鯉の寿命は?鯉の種類別の寿命と鯉のおすすめレシピ3選

みなさんにとって鯉はとても身近な魚ではないでしょうか。日本のいたるところで見かけますが、鯉の寿命や種類をご存知ですか?鯉は長生きの象徴とは言いますが、実際にどのくらい生きるのでしょう。今回は長寿にあやかった鯉のおすすめレシピも紹介します。

鯉の寿命は?鯉の種類別の寿命と鯉のおすすめレシピ3選のイメージ

目次

  1. 鯉の寿命は?鯉の種類別の寿命と鯉のおすすめレシピ3選
  2. 【鏡鯉の寿命】鏡鯉の平均寿命は20年
  3. 【ヒレナガニシキゴイの寿命】ヒレナガニシキゴイの平均寿命は20年
  4. 【パーカーホの寿命】世界最大の鯉「パーカーホ」の平均寿命は20年
  5. 【錦鯉の寿命】錦鯉の平均寿命は30年
  6. 【マハシールの寿命】野生に棲む鯉「マハシール」の平均寿命は不明
  7. 【最長寿命】世界最長の錦鯉「花子」の寿命は226年
  8. 【他の魚の寿命】鯉の寿命を他の魚と比較
  9. 【池の鯉の寿命】池で鯉を飼育した時の平均寿命は70年
  10. 【水槽の鯉の寿命】水槽で鯉を飼育した時の平均寿命は20年
  11. 鯉の年齢の調べ方
  12. 最大サイズの鯉
  13. 錦鯉を長生きさせるために注意するポイント
  14. 錦鯉が好きな環境
  15. 錦鯉の飼育方法
  16. 長寿にあやかりたい!鯉料理のおすすめレシピ
  17. 愛らしい錦鯉の姿が楽しめる!全国のおすすめ錦鯉スポット
  18. 鯉の寿命は?鯉の種類別の寿命と鯉のおすすめレシピ 3選のまとめ

鯉の寿命は?鯉の種類別の寿命と鯉のおすすめレシピ3選

鯉(コイ)といえば、観賞魚としてはとてもメジャーな魚。

公園や城郭のお堀、名勝と呼ばれる庭園の池などには、ほぼ確実に鯉が放流・飼育されていますね、

鯉は、実はとても長生きする魚として知られていて、日本では古くから長生きや出世の象徴として重宝されてきました。5月の節句にこいのぼりを掲げるのも、そんな鯉にあやかって子どもの成長を祈るというものなんです。

でも、実際のところ、鯉ってどれくらい長生きするのでしょうか?

金魚なんて数年で死んでしまうし、長生きするとはいえ魚なんだからびっくりするような長生きはしそうにないですよね。

この記事では「鯉の寿命」について注目し、鯉の種類別の寿命や記録などについて解説していきます。

【鏡鯉の寿命】鏡鯉の平均寿命は20年

鏡鯉はドイツ原産の鯉の一種で平均寿命は20年以上です。

背中やエラに沿った鱗が鏡のように美しいことから名付けられました。

日本ではほとんど出回っておらず入手は困難です。

【ヒレナガニシキゴイの寿命】ヒレナガニシキゴイの平均寿命は20年

出典: https://www.47news.jp/2712990.html

ヒレナガニシキゴイとは日本の錦鯉とインドネシアのヒレナガゴイを掛け合わせた種です。

平均寿命は錦鯉と同じくらいの20年以上、体長は60センチくらいです。

ヒレナガニシキゴイは名前の由来ともなった、背びれや尾ひれ、腹ひれの長さが特徴で、錦鯉の2倍の長さがあります。

【パーカーホの寿命】世界最大の鯉「パーカーホ」の平均寿命は20年

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9B

パーカーホとは、カンボジアやタイを原産とする淡水魚。

平均寿命は20年と比較的長寿。ただし成長スピードは遅めで、成魚に育つまでに7年かかります。

コイ科ではありますが背びれのトゲや口ひげといった鯉の特徴はありません。

特筆すべきはパーカーホのサイズ。体長最大3メートル、体重300キロまで育つ個体もいて、草食魚のなかでは世界最大といわれています。

日本でもパーカーホの稚魚が販売されていて、大体3,000円くらいで手軽に購入できます。

はじめは10センチくらいと小さいパーカーホですが、成長すると1〜3メートルにもなりますから、ストレスなく生きることのできる水槽など飼育環境を整える必要があるでしょう。

