言葉が出てこないのは病気かも!ストレスが原因?予防するには?

会話をしていて、急に言葉が出てこない、言葉が出ないという状況になる人がいます。このような症状はどのようなことが原因で起こるのでしょうか?また、言葉が出てこない、言葉が出ないという状態を改善するための方法はあるのでしょうか?

言葉が出てこないのは病気かも!ストレスが原因?予防するには?のイメージ

目次

  1. 言葉が出てこないのは病気かも?
  2. 言葉が出てこないときの理由
  3. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (1)内気な性格
  4. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (2)社交不安障害
  5. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (3)対人恐怖症
  6. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (4)自律神経失調症
  7. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (5)吃音
  8. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (6)老化
  9. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (7)認知症
  10. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (8)若年性アルツハイマー
  11. 言葉が出てこない原因、言葉が出ない (9)失語症
  12. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (10)機能性構音障害
  13. 言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (11)運動障害性構音障害
  14. 言葉が出てこないようにならないために
  15. 言葉が出ないようにならないために (1)食事
  16. 言葉が出ないようにならないために (2)避けるべき食事
  17. 言葉が出ないようにならないために (3)ストレスを溜めない
  18. 言葉が出ないようにならないために (4)サプリ
  19. 言葉が出ないようにならないために (5)脳を使う
  20. 言葉が出ないようにならないために (6)脳に刺激を与える
  21. 言葉が出ないようにならないために (7)脳を鍛える
  22. 言葉が出ないようにならないために (8)有酸素運動
  23. 言葉が出ないようにならないために (9)コミュニケーション
  24. 言葉が出てこない若者
  25. 日頃の訓練が大切

言葉が出てこないのは病気かも?

会話をしていて、ふと言葉が出てこない、日に日に言葉が出てこないようになる、頭で考えている通りに言葉が出てこないなど言葉が出てこなくなるという人がいます。

緊張して、ろれつが回らなくなったり、頭が真っ白になったりなどして言葉が出てこないときもあります。これら、言葉が出てこない状態になるには、どのようなことが原因で起こるのでしょうか?また、言葉が出ないときの改善方法はあるのでしょうか?

言葉が出てこないときの理由

言葉が出てこない状態になる原因には大きく2つの原因が考えられます。それは脳の機能が低下していることが原因である場合と、仕事や人間関係などのストレスが原因である場合です。原因の種類は違っても、ストレスや病気が原因で脳に機能低下などの障害が現れ、急に言葉が出てこないようになったり、日に日に言葉が出てこないようになったりするなどの症状は同じです。

しかし、原因が違うので言葉が出てこないようになったときの対処の仕方が違ってきます。

脳と言葉が出ないこと

言葉を話したり、理解したりするためには脳を使います。細かく分けると、言語を発したり、理解したり、言葉を記憶したりする部分は違いますが、大きく分けると脳の中で言葉に関係する部分を言語中枢と言います。この言語中枢の機能が低下すると言葉を発したり、理解したりすることに障害が出てきます。

言語を発する脳の部分が機能低下を起こせば、言葉が出てこないようになります。言語を理解する脳の部分が機能低下を起こせば相手の言っていることがわからなくなり、言葉を返すことができなくなります。つまり、言葉が出てこない状態になります。脳の機能が低下する原因が上記で述べた、病気であったり、仕事などによる過度なストレスであったりします。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (1)内気な性格

病気や、仕事などによる過度なストレスで脳の機能が低下する以外にも、言葉が出てこないようになる原因はあります。人には得意なこと、苦手なことがあります。なので、他人と会話することが苦手と思う人も当然います。このような人は、人前で話したり、他人と会話することが苦手と思っているので、会話の途中で言葉が出てこないようになるときがあります。

人と話すことが苦手な性格には、緊張しやすい、人見知り、恥かしがり屋などがあります。これらの性格をしていると、緊張して頭の中が真っ白になって言葉が出てこないようになったり、早く会話を終わらせたいという気持ちが強くなりすぎて相手の言葉が入ってこなかったりして、返事の言葉が出てこないようになったりします。

しかし、これらは性格なので、訓練によって多少改善することができます。

■参考記事:自分から話しかけるのが苦手?コチラもチェック!

