吉永小百合の現在の年齢は?若い頃や結婚・美しさの秘密に迫る!

「キューポラのある街」などの名作に出演し、多くのサユリストを生み出してきた女優・吉永小百合さん。今回は吉永小百合さんのことをよく知らないという方のために吉永小百合さんのこれまでの活躍、プライベート、更に似ている若手女優について紹介します!

吉永小百合の現在の年齢は?若い頃や結婚・美しさの秘密に迫る!	のイメージ

目次

  1. 現在74歳の吉永小百合のプロフィール
  2. 吉永小百合が当時28歳で岡田太郎と15歳差結婚!
  3. 吉永小百合と岡田太郎には子供はいる?
  4. 吉永小百合の若い頃は?子供時代から現在の姿まとめ
  5. 現在も輝き続ける吉永小百合の美貌の秘訣は?
  6. 吉永小百合のファン「サユリスト」とは?
  7. 年齢を重ねても美しい吉永小百合から目が離せない!

現在74歳の吉永小百合のプロフィール

名前:吉永 小百合(よしなが さゆり)
生年月日:1945年3月13日
出身地:東京都渋谷区代々木西原町(現・西原)
血液型:O型
身長:155 cm
所属事務所:ビクターエンタテインメント

「キューポラのある街」、「伊豆の踊子」、「華の乱」など数々の名作で、可憐な容姿と演技を披露し、多くのサユリストを生み出した女優・吉永小百合さん。

60年代に一世を風靡し、それ以降も安定した活躍を見せていますが、世代ではないので、吉永小百合さんのことをよく知らないという方が増えているのではないでしょうか。

そこで今回は吉永小百合さんのこれまでの活躍、プライベート、更に似ている若手女優について紹介します!

吉永小百合が当時28歳で岡田太郎と15歳差結婚!

吉永小百合さんは1973年に岡田太郎さんと結婚しています。吉永小百合さんは当時28歳で、岡田太郎さんは43歳だったので、15歳差結婚でした。

親密になったきっかけは吉永小百合さんの恋愛相談みたいです。吉永小百合さんは結婚する前、俳優の渡哲也さんと共演がきっかけで交際していたそうです。

吉永小百合さんは結婚する気だったそうですが、ご両親が反対し、別れを告げたそうです。その後、渡哲也さんが結婚してしまい後悔のため泣いてばかりいたとか。

そんな時に相談に乗ってくれたのが岡田太郎さんでした。親身になって相談に乗ってくれる年上男性の寛容さに惚れたのか、晴れて結婚しました。

吉永小百合と岡田太郎には子供はいる?

吉永小百合さんと岡田太郎さんの間には子供がいません。子供を産まなかった理由はステージママだった母親の影響ではないかと言われています。

母親は娘である吉永小百合さんを売れっ子女優にするべく厳しく教育したそうです。そのため仕事中だけでなく家の中でも笑顔を絶やすことを許さなかったとか。交際する相手についても口を出し、渡哲也さんとの結婚を許しませんでした。

岡田太郎さんとの結婚も反対されていましたが、この時に初めて両親の反対を押し切り、結婚に踏み切ったそうです。

それでも母親の教育のトラウマは消えず、自分が同じようになるのではないかという思いから子供を出産しなかったようです。

吉永小百合の若い頃は?子供時代から現在の姿まとめ

吉永小百合さんは12歳の頃にデビューし、これまでに数々の名作に出演しています。ここからは子役時代から現在の姿について画像を交えて紹介していきます。

12歳の時ドラマ「赤胴鈴之助」で芸能界デビュー

吉永小百合さんは12歳の時にTBSラジオドラマ「赤胴鈴之助」で芸能界デビューを果しました。この作品は赤胴鈴之助が日本一の剣士になるため優れた剣術を駆使し、様々な敵と戦う姿を描いています。

吉永小百合さんは千葉さゆり役を演じました。当時、TBSの親戚に勧められ、ドラマのヒロインオーディションに応募したそうです。応募した理由は父親が事業に失敗し、借金取りが来ていたため、家を助けたかったからと説明しています。

15歳で「日活三人娘」として爆発的人気に

吉永小百合さんはヒロイン役を務めた映画「キューポラのある街」、橋幸夫さんとのデュエット曲「いつでも夢を」がヒットし、ブレイクを果します。

更に同じく人気だった日活の若手女優の和泉雅子さん、松原智恵子さんと共に「日活三人娘」としてプッシュされると、三人の可憐さが若者たちのハートを打ち抜き、爆発的な人気になりました。

