同棲するタイミングに悩んでいる人必見!失敗しない時期と心得

どんなタイミングを選べば、同棲に成功して結婚できるのでしょうか?今回は、同棲に最適なタイミングと、賛成派と否定派の意見を確認しつつ、同棲を成功させる心得を紹介していきます。何事にもコツがあります。同棲のコツを習得して、結婚への近道を駆け抜けましょう♪

同棲するタイミングに悩んでいる人必見!失敗しない時期と心得のイメージ

目次

  1. みんなが同棲をはじめるタイミングは?
  2. 結婚前の同棲賛成派の意見
  3. 結婚前の同棲否定派の意見
  4. 同棲をオススメしないタイミング
  5. 同棲するときに大切にする2つのこと
  6. 同棲するときに決めておきたいこと
  7. 同棲がうまくいくコツ
  8. 結婚への意識があるかが上手くいくカギ♡

みんなが同棲をはじめるタイミングは?

最近では、結婚前に同棲をしているカップルが少なくありません。結婚してから相手を不快に感じてしまうと、戸籍に×が残る離婚に繋がります。離婚を避けるためにも、相手を観察してどんな人間か理解するために、同棲は最適な手段だといえるでしょう。

今回は、みんなが同棲をはじめたタイミングや同棲に賛成派・否定派の意見、オススメしないタイミング、同棲を成功させる心得を紹介します。

将来に少しでも不安がある人は、同棲という手段を考えてみましょう。同棲のタイミングやコツを掴めば、二人の絆が深まって結婚への近道になるかもしれませんよ♡

それでは、みんなが同棲をはじめたタイミングをチェックしてみましょう。

どちらかの家に通い始めたら

お互いに一人暮らしで、どちらかの家に通って生活する時間が増えたことから、同棲をはじめた人が多いです。

通い続けていて不満がないということは、離れ離れの生活ではなく、お互いを傍に感じて生活を共にしたいと考えているということです。このタイミングで同棲すれば、相手の態度が不満で別れてしまうということも少ないでしょう。

節約したお金を、将来の結婚式に回すことも可能です。二人の貯金を増やすためにも最適でしょう。

仕事が変わるとき

仕事が変わるタイミングで、同棲をはじめるカップルも多いです。仕事が変わると、生活する環境がガラッと変わります。生活の拠点となる地域が変わってしまって、遠距離になるケースもあるでしょう。

新しい環境へ踏み込むときは、勇気が必要です。傍で恋人が支えになることで、二人の絆も深まるでしょう。お互いの仕事や家のこともあるので、仕事が変わることを事前に報告し合って、準備期間を設けて同棲をスタートさせましょう。

一人暮らしの家の更新、引っ越し

一人暮らしの家の更新や引っ越しを目安に、同棲を計画するカップルも多いです。

結婚を意識して「いつか同棲したいね♡」と話していても、お互い働いていて忙しい時期は面倒くさいと感じて先延ばしになってしまいます。そんなときは、更新の時期を目安に同棲をはじめることをオススメします。

家を出るまでの期限があるので、先延ばしにすることはできません。同棲をするために途中解約するより、金銭的な負担も少なく済みます。

自立したいと決めたら

ずっと実家で暮らしていて、結婚するために自立したいと決め同棲をはじめたという人も多いです。

実家暮らしの人は、生活にかかるお金について詳しくありません。仕事に集中して、家事に気が回っていない人も多いでしょう。自立したらどのぐらい出費が必要か、家事は一人で出来るのか不安になりますよね。同棲をして二人で挑めば、自立も成功するでしょう。

また、一人暮らしを行わずに、最初から二人の生活をスタートできます。相手と時間を共有して、ペースを合わせることが当たり前になります。結婚後に「自分のペースで生活できなくて耐えられない…」と感じて、離婚する可能性も低くなるでしょう。

