ゆうパックをコンビニに持ち込みすると料金割引に?箱の梱包は?

荷物を送りたい時にとっても便利なゆうパック!郵便局が閉っている深夜や早朝でも、コンビニで取り扱ってくれるというのをご存知ですか?今回はコンビニにゆうパックを持ち込む時の料金や荷物の出し方等について詳しくまとめてみました♪ゆうパックを初めて利用する人は必見です!

ゆうパックをコンビニに持ち込みすると料金割引に?箱の梱包は?のイメージ

目次

  1. 荷物を送るゆうパックはコンビニを使うのがとっても便利♪
  2. ゆうパックを取り扱っているコンビニは?
  3. とても簡単!コンビニのゆうパックの出し方は?
  4. コンビニのゆうパックの出し方①箱の種類
  5. コンビニのゆうパックの出し方②箱の大きさ
  6. コンビニのゆうパックの出し方③箱の重さ
  7. コンビニのゆうパックの出し方④元払いの方法
  8. コンビニのゆうパックの出し方⑤着払いの方法
  9. コンビニのゆうパックの出し方⑥料金
  10. ゆうパックをコンビニに出す時のメリットやデメリットは?
  11. ゆうパックをコンビニに出すメリット①24時間受付できる
  12. ゆうパックをコンビニに出すメリット②店舗数が多い
  13. ゆうパックをコンビニに出すメリット③カードで支払いができる
  14. ゆうパックをコンビニに出すデメリット①集荷サービスがない
  15. ゆうパックをコンビニに出すデメリット②切手が使えない
  16. ゆうパックをコンビニに出すデメリット③大口契約が使えない
  17. ゆうパックをコンビニに出すデメリット④その場で箱が買えない
  18. コンビニにゆうパックを出す時に使える嬉しい割引とは?
  19. コンビニにゆうパックを出す時に使える割引①持ち込み割引
  20. コンビニにゆうパックを出す時に使える割引②同一宛先割引
  21. コンビニにゆうパックを出す時に使える割引③複数口割引
  22. まとめ

荷物を送るゆうパックはコンビニを使うのがとっても便利♪

みなさんは日々の暮らしの中で郵便局の荷物配送サービスである「ゆうパック」を使ったことはありますか?オークションで荷物をよく送る人や自宅で仕事をしている人などはもはやゆうパックはおなじみの配達サービスかもしれませんね♪

ゆうパックは郵便局が取り扱う配送サービスですが、実はコンビニの店頭でも荷物の持ち込みして受け取りしてもらえるのをご存知でしょうか。

台車などに荷物を載せてコンビニの店頭でゆうパックの箱の持ち込みをして受け取りしてもらっている人を見かけたことがあるかもしれませんが、郵便局よりもコンビニの方が近いという場合はとても便利な方法と言えますね。

今回は暮らしの中でゆうパックをコンビニに持ち込みをして受け取りしてもらう時の料金や荷物の出し方などについてご紹介していきます。ゆうパックをコンビニに持ち込みたいけどどうすれば良いのか分からないという方はぜひ順番に確認してみてくださいね♪

akama_14さんの投稿
25039101 579077255764465 7447477298468487168 n

ゆうパックを取り扱っているコンビニは?

それではまずゆうパックを取り扱っているコンビニを見ていきましょう!

ゆうパックは基本的に大手のコンビニではどこでも受け取りをしていると思いきや、実は郵便局と業務提携しているコンビニしか荷物を持ち込むことはできません。現在はローソン、ミニストップ、セイコーマートなどが業務提携先としてゆうパックの持ち込みを受け付けているようです。

inatubo962さんの投稿
22794490 1809954945713190 9176086804862861312 n

ローソン、ミニストップ、セイコーマートの店舗の中でも一部の店舗ではゆうパックの受け取りをしていない所もありますので、荷物を持ち込みしたい時は事前に電話などでお店に確認してみた方が良いかもしれませんね。

暮らしに密着した大手コンビニであるセブンイレブンやファミリーマートなどはゆうパックの受け取りはしていませんので注意しましょう!

mjtpgtpさんの投稿
25014851 141051849947407 6364657833455124480 n

■参考記事:ゆうパックをコンビニで受け取れる?

ゆうパックのコンビニ受け取りの方法は?できないコンビニもある?

