全裸生活のメリット・デメリットとは?全裸生活は効果抜群?

「一度全裸生活をしてみたい!」そんな考えを持ったことのある人案外多いかもしれません。ただしやっぱり躊躇してしまいますね。全裸でご飯を食べたり、全裸で掃除したり、全裸生活ってどんな感覚なんでしょう? 今回は全裸生活のメリット・デメリットなどについて解説します!

全裸生活のメリット・デメリットとは?全裸生活は効果抜群?のイメージ

目次

  1. 芸能人にも多い全裸生活
  2. 全裸生活のメリット①ストレス解消になる
  3. 全裸生活のメリット②ダイエット効果が得られる
  4. 全裸生活のメリット③女性のデリケートゾーンを守れる
  5. 全裸生活のメリット④寝つきが良くなる
  6. 全裸生活のメリット⑤洗濯物からの解放
  7. 全裸生活のメリット⑥男性は生殖機能がアップする
  8. 全裸生活のメリット⑦衣服の締め付けがない
  9. 気になる全裸生活のデメリットとは?
  10. 全裸生活のデメリット①急な来客に困る
  11. 全裸生活のデメリット②外から覗かれる心配がある
  12. 全裸生活のデメリット③怪我をしやすい
  13. 全裸生活のデメリット④非常時に慌てる
  14. 全裸生活のデメリット⑤体が冷える
  15. 全裸生活は健康的!

芸能人にも多い全裸生活

全裸生活をしている人たちのことを「裸族」というそうです。
自宅で服はもちろんパンツさえ履かない全裸生活。
ご飯を食べる時も全裸、掃除する時も全裸、テレビを見る時も全裸、読書する時も全裸。暮らしのすべてを全裸のままでこなすのです。
例えば自分が全裸で部屋中を動き回っている姿を想像して見ると、なんとなく恥ずかしい、と思ってしまうのは私だけでしょうか?

tarako_fitnessさんの投稿
30590556 162666831099483 4511454456834949120 n

しかし、この全裸で暮らしている「裸族」、芸能人にも案外たくさんいるようです。
元AKB48の大島優子さんなどは、自宅ではもちろん、楽屋でもすっぽんぽんだそうです。パンツも脱ぎ捨て、リラックスしているとか。場所を選ばないんですね。
加藤夏希さんなどは、15歳まで家族揃って全裸で夕飯を食べていたそうです。家族全員が「裸族」なんですね。これはすごいです。

machiko0drem33さんの投稿
29738015 229296054481719 3073781899018108928 n

男性芸能人では、堂本光一さんが完全な裸族です。料理をする時、油がはねて困るとぼやいています。自分の部屋という場所が、完全なくつろぎの場所になっているのでしょう。
亀梨和也さんも、家に帰ったら一度すっぽんぽんになってくつろぐそうです。もちろん寝るときは全裸です。
イケメン俳優の斉藤工さんも全裸生活を満喫しています。
そのほかにも、タモリさん、市川海老蔵さん、浅野忠信さん、竹内涼真さん、渡辺直美さん、夏希さん、深田恭子さん、橋本マナミさんなど、数え上げたらきりがありません。
ストレスの多い芸能界。自宅に帰って自分だけの場所で全裸で暮らすことで、ストレスを解消しているのかもしれません。
しかし、逆にいろいろ気になってストレスにもなってしまうんじゃないかと思ってしまいますが、本当のところはどうなのでしょう。
裸族が讃える全裸生活の効果には、一体どんなことがあるのでしょう。

まず、全裸生活の暮らしのメリットから見ていきましょう。

全裸生活のメリット①ストレス解消になる

全裸生活での暮らしで、誰もが口を揃えていうことは、開放的な気分になるということです。
私たちは外に一歩出ると様々な締め付けにあっています。仕事、人間関係などでストレスも多く、様々な場面や場所で抑圧されていると言ってもいいでしょう。
帰宅して、一旦家に入ったら、すべてを脱ぎ捨て全裸になり、外での締め付けから開放され、服からも開放されることで、この上もない自由を感じるという効果があるのです。

