ラッピング術!リボンの結び方を解説!これでもっとおしゃれに!

プレゼントをおしゃれに飾るラッピング術♪プレゼントを包装紙や包装袋で包んだ後は、綺麗なリボンを使ってもっとおしゃれにラッピングしたいですよね!当記事ではラッピングのゴージャスなリボンの結び方、可愛いリボンの結び方などを詳しくご紹介致します♡

ラッピング術!リボンの結び方を解説!これでもっとおしゃれに!のイメージ

目次

  1. 第一印象を決めるリボンの結び方♪プレゼントを可愛く♡
  2. 要チェック!ラッピングのリボンの綺麗な結び方のコツ3選!
  3. ラッピングのリボンの結び方のコツ①リボンの裏表を確認する
  4. ラッピングのリボンの結び方のコツ②リボンの長さを確認する
  5. ラッピングのリボンの結び方のコツ③先端も綺麗に処理する
  6. これで完璧♡ラッピングのリボンの結び方9選!
  7. ラッピングのリボンの結び方①十字掛け結び
  8. ラッピングのリボンの結び方②ダブル蝶結び
  9. ラッピングのリボンの結び方③斜め掛け結び
  10. ラッピングのリボンの結び方④ラッピング袋のリボン結び
  11. ラッピングのリボンの結び方⑤重ね蝶結び
  12. ラッピングのリボンの結び方⑥裏表のあるリボンの結び方
  13. ラッピングのリボンの結び方⑦二本のリボンを使った結び方
  14. ラッピングのリボンの結び方⑧フラワーリボンボウの結び方
  15. ラッピングのリボンの結び方⑨丸い箱の包み方
  16. まとめ

第一印象を決めるリボンの結び方♪プレゼントを可愛く♡

友達や大切な人にプレゼントを用意した時は素敵なラッピングを施して渡してあげたいものですよね♪

ラッピングはおしゃれな袋や巾着、または箱の包装紙など様々なやり方がありますが、リボンを使うことでプレゼントをもっとゴージャスに素敵に見せることができるようになります!

大人も子供もリボンをシュルっと解いてラッピング箱やラッピング袋を開ける時のあのワクワク感は特別なものがありますよね♪

プレゼントを入れた袋や巾着、箱のラッピングをもっと可愛くするために、今回は色々なリボンの結び方についてご紹介していきたいと思います。

リボンは結び方が下手な場合は蝶結びが歪んでしまったり、リボンの先が上下バラバラになってしまったりとしっくりこないことも多いものです。自分でプレゼントのラッピングをしようと考えている人は、ぜひこれからご紹介するリボンの結び方をチェックしてみましょう!

要チェック!ラッピングのリボンの綺麗な結び方のコツ3選!

それではまずラッピング袋や巾着や箱などにリボンを綺麗に結びたい時のコツについて紹介していきます。

ラッピング袋や巾着、箱にリボンを結ぼうと思った時は、まずリボンを100均や手芸ショップなどで準備することになります。リボンは材質やデザインなどたくさんの種類がありますが、幅が広くフリルなどがついたゴージャスなリボンは購入するとかなり高価な場合も少なくありません。

もし自宅にお誕生日のケーキを買った時の箱についていたリボンや、または自分がプレゼントをもらった時についていたリボンなどがある場合はそれらを再利用するのも良いかもしれませんね♪

もし細くシンプルなリボンしか手元に無い場合は、思い切ってそれらのリボンを二本、三本まとめて結んでしまうという方法もあります。見た目の異なるリボンでも組み合わせによってはとてもゴージャスなプレゼントラッピングが出来る可能性もありますよ♡