【錦鯉の寿命】錦鯉の平均寿命は30年

出典:イラストAC

錦鯉の寿命は平均30年くらいで、ほかの普通の鯉と比べて寿命が長めです。

飼育環境が整っていればなんと70〜100年生きることも珍しくなく、なんと226歳まで生きた錦鯉もいるそうです。

錦鯉を長生きさせるには何と言っても環境を整えることが大切。水槽で飼育できるのはだいたい10歳くらいまでです。

水槽で錦鯉が自由に向きを変えられなくなったら水槽での飼育は限界です。窮屈な環境は錦鯉にとって大きなストレスとなりますので、水槽以外での飼育方法を考えましょう。

ストレスは錦鯉の寿命を縮めてしまいますから、できる限りストレスを取り除きいつまでも元気に長生きさせてあげましょう。

錦鯉というのは野生の鯉を観賞目的に改良した種類で、通常野生の錦鯉は存在しません。

ただし、まれに錦鯉を飼育していた人が自然の池に逃がしたものが生き残ることはあるようです。

ちなみに野生の鯉の平均寿命は50年前後。イギリスの動物雑誌に発表された1935年のデータでは、鯉の寿命47年と記録されています。

この雑誌にはほかの魚類の寿命についても記載されており、最も長寿なのはなまずの60年だそうです。

【マハシールの寿命】野生に棲む鯉「マハシール」の平均寿命は不明

出典:http://aquana.jp/item.asp?uintIid=1213

マハシールは東南アジアやヒマラヤ原産のコイ科の淡水魚です。

野生のマハシールの寿命ははっきりしていません。

最大2メートルくらいまで成長するので、パーカーホの次に大きい世界2位の鯉です。

ヒマラヤ原住民のあいだでは黄金に輝くマハシールは神の魚、幻の魚と崇められています。

マハシールはペットとして飼育できますが、ただし安くても8,000円前後、高い個体だと30,000円以上の値段がつく高級な魚です。

また寿命がはっきりしておらず、飼育してみないことにはいつまで生きるかわからないことも頭に入れておかねばなりません。

【最長寿命】世界最長の錦鯉「花子」の寿命は226年

出典: http://sekaibuzz.com/archives/395

世界最長寿命の錦鯉は、岐阜県加茂郡白川村の越原家で飼育されていた花子で、なんと226歳の長寿でした。

花子は江戸時代から生きていた錦鯉で、1983年にはギネスブック認定もされています。

平均寿命20年と言われるなか、その10倍以上の寿命の花子。越原家は7世代で花子を飼育してきたそうです。

【他の魚の寿命】鯉の寿命を他の魚と比較

出典:写真AC

1935年に発表されたイギリスの動物雑誌には、鱗や耳石などから調べた魚の最高年齢が報告されています。

【魚の種類】最高齢

【なまず】60年
【ヨーロッパうなぎ】55年
【アメリカうなぎ】50年
【鯉】47年
【チョウザメ】46年
【真鯛】15年
【真鰯】5~6年
※イギリスの動物雑誌調べ

その報告の一例をあげてみますと、なまず60年が最高齢で、ヨーロッパうなぎ55年、アメリカうなぎ50年、鯉47年、チョウザメ46年、真鯛15年、真鰯5〜6年となっています。