結婚を前提で付き合いだしたら

結婚を前提として付き合いだしたカップルは、その時点で同棲をはじめる場合が多いです。スピード婚でスピード離婚しないためにも、日常の人となりを確認しておきましょう。

付き合って、徐々に相手との結婚を考えだしたパターンもあれば、付き合う時点で結婚を意識しているパターンもあります。お互いに、結婚を強く意識するのであれば、相手を理解するために同棲を考えてみるのも良いでしょう。

プローポーズされたとき

プロポーズされて、両親への挨拶が完了してから、同棲をはじめるカップルが多いです。結婚準備は、二人で相談し合う初めての共同作業です。このタイミングで同棲をはじめれば、同棲も結婚も円滑に進めることができるでしょう。

式場の準備、結納の準備、披露宴の招待状、衣装合わせ…日常の生活をしながら、様々なことを進めなければなりません。協力すべきことを、どちらかに押し付けるような形になると、今後の新婚生活に暗雲が立ち込めます。

一緒に生活して相談・協力し合い過ごすことで、結婚に対するモチベーションもUPして、幸せな新婚生活をスタートできるでしょう。

結婚前の同棲賛成派の意見

同棲経験者へのアンケートでは、結婚前に同棲に賛成するカップルが84.4%に上ります。その理由に挙げられる大多数の意見は、同棲するまで知らなかったことがあるからだそうです。

ここからは、結婚前の同棲賛成派が意見する、同棲のメリットを紹介します。

知らなかった相手の生活習慣が知れる

同棲することで、メールや電話だけでは知ることのできなかった、相手の生活習慣を知ることができます。

育ってきた環境が違うと、生活スタイルも異なります。同棲することで、朝起きてから夜寝るまでの行動や習慣を確認できます。自分とは異なる部分を理解する、良いきっかけになるでしょう。

結婚イメージができる

二人で暮らすことで、お互いの本性を見る機会が増えるでしょう。素の状態で関わることで、結婚してからのイメージも湧きやすくなります。

同棲をすることで、相手のクセや性格、考え方の違いを知ることができます。結婚する人とは、一生を添い遂げたいですよね。同棲することによって、長い人生を共に歩める相手なのかを判断できるでしょう。

合わなかったら同棲解消できる

一度結婚してしまうと価値観が合わないという理由だけで、すぐに別居したり離婚したりすることは難しいです。けれど、同棲であれば、合わなければすぐに解消できます。

生活感や価値観は、付き合っているだけで全て理解できるものではありません。一緒に生活することで解ってくることです。また、良い所・悪い所を見つめ直すための手段としても、同棲を活用しましょう。

結婚資金を貯められる

結婚を前提とした同棲であれば、将来のための貯蓄を開始する絶好のチャンスになります。同棲の段階の目標は、結婚資金と考えましょう。結婚式、写真撮影、披露宴、新婚旅行…いろいろやりたいと考えるのであれば、お金を用意する必要があります。

未来のシュミレーションに、どちらかの給料を貯蓄に回して暮らしてみるのも良いでしょう。一人暮らしの自由なやり方とは違う、二人の生活レベルを考えながら暮らす練習になるでしょう。

一緒に過ごす時間を長くとれる

どんなに忙しい人でも、毎日必ず顔を合わせることができます。同じ家に帰ってくるということは、好きな人と寄り添えることです。

今まで知らなかった相手の一面に、より好意が増すこともあるでしょう。予定を合わせなくても、二人で過ごす時間を楽しむことができます。良好な関係で同棲を続けることができれば、何事に対しても前向きになって、暮らしの活力が生まれるでしょう。

◆関連記事:結婚前の同棲の意味はこちらもチェック!