ラッピングのリボンの結び方のコツ①リボンの裏表を確認する

ラッピングのリボンの結び方のコツの1つめは、リボンの裏表を確認することです。

リボンはサテン生地のものなどは裏表が特に分からないものもありますが、リボンの種類によっては印刷や飾りではっきりと裏表が分かるものもあります。

ラッピング袋や巾着の口をリボンで縛る時や、箱にリボンをかける時はまずリボンの裏表をよく確認して裏表にならないように気を付けなければいけませんね。

またリボンを蝶結びにする時は、その輪っかの部分を作る時もリボンの表側が目立つように結んでいくことになります。慣れるまではリバーシブルデザインのリボンや裏表のないリボンを使うようにすると簡単に結ぶことができますよ♪

ラッピングのリボンの結び方のコツ②リボンの長さを確認する

ラッピングのリボンの結び方のコツの2つめは、リボンの長さを確認することです。

ラッピングにリボンをしたい時は、リボンの長さでリボンのかけ方が変わってきます。プレゼントが袋や巾着に入っている場合は口を縛るだけですので比較的短いリボンでも十分ですが、箱にリボンをかけたい時は箱の大きさによってかなり長いリボンが必要になります。

もし包みたい箱などに対してリボンの長さが短すぎる場合は、十字結びではなくシングル結びにしたり、または二本のリボンをつないで長いリボンにする必要があります。

リボンの長さは最初にしっかり確認しておきましょう!

■参考記事:100均のリボン、手作りアレンジが可愛い♪

ダイソー・セリアのリボンを手作りアレンジ!【100均】

ラッピングのリボンの結び方のコツ③先端も綺麗に処理する

ラッピングのリボンの結び方のコツの3つめは、リボンの先端も綺麗に処理することです。

ラッピングされた袋や巾着、または箱などにリボンをかけた時は、蝶結びの二本の先端も丁寧にカットしておくのが上手なリボンの結び方になります。

まっすぐに切りっぱなしにしたリボンはその二本の先端から徐々に糸がほどけてみすぼらしい印象のラッピングになってしまうため注意が必要ですね。

リボンの二本の先端を処理する時は先端を縦に軽く折ってつまみ、開いた時にVの字になるようにハサミを入れるのが可愛くなるコツです。

またハサミなどをリボンの先端に当てて強くこすることでその二本の先端をクルクルと巻いて、少しゴージャスなリボンに見せることもできますよ♪

これで完璧♡ラッピングのリボンの結び方9選!

それではさっそくラッピング袋や巾着、箱などのリボンの結び方についてご紹介していきましょう!

今回は非常にシンプルなリボンの結び方から、少し複雑ですがゴージャスに見えるリボンの結び方まで色んなリボンの使い方をまとめてみました♡一本、二本の長いリボンがあっという間に可愛らしい蝶結びになる様子は、感心するとともにとても芸術的に見えます。

ここではリボンの結び方を文章で解説すると同時にyoutubeの動画も一緒に紹介致しますので、一緒に真似をしながらぜひ皆さんも練習してみてください♪

プレゼントのラッピング袋や巾着、箱などをリボンでより豪華にゴージャスに見せたいという方は必見ですよ!

ラッピングのリボンの結び方①十字掛け結び

ラッピングのリボンの結び方の1つめは、十字掛け結びです。

箱のプレゼントにリボンをかける時に最もメジャーな結び方がこちらの十字掛け結びになります。プレゼントの箱にリボンを十字にかけ、箱の上で蝶結びをするよく見かけるラッピング方法ですね。

シンプルな結び方で非常に簡単な結び方のため、覚えておくと必ず役に立ちます。

まず蝶結びに必要なリボンの長さを最初に決めておき、その分を残しながら箱にリボンを横向きに回してかけていきます。リボンが交差したところで両側のリボンをクロスにねじり、今度は縦に向かってリボンを回していきます。

上部にリボンの端がきたら交差した部分にそのリボンの端を通し、たるまないようにしっかりリボンを引っ張り、蝶結びをしていきます。

サテン生地など糸のほつれが気にならないリボンの場合は蝶結びの先端に簡単にハサミを入れて処理をすればあっという間に十字掛け結びの完成です♪

ラッピングのリボンの結び方②ダブル蝶結び

ラッピングのリボンの結び方の2つめは、ダブル蝶結びです。

ダブル蝶結びはその名前のとおり、蝶結びが2つついたとっても可愛らしくゴージャスな結び方になります。こちらも最初に蝶結びに必要な長さを分けておき、箱にリボンをかけていきます。

