彼女と別れたいけど言えない・・・上手な別れのサインガイド

大好きだった彼女でも長く付き合っていくうちに価値観の違いなどが原因で別れを意識するようになることがあります。しかし彼女と別れたいけどうまく言えない、どう切り出せば良いのか分からないと悩んでしまう人もたくさんいるのではないでしょうか。今回はそんな切ない悩みを持つ男性のために、彼女との上手な別れのサイン

彼女と別れたいけど言えない・・・上手な別れのサインガイドのイメージ

目次

  1. 彼女と別れたいと思う理由を整理しよう
  2. 別れたい彼女に送るサイン10選
  3. 彼女を傷つけない上手な別れ方
  4. 彼女を傷つけてしまうNGな別れ方
  5. 2人が納得して別れられるのがベスト!

彼女と別れたいと思う理由を整理しよう

どんなに大恋愛をしていたカップルでも、気持ちのすれ違いなど様々なことが原因で気持ちが冷めてしまうこともあります。

お互いに相手に対して恋愛感情がなくなってしまった時は別れる時も非常にスムーズに話が進みますが、自分から一方的に別れ話を切り出したい時はどう話を進めれば良いのかとても悩んでしまいますよね。

彼女と別れたいと思った時は、まず自分がなぜ彼女と別れたいと考えているのか、その理由を整理することが大切です。

男性が彼女と別れたいと思う理由の中でも特に多いのが以下の5つの理由になります。

①情緒不安定すぎる

彼女がまだ若い場合や精神的にまだ未熟な場合は情緒が安定せず、ちょっとしたことで大ゲンカになってしまったり言い合いになってしまうことがあります。

また情緒不安定な彼女は機嫌がコロコロ変わるため、付き合っていて非常に疲れてしまうことが多いです。

恋人に癒しを求めている男性からすれば、会えばケンカばかりで毎回ストレスを感じてしまう彼女とは別れたいと考えてしまうのも無理はありません。

②束縛がひどい

彼氏のことを好きすぎて束縛する彼女は、彼氏の行動を全て把握していなければ気が済みません。また彼氏が他の人と会えば、それが同性の友達であってもヤキモチを焼いてしまうこともあります。

交友関係が広く友達が多い男性は、時々彼女とは別行動をして自由な時間を過ごしたい人もたくさんいるため、その束縛が重く感じられることも少なくありません。

束縛がひどいというのはカップルの別れの大きな原因の1つになります。

③彼女が浮気をした

どんなに仲良しなカップルでも、たった一度相手に浮気をされただけですべてが嫌になってしまうこともあります。

精神的にも肉体的にも裏切られたという思いが強くなり、以前のように無条件に彼女の言葉を信じることができなくなってしまう人もたくさんいます。

彼女が浮気相手に本気になってしまった時はもちろんですが、遊びでの浮気でも彼女に対する気持ちが冷めてしまうことは何も珍しいことではありません。

④仕事を理解してくれない

社会人の男性はやはり毎日の生活は仕事が第一になります。休日出勤や残業などが入れば予定していたデートを中止しなければいけない日もあります。

そんな時に仕事を理解してくれず延々と文句や愚痴を言ってくる彼女であれば、それが別れを考える原因になってしまうケースは非常に多いようです。

男性が年上の年の差カップルに特に多い別れの理由の1つです。

⑤他に好きな人ができた

自分が彼女以外の他の女性を好きになってしまった時は、新しい恋を始めるために今の彼女との別れを考え始める場合もあります。

それまでは彼女に対して何も不満を感じていなくても、他に好きな人ができた途端に彼女の些細な粗が目についてしまうようになります。

彼女に申し訳ないと思いつつも気持ちの変化だけは自分ではどうしようもありません。

彼女と別れたい理由についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

彼女と別れたい理由TOP10!彼の出す別れたいサインも解説!