また、暮らしの中で全裸になるのはお風呂に入るときぐらいでしょう。全裸で外に出ると警察に捕まってしまいます。絶対にできないことです。
外と部屋は、薄い壁一枚で区切られているだけ。
自分の部屋で全裸になることは、ちょっとしたタブーを破ることになり、その快感も得ることができるのです。

全裸生活のメリット②ダイエット効果が得られる

herbas_brilliantさんの投稿
30084556 192663461521101 5271539182894841856 n

全裸の暮らしは、常に自分のむき出しの裸体と向き合って生活するということです。
服を着ている時には気付けなかった贅肉にもいち早く気づくという効果があります。
「最近ちょっとたるんできたな。」と反省することが、着衣での暮らしより何倍も多いはずです。


yuuu_s17さんの投稿
30078966 225861774658954 1576182723377102848 n

また、部屋の全身鏡に、そこを通るたびに自分の全裸が映し出されます。チラッと見るだけでも全身像が見えるわけですから、全体的な体のバランスに気づくことも多いでしょう。じっくり自分の体を観察し、いろいろ反省したりすることもできます。

自分に体型維持についてモチベーションを保つこともできるわけです。

karada.rakulaboさんの投稿
29738256 821553778045554 132015638137798656 n

ダイエットをしている人は、重点的にどこを締めればいいのかが一目でわかるという効果も。
常に自分の体型と向き合っている暮らし。
自分の体型を気にしている人にとっては、大きなダイエット効果になることは間違いありません。

全裸生活のメリット③女性のデリケートゾーンを守れる

女性は普段あまり自分のデリケートゾーンのことは考えない暮らしをしています。男性と違って出っぱっているわけでもないし、男性ほどあまり気を使うことはないでしょう。
しかし、女性でもデリケートゾーンの病気にかかることもあるし、気をつけることに越したことはありません。
細菌というのは湿った暖かい場所で繁殖しやすいそうです。まさしく、女性のデリケートゾーンですね。

裸で眠ることによって、女性のデリケート部分を換気でき、さらに乾燥を維持できるようになるという効果があります。
それによって細菌からの感染を防ぐことができるのです。
全裸生活の暮らしは、一見女性の大事な場所をむき出しにしているように思えますが、逆の良い効果があるようです。

全裸生活のメリット④寝つきが良くなる

nemutayaさんの投稿
30079711 196852954254094 8744233675815649280 n

質の良い睡眠、つまり熟睡するためには、体温調節が大事なのだそうです。
体温調節がうまくいっていないと不眠症の原因となります。体温を上げすぎないこと、これが質の良い睡眠をとるための暮らしには大事なのです。
全裸で寝ることによって、体温の上昇を防ぎ、深い眠りを得るという効果があります。

帰宅したらすぐに全裸、部屋では素っ裸で過ごす、というのではなく、眠る時だけ全裸という人は結構いるようです。
叶姉妹の恭子さんがそうですね。裸族としての暮らしのことをテレビでよくしゃべっているのを目にしますが、熟睡するためには、効果的なんですね。

全裸生活のメリット⑤洗濯物からの解放

yucco___homeさんの投稿
29087828 371510563327916 5228896479837421568 n

一人暮らしだと特に感じるのが洗濯のめんどくささですね。
外出するときの服は仕方ありませんが、毎日の洗濯物は気づいたら結構な量になります。
しかし、全裸生活ともなれば、そんな心配も無用。洗濯物は確実に減ります。

パジャマや部屋着は必要なくなるので、洗濯物は半分くらいには減るでしょう。
洗剤なども使う量が減るので経済的です。
細かいことですが、大事なことですね。

6151さんの投稿
30077356 1846304585432759 2658937209830244352 n


◆関連記事:こんな生活してみたい!?

ミニマリストの生活はどんな感じ?意外に合理的で快適?
セレブ妻の生活とは?玉の輿を果たした女達の実情に迫る!