魚類のなかでも、「なまず」や「うなぎ」、そして「鯉」は長寿で有名。

なまずだと50〜60年生きる例も多く、鯉の場合は日本の岐阜県東白川村で226歳まで生きた花子が存在します。

【池の鯉の寿命】池で鯉を飼育した時の平均寿命は70年

出典:写真AC

鯉の平均寿命は20年ですが、ストレスフリーの池で育てれば70年以上と長生きさせることができます。

長生きさせたいなら、水槽より池での飼育がおすすめ。広々と泳ぎ回ることができれば鯉にストレスがかからず、平均より長生きさせることができます。

【水槽の鯉の寿命】水槽で鯉を飼育した時の平均寿命は20年

出典:写真AC

鯉を水槽で飼育したときの平均寿命は20年前後です。

より長生きさせるためには水槽より池の方がベター。

鯉を愛し長生きしてほしいなら、できれば池での飼育を視野に入れましょう。

鯉の年齢の調べ方

出典:写真AC

鯉の年齢は、鱗、耳石、ひれすじ、背骨にある年輪から探ります。

この鱗の年輪で鯉の年齢を調べるやり方は、300年前からおこなわれていたそうです。

ただ、鱗の年輪から年齢を調べられるのは四季により水温変化のある温帯魚だけ、しかも成長がさかんな若いときだけです。

一般的に長寿の魚というのは大きく育つ傾向にあり、また活発に動き回るよりじっと静かにいる魚の方が長寿です。

最大サイズの鯉

錦鯉はすくすく元気に長生きすると、体長1メートルくらいになるようです。

1年に1センチずつ伸びていき20年生きれば2メートルの計算になりますが、実はそこまでは伸びず途中で成長が止まります。

しかし、日本各地では時々、驚くほど大きな鯉が発見されています。

例えば、琵琶湖では長さ1.5メートル、重さ45キロの巨大な鯉が捕獲されました。

また、2017年には福岡県の筑後川で長さ1.2メートル重さ16.9キロの鯉が発見されています。

さらにさかのぼり1985年頃には愛媛県の肱川で長さ1.25メートルの真鯉が捕獲されたという記録もあります。

錦鯉を長生きさせるために注意するポイント

錦鯉をより大きくより美しく育てるためには錦鯉の健康をキープすることが第一です。

では錦鯉を健康的に育てるためのポイントをご説明いたします。

ポイント①エサを過剰に与えない

錦鯉は食欲旺盛で生命力豊かな魚。水面に顔を出しエサをねだる様子が可愛くて、どんどんエサを与えてしまう方がいます。

ですが、エサの与えすぎは禁物。錦鯉が死んでしまうこともあるのです。

錦鯉には胃がなく、口から入れた食べ物はすべて腸に送られる仕組みです。腸の動きは水温により左右されるので、夏はよく食べ消化できても冬はあまり食べなくなり消化もあまりできません。