別れたい彼女に送るサイン10選

自分の中で彼女と別れたい理由や気持ちを整理し、その気持ちが揺るがないことを確信したならば、実際に彼女に別れを切り出す方法を考えていなくてはいけません。

別れを切り出すタイミングはとても難しく、突然別れ話をすると彼女が感情的にパニックになってしまう可能性もあります。

そのため彼女と上手に別れたい時は、少しずつ時間をかけて別れたいサインを送っていくことが大切です。次は別れたい彼女に送るサインを10個ご紹介します。

①連絡を減らしていく

今まで毎日のように連絡を取り合っていたカップルであれば、その頻度を2日に1回、3日に1回と徐々に減らしていきます。

そしてLINEなど既読がついてしまうものはあえて既読をつけずに時間をずらし、無関心を装うのもとても効果的です。彼女に対して「もう興味がありません」という事を悟らせる一番無難な方法ですね。

②会えない日を増やしていく

彼女と別れたい気持ちがありながらも毎週のようにデートを重ねていては、相手の思いはますます強くなるばかりです。

本気で彼女と別れたいのであれば、休日も別の予定を入れて一緒に過ごさないようにするのも良い方法です。

彼女から「どうして最近会ってくれないの?」という言葉が出るようになると別れ話を切り出しやすくなります。情に流されないように毅然とした態度で接するようにしましょう。

③話す時に目を合わせない

ラブラブのカップルは会話をする時はお互いに見つめあって話をするものです。目を合わさないということは相手に関心がないことを伝えると同時に、こちらの心の奥底を相手に悟らせない行動でもあります。

話をするたびに目をそらして全く顔を見ようとしない彼氏に対して、彼女はイヤでも別れの予感をせざるを得なくなります。

心の準備を持ってもらうためにもぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

④電話にでない、着信があっても折り返し連絡しない

LINEやメールの返事を遅らせることと似ていますが、電話を無視したり折り返し連絡しないというのも彼女に強く別れを予感させる行動になります。

着信が残っていると普通であれば「何か緊急の用事があるのかも」と考え、彼氏は大切な彼女の連絡を無視することはありません。

少し心が痛むかもしれませんが、本気で彼女と別れを決意している時にはおすすめの方法です。

⑤クリスマスなどのイベントにデートをしない

女性はクリスマスや誕生日などのイベントをとても大切にしています。

特別な日は彼氏と過ごしたいと思う女性はとても多いため、あえてその日に別の予定を入れてデートをしないようにすると、もう恋人としての気持ちがないのだということをはっきり相手に伝えることができます。

⑥ハグや手をつなぐなどのスキンシップを一切やめる

カップルであれば道を歩く時は手をつないだり肩を抱き寄せることも多く、自宅デートなど人目がない場所では少し大胆にハグなどのスキンシップをすることも多いと思います。

彼女に別れを匂わせたい時はそのようなスキンシップは一切やめてしまいましょう。

触れ合う機会が減ると彼女の気持ちも少しずつ冷めていくこともあります。感情的にならず冷静に別れ話を進められるようになるでしょう。

⑦一緒にいる時に溜息をついたり憂鬱そうな顔をする

彼氏と一緒にいて嬉しい彼女とは対照的に、彼氏が浮かない顔で憂鬱そうに溜息をついていると彼女もラブラブな雰囲気を出すことはできなくなります。

時々彼女のほうをじっと見て溜息をつくと、いよいよ別れ話を切り出されるのではと彼女も心の整理がつきやすくなります。

こじれずに無難に別れたい時は多少の演技をするのも必要なことかもしれませんね。

⑧自分から話題を提供せず沈黙の時間を作る

どんなに明るくポジティブな彼女でも、毎回のように沈黙の時間が流れてしまうとだんだん自信がなくなっていきます。

一緒にいても居心地の悪さを感じると、もしかすると彼女のほうから別れ話をきりだしてくる可能性もあります。

彼女の話題にのらない、自分からは一切話題を提供しないというように、やんわり会話を拒否し続けるのも別れを匂わせる上手な方法の1つです。

⑨終始そっけない態度で接する

優しい性格の彼氏は別れを決意している彼女にもとても優しく接してしまうことがあります。しかしその気もないのにいつまでも優しくしていると、彼女はもっと仲良くなれるのではないかと期待してしまいます。

