おりものが黄緑なのは病気?無臭でも気をつけて!

以前は無臭のおりものだったのに、突然変な臭いがする。 以前は白っぽい透明のおりものだったのに、何だか黄緑色になってる… 黄緑や緑のおりものは病気のサインの可能性が高いです。 場合によっては、将来不妊の原因になったりするかもしれません。

おりものが黄緑なのは病気?無臭でも気をつけて!のイメージ

目次

  1. おりものについて
  2. 正常なおりものについて(1) 黄緑にはなるの?
  3. 正常なおりものについて(2) 量や臭いは?
  4. おりものの色が黄緑~緑になった?
  5. おりものが黄緑~緑に変化した原因 1 クラミジア
  6. おりものが黄緑~緑に変化した原因 2 淋病
  7. 補足:妊娠初期にされる検査の一部について
  8. おりものが黄緑~緑に変化した原因 3 トリコモナス膣炎
  9. おりものが黄緑~緑に変化した原因 4 子宮内膜炎
  10. おりものが黄緑~緑に変化した原因 5 細菌性膣炎
  11. 何度も繰り返される黄緑色のおりもの
  12. 生理前に黄緑や緑色のおりものになった?
  13. 臨月に黄緑のおりものが出た?
  14. おりものが黄緑や緑だけど、放置したらどうなるの?
  15. おりものが黄緑や緑になったらどうなる? まとめ

おりものについて

おりものの作用として代表的なものをあげるなら、「自浄作用」と「受精の手助け」です。

「自浄作用」は、主に「デーデルライン桿菌」という乳酸菌の一種によって行われています。
この菌は、膣内の常在菌で、乳酸菌の産生物である乳酸の効果で膣内を酸性に保つ作用があるといわれています。
酸性の中では、他の菌の成長が抑制されるので、自浄作用があるといわれています。

ヨーグルトと同じ乳酸菌の仲間です。

「受精の手助け」に関しては、排卵期におりものが増え、ゼリー状に変化します。
そのゼリー状になったおりものには、精子の動きを助けたり、
出会いやすくするといった効果があるようです。

正常なおりものについて(1) 黄緑にはなるの?

健康な人のおりものは、いくつか特徴があります。

色:白~透明・クリーム色が基本
 排卵期には、透明でとろみのあるおりものがでやすい。(受精の手助けに関連している)
 黄体期・生理前には、白濁して粘り気のあるおりものに変化し、下着などに付着すると、
 クリーム色や黄色になります。

 臨月になると、ゼリー状のおりものが増えたり、水っぽいおりものが増えたりします。

正常なおりものについて(2) 量や臭いは?

量:個人差や生理前などの時期によって差があり。
 ただし、明らかに量が多いときや普段から量が増えた・減ったなどの変化があった時には、
 婦人科などの病院へ行くことをお勧めします。

 生理前には、量が増えやすいです。

 妊娠初期には、さらさらとした白っぽいおりものもしくはクリーム色のおりものが出るケースがあり。
 臨月には、粘り気の多いおりものが増えるといった場合もあります。


臭い:少しすっぱいにおいがするのが特徴。
 これは、膣内の常在菌である乳酸菌の影響です。
 人によっては、無臭に感じるかもしれません。
 
 排卵期などには、無臭に感じても、生理前には、臭いが強くなる傾向がある人が多いようです。
 
 
 妊娠初期の場合、この乳酸菌の影響が少なくなり、無臭になった…
 という場合が比較的よくみられます。
 
 臨月の場合、おりものの臭いも生臭かったり、無臭だったりするようです。
 これにも個人差があるので、注意は必要です。

おりものの色が黄緑~緑になった?

おりものの色が、普段と違う色に変化した場合、いくつか原因が考えられます。
その中でも、黄緑や緑色などの色に変化した場合のケースを今回は説明します。

大まかに説明すると、黄緑や緑色におりものが変化する場合は、
風邪をひいたときの鼻水の色が黄緑や緑に変化した時と同じです。
つまり、異物(この場合細菌など)が侵入してきたので、排除しようとした結果ということです。


◆関連記事:おりものが黒い原因は?