とても簡単!コンビニのゆうパックの出し方は?

それではさっそくコンビニで実際にゆうパックの荷物を持ち込む時の方法についてご紹介していきましょう。

コンビニでゆうパックを出す方法はとっても簡単です♪持ち込む荷物の個数にも特に制限はありません。荷物の梱包や元払い伝票、着払い伝票も自宅で書いて持っていけばごく短時間で荷物の受け渡しが完了します。

ネットオークションや仕事関係でたくさんのゆうパックを出したい場合は、お店が混雑する午前中や夕方の時間帯を避け、お昼過ぎにコンビニに持ち込むとより手早く受け取り手続きを完了してもらえることもあります。

せっかくコンビニにゆうパックを持ち込みしても不備があると二度手間になってしまいますので、ぜひ以下の方法をしっかりチェックして余計な手間がかからないように万全の準備をしてコンビニにお出かけしましょう!

コンビニのゆうパックの出し方①箱の種類

コンビニのゆうパックの出し方の1つめは、箱の種類についてです。

コンビニにゆうパックを持ち込むためにはまず荷物を箱に詰めておく必要があります。郵便局の窓口では送りたいものを持って行き窓口でゆうパックの箱を購入してその場で詰めて出せば受け取りしてもらえます。

しかしコンビニではゆうパックの箱を購入することはできませんので、あらかじめ郵便局で箱を買っておくか、または別の箱に入れて出すことになります。

hitomittsさんの投稿
22710607 1967092936903510 7758522927443607552 n

ゆうパックは専用の箱以外に普通の段ボールやマチ付きの封筒、紙袋などを使って荷物を出すことができます。少し見栄えは悪くなりますが、スーパーなどでもらえる野菜や果物が入っていた段ボールなども利用することは可能です。

日々の暮らしの中でネット通販をよく利用する人であれば大小さまざまな段ボールが余ると思いますので、わざわざゆうパック専用の箱を買うのはもったいないかもしれませんね。

milenaburyaさんの投稿
22639596 507153896324390 5829339908614914048 n

コンビニのゆうパックの出し方②箱の大きさ

コンビニのゆうパックの出し方の2つめは、箱の大きさについてです。

ゆうパックは箱や封筒などの大きさいよって料金が変わります。ゆうパックの大きさの規定は細かく段階ごとに決められています。大きさは荷物の箱の縦+横+高さの合計で計算します。

一番小さなサイズで60サイズ(縦+横+高さの合計60センチ以下)、80サイズ、100サイズ、120サイズ、140サイズ、160サイズ、一番大きなもので170サイズとなります。

このほかにも特別なスキーゆうパック、ゴルフゆうパックなどもコンビニで受け取りしてもらうことが可能です。ただし要冷蔵の食品などを送るチルドゆうパックについては専用の保管場所が無いことからコンビニでは受け取りしてもらうことはできませんのでご注意ください!

■参考記事:コンビニでレターパックが買える?

コンビニでレターパックを購入できる?買えるコンビニはどこ?

コンビニのゆうパックの出し方③箱の重さ

コンビニのゆうパックの出し方の3つめは、箱の重さについてです。

コンビニでゆうパックを持ち込みする時は、箱の重さもしっかり確認して持ち込みする必要があります。通常のゆうパックでは1箱ごとに荷物の重さが25キロまでと決められていて、25キロを超えて30キロ以下までの荷物になると重量ゆうパック扱いとなり追加料金が発生します。

一人暮らしの子供へお米や野菜を送りたいというケースや、または一人暮らしの友人に本や雑誌などを送りたいというケースなどでは場合によっては25キロを軽く超えてしまうこともあるため注意が必要ですね。

ゆうパックでは基本的に重さが30キロを超える荷物についてはコンビニや郵便局どちらに持ち込みをしても受け取りをしてもらうことはできません。荷物が予想外に重くなってしまった時は別の配送業者に依頼するように手配しましょう。

コンビニのゆうパックの出し方④元払いの方法

コンビニのゆうパックの出し方の4つめは、元払いの方法についてです。

暮らしの中で荷物を送るシーンでは、自分で料金を支払って元払いで荷物を送る方法と、荷物が相手方に届いた時にその場で料金を支払ってもらう着払いで送る方法の2種類の送り方があります。