自分から話しかけられない人の心理7選!どうすれば治る?

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (2)社交不安障害

上記のような内気な性格が強すぎると、緊張や不安の感情が心身に過度なストレスを与えます。緊張や不安によって体調に影響を与えるほど強いストレスを感じる人もいます。このような症状を社交不安障害と言います。

仕事をするときには、他人と会話したり、プレゼンのために多くの人の前で話したり、知らない人と電話で話したりなど、言葉を使うということを避けることはできません。つまり、緊張や不安によって言葉が出ないようになってしまうと、できない仕事が多くなってしまうということです。

社交不安障害の人が無理に緊張や不安を押さえ込もうとすると、頭が真っ白になったり、声が震えたり、言葉が出ないようになったり、体が震えたり、動悸がしたり、吐き気、発汗、赤面などの症状が出ます。また、うつや、パニックなどの症状が現れてしまうこともあります。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (3)対人恐怖症

対人恐怖症も言葉が出ないようになるという症状が出るときがあります。対人恐怖症の場合は人と接することに不安を感じているので、言葉が出ないようになってしまいます。症状がひどくなると、人との接触を避けるために、引きこもりの状態になってしまいます。10代や20代のような若い世代が比較的、このような状態になりやすいようです。

対人恐怖症の人には何らかの原因で、コミュニケーション能力に障害を持ってしまった人が多いです。コミュニケーション能力に障害があるので、知らない人を前にすると、全く言葉が出ないようになってしまったり、特定の人物とは会話できますが、攻撃的になったりなどします。コミュニケーション能力に障害が出てしまう原因はトラウマになるような体験や、生活環境などがあります。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (4)自律神経失調症

仕事などでストレスが溜まり過ぎると、自律神経失調症になる事があります。自律神経失調症になると、イライラや不安、全身の倦怠感、うつ、物忘れ、呼吸が浅いなどのいろいろな症状が現れることがあります。その症状の中には、ろれつが回らなくなったり、言葉が出ないようになったりする症状が現れることもあります。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (5)吃音

吃音(きつおん)とは「どもり症」とも呼ばれます。吃音は、言葉に詰まってしまったり、スムーズに言葉が出ないようになったり、全く言葉が出ないようになったりなどの症状が現れます。また、話し始めに何度も同じ言葉を繰り返す連発性や、言葉が出てくるまで時間がかかるなどの難発性の症状が出ることもあります。

吃音の原因には、言葉を組み立てられない言語的な障害や自分の声が聞こえない聴覚の障害、ストレス、脳の機能障害などと考えられています。吃音には治療薬がないので、基本的には脳を使う訓練や、思考力を高める訓練を行ったりします。子供のうちに症状が改善する場合もありますが、ひどい場合は成人になっても完治しない人もいます。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (6)老化

老化も言葉が出ないようになる原因の1つです。人は老化すると脳の機能が低下してきます。記憶力や判断力が低下したり、物忘れが多くなってしまうことも脳の機能が低下していることが原因です。老化は誰にでも起こることで、認知症などの病気や障害とは違います。ある程度は訓練をすることで、老化による脳の機能低下を遅らせることはできます。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (7)認知症

認知症にも言葉が出ないという症状が出ることがあります。認知症は比較的に新しい出来事を忘れてしまうという特徴があります。なので、今さっき自分がしたことも忘れてしまうため、日常生活に支障が出てしまいます。

アルツハイマー型の認知症であれば、脳に異常が起こり、脳の神経細胞が減って萎縮することで発症します。このとき、知能が低下したり、記憶力が低下したりします。これらの症状から、性格が変わってしまったり、言葉が出ないようになったりすることもあります。また、他にも脳の血管が詰まる脳卒中や、脳梗塞などの病気が原因で認知症となる脳血管性認知症などもあります。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (8)若年性アルツハイマー

アルツハイマーになるのは、老化だけが原因ではありません。事故などで脳に障害が起こることで若年性アルツハイマーを発症してしまう場合もあります。
この病気は高齢者よりも若い世代の方が進行が早いという傾向があり、日常生活に大きな影響を与えます。