結婚前提の同棲は意味があるの?同棲前にお互いが考えるべきこと

結婚前の同棲否定派の意見

同棲すると、今までとは付き合い方が変わります。良い方向に変わればベストですが、悪い方向に変わってしまうこともあるでしょう。

ここからは、同棲否定派が意見する、同棲のデメリットを紹介します。

結婚までの道のりがズルズル長くなる

同棲してしまうと、結婚というものへの意味が解らなくなるかもしれません。入籍をしていないだけで、二人の関係は結婚している状態とあまり変わらないものと考えてしまうでしょう。

期限を決めずに同棲すると、そのままの状態でずるずる過ごしてしまい結婚が遅くなるケースが考えられるでしょう。

マンネリ化

待ち合わせをして出会うこともなくなるので、デートらしいデートも減ってしまいます。毎日一緒にいるので、セックスも刺激がなくなってマンネリ化するでしょう。

行動を共にする時間が増えることで、付き合いがマンネリ化してしまう可能性が高いです。相手に飽きて、そのまま別れてしまうというケースも少なくありません。

ひとりの時間がなくなる

常に相手の存在を感じて、一人で過ごす時間がなくなったと感じることが増えるでしょう。部屋が狭いと、プライベートな空間が無くなります。相手の生活リズムを全く無視することは難しいので、どちらかが合わせる必要が出てきます。

プライベートが無くなることで息抜きができなくなって、どちらかにストレスが溜まる可能性が高いでしょう。

家事の負担が増えた

一人暮らしのときと比べて、家事は2倍に増えます。きちんと分担できていないと、どちらかに負担が偏ってしまう可能性があるでしょう。

共働きの状態で、家事の負担だけ増すことはストレスでしかありません。同棲したことによって、家事に時間が費やされるようになると、不満が溜まって喧嘩が増える原因になるでしょう。

結婚しても新婚生活感がない

同棲を長く続けると、その後結婚できても新婚生活感が無くなります。ときめきが減って、熟年夫婦のような存在になってしまうかもしれません。

恋人に対して新鮮味を失うと、相手の前で気を使わなくなります。すっぴんでいたり、おしゃれをしなくなったり…結果、相手の悪い所ばかり目につくようになって、良い関係を続けることが難しくなるでしょう。

◆関連記事:同棲に疲れたときはストレス発散がおすすめ!

同棲にもう疲れた…彼氏や彼女へのストレスが爆発する前に発散を!

同棲をオススメしないタイミング

同棲をしても失敗する可能性の高い、オススメしないタイミングを紹介します。

同棲をしてから別れると、共有した部屋や家具といったお金の問題が発生します。知らせてしまった知人への報告も気が重いものです。オススメしないタイミングを避けるように注意しましょう。

勢いで

付き合い始めのカップルが、勢いで同棲をはじめてしまうケースが多いです。特に、若いカップルにその比率が多いでしょう。

勢いで同棲をはじめても、現実はそんなに甘くありません。家族と生活していたように、他人と生活しなければならないのです。付き合いもまだ浅く、相手を良く理解していない時期に勢いで同棲をはじめるのはオススメしないタイミングです。

おままごとのような気持ちで同棲をはじめると、相手に幻滅して別れてしまう可能性が高いでしょう。

気持ち優先

好きだから一緒にいたい、一人は寂しい、相手の行動を知って束縛したいといった気持を優先して同棲をはじめるのは×!お互いの信頼関係を築いていない時期に、同棲をはじめても失敗するでしょう。

同棲とは、恋愛ゲームの延長ではなく日々の生活を営むことです。お金のこと、家事のこと、二人の関係など、具体的に将来を考えて進める必要がります。

将来への考え方について、足並みをそろえていないタイミングで同棲すると、どちらかがイライラしたり不安を感じたりして別れの原因になるでしょう。

半同棲からずるずると

半同棲からずるずると同棲に流れることは、危険なパターンのひとつです。相手の家に通うことが増え、衣装が増え、私物が増え、そのまま半同棲に…未来が見えない最悪なケースといえるでしょう。

都合の良い半同棲に慣れてしまって、問題が発生したときに乗り越える絆もありません。結婚もせずに「都合の良い相手」で終わってしまう、未来のない同棲のスタートといえるでしょう。

◆関連記事:同棲の前に知っておきたいNG行動はこちらをチェック!