おりものが黒い原因と対処法!病気かもしれない?

おりものが黄緑~緑に変化した原因 1 クラミジア

クラミジア・トラコマチスという細菌が原因で起きる病気です。
STD(性感染症)の一種です。

1~3週間の潜伏期間ののち、症状が出るといわれていますが、
自覚症状がない・薄いといったケースも見られます。

水っぽくさらさらとした膿の混ざったような黄色~黄緑色のおりものに変化します。
臭いも多少あるようですが、自覚症状がないばあい、やはり無臭と感じる場合もあるようです。

日本では、1年間に2.5万人の感染報告があるとされています。
ただし、あくまでも報告で、自覚症状がなく、病院に行っていないなどのケースもあるので、
実数はそれ以上であるといわれています。

また、後述する淋病と同時に感染しやすいといわれています。

治療としては、抗菌剤を服用するのが一般的な治療法となります。
一定の期間の間、一定の血中濃度を維持することが治療上大事です。

そのため、処方された薬を忘れないように飲んでくださいね。

妊娠初期にクラミジアに感染すると、流産のリスクが高まることがあります。
また、妊娠期間中にクラミジアが羊膜に移行することで前期破水などのリスクが高まります。
羊膜に移行するのは、妊娠初期が多いです。


臨月になっても治療されず、そのまま出産した場合、
産道感染により生まれてくる子供が結膜炎や肺炎を起こしたりするケースがあるそうです。
そのため、出産前に感染が発覚した場合は、帝王切開になるケースもあります。


◆関連記事:そもそもおりものが分からないアナタはこちら

おりものとは?おりものが体の変化のサインってほんと?

おりものが黄緑~緑に変化した原因 2 淋病

淋菌を原因とする病気で、STDの一種です。

もともとは、弱い菌でしたが、近年は抗生物質耐性菌が出ているようです。
淋菌に感染している場合、HIV感染のリスクが増大します。
また、クラミジアと同時感染を起こしやすいことも有名です。

潜伏期間は2~7日
男性の場合は、尿道炎という病気を発症し、尿道口から膿が出てくるといった
比較的わかりやすい症状を見せるので比較的わかりやすいのですが、

女性の場合、白~黄緑のおりもので、嫌な臭いがするくらいで、
男性と比較しても症状が出にくいこともあり、気が付きにくいのが現状です。
自覚症状がないケースもあり、その場合、無臭に感じることもあるでしょう。

淋菌は、何度も感染を繰り返します。
一度感染して治療したから大丈夫といったことは決してありません。

治療方法としては、淋菌には耐性菌が多いため、
抗生物質の点滴や筋肉注射が一般的です。

治療が終了しても、もう一度検査を行い、淋菌がいないことを確認することが大事です。

妊娠初期に淋菌に感染すると、早産・流産のリスクが増加します。

また、臨月までに淋病の治療がされなかった場合、
出産時に産道感染で乳幼児が感染することがあります。
その場合、結膜炎・関節炎・尿道炎などを起こします。
結膜炎を発症した場合、最悪失明するケースがあります。
そのため、臨月で淋病が発覚した場合、帝王切開の可能性もあります。

妊娠初期に行われる検査では、淋菌の検査が含まれていないことが多いです。
そのため、可能性があるのなら、追加検査を行うことが大切です。

補足:妊娠初期にされる検査の一部について

妊娠初期に、妊娠検査と同時に、様々な検査を行うことがあります。
その中の一部についていくつか説明します。

血液検査で行われる主な項目
 HIV・肝炎ウイルス・ATL(T細胞白血病の原因ウイルス)・梅毒
  母子感染のリスク有
 (B型肝炎に関しては、事前にわかっているとワクチン投与で赤ちゃんへの感染の予防が可能。)

 風疹抗体   妊娠中に感染すると生まれる子供に影響が出る(先天性風疹症候群)
 