まず自分で料金を支払ってゆうパックを出す時の元払いについてですが、必要になる伝票はブルーで印刷された「元払い伝票」になり、これは郵便局やコンビニの窓口などでもらうことができます。

tai.xさんの投稿
28155435 2067548886819663 6064000789771190272 n

届ける相手の住所や名前、送る自分の住所や名前や電話番号など必要事項を書き、箱や紙袋の上に貼り付けて使います。

コンビニで伝票をもらってその場で書いても良いのですが、荷物の数が多いと少し大変かもしれません。出来れば事前に伝票をもらっておいて自宅で書いてコンビニに持ち込むようにするのがおすすめですね。ゆうパックの荷物と元払い伝票を持ってレジに出せばその場で料金を支払って荷物の受け渡しが完了します。

mao.hrkさんの投稿
23416869 126066418066171 6641956585830612992 n

コンビニのゆうパックの出し方⑤着払いの方法

コンビニのゆうパックの出し方の5つめは、着払いの方法についてです。

着払いの場合も伝票は郵便局やコンビニの窓口で着払い伝票を受け取って使います。元払い伝票のはブルーでしたが、着払い伝票はピンク色になります。

着払いは荷物を出す人が料金を支払うのではなく、荷物を受け取った人が料金を支払うというシステムです。着払いではゆうパックの配送にかかる料金に加えて、着払い手数料10円がプラスされた金額がかかることになります。

naccho6さんの投稿
21688855 280072192476865 4409490739227000832 n

ゆうパックを着払いで送る時は当然ですが荷物を届ける相手側に料金の負担の了承をとっておかなくてはいけません。何の説明もなく突然着払いで荷物を届けると最悪の場合は受け取り拒否などのトラブルに発展する恐れもありますので気を付けなければいけません。

コンビニの窓口にゆうパックの荷物を持ち込みする時はレジの店員さんに「着払いでお願いします」と一言添えてピンク色の着払い伝票と一緒に荷物を渡せば手続き完了です。伝票を書くときは元払い伝票と着払い伝票を間違えないように注意してくださいね。

コンビニのゆうパックの出し方⑥料金

コンビニのゆうパックの出し方の6つめは、料金についてです。

コンビニでゆうパックを出す時の料金は、上記でもご紹介した荷物の大きさ+荷物の重さに加えて配送先の住所によって決まります。同じ大きさや同じ重さの荷物でも配送先が近ければ料金は安くなりますし、遠方になればそれだけ料金は高くなります。

ゆうパックは当然ですが郵便局に持ち込みするのもコンビニに持ち込みするのも料金は一切変わりません。コンビニの方が手数料が高いということもありませんので、それぞれの暮らしの中で便利な方を選べばOKですよ♪

■参考記事:コンビニで両替できない理由とは?

コンビニは両替してくれるの?両替禁止の理由を公開!

ゆうパックをコンビニに出す時のメリットやデメリットは?

暮らしの中でのコンビニのゆうパックの出し方についてご紹介しましたが、次はゆうパックをコンビニに出す時のメリットやデメリットについてもチェックしていきましょう♪

コンビニにゆうパックを持ち込みする時はコンビニならではの便利なところを利用できる反面、やはり業務提携ということで郵便局で受けられる全てのサービスを利用できるというわけではありません。

コンビニでゆうパックを持ち込みして受け取りしてもらう時はメリットもデメリットもそれぞれしっかり確認して賢く利用したいものです。

ここではメリットを3つとデメリットを4つまとめてみましたので、コンビニでゆうパックを出そうと思っている人はこちらの方も一度目を通してみてくださいね♪

ゆうパックをコンビニに出すメリット①24時間受付できる

ゆうパックをコンビニに出すメリットの1つめは、24時間受け付けできることです。

コンビニでゆうパックを持ち込んで受け取りしてもらう最大のメリットは、やっぱり1年365日24時間受け付けできることです!コンビニは当然のことながら連休もお正月もお休みはありませんので、いつでも好きな時に荷物の持ち込みをして受け取りをしてもらうことが可能です。

郵便局でゆうパックを受け付けしているのは基本的に平日の窓口が開いている時間のみの受け付けになってしまうことを考えると、深夜や早朝または土日や祝日にゆうパックを出したい場合などはコンビニの方がはるかに便利であるといえますね。