彼氏と同棲する前に。経験者の声から7つのNG行動を学ぼう!

同棲するときに大切にする2つのこと

同棲をはじめるとき、大切にすべき2つのことを紹介します。

同棲をはじめるか悩んでいるのであれば、この気持ちが固まったor実行できたタイミングで行動に移すことをオススメします。

結婚をお互い意識しているか

お互いの意識に関わるのが、結婚したいという想いです。同棲は結婚をする前のステップのひとつです。お互いに結婚を意識してから、人間性や暮らしをもっと理解するために行いましょう。

恋人であっても他人です。暮らしを共にすることで、その人がどのような人物であるかを改めて知ることが多いでしょう。それが好ましいものであるか、一生一緒にいて不満やストレスが溜まらないものであるかを確認しましょう。

結婚を意識しているからこそ、許せる範囲と許せない範囲がはっきりしてきます。結婚までの道のりや期間を設定した上で、同棲を開始して相手との新婚生活を想像してみましょう。

お互いの家族の了承を得る

周囲に対する責任に関わるのが、両親への了承を得ることです。結婚前に同棲をするカップルが増えたといっても、親からすれば「同棲は許せない!」という考えが多数派かもしれません。女性側の親は、結婚前の男女が共に暮らすことを良く思っていないケースが多いでしょう。

将来を考えて、結婚を前提とした同棲をするのであれば、お互いの両親に了承を得ることが大切です。反対されるのが嫌なら、改善点を話し合いましょう。けじめの挨拶をすることで、自立した大人であることを証明しましょう。

同棲の時点で挨拶をすることで、結婚までの間に義両親との信頼関係を築くことができます。お互いの家族と円満な関係を生み出すためにも、同棲をする前にきちんと了承を取りましょう。

◆関連記事:同棲前の挨拶のコツはこちらをチェック!

同棲前の親への報告。経験者が語る挨拶のコツとは

同棲するときに決めておきたいこと

同棲するときに、決めておきたいことを紹介します。

同棲すると、生活に関わる全てのことが2倍になります。お金も、家事も、時間も、全て一人で解決できることでは無くなります。事前に相談したルールを守ってくれる相手であれば、結婚してからも円満な新婚生活を送れるでしょう。

お金や家事の分担

金銭面のトラブルは、二人の関係を壊す可能性が高いです。生活費はしっかりと二人で出して、個人の買い物は各々で支払うというルールを決めましょう。

家事の分担も大きなストレスになります。皿洗い、洗濯、風呂掃除、トイレ掃除、部屋の掃除、ゴミ出しなどの家事を項目として挙げて分担を決めましょう。仕事に時間を取られるからと、相手に頼んでばかりいると不満が溜まります。忙しいときでも、ある程度の分担は果たすようにしましょう。

お互いにベストな間取り

同棲する家の間取りも決めておきましょう。ずっと二人で居ても大丈夫な人と、たまには一人で過ごさなければストレスを感じる人がいます。

一人で過ごす時間が欲しいのであれば、2LDKなど2部屋以上の間取りがオススメです。家の中で、一人で時間を過ごせる間取りを探しましょう。「どうして毎週決まった時間に外出するの?」といった、誤解を生む心配もなくなるでしょう。

お互いに一緒にいる時間を大切にしたいのであれば、1LDKでも◎それぞれのカップルの生活に合わせた間取りを話し合いましょう。

それぞれの家族に挨拶

結婚の挨拶とは異なるので、改まり過ぎる必要はありません。けじめとして、それぞれの家族へ挨拶しましょう。

特に、今まで実家暮らしであった人は、挨拶が重要になります。自立するきっかけが同棲となると、両親が新生活に手を出すこともできず不安も大きいでしょう。一緒に暮らすパートナーがどのような人間なのか、知ってもらうためにも挨拶に行きましょう。

結婚までの期限をある程度決めておく

結婚を前提とした同棲であれば、その期限を決めておくことも大切です。結婚をしなくても、二人で暮らしているだけである程度満足してしまします。すると、結婚という大仕事が面倒になって先延ばしになるケースも考えられます。

まず、同棲期間を決めて、完了したらお互いの気持ちを話し合って、入籍するなり結婚準備をするなり計画を立てましょう。

◆関連記事:同棲の前に決めておきたいルールはこちらもチェック!