とくに水温20度以下になると腸機能が低下します。そんなときにエサを与えすぎると食べきれないエサが水を汚してしまい、最悪の場合は内臓障害を起こして死に至ります。

錦鯉は2週間ほどエサを与えなくても死なないのですが、逆にエサを与えすぎると死ぬことがあります。

ポイント②水温に気を付ける

錦鯉を飼うにあたり、一番気をつけたいのが水温と水質。錦鯉は水温・水質の急激な変化に弱い生物です。

昼と夜の温度差が大きいのはNGなので、水槽ならなるべく温度差のないところに置きヒーターで管理するのがよいでしょう。

池の場合は水槽のような管理が難しいので、事前に温度差などをきちんとチェックしてから放流しましょう。

水質も急激な変化は禁物で、たとえばペットショップから購入後すぐに袋からドバッと別の水に入れ替えてはいけません。

ただしペットショップで購入したままの水は病原菌が混入していることもあり、そのまま使うのはおすすめできません。

まず新しい容器に購入時の水とカルキ抜きした水を混ぜ入れたところに数時間錦鯉を入れます。

その後、カルキ抜きした水を入れた水槽に移してあげるとスムーズです。水を替えるときも、3分の1くらいずつ入れ替えるなどの工夫をしてください。

錦鯉は比較的水質の悪い川などでも生育できる強い生物ですが、急激な変化が苦手なので注意しましょう。

ポイント③病気に気を付ける

錦鯉はほかの飼育用の魚と同様の病気にかかり、病気で死ぬこともありますし、ほかの個体に感染するリスクもあります。

病気を予防するには美しい水質を保つこととダメージを与えないことです。

錦鯉はある程度水質の悪いところでも生きられますが、それでもあまりに水質が悪くなってくると病気にかかりやすくなります。

たとえば水を入れ替える際の錦鯉の移動のとき、錦鯉の皮膚を傷つけてしまうと、傷から細菌が入り病気になることがあります。

また外傷ではなくストレスがかかりすぎると抵抗力が弱まり病気にかかるリスクが上がります。

ポイント④他の魚と混泳させない

錦鯉と金魚などの小魚を混泳させるのはやや難しいでしょう。

錦鯉が稚魚のうちから混泳させれば、金魚をえさと思わずに共存できることもありますが、やはり体格差が大きい魚同士を混泳させると、食べてしまうことが多いです。

ちなみに錦鯉はザリガニのような甲殻類も食べてしまうほどの強力な捕食力を持っています。

混泳させる場合は同種のみにするのがベター。

錦鯉なら巨大な水槽でポリプテルス、アジアアロワナ、オスカーといった大型魚と混泳させられます。

錦鯉が好きな環境

錦鯉は魚のなかでも長寿に分類され、20〜70年くらい生きます。錦鯉の年齢は、鱗の年輪でわかるそうです。

岐阜県東白川村で飼育の錦鯉の花子はなんと226年生きていると推測されギネスにも載っています。

ほかにも、1967年の調査では150歳以上の錦鯉が6匹も見つかりました。

ちなみに、飼育されている錦鯉と、四万十川や琵琶湖に生息する野生の野鯉は遺伝子レベルでかなり違う種です。

意外にも鯉は水質のよい環境だと餓死してしまう生き物で、比較的水質の悪い低酸素の環境を好みます。

鯉のかかる病気として有名なのがコイヘルペスウィルスで、錦鯉が河川などに放流され野生の鯉に病気が感染するケースもあります。

錦鯉の飼育方法

錦鯉は稚魚のうちは90センチ規格の水槽で飼育し、水槽が小さくなってきたら屋外の池に放します。

ただ、錦鯉の平均サイズは90センチほどなので、2メートル以上の大きな水槽の場合はそのまま水槽で飼育しても大丈夫です。

錦鯉は水温の低い環境を好むので、池なら深くする、水槽ならクーラーを設置するなど低音をキープする工夫が必要です。

冬の寒さに強い錦鯉ですが、水量が少なく水が凍ってしまうと生きられませんから注意してください。

錦鯉は沈下性のエサが苦手で浮上性のエサしか食べません。沈下性のエサは錦鯉に食べられないまま水を汚すだけなので、必ず浮上性のエサを与えましょう。

また飛び出し事故防止のため、水は水槽や池にギリギリまで入れず、やや低めの水位を保ちましょう。

錦鯉は強い生命力で多少の環境の悪さをものともしません。

それでも1ヶ月以上水を入れ替えない状態、35度以上の水温、あまりに酸素含有量の少ない状態だと死んでしまうことがありますので気をつけましょう。

水槽の場合、外部フィルターだと排泄物が詰まりやすいので、投げ込み式で換水頻度をあげるのがベスト。底に何も配さずベアタンクで管理すれば排泄物の処理が簡単です。

なかには自分で飼育できなくなった錦鯉を池や川に放流してしまう方がいますが、錦鯉は口に入るものなんでも食べてしまう習性を持つため環境破壊の要因となります。

絶対に錦鯉を自然に放流することはやめてください。

長寿にあやかりたい!鯉料理のおすすめレシピ

古くから長寿の力を持つ生き物を食用として口にすることで「長寿にあやかる」という思想があります。

鯉も例にもれず長寿の食材として重宝されており、特に長野県・山形県・茨城県では美味しい鯉料理が食べられる名店も数多く知られています。

鯉料理といえば、よく知られているのは次のメニューでしょう。

鯉の洗い(あらい)