罪悪感を感じるかもしれませんが彼女に変な期待を抱かせずに別れを匂わせたい時は、彼女が何かしてくれても終始そっけない態度で接することが重要です。

暴言などを吐いて不必要に彼女を傷つけるのではなく、あくまでもクールに対応するのがポイントです。

⑩彼女以外の人を優先する

恋人を優先するのが当然だと思っている彼女の場合は、彼女以外の人を優先することでかなり効果的に別れたい気持ちを伝えることができます。

友達と会う時や仕事の時、他の女性と何かの用事で会う時、彼女よりもそちらを優先したいという考えを隠さずはっきり伝えてみましょう。

察しの良い彼女であれば自分から身を引いてくれる可能性もありますよ。

彼女を傷つけない上手な別れ方

それでは次は彼女を傷つけない上手な別れ方についてもご紹介致します。恋人と別れる時はいかに相手の感情を逆撫でせずに穏やかに別れるかがとても大切になります。

別れ方が下手な場合はその関係がズルズルと長引いてしまったり、スッキリ別れることが出来なくなることもあるので注意が必要です。

①別れを匂わしておく

上記でも説明したように、事前に別れをしっかり匂わせておきましょう。こちらの気持ちは冷めてしまっていても相手がまだまだ自分のことを好きな場合は、突然別れ話を切り出すと相手がパニックになってしまうことがあります。

昨日まではニコニコ笑って楽しく過ごしていたのに、今日突然別れ話をしても到底受け入れてもらうことはできません。

意地になり「絶対別れない」と言われないように、時間をかけて別れの雰囲気を匂わせておき、彼女に心の準備の時間を与えてあげることが大切です。

②別れの理由をはっきり伝える

優しい男性は別れたい時も変に気を使ってしまい、曖昧な理由でよく分からない態度をとってしまうことがあります。

しかし別れの理由をはっきりさせなければ、彼女はいつまでも彼氏の気持ちが自分に戻ってくるのを待ち続けてしまう可能性があります。

もうすでに彼女とやり直す気が無いのであれば、男らしく別れの理由をはっきり伝えて綺麗に関係を終わらせなければいけません。

③話し合いの場をきちんとセッティングする

別れ話は男性にも女性にも非常にデリケートな問題です。2人の未来を決める大切な別れ話は、何かのついでに簡単に話そうとせずに、静かにゆっくりできる場所で切り出すのが大人のマナーです。

簡単に話を終わらせようとすると、その不誠実な態度が彼女を深く傷つけてしまうこともあります。

最後も綺麗に終わりたい時は話し合いの場をきちんとセッティングして誠実に対応するようにしましょう。

④お互いが冷静な時に話をする

感情が高ぶっている時に別れ話をすると、言わなくても良いひと言がつい口をついて出てしまうこともあります。

話をする時は喧嘩の直後などイライラしている時は避け、お互いに冷静な時を選んで話をすると思いがけず話がスムーズに進むこともあります。

彼女が情緒不安定な時は、特に別れ話をするタイミングの取り方は注意が必要です。

⑤相手に希望を持たせるようなことは言わない

優しい男性は何とか別れ話の重い雰囲気を軽くしたいという心使いから、「また機会があれば2人で遊びに行こう!」「何年後かにお互いに恋人がいなかったらまた付き合ってみるのも良いかもね」などと女性に希望を持たせてしまう発言をすることがあります。

しかしこのような希望を感じさせる発言をされると、女性はなかなか別れの決心がつかなくなってしまいます。

希望を持たせる発言は、自分に酔っているだけのただの自己満足であると理解しておきましょう。

⑥彼女から別れ話をしてくれるように仕向ける

少し切ないですが彼女に恋心がなくなってしまえば、自分から別れ話をしなくても相手から話し合いの場をセッティングしてくれる可能性があります。

どうしても彼女を傷つけたくない場合や悪者にされたくないという場合は、上手に彼女の気持ちを遠ざける行動をしてみましょう。

⑦「今まで楽しかったよ」と恋人になって後悔していない事を伝える

別れの最後に相手をけなすような言葉を吐いてしまうと彼女に恋愛に対するトラウマを与えてしまいかねません。

これまでの恋人だった期間を良い思い出にするためにも、後悔していないよという言葉を彼女にかけてあげるのが上手な別れの方です。

彼女との上手な別れ方は以下の記事もチェック!