言葉が出てこない原因、言葉が出ない (9)失語症

失語症になると、全く言葉が出ないようになったり、思っていることをうまく言葉にできなかったりなどの症状が現れます。また、言葉だけでなく、読み書きにも障害が出る場合もあります。失語症になった人の中には、人とのコミュニケーションを避けたいと思っていない人もいます。失語症の原因は脳梗塞や脳腫瘍などの病気、また事故などによる外傷などがあります。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (10)機能性構音障害

口や舌、聴力などの身体的な障害もなく、脳による病気などがなくても、言葉がうまく発音できないこともあります。これは言葉を覚えたての子供に見られる症状で、多くの場合は4~5歳頃までには発音できるようになります。しかし、別の病気による症状の可能性もあるので、様子を見て、場合によっては病院に相談した方が良いでしょう。

言葉が出てこない、言葉が出ない原因 (11)運動障害性構音障害

脳の病気や筋肉の萎縮、神の麻痺などによって、うまく言葉を発音することができなく場合があります。うまく言葉が発音できないので、声がかすれたり、鼻声になったり、ろれつが回らないなどの症状が現れます。また、口の周りの筋肉や、喉が動きにくい状態なので、食事などが困難に感じるときもあります。

言葉が出てこないようにならないために

言葉が出ないようになるには、病気やストレス、性格などいろいろな原因があります。これらの原因に何も予防をしなければ、症状の改善や未然に防ぐことができません。特に病気などに対しては健康のためにも予防法を行っておきましょう。

言葉が出ないようにならないために (1)食事

物忘れは言葉が出ないようになる原因の1つです。つまり、物忘れに対して対策することは言葉が出ないようになることを防ぐことに繋がります。物忘れ防止のためには食事による健康法が有効です。

物忘れを改善するためには、記憶力を維持する必要があります。そのために必要な栄養素はアセチルコリンです。アセチルコリンが含まれる食べ物は豚肉、卵黄、豆腐、レバーなどです。肉や卵のような若い人が好む食材もあるので、10代、20代のうちから意識して食べるようにしましょう!

言葉が出ないようにならないために (2)避けるべき食事

物忘れを予防する食事もあります。しかし、逆にリスクを高める食事もあります。脂肪やコレステロールの多い食事です。これらは物忘れではなく認知症のリスクを高めてしまいます。また、飲酒や喫煙も神経細胞が破壊されることでも認知症発症のリスクが高まると言われています。さらに、脳の血管を詰まらせる病気の原因にもなります。飲み過ぎ食べ過ぎには注意しましょう。

言葉が出ないようにならないために (3)ストレスを溜めない

ストレスを溜めすぎることも言葉が出ないようになってしまう原因になります。ストレスはどうしても、仕事や人間関係などで溜まってしまいます。なので、溜めすぎないようにストレスを発散したり、ストレスを軽減する対策が必要になります。

趣味を楽しんだり、運動したりなどして、ストレスを発散するようにしましょう。また、人間関係でストレスを感じているのであれば、そのストレスを感じる相手から距離を取ったり、対応の仕方を考えてみましょう。

■参考記事:疲れたらリフレッシュ!コチラも参照

疲れを癒す方法7選!心と体の疲労を癒やしてリフレッシュ!
仕事が忙しい時の乗り越え方11選!リフレッシュしよう!

言葉が出ないようにならないために (4)サプリ

脳の機能を維持するためには意識して、栄養をバランス良く摂ることが重要です。しかし、毎日の食事で栄養をバランス良く摂ることが難しいと感じる人はサプリメントを利用しても良いでしょう。脳に必要な栄養をサプリメントで補うことで脳の機能低下を防ぎます。

レシチン

卵黄に含まれる成分で、細胞膜を作っている成分です。レシチンは記憶や睡眠、脳機能改善に効果があります。このレシチンは脳にとって、とても重要な栄養です。日常生活に欠かせない脳の動きを制御しているのでレシチンが不足していると、記憶力低下が起こりやすくなってしまいます。また、睡眠にも効果があるので、不眠症やイライラなどにも効果があります。