生の鯉の身をお湯にさらした後に冷水でしめて、酢味噌やからし味噌などでいただく、鯉料理の代表格です。

「洗い」と聞くと、お刺身を流水や氷水でしめるものをイメージするかもしれませんが、それでは洗いになりません。

お湯と冷水でしめることで身の表面がわずかに硬くなり、コリっとした独特の食感が楽しめるのが洗いの特徴です。

ご自宅で楽しむなら、身を薄切りにするのではなくちょっと大きめのブロック状に切ると成功しやすいですよ。

鯉の鮮度が食感を左右する繊細なメニューですから、鮮度が高い鯉が手に入ったらぜひ挑戦したいですね。

鯉こく

出典:https://cookpad.com/recipe/4384946

洗いと並んで鯉料理の代表格に君臨するのが『鯉こく』でしょう。

鯉の身を輪切りにして味噌でじっくりと煮込んだら完成する、鯉料理の中では難易度が低いレシピです。

濃いめの味噌でじっくりと煮込めば、鯉の泥臭さが気になる方でも「これ、鯉なの?」と気づかずに食べてしまうほどの味わいに変身します。

大根・にんじんなどの根菜と一緒に煮込んで、鯉のエキスがたっぷりの豊潤なおみそ汁としていただく地方もあります。

鯉のうま煮

出典:https://cookpad.com/recipe/4864500

煮魚が大好きな方ならぜひおすすめなのが『鯉のうま煮』です。

鯉は身がたんぱくであると知られていますが、実は非常に脂のノリが良く、熱が入るとトロリとした食感が楽しめるお魚なんです。

鯉のトロリとした身と甘い煮汁が合体すると、なんともいえない幸福感がたっぷりの煮魚が完成します。

どうしても臭みが気になる方は、少量のショウガと一緒に煮込むと臭みが消えるうえにショウガの風味が食欲をそそる仕上がりになりますよ。

鯉のから揚げ

出典:https://cookpad.com/recipe/4384953

ちょっと意外に感じる方も多い『鯉のから揚げ』ですが、脂がたっぷりのった鯉はから揚げにピッタリの食材です。

鯉の切り身に片栗粉をまぶして油で揚げるだけのカンタン調理ですが、揚げたてをしょうゆ・お酒・砂糖をひと煮立ちさせたタレにくぐらせることで絶品料理に変身します。

お好みでレモンや一味唐辛子を加えるとさらに美味しくいただけますよ。

愛らしい錦鯉の姿が楽しめる!全国のおすすめ錦鯉スポット

全国の各所に錦鯉が放流されている名勝がありますが、そのなかでも特におすすめな錦鯉スポットを紹介しましょう。

東京・清澄庭園

出典: http://park.tachikawaonline.jp/park/8_kiyosumi.htm

「鯉のテーマパーク」との呼び声が高い、東京都江東区にある清澄庭園。

ここは明治時代に三菱財閥の初代総帥である岩崎彌太郎が整備した立派な日本庭園が来客の心をなごませるスポットですが、たくさんの鯉が泳ぐ大池があることでも有名なんです。

真鯉が目立つ池ですが、中には1m近い錦鯉もたくさんいるので、ぜひ探してみましょう。

こちらでは陸地と池との段差が小さいため、園内で販売されているエサをあげながら鯉に触れることができます。

お子さんも大興奮の「鯉のテーマパーク」で錦鯉の優雅な姿を楽しみましょう。

長崎県・鯉の泳ぐまち

出典:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/955/

長崎県島原市では、古い町並みのなかに清らかな水路が流れている風景が人気の新町というスポットがあります。

こちらでは、約100mの水路になんと1500匹もの錦鯉を放流しており「鯉の泳ぐまち」として観光客の目を楽しませています。

島原市は名水の地としても知られており、錦鯉を飼育しているスポットが多いという点でも注目ですね。

三重県・伊勢シーパラダイス

出典: https://www.asoview.com/note/143/

2019年最大の注目株といえばこちらでしょう。

三重県伊勢市にある『伊勢シーパラダイス』では、なんと「目がハートマーク」になっている錦鯉が人気を集めています。

2018年に東京タワー水族館から譲渡されたこの鯉は、両目に赤いハートマークのような模様があり、Twitterの公式アカウントに投稿されたことで一斉に話題になりました。

「撮影できたら恋愛運がアップする」と必死にスマホを向ける来館者も多く、伊勢神宮への参拝ついでに立ち寄る観光客も多いそうです。

鯉の寿命は?鯉の種類別の寿命と鯉のおすすめレシピ 3選のまとめ

鯉の寿命や飼育方法、おすすめの鯉料理レシピや全国の錦鯉スポットなど、鯉について徹底解説しました。

私たち日本人にとっては目にも、口にも、風習としてもなじみが深い鯉ですが、驚くほどの生命力を持つ縁起が良い魚なんですね。

最後になりますが一点だけ注意を呼び掛けたいのが「鯉の放流」です。

そもそも鯉は中国が原産の外来種です。

日本の河川・池・湖には、もともと生息している在来種の魚がいます。

そこに鯉を放流してしまうと、強力な生命力を持つ鯉が在来種を絶やしてしまうため、生態系の破壊がない場所でしか放流するべきではありません。

もし家庭で鯉の飼育が難しくなったとしても絶対に放流はせず、水族館や鯉を飼育している施設に寄贈するなど適切な方法でお別れをしましょう。

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