彼女との別れ方解説!相手を傷つけない上手な別れ方・切り出し方とは?

彼女を傷つけてしまうNGな別れ方

では次は、逆に彼女を傷つけてしまうNGな別れ方も合わせてご紹介致します。綺麗に彼女と別れたい時は、決してしてはいけない事や言ってはいけない言葉があります。

間違った別れ方で彼女を傷つけてしまうことがないように、こちらもしっかりチェックしておきましょう!

①いきなり告げる

別れを匂わせることもせず、ある日突然別れを告げると、彼女からすれば大好きな彼氏に裏切られたと感じてとても落ち込んでしまうこともあります。

円満な関係解消を望んでいても、いきなり別れを告げるやり方では彼女を納得させることは到底できません。別れを告げる時は早い段階から終わりを感じさせる言動をしておきましょう。

②元カノと比較する

彼女に対する恋心が無くなってしまった男性は早く別れたいという焦りから、思ってもいない言葉を投げかけてしまうことがあります。

中でも「元カノはこんなんじゃなかった!」「元カノはもっと優しかった」と比較してしまう言葉は彼女の自尊心を大きく傷つけてしまうこともあります。

上手に別れたい時は他の誰かと比較して彼女をけなすことは絶対にやめておきましょう。

③ラインや電話で一方的に話を終わらせる

面と向かって別れ話をするのが気まずいからといって、直接会わずにラインや電話で一方的に話を終わらせると、彼女の方は自分の言いたいことも言えずにいつまでも心に後悔が残ってしまいます。

上手に別れたい場合はずるい手を使って一人で自己完結してしまうのではなく、誠実な対応を心がけることが大切です。

④別れの原因を彼女だけの責任にする

別れを決意したということは、彼女に対して何らかの不満を抱えている状態なのは間違いないと思いますが、すべてを彼女だけの責任してしまうのはあまり良いことではありません。

相手だけを責めるのではなく、お互いに悪かったところを認めて次の恋にその経験を活かすことが重要になります。

⑤「付き合うんじゃなかった」「失敗だった」と言う

別れる時に最後の捨て台詞のように悪い印象の言葉を投げかけてしまう人がいますが、これは大きな失敗です。

最後の最後で否定的な言葉を言ってしまうと、それまでの楽しい思い出も全て消え去ってしまいます。

別れる彼女に対してトラウマを植え付けてしまうような言葉を投げかけるのはやめておいた方が無難ですね。

⑥道端など適当すぎる場所で別れ話を切り出す

よく道端など人目のある適当すぎる場所で別れ話をしているカップルを見かけることがありますが、これは大人としても彼女に対しても非常にマナー違反です。

デリケートな別れ話をする時はカフェや自宅など2人でゆっくり話ができる場所を選び、わだかまりが残らないようにするのが上手な別れ方と言えます。

⑦第3者がいる場所で話をする

デリカシーが無い男性は友人がたくさんいる場所でもお構いなしに別れ話を出す人がいます。しかし別れは彼氏と彼女だけのプライバシーにかかわる問題です。

彼女が第3者の立ち合いなどを望まない限りは、やはり他人を入れずに2人で話す場を設けるようにする配慮が必要です。

2人が納得して別れられるのがベスト!

上手な別れのサインガイドをご紹介しました。恋愛はうまくいっている時はとてもハッピーな気持ちになりますが、別れを意識すると途端に毎日がツライものに感じられます。

1つの恋を終わらせたいと思った時は彼女と彼氏がよく話し合い、2人がしっかり納得して別れを受け入れられるようにもっていくのがベストな方法です。

新しい恋をまた初めてみようと思えるような上手な別れ方ができるように頑張りましょう。

まだ彼女に少しでも未練がある人は別れる前にコチラの記事も読んでみましょう!

彼女を好きかわからない!別れる前に自分の気持ちを確認する方法9つ

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

新着一覧

最近公開されたまとめ