全裸生活のメリット⑥男性は生殖機能がアップする

男性にとって精力についてのアレコレはとても気になるところです。
全裸生活が精力の増大に影響するとなれば、食いつく男子も多いかもしれません。
質の良い睡眠をとるには、体温の上昇を防ぐのが大事、と先にに説明しましたが、精子の増大も体温の上昇が激しいと作られにくくなります。
普通であれが、下着をつけ、パジャマを着て布団をかぶって寝ると思いますが、そうなると体温が上昇しすぎてしまって精力が下がってしまいます。

itocafe_arataさんの投稿
29717940 1972755142985849 3414390539510874112 n

「睾丸を体温よりも低い温度に保つ」これが健康で受精しやすい精子を作り出すもっとも良い環境だと言われているそうです。
最近はトランクスよりボクサーショーツが男性のパンツの主流になったいるようですが、股間に密着しているので睾丸周辺の体温が上昇する原因になっています。
せめて眠るときぐらいは、股間を開放的にし、体温の上昇を防ぐようにしたほうがいいようですね。
全裸生活。精力の増大に役立つのであれば、試して損はないかもしれません。

全裸生活のメリット⑦衣服の締め付けがない

i_am_missxさんの投稿
30084613 2080666592174471 4864901162597351424 n

全裸生活は、人が見ていないとはいえ、最初はかなり違和感を覚えるかもしれません。すっぽんぽんというのはどこか頼りなく、自分が間抜けになったような気分になるものです。しかし、慣れてくると、これほど快適な生活はない、と全裸生活を実践している人は口を揃えて言います。
まず、第一に服による体への締め付けから解放されるという気持ち良さがあるのでしょう。

ほとんどの人は、外出から戻ってきて楽な部屋着に着替えるとは思いますが、全裸ともなればその開放感は次元が違います。
パジャマやパンツには、多少緩いとはいえ、体を締め付けるゴムがあります。全裸にはそれすら無いのですから、その開放感といったら天にも昇るような気分でしょう。何時間もそれで過ごすわけですから、心地悪いワケがありません。
血行も良くなり、眠るときはシーツの心地よさも感じることができ、深い眠りにつくこともできるのです。

気になる全裸生活のデメリットとは?

全裸生活のメリットについて説明してきましたが、全裸生活を躊躇する人が多いということは、それなりにデメリットもあるはずです。
一人だけの空間という場所ですが、時と場合によって不便だと感じることもあります。
次に、全裸生活のデメリットについて説明していきましょう。

全裸生活のデメリット①急な来客に困る

部屋でとんでもなくだらしない格好をしていて、急なお客さんや宅急便などがきたとき、慌てふためく人も多いと思います。
それが全裸とも慣れば、下着を身につけ、部屋着に着替え、見た目がある程度整った格好でお迎えしなければなりません。
そのまま全裸でドアを開けるなんて、お客さんは卒倒してしまいます。

自分の部屋は自分だけの場所ですが、第三者が介入してくるとなると、さすがに全裸でいることはできません。
玄関のインターホンが鳴ると同時に、裸族は慌てふためいてしまいます。
もちろん全裸生活に慣れている人は、そういう場合に備えて、パッと見きれる部屋着を用意しているとは思いますが、それでも来客を多少なりとも待たせてしまうことになりますね。
また、自分だけに場所ということで、全裸があまりに自然になっているため、ついついそのままの格好で出てしまった、という人もいるそうです。これにはピザを配達する人も度肝を抜かれますね。
全裸生活をする場所は個人的な空間ではありますが、ご近所に変な噂を立てられないように、十分注意しましょう。

全裸生活のデメリット②外から覗かれる心配がある

高層マンションの最上階ならいざ知らず、普通にアパートやマンションともなると、どうしても外から見られてしまうという心配があります。
開放感を重視している裸族。本当は、カーテンを開けて全裸のままで外の景色を眺めたいところでしょう。
春先や秋口ともなると、心地よい涼しい風が開け放たれた窓から入ってきます。ただし、外からは丸見えです。特に夜になると、外から見ると中の様子は、まるで劇場でお芝居を見るかのごとくよく見えるものです。