ゆうパックを持ち込みたい時は自分の暮らしの生活スタイルに合わせてコンビニか郵便局を選ぶようにしましょう。

ゆうパックをコンビニに出すメリット②店舗数が多い

ゆうパックをコンビニに出すメリットの2つめは、店舗数が多いことです。

ゆうパックを取扱いできるコンビニはローソン、ミニストップ、セイコーマートなどと限られたコンビニのみになりますが、やはり地域によってはそれらのコンビニの方が郵便局よりも店舗数が多いため便利だというのも大きな理由の1つになります。

小さな郵便局では駐車上の台数も限られていることが多いものですが、コンビニなら駐車場も広く車から荷物を出し入れする時も楽々です。またコンビニならゆうパックを出した後にそのまま買い物することができるのも魅力的です。

普段の暮らしの中で郵便局よりもコンビニの方が利用しているという人にはやはり使い勝手の良さという点でコンビニが選ばれていることもあるようですね。

ゆうパックをコンビニに出すメリット③カードで支払いができる

ゆうパックをコンビニに出すメリットの3つめは、カードで支払いができることです。

実はコンビニでゆうパックを出す時の支払い方法は現金のみではありません。なんとクレジットカードを使ってゆうパックの料金を支払うことも出来るんです♪

日々の暮らしで頻繁にゆうパックを利用する人であれば、カード支払いを使わない手はありません!コンビニを利用することでカードのポイントも貯めることもできるのは一石二鳥ですよね。

ちりも積もれば山となるというように、微々たるポイントでも全く無いよりは少しでもあった方が嬉しいものです。手持ちの現金がたまたまに足りない時でもカードが使えるのは非常に便利です。

郵便局とコンビニとどちらにゆうパックを持ち込もうと悩んでいる人は、ゆうパックの料金をどんな形で支払いたいのか、その支払方法で店舗を選ぶという選択肢もありますよ♪

ゆうパックをコンビニに出すデメリット①集荷サービスがない

次はゆうパックをコンビニに出す時のデメリットについてもみていきましょう!ゆうパックをコンビニに出すデメリットの1つめは、集荷サービスがないことです。

郵便局では連絡をすれば希望の時間に自宅まで荷物を集荷に来てくれるサービスがありますが、コンビニは残念ながらそのような集荷サービスは行っていません。たくさんのゆうパックがある場合や、非常に重いゆうパックがある場合などはやはり集荷サービスが無いのは少し不便かもしれません。

集荷サービスを依頼すると元払い伝票や着払い伝票を一緒に持って来てもらうことも出来ますので、自宅から一歩も出ずに荷物を配送することも可能です。1人暮らしの人や仕事などが忙しい人にとってはコンビニよりも郵便局の集荷サービスの方が便利だという場合もあるでしょう。

逆に仕事などであまり家に居ることがないという不在がちな人は、出かけるついでにコンビニや郵便局に荷物を持ち込む方が良いという場合もあるかもしれませんね。

ゆうパックをコンビニに出すデメリット②切手が使えない

ゆうパックをコンビニに出すデメリットの2つめは、切手が使えないことです。

実は郵便局ではゆうパックの料金を余っている切手などで支払うことができるのをご存知ですか?日々の生活の中で細かい額面の切手が余ってしまっているような時はとてもお得ですよね。

お正月の年賀状で切手シートが当たったけど使い道が無いという場合、または暮らしの中で古い切手が大量に出てきた場合などはぜひゆうパックの料金支払いにあててみてはいかがでしょうか?

jaasaitoさんの投稿
25021728 136665887024143 5837369680687267840 n

当然ながらコンビニではゆうパックの料金の支払いに切手を使う事はできません。ゆうパックを送る時はクレジットカードを使いたい時はコンビニを利用し、切手を使いたい時は郵便局を利用するなど使い分けするのも良い利用方法かもしれませんね♪


3310_1030さんの投稿
22427490 283101428848367 5185728936071397376 n

ゆうパックをコンビニに出すデメリット③大口契約が使えない

ゆうパックをコンビニに出すデメリットの3つめは、大口契約が使えないことです。

ゆうパックには色々な契約が種類があります。上の方でも説明しましたがコンビニでゆうパックを出す時はチルドゆうパックが使えないというルールがあるのですが、実はその他にも大口契約の利用もすることはできません。