17歳で歌手デビュー・日本レコード大賞を受賞

吉永小百合さんは17歳の時に「寒い朝」で歌手デビューを果し、これまでに「いつでも夢を」、「伊豆の踊子」、「勇気あるもの」などの曲をリリースしています。

特に人気なのが、橋幸夫さんとのデュエット曲「いつでも夢を」です。2人の美しい歌声、希望を抱かせる歌詞が、高度成長期の日本人の心を掴み、30万枚のヒット&日本レコード大賞受賞を達成しています。

2013年の朝ドラ「あまちゃん」で使用されたことで、若者にも知られており、世代を超えて愛されています。

38歳で19歳の役を演じた「細雪」

吉永小百合さんの代表作の1つが1983年に公開された市川崑監督の「細雪」です。大阪船場の旧家の美しい四姉妹の1年間を描いた「細雪」で、38歳の吉永小百合さんが19歳の三女・蒔岡雪子を演じています。

年齢よりかなり若い役を演じていますが、全く違和感がなく、ぴったりだと好評です。また、見た目に反し、しっかり者の三女を好演し、女優としての評価を高めました。

67歳で20歳の年齢幅のある役をこなした「北のカナリアたち」

2012年に製作された北の三部作の一つである「北のカナリアたち」も印象的な作品です。北海道の離島の小さな学校で起った悲劇の真相を描く「北のカナリア」で、67歳の吉永小百合さんは、20歳の川島はる役を演じています。

吉永小百合さんの衰えぬ美貌、北海道の雄大な景色が好評で、興行収入が10億円を突破するヒットを記録しました。

若い頃の吉永小百合が武井咲や広瀬すずに似ている?

若い頃の吉永小百合さんが武井咲さんや広瀬すずさんに似ている?と話題です。ここからは吉永小百合さんと2人を比較していきましょう。

まずは武井咲さんとの比較です。輪郭は少し武井咲さんのが長いですが、目元、鼻、口元がそっくりです。2012年の映画賞で共演した際に、吉永小百合さんが、武井咲さんは若い頃の自分に似ているとコメントしています。本人公認なのでそっくりと言えますね。

続いては吉永小百合さんが今一番気になっている女優・広瀬すずさんとの比較です。2人とも美しいですが、あまり似ていませんね。広瀬すずさんは「ぼくらの七日間戦争」の頃の宮沢りえさんに似ている印象です。

現在も輝き続ける吉永小百合の美貌の秘訣は?

現在も輝き続ける吉永小百合さんの美貌の秘訣とは一体どんなものなのでしょうか。吉永小百合さんはインタビューで運動を日課としていることを明かしています。毎日、プールで1km泳ぎ、腹筋を100回やっているそうです。

それだけでもすごいですが、最近は25kgのバーベルを上げるようになったとか。他にも色々なスポーツに挑戦したいともコメントしており、運動と新しいことに挑戦する気持ちが吉永小百合さんの美貌の秘訣になっているようです。

吉永小百合のファン「サユリスト」とは?

「サユリスト」とは熱狂的な吉永小百合ファンのことを言います。60年代に映画「キューポラのある街」、橋幸夫さんとのデュエット曲「いつでも夢を」でブレイクしたときに誕生した名称のようです。

有名なサユリストはタモリさんです。以前、吉永小百合さんを「国民の宝として有形文化財にしなければ」と賞しています。また2014年の「笑っていいとも」最終回で対談し、大変感激した様子でした。

他にも和田誠さんなどサユリストの大物芸能人はたくさんおり、吉永小百合さんは大物芸能人をも虜にするスーパースターと言えます。

年齢を重ねても美しい吉永小百合から目が離せない!

事業に失敗した父親から稼ぎを期待され、母親から女優であることを求められ、複雑な家庭環境で育ったようですね。それでも笑顔を絶やさず、タモリさんをはじめとするサユリストたちの心を癒やす吉永小百合さんは天使と言えますね。

年齢を重ねても美しく、2019年には天海祐希さんとの共演作「最高の人生の見つけ方」に出演するなど令和になっても健在です。

これからまだまだ活躍してくれるのではないでしょうか。今後の吉永小百合さんの活躍から目が離せません!

その他のベテラン女優の記事はこちら!

安達祐実の出演映画一覧|最新作「ウスケボーイズ」や主演映画ご紹介
広末涼子は現在いくつ?デビュー時の若い頃や出演時の年齢まとめ!
樹木希林の生涯|若い頃から没年までの出演作品で振り返り
永作博美の出演ドラマ一覧!おすすめ・人気作品ランキングもご紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