもう!
ネイルオイルの使い方は?オイルで爪を正しくケアしよう!
ネイルの資格をとるなら通信?スクール?ネイリストになる方法解説!

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