さらに荷物の持ち込みができるのは個別で料金を支払う場合のみで、法人契約など特殊な契約をしている場合もその適用をすることはできません。

そのためコンビニでは法人契約や大口契約の割引なども適用することもできませんので、仕事で利用する場合は少し注意が必要です。法人契約や大口契約を結んでいる場合は少し面倒でも郵便局の窓口にゆうパックを持ち込んで処理する方が安心かもしれませんね。

ゆうパックをコンビニに出すデメリット④その場で箱が買えない

ゆうパックをコンビニに出すデメリットの4つめは、その場で箱が買えないことです。

あらかじめ箱を準備して梱包してからコンビニ持ち込む場合は良いのですが、出かけ先などでふと思い立って荷物を手配したいと思った時に、コンビニではゆうパックの箱などを購入することは出来ないのも少しデメリットに感じる場合があるかもしれません。

郵便局で購入することができるゆうパック専用の箱は有料ですが、そのぶんしっかりした箱ですので割れ物もプチプチシートなどがあれば安心して詰め込むことができます。コンビニでは専用の箱を調達することはできませんので、その場で対応してもらうためには紙袋などを購入する必要が出てきます。

コンビニでゆうパックの箱が買えないというのは知らない人も多いようですので、ぜひ覚えておくようにしましょう!

コンビニにゆうパックを出す時に使える嬉しい割引とは?

それでは最後はコンビニにゆうパックを持ち込んで受け取りしてもらう時に使える嬉しい割引についてもご紹介しておきましょう!

ゆうパックには荷物の配送先などに応じてとても嬉しい割引サービスを実施しています。郵便局の窓口で使えるゆうパックの割引は大口割引や法人割引以外はコンビニでも適用されますので、覚えておくとお得に荷物を送ることができますよ♪気になる方はこちらの方もぜひチェックしておいてくださいね!

コンビニにゆうパックを出す時に使える割引①持ち込み割引

コンビニにゆうパックを出す時に使える割引の1つめは、持ち込み割引です。

郵便局の集荷を使わずに自分でコンビニや郵便局の窓口に荷物を落ち込むと、なんと荷物1つにつき120円の割引が適用されます!荷物が10個ある時はびっくりの1200円も割引になる計算になります。

毎日の暮らしの中で大量の荷物を送らなければいけないような場合は、出来るだけ自分でコンビニや窓口に荷物を持参して持ち込み割引の適用を受けるとお得ですね!

コンビニにゆうパックを出す時に使える割引②同一宛先割引

コンビニにゆうパックを出す時に使える割引の2つめは、同一宛先割引です。

コンビニや郵便局の窓口でゆうパックを持ち込む時に、1年以内に同じ宛先に荷物を送る時は荷物1つにつき60円の割引が適用されます。ただしそれを証明するためには前回の伝票の控えなど証明できるものが必要になります。

コンビニや郵便局にゆうパックを持ち込む時は、1年以内に同じ住所に送る可能性がある時は伝票の控えを大切に保管しておくとお得になりますよ♪

コンビニにゆうパックを出す時に使える割引③複数口割引

コンビニにゆうパックを出す時に使える割引の3つめは、複数口割引です。

同じ宛先にゆうパックの荷物を分けて複数送る場合は、荷物2個以上で荷物1つにつき60円の割引が適用されます。ゆうパックは30キロ以上の荷物を送ることはできませんのでどうしても荷物が分けなくてはいけない時もありますよね。

そんな時も荷物1つあたりで割引が適用されれば少し負担も軽くなるためとても便利です♪

まとめ

ゆうパックをコンビニに持ち込む時の方法や料金などについてご紹介しました!

ゆうパックがコンビニでも利用できることに少しビックリした人もいるかもしれませんね。ゆうパックは自分で荷物を持ち込むことで様々な割引の適用を受けることができます。

毎日の暮らしの中で荷物を送る時は、皆さんもぜひコンビニのゆうパック取扱いサービスを利用してみてはいかがでしょうか♪

コンビニの商品についてもっと情報を知りたいアナタに!

コンビニでも薬・風邪薬を買えるの?【気になる】
コンビニの野菜・サラダは安全?栄養や添加物はどうなってる?
コンビニコスメおすすめランキング11選!化粧下地からリップまで

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