大事な人と大切な人の意味の違いとは?大事な人はどんな人?

「大事な人」と「大切な人」って意味に違いがあるのでしょうか? 言葉の意味を知れば今まで「大事な人」と思っていた人が実は「大切な人」だったり、「大切な人」が「大事な人」だったりするのかも。今まで知らなかった本当の意味を知って本当に大切な物に気づけるかも?

大事な人と大切な人の意味の違いとは?大事な人はどんな人?のイメージ

目次

  1. 「大事な人」と「大切な人」は違う意味?
  2. 「LIKEとLOVE」「恋と愛」から考えてみる
  3. 「LIKEとLOVE」の違い
  4. 好きな人への気持ち、「恋と愛」の違い
  5. 辞書で見る「大事」と「大切」の違い
  6. 「大事な人」と「大切な人」の違いを推察する
  7. 案外ドライ、「大事な人」の正体はこれ!
  8. 友達も含みます、「大切な人」の正体はこれ!
  9. 「大事な人」と「大切な人」の違い
  10. 私にも「大事な人」は沢山います。でもでも・・・・・・

「大事な人」と「大切な人」は違う意味?

恋人は大事な人、家族は大切な人、私の好きな人はどっち?

「田中君のことはLOVEだけど、あなたのことはLIKEなの」

こんな台詞って聞いたことありませんか? 思い当たる人もいれば、何だか聞いてるだけでニヤニヤ笑いが止まらないという人もいるかもしれません。あるいは似たようなニュアンスで「田中君には恋してるだけだったけれど、あなたのことは愛してるの!」なんてこと、言う人もいますよね。

今回は、そんな言葉に関する興味深い情報をお伝えします。題して「大事な人と大切な人の意味の違いとは?大事な人はどんな人?」です。「大事な人」と「大切な人」、一見同じ意味に聞こえますが実は違うみたいなんです。それってLIKEとLOVEくらい違うんでしょうか。それとも恋と愛くらいの違いなんでしょうかね? 

日本語って面白い、言葉のニュアンスを大事にする日本人だからこその、そんな言葉に関するいろいろな疑問について、しっかりはっきりと答えを出してみたいと思います。

「LIKEとLOVE」「恋と愛」から考えてみる

好きな人に恋しているし、恋人は愛してる!

冒頭で話に出てきた「LIKEとLOVE」「恋と愛」についておさらいしてみましょう。もしかしたらこの言葉の中に大事な人と大切な人の違いを解き明かすヒントがあるかもしれません。

というのも、この「LIKEとLOVE」「恋と愛」のお話は、誰でも思春期の時に1度は聞いた覚えのある話ですから、そこから「大事な人」と「大切な人」について、考える道しるべを探してみようという事です。

「LIKEとLOVE」の違い

友達はLIKEで恋人はLOVE、好きな人はどっち?

では始めに「LIKEとLOVE」についてですが、これはどちらも「好き」を表す英語ですよね。しかし、英語ですから日本語のニュアンス的な違いでは無くて、はっきりとした意味の違いがあります。

LIKEは、物事の嗜好性、好みに関する好きという意味、友達やグループメンバー。
LOVEは、感情表現として、LIKEより深い愛情を表す「好き」という意味、恋人や好きな人も含む。

言葉の違いが、その国の人の性格まで決めてしまうというような話もあるので、日本人のなあなあな性格とはっきりと物を言う欧米人の気質の違いは、このような言葉の厳密な違いの影響もあるとも言われています。


◆関連記事:好きの意味が知りたい方はこちら

好きってなに?恋愛感情と友情の違いは?【恋とは何か】
好きって何?恋愛感情を見極める方法9選!

好きな人への気持ち、「恋と愛」の違い

最高の愛に当たる言葉は「アガペー」

では日本語である恋人や好きな人への気持ち、「恋と愛」についての違いについて考えてみましょう。これもどちらも好きな人に対する感情を表す言葉です。「好き」という感情を表す言葉なのでどちらも英語で言えば「LOVE」ですよね。

しかし、愛には好きな人以外にも家族や友人に対する愛もあれば、「愛国」や「愛犬」のような人でないものに対する愛もあります。その他にも「恋」が自分本位の利己的な感情であるのに対して、「愛」は自己犠牲もいとわない他者への奉仕を表す場合もあります。

特に、自己犠牲をいとわない他者への献身的な愛をギリシャ語では「アガペー」と呼びます。アガペーは真の愛とされ「キリストの犠牲」を指したり、哲学では「エロス」と対になる言葉として論じられたりしました。

辞書で見る「大事」と「大切」の違い

大事も大切も英語では「Important」

では、大事と大切ではどうでしょうか? 英語では大事と大切は両方とも「Important」という言葉で表されます。これは英語では「LOVE」と同じで二つの言葉は同じ意味という事ですよね。では日本語では「大事」と「大切」は同じ意味の言葉なのでしょうか? 調べてみると、二つの言葉にはちゃんとした違いがありました。

「大事」ということばは、大きな事という言葉が縮んだ状態ですよね。つまり「事」であるという事が、この言葉の意味の要点となっています。「事」という言葉は「事件」や「事柄」の様な出来事をさす言葉です。


一方、「大切」という言葉は、事の部分に「切る」と言う言葉が当てられています。この「切る」という言葉は時間的な制約を表していて「締め切り」や「切迫する」などのように時間と結び次いだ言葉だと言うことです。

つまり、二つの言葉には厳密な意味の違いがあると言うことです。それではその意味の違う二つの言葉が、「人」という言葉に結びついたときにどんな違いが出てくるのでしょうか?

