上司が嫌いで辞めたいときの対処法11選!【必見】

上司が嫌いで仕事を休みたい、仕事を辞めたいと感じている人もいるのではないでしょうか。嫌いな上司のせいでストレスが溜まる。そんなときに上手に乗り切る対処法があります。今回は上司が嫌いで辞めたいときの対処法を厳選して紹介します。転職を考える前に参考にしてください。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法11選!【必見】のイメージ

目次

  1. 嫌いな上司はどこにでもいる?
  2. 嫌いな上司あるある①理不尽
  3. 嫌いな上司あるある②自己中心的
  4. 嫌いな上司あるある③嘘をつく
  5. 嫌いな上司あるある④感情的になりやすい
  6. 嫌いな上司あるある⑤仕事ができない
  7. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法①礼儀正しく
  8. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法②やるべきことに集中する
  9. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法③現実をみつめる
  10. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法④長所を探してみる
  11. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑤できるだけ関わらない
  12. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑥仕事で結果を出す
  13. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑦異動願い
  14. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑧先手を打つ
  15. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑨別の上司に相談する
  16. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑩友達に愚痴る
  17. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑪別の生物だと思う
  18. 上司が嫌いで辞めるときの注意点①退職理由
  19. 上司が嫌いで辞めるときの注意点②転職先を確保する
  20. 上司が嫌いで辞めたいときの対処法!まとめ

嫌いな上司はどこにでもいる?

職場での人間関係は大切です。
同僚などの仕事仲間との人間関係は大切ですが、もっと大切なのは上司との人間関係です。
上司からは直接仕事の指示をされることが多いと思いますので、全く接点を作らずに仕事をしていくのは難しいでしょう。
あまりにも嫌いな上司の場合は、ストレスになって仕事を辞めたいと考える人もでてくるかもしれませんね。

職場に嫌いな上司がいる、もしくは嫌いな上司がいたという人は、社会人の約半数以上になります。
上司というのは、時には注意をしたりしなくてはいけない立場ですから、全ての人に好かれるというのは難しいかもしれませんが、全ての人に嫌いだと言われる上司なら、それはそれで問題がありそうです。

嫌いな上司には些細な仕返しをして、ストレス発散できればいいのですが、そう簡単に仕返しができないという人もいるかもしれません。
仕事を頑張りたくても頑張れない、そんなあなたのために、今回は上司が嫌いで辞めたいときの対処法を厳選してご紹介します。
仕事でストレスを溜めてしまう前に、仕返しで失敗をする前や会社を辞めたいと思った時には参考にしてください。

嫌いな上司あるある①理不尽

そもそも嫌いな上司には、どんな特徴があるのでしょうか。
嫌いな上司あるあるをまとめてみましょう。
まずは理不尽な上司は、嫌いな上司の上位にあがるようです。
よくいますよね、理不尽な上司は。

例えば上司からの指示で指示通り仕事をしたのにやり方が違うと怒られたり、絶対にこのやり方が正しいと思ったので指摘したら、上司に指図するのかと怒ったりする上司です。
このタイプの嫌いな上司は、自分が一番正しいと思っているので、誰かの意見を聞くということがありません。
そして何故か自分が言ったことをすぐに忘れてしまいます。
「そんなことは言ってない」と理不尽に怒られてしまうのです。
こんな上司の下で仕事をしていたら、会社を辞めたいとストレスに感じてしまいますよね。

嫌いな上司あるある②自己中心的

自己中心的な上司も、嫌いな上司の上位になります。
自己中心的という時点で、人間としても付き合っていくのにストレスを感じそうですが、そんな人が上司である時のストレスは想像するに堪えません。

例えば自分が仕事にのっている時には、部下の予定など関係なく残業を強いるようなタイプです。
「この仕事は今日のうちに終わらせよう」と一人で張り切ってしまう上司です。
逆に自分に用事があったらり、仕事に気分がのらないときには、もう帰ろうとさっさと帰ってしまうのが自己中心的な上司の特徴です。
仕事に自分の感情を持ち込むことにもストレスですが、自己中心的な上司には仕返しをするのも難しいという点でさらにストレスがたまります。