 トキソプラズマ検査 猫や犬のふんから感染。流産のリスクが上がる可能性あり。
  検査する医療機関とない医療機関有。


細胞検査にて、クラミジア検査を行う医療機関もあり。


必須の検査項目でないものでも、任意で淋病やその他の病気も検査してくれる医療機関もあります。
コストはかかるかもしれませんが、妊娠中に感染していた場合、子供へのリスクが高くなります。
不安なら、妊娠初期の検査と同時に受けておいたほうが安心できますよ。


◆関連記事:おりものが多いと思ったらこちらもチェック

おりものが毎日多く出るのは普通?おかしい?原因は?

おりものが黄緑~緑に変化した原因 3 トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫といわれる原虫(動物みたいな微生物)が原因の病気です。

潜伏期間は10日~1か月といわれていますが、半年くらい潜伏していたというケースもあります。

黄色~黄緑色の泡状のおりものに変化し、量も増え、嫌な臭いもすることがあります。
また、性器が赤くなり、かゆみや違和感を覚えたり、排尿時に痛みを感じることもあるようです。
しかし、症状が出ないケースが20~50%くらいあり、
その場合、おりものも普通で、無臭だったというケースもあるようです。

水の中で、しばらくの間生存が可能といわれており、不特定多数の利用するトイレ・温泉などでも
感染の可能性があります。

治療方法としては、抗原虫薬と呼ばれる専用の薬を10日間ほど連続で服用するのが一般的です。
また、膣錠といって膣に直接入れるタイプの薬を使用するケースもあります。

妊娠初期に感染を起こすと、原虫の増殖が原因で流産の可能性が上がります。
妊娠中期に感染が発覚した場合、後期になる前に徹底的に治療を行います。
臨月までに治療が行われていなかった場合、産道感染のリスクが伴います。
また、前期破水のリスクも増大するといわれています。

おりものが黄緑~緑に変化した原因 4 子宮内膜炎

子宮内膜に炎症が起きる病気です。

膿を持った黄色~黄緑色のおりものになります。
不正出血を起こすケースもあります。
臭いに関しては、嫌な臭いがする…というケースが多いようです。

月経が周期的にある人は、炎症を起こす原因が月経時に子宮内膜とともに
排出されやすいのですが、閉経後・出産後すぐ・流産後など、
子宮内膜がはがれにくい人がなりやすいといわれています。

治療方法としては、抗生物質を投与することになります。
症状がひどい場合には、消炎剤を同時に投与されることになります。

おりものが黄緑~緑に変化した原因 5 細菌性膣炎

乳酸菌(デーデルライン桿菌)の影響で、膣内の環境は酸性を保っています。
しかし、ストレスなどで免疫力が落ちると、大腸菌やブドウ球菌といった
菌が増殖しやすくなります。
そういったいわゆる悪玉菌が増殖して膣内で炎症を起こす病気です。

症状は、ヨーグルト状・もしくは黄緑色のおりものが出てくる点です。
臭いは、嫌な臭いがしたという場合と、無臭に感じたというケースがあります
外陰部がかぶれるといった症状もあります。

この病気を予防する方法はいくつかあって、
・ストレスや疲れをためずに、しっかり休むこと。
 免疫力を落とさないことが大事です。

・排便後に拭くときに、体の前から後ろに拭くこと。
 大腸にいる大腸菌やその他の雑菌を膣に入れないためです。
 また、膀胱炎の予防にもなるので、積極的に前から後ろに拭きましょう。

・生理前や生理中は膣もデリケートになりがちです。
 できるだけ、清潔に保つことが予防になるそうです。

妊娠初期に発症した場合、さらに奥に入り込み、絨毛膜・羊膜炎になり、
流産や早産の原因となります。


また、分娩後に産褥子宮内膜炎になるリスクが増大するといわれています。
臨月に感染した場合、前期破水の原因となったケースや新生児の病気の原因になるケースもあるので、注意が必要です。

何度も繰り返される黄緑色のおりもの

病院に行き、きちんと治療したのに、また黄緑色のおりものになった…といった場合、
パートナーはきちんと治療しましたか?