レスベラトール

レスベラトールは長寿に関連する遺伝子を活性化させてくれます。別名として、若返りの成分とも呼ばれます。脳の活性化や、シワや白髪の減らしたり、メタボの予防などに効果がある栄養素と言われています。実際にマウス実験ではレスベラトールが脂肪も蓄積を抑制する働きが流ことが確認されています。

イチョウ葉エキス

認知症の原因はアミロイド‐βとされています。このアミロイド‐βをイチョウ葉エキスは減少させてくれます。また、脳の血管障害を予防する効果があるので血流改善策、物忘れ防止、脳の病気予防に有効です。

アスタキサンチン

老化の原因になる活性酸素を抑制する力があるとして注目を集めている栄養素です。脳の病気を予防してくれるだけでなく、美白や視力回復効果も期待されています。特に、眼精疲労の症状を改善してくれるという実験結果が得られています。

DHA

頭を良くする栄養素として知られています。頭を良くするということは脳が活性化しているということです。DHAは大人よりも子供のうちに摂取した方が学力向上や集中力が高まることがわかっています。

言葉が出ないようにならないために (5)脳を使う

筋肉は使わないと筋力が減少し運動神経が鈍っていきます。脳も同様です、脳も使わないと、その働きが鈍ってしまいます。なので、普段から脳を使うようにしましょう。脳を使うときに、体も同時に使うと脳がフル回転します。なので、スポーツをすることが脳も体も使い、他の病気予防にも繋がるので有効です。

運動が苦手な人は、料理のように段取りを考えながら作業するようなことをしましょう。また、クイズやパズルなどで脳を使っても良いでしょう。

言葉が出ないようにならないために (6)脳に刺激を与える

年齢を重ねると、今までの人生でいろいろなことを経験してきているので、多少のことでは感動したり、驚いたりなどしなくなってしまいます。このような新しい経験や、感情は脳を活性化させてくれます。年齢を重ねると、どうしてもこの回数が減ってしまいます。なので、映画や音楽、本など、なんでも良いので、新しい経験や感動する回数を意識的に増やしましょう。

また新しい経験は、大きなものでなくても構いません。いつも使っている食器を買い替えたり、いつもと違う味付けの料理に挑戦したりするだけでも効果があります。

言葉が出ないようにならないために (7)脳を鍛える

先に述べた通り、脳は使わないと、その働きが鈍っていきます。普段から使うように意識している人は、さらに脳を鍛えるために訓練をしましょう。筋肉でいう筋トレと同じようなことです。

脳の訓練と言っても難しいことをする必要はありません。日記を書いたり、簡単な計算をしてみたりなどで十分です。重要なのは毎日続けることです。特に日記は脳の訓練に有効です。日記を書くということは、その日にあったことを思い出すということです。この思い出すという作業をしているときに脳は訓練されています。

また、思い出したことを文章にするときも脳の訓練になります。さらに、毎日日記を書くので、印象に残りやすいことが起こったときは日記に書けるように覚えておくという記憶の訓練にもなります。日記は多くの訓練ができるのです。

言葉が出ないようにならないために (8)有酸素運動

先に述べた通り、ストレスの発散と脳と体を使うため、言葉が出ないようにならないようにするために運動は有効です。運動も毎日続けることが大切です。ウォーキングやストレッチなどの汗を少し書く程度の軽い運動でも構いません。運動することで、右脳と左脳をバランスよく使い分ける訓練が自然と行われます。

言葉が出ないようにならないために (9)コミュニケーション

会話が苦手で言葉が出ないようになってしまう人には、直接的な訓練が有効です。人は苦手なことは避けようとします。しかし、苦手なことを避けていては、いつまでも苦手なままです。つまり、会話が苦手だからと言って、訓練せずにそのままでいれば、いつまでも言葉が出ない状態が続くということです。