嫌いな上司あるある③嘘をつく

嫌いな上司あるあるには、嘘をつく上司というのもいます。
嘘をつくなんて、人間としても良くありませんね。
親しくなりたくないタイプの上司になります。
嘘をつくというのは、上司自身の保身のために嘘をつくタイプの上司です。

例えば自分が仕事でミスをしたのに、部下のせいにしたり、逆に部下が仕事で成功をすれば、手柄を横取りしてしまうタイプです。
このタイプの上司はプライドが高く、自分のイメージを保つためならどんな嘘でも平気でつくことができます。
直属の上司でなくても、関わるとストレスがたまってしまうので関わらないほうがいいでしょう。

嫌いな上司あるある④感情的になりやすい

感情的になりやすい上司も嫌いな上司のひとりです。
忙しくなったりしていっぱいいっぱいになってしまうと、ついイライラしてしまうのが人間です。
でも出来る上司は、そういう時にも自分の感情を上手にコントロールして部下に接することができます。
この感情のコントロールが上手くできない上司が、嫌いな上司になります。

しかもこのタイプの嫌いな上司は気分屋で、午前中は機嫌が良かったのに、午後から突然機嫌が悪くなる、なんてことはしょっちゅうあるようです。
感情的になる理由も、仕事のことばかりではなく、例えば電話のとり方が悪いとか、ホッチキスの止め方が悪い、なんて些細なことを大きなことのように怒鳴り散らすのです。
きのうはそんなこと言わなかったのに、ということでも上司の機嫌によって怒られることがあるので、上司の下についている部下はストレスが溜まって仕方ないですよね。

■参考記事:パワハラ上司へはどう対抗したらいい?

パワハラ上司へ仕返し!効果的な復讐方法を紹介します!

嫌いな上司あるある⑤仕事ができない

仕事ができない上司も、嫌いな上司と言われます。
仕事ができなくても、部下を信頼して仕事をまかせてくれたり、サポートやフォローにまわってくれる上司もいますが、嫌われる上司は口ばかりだして、全く部下を信頼していないくせに、いざ自分で仕事をしようとしたらできないタイプです。

例えばパソコンが使えないくせに、書類をそろえるのが遅いと怒るタイプの上司です。
自分で書類をつくれないので部下に仕事をまかせて、10分おきに「できたか?」と聞いてくるタイプも嫌われる上司になります。
急いでいるなら急いでいると言ってくれないと、部下だって困りますしストレスにしかならないですよね。
営業成績が悪いと文句を言うくせに、自分では全く成績を上げられない上司も嫌われる上司と言えます。
取引先に値切られて、どうしてこんな金額で見積もりを出したんだと怒っておいて、自分はさらに下の金額で見積もりを出してしまう、仕事のできない上司っていますよね。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法①礼儀正しく

そんな嫌いな上司への対処法には、礼儀正しく接するという対処法があります。
社会人の最大の武器となるのが、礼儀作法です。
嫌いな上司にはついつい、嫌な態度をとってしまいがちですが、嫌いな上司だからこそ完璧な礼儀作法で接することで、嫌いな上司からの小言を聞かなくて済むようになるかもしれません。
それだけでもストレスが少し減りますよね。

もしも完璧な礼儀作法で嫌いな上司と接しているのにも関わらず、嫌いな上司があなたへ気分で怒ったり、嫌味を言ってきたとしたら、周りから嫌な上司の社会人としての品格を疑うでしょう。
嫌いな上司の上司がその場面を見ていて、嫌いな上司の評価が落ちる時もあります。
そうなれば嫌いな上司への仕返しにもなりますよね。
嫌いな上司だからこそ、上司に接する時には礼儀正しく振舞うようにしましょう。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法②やるべきことに集中する