「大事な人」と「大切な人」の違いを推察する

「大事」と「大切」が分かれば、後は簡単!

「大事」と「大切」の違いが分かったなら、「大事な人」と「大切な人」との意味の違いにも、あと一歩で近づけるはずです。しかし、ここからは辞書には載っていません。「大事な人」も「大切な人」も単語では無いのでしょうがありませんよね。

しかしご安心ください。私たちには「大事」と「大切」の言葉の意味の違いが分かります。この言葉を道しるべにして、二つの言葉の意味を推察することが出来るのです。あなたの恋人は、友達は、家族は? 果たしてどちら側の人なのでしょうか?

案外ドライ、「大事な人」の正体はこれ!

「大事な人」は、あなたと利害関係のある間柄の人

それでは「大事な人」とはどんな人なのでしょうか? 「大事」の意味から推察するに、「大事な人」とは、何か重要な「出来事」に影響のある人物と言うことになります。重大な出来事と言えば、学生なら勉強で、それを教えてくれる先生が大事な人という事になります。

「先生なんて、私にとってはちっとも大事じゃ無いね!」という跳ねっ返りな人もいるかもしれませんが、言葉の意味から推察するに学生にとっては「大事な人」は先生に間違いありません。

それから、就活生なら面接先の会社の人事の人があなたの「大事な人」と言うことになります。「え、あのおじさんも私の大事な人なの? ショック!」

もちろんそうです、あなたの人生に今後多大な影響を及ぼすであろう人物は、たとえ会ったばかりであろうと大事な人と言うことになります。

でも、これではちょっとロマンがありませんよね。

友達も含みます、「大切な人」の正体はこれ!

「大切な人」は恋人や友達、家族などのこと

それでは、大切な人とはどんな人なんでしょうか? こちらも「大切」の言葉の意味から「大切な人」の意味を憶測してみたいと思います。「大切」は時間的な影響のある事柄を指す言葉、より切迫した状態を指すという事でした。つまりその時までに継続した関係を持っているという事になります。

継続的な関係を持っている人と言うことは、家族や友達、恋人などのように、ある程度の時間、関係を維持しているという事になります。つまり、恋人や友達、家族は「大切な人」であると言えます。

「やった、私の彼氏は私の大切な人!」思わず舞い上がってしまいますよね。やっとロマンチックな内容になって私も嬉しいです。

他にも「大事な人」として紹介した学校の先生だって継続的な関係があるわけですから、人によっては「大事な人」よりも「大切な人」となっている事もあるでしょう。

「大事な人」と「大切な人」の違い

「大事な人」よりも「大切な人」の方が重要!

以上のことから「大事な人」と「大切な人」の違いは、はっきりしたことと思います。まとめると、

「大事な人」というのは、あなたにとって利害関係のある間柄であって、自分の置かれている状況に影響を強く及ぼす人物である。


「大切な人」とは、あなたにとって継続的な関係があって、「大事な人」よりも切迫した状況に置かれている間柄にある人物である。

つまり、恋人や友達、家族は「大切な人」で、面接の人事や上司、取引先の社長やその娘さんは「大事な人」と言うことになります。そしてその状況には変化があって、たとえは取引先の社長さんの娘さんと恋に落ちて恋人関係になれば「大切な人」となることもあり得ると言うことです。

反対に、継続的な関係があって「大切な人」だった人が「大事な人」となってしまうパターンもあります。恋をして結ばれたはずのカップルでも、年をとって旦那さんを財布のように扱っている夫婦の場合は、奥さんにとって旦那さんは「大事な人」と言うことになってしまいます。

私にも「大事な人」は沢山います。でもでも・・・・・・

「大切な人」のいる人生は素晴らしい

いかがでしたでしょうか、「大事な人と大切な人の意味の違いとは?大事な人はどんな人?」お役に立つ情報でしたでしょうか?

私はいままで「大事な人」も「大切な人」も同じような意味として使っていましたが、今回の記事を書いて、二つの言葉には厳密な意味の違いがあることが分かってしまいました。

こうなったらこれからは、おいそれとは人のことを「大切な人」なんて言えませんね。でも代わりに「大事な人」という言葉は気軽に使えそうです。

私にとって「大事な人」はあの人とあの人とあの人、それからあの人も「大事な人」です。う~、でも本当は「大切な人」が欲しいよ~!

もっと、言葉について知りたいあなたにはこちらもおすすめ!

お嬢様言葉21選まとめ!悪口までもがお上品?
大和言葉は美しい!言い換えや例文を紹介します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