訓練方法は、とにかく人とコミュニケーションを取ることです。できれば、会話を意識して回数を増やすことが有効ですが、苦手なことなので大きなストレスを感じてしまう可能性があります。そのような人はうまく会話できるように意識しなくても良いので、誰かと遊びに出かけたり、食事に行ったりして、会話の場を増やすことを意識しましょう。

会話の場にさえ行けば、自然と会話の回数が増えるので、訓練になります。また、遊びに行く場所を調べたり、お店を予約したり、相手の予定を聞いたりなど、計画を立てることも脳を使うことになります。

言葉が出てこない若者

言葉が出てこなくなるのは高齢者だけではありません。実は、20代や30代などの若い人でも言葉が出ないというときがあります。特に人の名前や、最近あったことなど、すぐに忘れてしまう20代の若者が増えているそうです。これから働き盛りを迎える20代の若者がすでに仕事に対して支障をきたしてしまうほど、記憶力が低下しているのです。

これは若年性健忘症の可能性があり、20代という早い段階でこの症状に悩んでいる人は意外と多いです。

若者の記憶力低下の原因

もともと、記憶力は20代から徐々に落ちていくと言われています。しかし、仕事に支障が出るほど記憶力が一気に低下することは通常ではありません。ここまで記憶力が低下するには何らかの原因があります。中には、事故などで脳に障害を負ってしまったり、仕事によるストレスから何らかの症状が引き起こされていることもあります。

ですが、最も問題とされている原因が、世の中が便利になりすぎたことで、若者に考える力がつかないということです。わからないことがあれば、ネットを調べればすぐにわかります。自分で面倒なことをしなくても、勝手に作業してくれるアプリやツールがあります。これらを若いうちから使いすぎることによって、自分で考える機会が減ってしまいます。

今まで考える機会が少なかった若者が20代になって仕事を始めると、自分で物事を考えないといけなくなります。しかし、考える力が弱い20代は思うように仕事で結果が出ないことに悩んでしまいます。

考える力の代わり

若年性健忘症に悩んでいる20代は多いです。これは考える力が弱く、脳をあまり使ってこなかったことが原因のときがあります。しかし、20代の若者たちには、考える力の代わりに身に付いている力があります。それは、調べる力です。

今は多過ぎるほど、情報が溢れています。その大量の情報の中から、自分にとって必要な情報を引き出すことは難しいことです。また、その情報の信憑性や正確性なども重要です。これらを段取り良く、情報を引き出せる能力を20代の若者は持っています。

もしかすると、20代の若者たちにとっては記憶力が低下したのではなく、記憶力を必要としなくなってきたのかもしれません。今は常に最新の情報で溢れているので、これからは自分の脳に必要な知識を入れておくのではなく、自分に必要な知識に段取り良くたどり着く力の方が大事なのかもしれません。そして、20代はすでにそのことを実行しているのかもしれません。

言葉が出てこない若者の改善法

もしも、自分で記憶する必要がなくなったとしても、さすがに仕事に支障が出るほど記憶力が低下していては意味がありません。脳を訓練して、ある程度の記憶力は持っておく必要はあります。20代であれば、まだまだ若いので、簡単な訓練法を実践すれば脳は活性化されます。

仕事でもパソコンやツールを使うことが多いでしょうが、それらを使う前に自分で計算してみたり、実行結果を予想してみましょう。また、積極的に他人とコミュニケーションを取ってみたり、仕事やプライベートで新しいことに挑戦してみたりしてみましょう。

20代という若さを活かして、多くのことに興味を持って脳を活性化させましょう。

日頃の訓練が大切

加齢や仕事によるストレス、性格などが原因で言葉が出なくなったりすることがあります。病気が原因の場合は病院でしっかりした治療を受ける必要があります。病気でなければ、脳を訓練することで改善することができます。これら治療や訓練は実践したからといって、すぐに効果が出るものではありません。なので、日頃からの訓練や予防が大切になります。

仕事でうまくいかない時、もっと情報を知りたいアナタに!

仕事のミスが多い人の原因と習慣9つ!ミスを防ぐには?
口下手な人の特徴!克服方法も解説!しっかり改善しよう
仕事で失敗して落ち込む時の立ち直り方9選!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