泣いてる女の子に対する男性の本音・心理とは?好きになる?

泣いてる女の子に対する男性の本音・心理とは?好きになる?

女の涙は武器という言葉がありますが、泣いてる女の子を見ると男性ってどんな気持ちになるのでしょうか。
女からすると、泣いてる女の子を見ても「武器にはならない」と思います。男性の本音や心理は気になりますね。
涙はやはり特別なのでしょうか?

記事の目次

  1. 1.泣いてる女の子て男性はどう思う?
  2. 2.泣いてる女の子への男性の本音・心理①好きになる
  3. 3.泣いてる女の子への男性の本音・心理②悲しくなる
  4. 4.泣いてる女の子への男性の本音・心理③罪悪感でいっぱい
  5. 5.泣いてる女の子への男性の本音・心理④対応に困る
  6. 6.泣いてる女の子への男性の本音・心理⑤めんどくさい
  7. 7.泣いてる女の子への男性の本音・心理⑥ずるい
  8. 8.泣いてる女の子への男性の本音・心理⑦重い
  9. 9.泣いてる女の子が好きな人のときの男性の本音・心理①チャンス
  10. 10.泣いてる女の子が好きな人のときの男性の本音・心理②嬉しい
  11. 11.泣いてる女の子が好きな人のときの男性の本音・心理③かわいい
  12. 12.泣いてる女の子が女友達のときの男性の本音・心理①ドキドキ
  13. 13.泣いてる女の子が女友達のときの男性の本音・心理②心配
  14. 14.泣いてる女の子が女友達のときの男性の本音・心理③困る
  15. 15.泣いてる女の子への男性の本音・心理【まとめ】

泣いてる女の子て男性はどう思う?

泣いてる女の子を見ると、男性って実際のところどう思っているのかな?と考えたことがありませんか?

なぜ女の子が泣いてるのかというのも問題にはなると思いますが、本当に男性は女の子の涙に弱いのでしょうか。

それとも本当は、「女の子の涙はめんどくさい」とか、「いちいち泣くなよ」という風に思っているのでしょうか。

女の子からすると、泣いてる女の子に対しての男性の気持ちって、本当によく分からないのが本音ですよね。

また、泣いてる女の子にとっては、「泣いてるんだから許してほしい」とか、「泣いてるんだから慰めてほしい」という気持ちも多少あるのではないでしょうか。

男性は、その辺の女の子の気持ちが分かっているのか分かっていないのか、なかなか女の子には伝わりませんが、女の子にとっても男性が泣かれてどんな気持ちになっているのか、分かっていないでしょう。

そこで、泣いてる女の子を見て、男性が本当はどう思っているのかについて、紹介したいと思います。

泣いてる女の子への男性の本音・心理①好きになる

泣いてる女の子を見ると、愛しくなったり、力になりたいという気持ちから、好きになる男性もいるようです。

このタイプの男性は、とても心が優しく、女の子の涙に弱いタイプですね。きっと、付き合って喧嘩しても女の子に泣かれるたびに、自分から折れる男性だと思います。

泣いてる女の子には、弱さを感じるので、男性としての正義感が沸いてくるのかもしれないですね。

このタイプの男性が相手なら、女の子も泣くことに価値があるかもしれません。

ただ、泣いてばかりの女の子を好きになってくれる男性はなかなかいないので、泣きすぎもよくないでしょう。

男性が泣いてる女の子を好きになるのは、普段頑張ってる女の子とか、普段は笑顔でいる女の子だと思うので、いつも泣いている女の子は、陰気臭くて恋愛にはならないと思っておきましょう。

泣いてる女の子への男性の本音・心理②悲しくなる

泣いてる女の子を見ると、悲しくなる男性もいます。

なぜ女の子が泣いてるのか分からなくても、なぜだか泣いてる女の子に感情移入して自分まで悲しくなってくるようなのです。

このタイプの男性は、とても心優しい男性で、女の子の気持ちを大切にしてくれることでしょう。

もしかしたら、泣いてる女の子をみて、もらい泣きしてしまうぐらい悲しくなる男性もいるかもしれないですね。

泣いてる女の子も、自分が泣いてたはずなのに、男性に泣かれたら、涙も止まってしまうでしょう。

そのあと2人で笑いあえたりしたら、なんだかいい雰囲気になって、恋愛に発展することもあるのではないでしょうか。

この場合、女の子の泣き顔と女の子の笑顔を一気に見ることができるので、ドキドキする男性もいることでしょう。

泣いてる女の子への男性の本音・心理③罪悪感でいっぱい

泣いてる女の子を見ると、「もしかして俺が泣かせたのではないか。」とか、「俺の態度が悪かったのではないか。」などのように、罪悪感でいっぱいになる人もいるようです。

例えば、恋人と喧嘩して、いつもは泣かない女の子なのにその日だけ泣かれたとしたら、「俺のせいだ」と思ってしまうようですね。

また、職場などで女の子に注意をしたときに泣かれたりしても、「言い方が悪かったのかな?」と、自分を責める男性もいるようです。

女の子を泣かせてしまったと感じている男性は、罪悪感を感じるようですが、ちょっとのことで泣く女の子もいるので、あまり自分を責めなくてもいいでしょう。

悪いと思うことがあるなら、泣いてる女の子に謝っておきましょう。

泣いてる女の子への男性の本音・心理④対応に困る

泣いてる女の子を見ると、対応に困るという男性もいます。

泣いてる女の子が、今慰めてほしいのか、それともほったらかしてほしいのか、とにかくどうしたらいいか分からないので対応に困るのです。

男性からすると、泣いてる女の子の扱い方って本当に難しく、泣いてる上に怒らせたらどうしようとも思うので、ますます対応が分からなくなるのです。

ときには、「どうしよう」と焦ることもあれば、「どうしてほしいんだ?」とイライラすることもあると思います。

同じ女性でも、泣いてる女の子に対して、どう対応したらいいか分からないときはあるので、男性が対応に困るのは無理もありません。

泣いてる女の子にどう対応していいか分からないときは、ただただ泣いてる女の子を見守ってあげるだけでいいのではないでしょうか。

女の子が泣き終わるまで待ちましょう。きっとそれが女の子にとっても1番いい対応だと思います。

次のページ

泣いてる女の子への男性の本音・心理⑤めんどくさい

関連記事

人気の記事