嫌いな上司と仕事をしなくてはいけない時には、やるべきことに集中するという対処法があります。
嫌いな上司と仕事をしていると思うと、ストレスばかりが溜まりますが、今はこの仕事をやらなくてはと集中することで、少しの間だけでも嫌いな上司のことを忘れることができるかもしれません。

仕事に集中することは、仕事の効率を上げることにもつながります。
仕事の効率をあげれば、あなたの評価もあがるので、結果的に嫌いな上司を見返してやることもできるかもしれません。
職場は仕事をするところで、嫌いな上司と関わるところではないと割り切ってしまうことで、ストレスを軽減させて、仕事に集中できる対処法になることがあります。

■参考記事:仕事でキャパオーバーの時の対処法は?

キャパオーバーの意味とは?仕事でのキャパオーバー時の対処法も

上司が嫌いで辞めたいときの対処法③現実をみつめる

上司が嫌いで仕事を辞めたいと思ったときは、現実をみつめることも大切です。
残念ながら、理想的な上司とはそんなに多くありません。
嫌いな上司あるあるの①から⑤の全ての特徴を持った上司もいれば、①だけ③だけの特徴を持った上司もいるのです。
なにかの理由で、あなたにストレスを与えてしまう上司に巡り合う可能性の方が高いのです。

完璧な人間がいないように、完璧な上司だっていないのだ、と現実をみつめることで、少しだけストレスを和らげることもできるでしょう。
この嫌いな上司に仕返しをしても仕方がない、と思うこともできるかもしれません。
現実をみつめて、受け入れることで、ストレスを少なくして仕事をすることができるようになるようです。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法④長所を探してみる

上司が嫌いで仕方がない、という時には、嫌いな上司の長所を探してみるという対処法もあります。
人間は、一度嫌いだと思ってしまうと嫌いな部分ばかりがみえてしまって、なかなか嫌いという気持ちから好きなることができません。
上司ではなくても、友達や知り合いにも嫌いになったら嫌いな部分しか見えなくなったというような経験をしたことはないでしょうか。

でも人間ですから、悪いところばかりではなく、良いところも必ずあるはずなのです。
その良いところを探してみることで、嫌いな上司の好きな部分をみつけることができるかもしれません。
すごく嫌いだった上司でも、ちょっとだけ見直すことができたら、ストレスも少なくなるはずです。
仕返しをしたいほど上司のことが嫌いになったら、本当に嫌な部分ばかりかどうかを確認してみてくださいね。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑤できるだけ関わらない

上司が嫌いで仕事を辞めたいと感じたら、嫌いな上司にできるだけ関わらないという対処法があります。
直属の上司であれば、仕事を受ける時にはどうしても関わらなくてはいけなくなりますが、報告や連絡などはできるかぎりシンプルに済ませるようにして、必要以上に嫌いな上司に関わらないということもストレスを溜めない良い方法です。

必要以上のことを話さない、仕事の内容以外のプライベートなことは話さない、というのは嫌いな上司にも自分は嫌われているかも、と感じさせられるという点では仕返しにもなります。
上司は年齢的にあなたよりも年上であることが多いと思うので、ちょっと我慢していれば先に辞めていってくれる人です。
それまでの我慢だと言い聞かせて、必要以上に関わらないようにしておきましょう。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑥仕事で結果を出す

上司が嫌いで仕方がない、なんとか見返したい、仕返しがしたい、と考えているのであれば、仕事で結果を出すという対処法もあります。
あなたが上司が嫌いで、上司もあなたが嫌いという、関係が最悪の場合は日々とても大きなストレスが溜まっていると思います。
上司という立場があるので、あなたも上司にそれほど強いことが言えないでしょう。
そんな時には、仕事で仕返しをしてしまえばいいのです。

あなたが仕事を頑張ることで、会社内での評価をあげることもできるかもしれません。
年功序列で役職が決まる会社でなければ、あなたの頑張りが評価されて嫌いな上司と同じ立場か上の立場に立つこともできるかもしれません。
嫌な上司の上に立つことができたら、仕返しをすることもできそうですよね。
仕事を辞めたいと考えたら、その前に仕事を頑張ってみるという選択肢もいれてみましょう。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑦異動願い

