イヤホンの正しい付け方は?シュア掛けがベスト?

イヤホンの正しい付け方を知りたいという人も多いでしょう。もしくは、イヤホンの正しい付け方など気にしたことがないという人もいるかもしれません。そこで今回は、イヤホンの正しい付け方を紹介していきたいと思います。しっかり勉強しておきましょう。

イヤホンの正しい付け方は?シュア掛けがベスト?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】イヤホンの正しい付け方ってあるの?
  2. イヤホンの正しい付け方を知ろう
  3. 【イヤホンの正しい付け方①】耳にそのまま
  4. 【イヤホンの正しい付け方②】シュア掛け
  5. 【イヤホンの正しい付け方!iPhone①】iPhoneユーザー
  6. 【イヤホンの正しい付け方!iPhone②】カバーを使おう
  7. 【イヤホンの正しい付け方】Bluetoothのイヤホン①
  8. 【イヤホンの正しい付け方】Bluetoothのイヤホン②
  9. イヤホンの正しい付け方は自分の好きなように
  10. 【まとめ】イヤホンの正しい付け方は自分次第

【はじめに】イヤホンの正しい付け方ってあるの?

音楽を聴くときは必ずイヤホンを使うという人も多いでしょう。それを考えれば、様々な家電の中で、一番イヤホンを使っている時間が多いということもあります。家電は一瞬しか使いませんが、イヤホンはいつの間にか長時間使っているものだからです。

しかし様々な家電とイヤホンでは少し勝手が違う部分もあります。家電の場合、使い方は決まりきっており、他の人と違う家電の使い方をする人はいません。しかし、イヤホンに関しては、人によってその使い方が違うという場合があるのです。

他の家電とは違い、イヤホンが人によって使い方が違ってくるのは、やはり長時間使用するもので、その人なりの使い方のクセのようなものが出てきてしまうからでしょう。だからこそ、他の家電とは違い、使い方に個性というものがでてきてしまいます。

そのような使い方に個性が出てくるイヤホンですが、それを考えれば、他の家電のように正しい使い方というものが気になってしまいます。いったい、イヤホンに正しい使い方などというものがあるのでしょうか。今回は、イヤホンの正しい付け方について紹介していきます。

イヤホンの正しい付け方を知ろう

イヤホンの付け方には個性がありますが、基本的に二種類の付け方しかありません。そのためこの二種類のどちらかが正しい付け方ということになるのですが、はっきりいってしまえば、どちらも正しいということができます。

つまり、イヤホンの正しい付け方には、二種類の正しい付け方があるということになるのです。まずはこの二種類の付け方を知っておくことが大切ですので、しっかり勉強しておきましょう。

イヤホンの正しい付け方を知っておけば、イヤホンを最大限の音質で楽しむことができるでしょう。正しい付け方をすることで、イヤホン、本来の能力を楽しむことができるため、そのような意味でもイヤホンを正しい使い方で楽しむべきなのです。

ではさっそく、イヤホンの正しい付け方を紹介していきたいと思います。

【イヤホンの正しい付け方①】耳にそのまま

イヤホンの正しい付け方といえばやはりこれでしょう。ソニーなど、様々なイヤホンがあるものですが、ソニーでも何でも、大抵にイヤホンはこの付け方となります。耳にそのまま付ける、一番シンプルな付け方です。

この付け方であれば、ソニーのイヤホンであればほとんど普通につけられますし、ソニーではない、少し変わったタイプのイヤホンでも、普通につけられます。音質としても確かな音質が得られるため、まったく問題ないでしょう。

むしろ、イヤホンを持っている人は、この付け方しか知らないですし、これ以外の正しい付け方があるなど知らないものです。そのため、他の付け方があるという事実がまずびっくりでしょう。

とりあえず、ソニーのイヤホンやソニー以外のイヤホンでも、この付け方がベーシックな付け方となります。迷ったらまずはこの付け方をすると良いでしょう。

【イヤホンの正しい付け方②】シュア掛け

イヤホンの正しい付け方としては、シュア掛けという付け方もあります。シュア掛けを知る人はあまりいないでしょう。

シュア掛けは基本的に、カナル型イヤホンの正しい付け方となります。カナル型イヤホンはソニーなどからも発売されていますが、日本ではそれほど、広まっているイヤホンではありません。実際にソニーなどでは、他のものが主力となっています。

シュア掛けは、イヤホンから出るコードを耳の上にかけて、イヤホンをつけるという掛け方となります。シュア掛けを行うと、コードが体や衣服にすれないため、雑音が入りにくいというメリットがあり、カナル型イヤホンでなくても、シュア掛けをしている人もいるものです。

そのため、カナル型イヤホンでないからシュア掛けをしたらいけないということはありません。むしろ有効的にシュア掛けを使うこともできるため、気になる人は試してみましょう。

【イヤホンの正しい付け方!iPhone①】iPhoneユーザー

iPhoneを使っている人は、付属品としては、iPhone専用のイヤホンがついてきます。このiPhone専用のイヤホンは他のイヤホンと違うため、どう使えば良いか迷ってしまうでしょう。

iPhoneのイヤホンに関してはそれほど迷うことはありません。普通の使い方をしても良いですし、シュア掛けをしても構いません。iPhoneのイヤホンだからといって、使い方が違うということもないのです。

iPhoneのイヤホンはかなり多機能でiPhoneと相性がばっちりのイヤホンですので、大切に使うようにしましょう。

掃除などもこまめにしておくことで、故障することなく、長く使用できるようになります。iPhoneでしか買えないものですので、大切に使いましょう。

■参考記事:iPhoneのケースや充電器が100均で買える?