【同棲ルール】これだけ決めておけば円満生活?3つの決め事

同棲がうまくいくコツ

せっかく同棲をスタート出来たなら、ずっと仲良く一緒に過ごしたいですよね。同棲が上手くいくコツをチェックしておきましょう。幸せな同棲生活から、新婚生活にステップアップするのも夢ではありません♪

ガチガチなルールを決めない

ルールに縛りつけられていては、不満も溜まります。不満が溜まると、大喧嘩を引き起こす原因になるでしょう。

同棲では、今までは別々に生活していた二人が、違うルールを守って生活をはじめます。環境の変化は、どうしても不安やストレスを生むでしょう。そんなときに厳しいルールを課せられると、滅入ってしまいますよね。

ガチガチのルールを決めるのではなく、定期的に話し合って、二人が暮らしやすいようにルールを見直すことも大切です。

お互い感謝の気持ちは忘れない

同棲しても、お互いの感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。一緒に暮らしているのだから、洗濯物を取りこむのは当たり前、トイレの紙を補充するのは当たり前、使いかけのコップを洗うのは当たり前…

当たり前は×。こういった些細なことにきちんと感謝しなければ、円満な同棲生活は送れません。些細なことであっても、「ありがとう」と言葉に出して伝えることを忘れないようにしましょう。

定期的なマンネリ脱却デートをする

一緒に暮らしてしまうと、常に行動を共にするので付き合いがマンネリ化してくるでしょう。定期的なマンネリ脱却デートを実行して、ドキドキ感や緊張感を取り戻しましょう。

記念日などに、お互いにきちんとおしゃれしてデートしてみましょう。1日だけ節約を忘れて、二人の時間を楽しみましょう。

共有が大事

残業で遅くなる場合や、同僚や友人との約束をする場合など、自分にしか関わらないイベントも相手と共有することが大切です。

二人で暮らすようになったら、相手の帰りが遅かったり突然出かけたりすると心配になります。相手が帰ってくる時間も解らなければ、自分の生活のペースも乱れます。共同生活をするのであれば、心配や手間をかかせないように、些細なこともこまめに連絡し合うようにしましょう。

相手の好みを否定しない

同棲をすることで、相手の密かな趣味や好みを知るでしょう。相手が夢中になっている意味が解らなくても、否定することは避けるようにしましょう。

第三者にとって興味がないものであっても、本人にとっては夢中になる宝物かもしれません。それを否定されたとき、大きく傷付くことは確かです。また、相手に邪魔される筋合いはないと、不機嫌になることもあるでしょう。

騒音や汚れなど自分に迷惑を被る、分担やルールを守れないほど夢中になってしまう、一般常識から外れた行動を取る場合は否定しても◎誰にも迷惑をかけずに、一人夢中になっているだけの趣味は否定せずにそっとしておきましょう。

◆関連記事:同棲から結婚までこぎつけるためのコツはこちら!

仲良くしましょ*同棲カップルが結婚までこぎつけた5つのコツ!

結婚への意識があるかが上手くいくカギ♡

同棲の成功とは、結婚することです。同棲をする前提として、結婚への意識があるかが上手くいくカギです。

後悔する可能性が高いので、一時的な盛り上がりや、経済や家事の苦しさから同棲を考えるのであれば止めましょう。お互いが結婚を意識して寄り添いたいと考えたときは、家族の了解を得て同棲にチャレンジしましょう。

同棲を成功させる心得を良く理解して、二人の絆を深める幸せな生活を楽しんでくださいね!

新着一覧
最近公開されたまとめ