上司が嫌いで会社を辞めたいと感じたら、会社を辞める前に異動願いを出してみるという方法もあります。
その上司が嫌いというだけで、仕事の内容や会社は好きな場合は、上司のためだけに会社を辞める必要はありません。
相談窓口があれば、上司との関係が悪いなどの理由を言って、異動願いを出してみるのもいいでしょう。
上司との関係が良くないと相談窓口に言えば、遠回しに嫌いな上司への仕返しにもなります。

本当にやりたい仕事がある場合にも、異動願いを出すという方法は有効です。
もしかしたら上司が嫌いなのではなく、仕事内容に不満があって、それを上司のせいにしてしまっているのかもしれません。
どちらにしても、あなたが仕事をしていく上で今の環境がストレスになっているのであれば、異動願いを出すという方法も考えてみましょう。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑧先手を打つ

嫌いな上司と話すのが嫌だと感じるのは、嫌いな上司から話しかけられた時というタイミングが多いのではないでしょうか。
あなたからは特に用事はないのに、話しかけられてストレスに感じたり、ミスをして呼ばれて怒られたことでストレスを感じてしまうということで、嫌いな上司をさらに嫌いな上司にしていっている、ということがあります。

嫌いな上司への対処法には、先手を打つという対処法もあります。
相手から話しかけられることがストレスになっているので、こちらから話しかけてしまうのです。
嫌いな上司から受けた仕事の経過報告や、ミスが起こった場合は上司から指摘される前に自分から報告するように心がけるのです。
そうすれば、相手から話しかけられることはなくなりますし、事務的に報告をすることで必要以上に関わりを持つことを防ぐこともできます。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑨別の上司に相談する

上司が嫌いで嫌いで仕方がない、というときには、別の上司に相談をしてみるという対処法もあります。
別の上司が嫌いな上司の同僚であったり、嫌いな上司の先輩であったりすると、もしかしたらその嫌いな上司との上手な付き合い方を教えてもらえることがあるかもしれません。
もしかしたら、別の上司から嫌いな上司へ注意をしてくれる、というちょっとした仕返しをすることができるかもしれませんよ。

あまりにも自己中心的な上司や、気分屋の上司でストレスが溜まる時には、周りからの助けを借りるようにしましょう。
あなただけで仕返しをしたり、対処しきれない場合もあるのです。
そのためにも、日頃から周りに味方や仲間をつくっておけるといいですね。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑩友達に愚痴る

上司が嫌いで仕事を辞めたいときの対処法には、友達に愚痴るという対処法もあります。
同じ会社の友達であれば、嫌いな上司の悪い噂を流してくれて、ちょっとした仕返しもできてしまうかもしれませんね。
同じ職場の友達ではなくても、愚痴をいうことでストレスはだいぶ軽くなると思います。

嫌いな上司のためにストレスをためてしまうことで一番悪いのは、自分ひとりで抱え込んでしまうことです。
たかが上司が嫌いなだけで、ストレスなんか溜まるかと思う人もいるかもしれませんが、毎日毎日職場で顔を合わせているのです。
少しずつ溜まったストレスで、心が病んでしまうことだってあります。
あなたにぴったりのストレス解消法をみつけて、嫌いな上司のことを忘れる時間を作るように努力していきましょう。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法⑪別の生物だと思う

上司が嫌いで仕事を辞めたい、心が病みそうだと思い悩んだときには、嫌いな上司を自分とは別の生物だと思い込むという対処法もあります。
究極の対処法にもなりますが、同じ生物だと考えるから腹も立つしストレスもたまりますが、嫌いな上司は嫌いな上司という生物なのだと考えると、意外にも心が楽になることがあります。