100均スマホ・iPhoneケースが優秀!ダイソー・セリア商品紹介
100均のiPhone充電器は使える?使えない?

【イヤホンの正しい付け方!iPhone②】カバーを使おう

iPhoneのイヤホンを使っている人も多いと思いますが、なかにはしっかりと耳にフィットせずに、すぐに落ちてしまうという人もいるかもしれません。

そのような人は、iPhoneのイヤホン専用のカバーを買うと良いです。カバーを使うことで、イヤホンが落ちてしまうことを防ぐことができます。

それでもイヤホンが落ちてしまうということであれば、シュア掛けでかけると良いでしょう。そもそもシュア掛けは落ちやすいイヤホンを落ちにくくしてくれるイヤホンの掛け方ですので、このような時こそ便利に使ってください。

それでもiPhoneのイヤホンがなかなかしっくり来ないという人は、iPhoneのイヤホンのイヤホンは合っていないということです。Bluetoothのイヤホンなど、他にもたくさんのイヤホンがあるため、そのようなものを購入して、自分に合うものを探してみてください。

【イヤホンの正しい付け方】Bluetoothのイヤホン①

最近ではBluetoothつきのイヤホンも多く存在します。イヤホンの数だけ、イヤホンの付け方も考えられるものですが、そう難しく考える必要はないでしょう。普通に装着すれば、そう間違いはありません。

Bluetoothつきのイヤホンの場合、主に二種類のイヤホンが存在します。左右のスピーカーがコードで繋がっているタイプのものか、切り離されているタイプのものかとなるでしょう。まずは、切り離されているタイプのものから紹介していきます。

Bluetoothのイヤホンで、スピーカーが切り離されているタイプのものは、普通につけるしか方法がありません。むしろスピーカーが切り離されているBluetoothのイヤホンで、シュア掛けをすることは不可能でしょう。コードがないのですから当然です。

Bluetoothのイヤホンでスピーカーが切り離されているものは、充電が切れやすいので、何度も充電しなければなりません。そうして、何度も移動していると、片方だけ無くしてしまったということも起こってしまいます。Bluetoothのイヤホンで、スピーカーが切り離されているものの最大の弱点ですので、このようなことにならないように注意しましょう。

【イヤホンの正しい付け方】Bluetoothのイヤホン②

Bluetoothのイヤホンで、スピーカー同士がコードで繋がれているタイプのものは、やはり普通の付け方が望ましいです。

コードで繋がっているBluetoothのイヤホンでも、別にシュア掛けをしても良いのですが、シュア掛けをすることを前提にBluetoothのイヤホンは作られていないため、使い勝手は良くないです。細かいところで、様々な弊害が出てしまいます。

シェア掛けをしてしまうと、コードが少し短くなってしまいますが、そうなると、Bluetoothのイヤホンの場合、操作するリモコン部分まで耳にかかってしまうことがあります。

耳にかからなくても、ギリギリということもあるでしょう。また、単純にコードが足りずに、シュアかけができないということもあります、機種によって違いますが、そのようなことも考えて、やはり普通の掛け方がベストということになるのです。

イヤホンの正しい付け方は自分の好きなように

イヤホンの正しい付け方について紹介してきましたが、結局は自分が一番付けやすい方法でつけるというのが一番です。

シュアかけも普通の付け方も、人の耳の形はそれぞれに違うため、どちらが一番ストレスなくつけられる付け方かというのは人によって違うのです。場合によっては、どちらとも違う、第三の方法を編み出しているような人もいるかもしれませんが、それが一番楽ということであればそれが一番なのです。

ただやはりBluetoothとなると、普通の掛け方がよい方法となります。物理的にシュアかけは難しいところもあるため、そのあたりはしっかりと考えて判断しましょう。

自分の好きな掛け方やいつもやっている掛け方があるのであれば、それが一番ストレスがかかりません。無理に変更する必要もないため、いつものようにイヤホンを楽しみましょう。

【まとめ】イヤホンの正しい付け方は自分次第

イヤホンの正しい付け方について紹介してきましたが、イヤホンの正しい付け方は結局自分で決めるものです。そのため、付け方を学んで、試してみたら、自分の一番しっくり来るイヤホンの付け方を実践するようにしましょう。それが何よりも正解です。

もっとイヤホンに関する情報を知りたいアナタへ!

コンビニイヤホンの値段や音質は?おすすめのイヤホンはどれ?
100均のイヤホンのおすすめは?ダイソーイヤホンの音質が神!
ダイソーの216円イヤホンがイコライザの調整で3万円の音質に!
イヤホンを洗濯した時の対処法5つ!乾燥させれば復活する?

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