シンプルに横向きに一度リボンを通したら、蝶の羽部分を2つ作ったところに同じく蝶の羽を2つ作ったリボンを通して左右で大きさを整えます。

左右で輪っかが2つずつできたら、左右の上にあるほうの輪っかを少し大きくして下にあるほうの輪っかを少し小さくすればバランスが良くなります。

1本のリボンでまるで蝶が2匹プレゼントの上にとまっているような素敵なダブル蝶結びの完成です♪

■参考記事:バンダナリボンをいろいろなものに応用!

バンダナリボンの作り方紹介!おしゃれな結び方も解説します!

ラッピングのリボンの結び方③斜め掛け結び

ラッピングのリボンの結び方の3つめは、斜め掛け結びです。

斜め掛け結びはとても控えめでスタイリッシュなリボンの結び方になります。プレゼントの箱の隅にさりげなくリボンを配置する斜め掛け結びは可愛さが控えめですので大人の男性へのプレゼントにもピッタリです。

最初に蝶結びする分のリボンを分けて箱の対角線上にリボンを巻いていきます。リボンのたるみを残すと外れやすくなってしまうので注意してくださいね。

最初に分けて置いたリボンと残ったリボンの端で蝶結びをすれば簡単でおしゃれな斜め掛け結びの完成です♪

ラッピングのリボンの結び方④ラッピング袋のリボン結び

ラッピングのリボンの結び方の4つめは、ラッピング袋のリボンの結び方です。

こちらは箱ではなく、巾着型のギフトバッグのリボンの結び方になります。まず巾着にプレゼントを入れたら、余っている上部分を端から蛇腹折りにしていきます。適当な長さに切ったリボンを巾着の下の方に巻いて一度結び、そこで蝶結びをしていきます。

ここでは蝶結びをする時にリボンの二本の端が上下でバラバラにならないようにするためには、ちょっとしたテクニックが必要になります。

動画を参考にしながら両手の指を上手に使って上品で綺麗な蝶結びを作っていきましょう!

ラッピングのリボンの結び方⑤重ね蝶結び

ラッピングのリボンの結び方の5つめは、重ね蝶結びです。

上記ではダブル蝶結びをご紹介しましたが、こちらはなんと蝶結びを4つも作ったようなとてもゴージャスなリボンの結び方になります。

なかなか普段目にすることがない特別なリボン結びになりますので、プレゼント受け取った人もきっとビックリしてしまうこと間違いなしですよ♡

まず最初にリボンの端を長めによけておき、左手に輪っかを4つ作っていきます。真ん中を親指と人差し指でつまんでおくとやりやすいですね。

4つ作った輪っかの中心にリボンを1周かけ、その隙間にリボンの先端を通しておきます。左右とも同じように真ん中に通したら、短いリボンでさらに真ん中を外れないように縛っておきましょう。

輪っかにふくらみをもたせたら、後は両面テープなどで包装紙などの上にポンと貼り付けておくだけで非常に見栄えのするリボンラッピングが完成します♪

ラッピングのリボンの結び方⑥裏表のあるリボンの結び方

ラッピングのリボンの結び方の6つめは、裏表のあるリボンの結び方です。

リボンのコツのところでもご紹介しましたが、裏表がはっきりしているリボンを使う時は裏側が前面に出ないように特に気を使ってリボンをかけていく必要があります。

まず最初に普通に十文字にリボンをかけていきます。横から縦にリボンを持ち替える時に裏表が逆さまになってしまわないように注意しましょう。交差したところでその下に一度リボンの端を通しておくとキュッと締まりますね。

下の方のリボンの端をつまんで輪っかを作り、上の方のリボンを2回巻き付け、下のリボンで作った輪っかの下を通して蝶結びをします。

リボンの二本の先は十文字のリボンの隙間などに通しておけば、裏表のあるリボンを上手に使ったゴージャスな見た目のリボン結びが完成します♡

ラッピングのリボンの結び方⑦二本のリボンを使った結び方

ラッピングのリボンの結び方の7つめは、二本のリボンを使った結び方です。

リボンを使ってラッピングをよりゴージャスなものにしたい時は、リボンを二本同時に使ってみるのも非常におすすめのアイデアになります!