公共交通機関で同じくらいの年の人が大きな声で話していたりするとイラっとしますが、赤ちゃんが大きな声で泣いていたら、赤ちゃんだし仕方ないな、という気分になりますよね。
あの感覚と同じように、嫌いな上司を自分とは別の生物だと感じるようにするのです。
そうすれば最初から嫌いな上司に何かを期待することなく、がっかりすることもないので、ストレスを感じることもなくなっていきますよ。

上司が嫌いで辞めるときの注意点①退職理由

上司が嫌いでどうしても会社を辞めたいと思ったら、転職をするというのも1つの方法です。
じっくり考えて、理想の上司なんていないということも納得した上で、それでも転職をしようという結論になったのであれば、転職へ向けての準備を始める必要があります。
転職をするときには、嫌いな上司に仕返しをしてやろうなどとは思わないことです。
転職をしたら、きっぱりと嫌いな上司のことは忘れてやる、という勢いで転職をするようにしてください。

転職をする場合、多くは職種が同じ仕事を探すことになると思います。
退職理由を「上司が嫌いだから」と素直に伝えることはおすすめできません。
同業他社へ転職する場合は、どこで前職と転職先の人脈が繋がっているかわかりません。
「今度転職してくる○○さんは、以前そちらにいたそうですが」なんて話になって、「いやあ、上司と相性が悪かったみたいで」なんてことがポロっともれたら、人間関係が上手くできない人だと勘違いをされてしまうことがあるかもしれません。

また転職活動中でも、上司が嫌いで退職をした、などとは言うべきではありません。
捉え方によっては、人間関係が上手くできない人だと思われますし、前職の上司を悪く言うような人を雇いたいと思う会社はありません。
嘘でも「スキルアップがしたかった」「より魅力のある仕事に携わりたいと思って」、などを転職理由にした方がいいでしょう。

上司が嫌いで辞めるときの注意点②転職先を確保する

上司が嫌いで会社を辞めると決めたときは、じっくりと考えて転職先を決めてから退職をすることです。
たまに嫌いな上司から理不尽なことを言われて、勢いで会社を辞めてしまうという人もいますが、そこから転職活動をするとなると、転職までに時間がかかってしまう場合があります。
最悪の場合、転職先が見つからずに、フリーターになってしまう可能性もあります。
それでも早く会社を辞めたいくらいに、精神的に辛い状況であれば別ですが、生活のことを考えるのであれば、転職先をみつけてから、退職の手続きをしていくほうがいいでしょう。

フリーターになるよりも避けたいのが、焦って就職先を決めたので、就職先のことを調べることができず、思っていた条件ではなかった、という転職です。
ブラック企業に転職してしまったり、思っていた仕事内容の会社ではなかったりしたら、せっかく嫌いな上司と別れられたのに、また別のストレスを溜めることになってしまいます。

上司が嫌いで辞めたいときの対処法!まとめ

今回は上司が嫌いで辞めたいと思ったときの対処法を厳選してまとめてきました。
嫌いな上司と一緒に、ストレスを溜めながら仕事をすることがベストだとは思いませんが、上司は嫌いだけど仕事内容は好きだったり、上司は嫌いだけど会社の考え方は好きだという場合は、対処法を使って嫌いな上司とも上手に関係を築いて行けたらいいですね。
いつかは嫌いな上司も退職していきますし、あなたの頑張り次第では、もっと早くにその嫌いな上司から離れることができるかもしれません。

実際に嫌いな上司がいる人でも、なんとかうまく対処している人も多いようです。
会社を辞めて転職をするという方法もあるようですが、転職する時にも焦らず急ぎすぎないで、じっくりと考えて転職を決めたり、転職先が決められるといいですね。
あなたが将来誰かの上司になったときに、嫌いな上司になってしまわないように注意をしたいですね。

仕事がやってられない気分の対処法を探したい人はコチラも!

嫌いな上司の特徴と対処法11選!
「やってられない!」仕事が嫌になる瞬間9選!
仕事にやる気が出ない時の対処法15選!モチベーションを上げたい!
仕事に疲れた!辞めたい・休みたいと思った時の対処法9選!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
涼しくなりました。新しい家族が増えました。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