たった一人の場所ですが、自分の部屋だってどこかで社会と繋がっています。
全裸であまりにも開放的な気分になりすぎて、社会との接点を忘れてしまいがちです。
油断せず、外から覗かれても大丈夫なように対策を考える必要があります。
特に女性の場合、十分気を付けなければいけませんね。

new.taxさんの投稿
29716013 434227160350091 3499043305532948480 n

全裸生活のデメリット③怪我をしやすい

全裸生活を送るようになってから、生傷は増えた、という風にならないように気を付けなければいけません。
服を着ていない全裸には、ある意味危険がいっぱいです。手先や足先ならまだいいですが、普段隠しているや柔らかい部分を怪我してしまうと相当痛い思いをします。
開放的な気分になりすぎて、体の動きが大きくなり、部屋の家具などに体をぶつけて痛い思いをしたり怪我をするというデメリットも全裸生活にはあるのです。

yu.7798さんの投稿
30591871 400821293719171 625658507462443008 n

特に料理をするときなど気をつけたほうがいいでしょう。堂本光一さんも言っていますが、揚げ物をするときなど油がはねて火傷をしてしまう恐れがあります。ちょっと変な格好で恥ずかしいですが、裸にエプロンぐらいはしたほうがいいですね。
もうすでに全裸ですから、裸にエプロンが恥ずかしいなんて思うこともないとは思いますが。

kaedeco7さんの投稿
30078367 461022407664158 6594724632908005376 n

全裸生活のデメリット④非常時に慌てる

sasamasa213さんの投稿
18252685 214396132392374 1218468039893188608 n

最近は自然災害が増えています。地震も多いですし、いつ何時非常事態があるかわかりません。
自然災害だけでなく、火災も心配ですね。
全裸の場合、さすがにそのまま瞬時に外に出ることはできません。また、服を着ていないので火災にしろ地震にしろ、むき出しの体ですから怪我や火傷をしてしまう可能性もあります。

kazdragonさんの投稿
29088863 2020217238246404 4230415423599804416 n

全裸生活をしている人は、被災ということに関して他の人以上に気をつけなければいけないでしょう。防災袋を常に用意し、すぐに頭からかぶれるような、女性だったらゆったりしたワンピースなどを、すぐに手に取れるような場所に置いておいたほうがいいでしょう。
また、裸族はパンツも履いていないことが多いので、防災袋の中には、きちんと下着も入れておきましょう。

全裸生活のデメリット⑤体が冷える

rina0431さんの投稿
30077794 178228306068953 7452963023972466688 n

基本的に、冷え性の人は全裸生活は無理と考えたほうがいいかもしれません。
もちろん全裸生活には、健康面のメリットもありますが、それ以上に体が冷えてしまうという健康面のデメリットも大きいと言えるでしょう。
体の冷えは、血行不良からくる肩こり、新陳代謝の低下などを引き起こします。
夏場など、クーラーの設定気温を低くしすぎて体が冷えてしまうということもありますし、春先や秋口などは朝晩の冷え込みが予想以上に大きかったりします。

冷え性の人で、どうしても全裸生活をしたいという人がいたら、部屋の温度管理をしっかりしておくことが大事です。寝るときにタイマーで起床時の室温を上げておくとか、クーラーを低すぎる温度設定にしておかないなど、夏場の万全の対策をしておきましょう。

全裸生活は健康的!

いかがでしたか?
全裸生活というものは、自分の殻を破り、恥ずかしさをかなぐりすてることが大切です。最初は、かなり違和感を感じるかもしれまえんが、慣れてくるとその居心地の良さに病みつきになるでしょう。
自分の体型に自信のない人などには特にオススメです。体型維持のモチベーションも上がるし、何より自分の裸体の醜さがあからさまにわかるので、ダイエット効果もありますね。

デメリットも確かにありますが、十分気をつけて生活していれば問題もないと思われます。
全裸生活をしたいと思っているけれど、今一歩踏み出せないという方、1日だけでもやってみても損はないと思います。
ただし、慣れてくると油断してそのまま外に出ていかないように気をつけてくださいね。

もっといろんな生活について知りたい方はこちら

だらだらしてしまう人必見!だらだらしない方法紹介!【生活改善】
テレビを見ない生活の効果は?メリット・デメリットをまとめました!
生活感のない部屋の作り方のコツと収納術解説!

関連するまとめ

naogeba
naogeba
楽しいことが好きです!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