細いリボンや太いリボン、レースのリボンやサテンのリボンなど幅の太さや素材が全く異なるリボンでも、組み合わせを色々工夫するととてもおもしろいリボン結びができますよ♪

まず最初に一本のリボンで輪っかを作ってリボンの形を作り、中心は結ばずにワイヤーなどを使って固定していきます。

別のリボンで十字掛け結びで交差するところまで作っておき、蝶結びをする前に最初に作ったワイヤーのリボン結びをセットします。二本のリボンをまとめて蝶結びをすれば、何ともゴージャスで立派なリボン結びが完成します♡

作り方は非常に簡単ですので、細いリボンしか無い時などはぜひ試してみてはいかがでしょうか♪

ラッピングのリボンの結び方⑧フラワーリボンボウの結び方

ラッピングのリボンの結び方の8つめは、フラワーリボンボウの結び方です。

まるでギフトボックスの上にお花が咲いたようなフラワーリボンボウも100均のリボンなどで十分作ることができます!

まずリボンの先端を指4本に7巻ほどくるくる巻き付けてハサミでカットします。出来た輪っかを2つ折りにして4角をV字にカットして開き、リボンの端を出してから真ん中をワイヤーなどで縛ります。

ワイヤーが外れないように注意しながら中の輪っかを1つずつ引っ張りだしていき、ふんわりと広げてお花のような形を作ればフラワーリボンボウの完成です♪

後は箱のプレゼントの上にロウめんテープなどを使って十文字にリボンをかけ、真ん中に作ったリボンボウを固定すれば自宅で作ったラッピングとは思えないほどの素敵なリボン結びが出来上がります♡

簡単にできてとても見栄えが良いリボンボウは、ぜひ暇な時にでもまとめて作っておくと便利ですね!

ラッピングのリボンの結び方⑨丸い箱の包み方

ラッピングのリボンの結び方の9つめは、丸い箱のリボン結びです。

四角い箱の包み方は既にお分かり頂けたかと思いますが、丸い箱の包装の仕方やリボンのかけ方も知りたいという方もいるかもしれませんね。最後は丸い箱のラッピング方法やリボン結びの方法をご紹介致します♪

まず丸い箱を横向きに置き、包装紙で包んでいきます。上下の紙は円の中心に向かって回しながら少しずつ折り重ねると綺麗に包むことができます。

後はリボンをきっちり十字にかけて上部でリボン結びをすればおしゃれなリボンラッピングが完成します。レースペーパーなどを1枚箱の上に敷いてからリボンをかけるとさらに可愛くなると同時に、リボンが滑りにくくラッピングがずれにくくなりますのでぜひ試してみてくださいね♪

まとめ

様々なリボン結びの方法をご紹介しました♪長いリボンがアイデア次第で非常に華やかなラッピング飾りになるのはとても驚きですよね!

皆さんも余ったリボンなどはぜひ丁寧に保管しておき、大切な人にプレゼントを贈る時のラッピングにぜひ活用してみてはいかがでしょうか♪

ラッピングについてもっと情報を知りたいアナタに!

ラッピング箱の包み方!基本を解説します!【必見】
セリアのラッピングアイテムおすすめ35選!超かわいい!
100均ダイソーのラッピングおしゃれアイデア35選【箱・袋】
クリスマスのギフトラッピングのアイデア特集!【おしゃれ】

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