主にSTDでのケースですが、自分だけが治療しても、パートナーが感染していた場合、
また感染をしてしまいます。(ピンポン感染)

ですので、きちんとパートナーも泌尿器科などで同時に治療を行うことが大切です。

生理前に黄緑や緑色のおりものになった?

生理前に黄緑や緑色のおりものが出たら、
妊娠の兆候ではと思う人がたまにいますが、間違いです。

生理前や生理期間中は子宮内膜が剥がれる準備期間や剥がれている最中なので、
どうしても免疫力が落ちてしまいます。

そのため、前述の細菌性膣炎にかかりやすくなりますし、
生理前にはその他のSTDなどにもかかりやすくなっていることもあります。

生理前・生理期間中には、特に陰部を清潔にして、しっかり休む・疲れをためない
などといった免疫を落とさないための工夫を十分に行うことが大事です。

臨月に黄緑のおりものが出た?

臨月に黄緑色のおりものが出た場合、今まで説明した病気もありますが、
破水している可能性もあります。

臨月の場合、ゼリー状のおりものである場合と、水っぽいおりものが出てくるケースがあるのですが、破水の場合は、水っぽいおりものようなものが大量に出てくることがほとんどです。
尿漏れなどとは違い、自分の意志で止めることはできません。

安静にしていても出続けることが多いです。

破水の場合、色は透明・黄色・黄緑色になることが多いです。
臭いは、甘酸っぱい・生臭い・無臭などさまざまであることが多いです。

破水の場合にしろ、その他の原因にしろ、早く医師の診断が必要です。

破水の場合は、陣痛が始まるでしょうし、その他の原因の場合は、母子感染を防ぐ意味でも早めに相談することが大事だからです。

おりものが黄緑や緑だけど、放置したらどうなるの?

おりものが黄緑色や緑色だけど、別に痛くもないし、病院に行くのも恥ずかしいからそのままにしておく…というのは、絶対にやめてください。

理由1 性感染症だった場合、周りに拡散してしまう。
もしも、性感染症だった場合、パートナーにも感染してしまいます。
また、トリコモナス膣炎のように、性行為以外での感染もありうる性感染症の場合は、パートナー以外にも感染してしまうといったケースもあります。

理由2 不妊症や子宮外妊娠の原因になる
原因が子宮内膜炎や細菌性膣炎に限った話ではないですが、この炎症を放置すると、
膣から子宮頸管・子宮へと感染を進めていきます。
そこから、卵管へ感染が進み、卵管炎となり、卵管が癒着してしまう…といったこともあり得ます。

それが原因で、不妊症や子宮外妊娠となってしまうケースは割とあります。

理由3 深刻な病気を誘発する
先ほどの理由と近いのですが、炎症が進んだ場合、
骨盤内のその他の臓器などに感染を起こし腹膜炎を発症したり、
血液に流入して敗血症になるといったケースも存在します。
そうなると、治療も大変になり、場合によっては死亡します。

おりものが黄緑や緑になったらどうなる? まとめ

おりものが黄緑色や緑色になった場合、どういう場合かということをいくつか見ていきました。
生理前に黄緑色や緑色になった場合は、妊娠初期の症状というわけではありません。
生理前・生理期間中などの時期にかかわらず、病気の可能性が高いです。

深刻な病気を誘発したり、将来の不妊の原因となったりするケースもあったり、
妊娠初期や臨月など重要な時期に感染していて治療しないままだと流産のリスクが上がったり、
生まれてくる子供の病気の原因となったりするケースもあります。

臭いは嫌な臭いがする場合や無臭のケースもあります。
無臭だからと言って様子見するのは好ましくありません。

できるだけ、パートナーと一緒に早めに病院に行って治療してもらうのが安心です。

もっとおりものについて知りたいアナタはこちらもチェック

おりもののかたまりは排卵のサイン?ゼリー状のおりものは病気かも?
【おりものの変化】妊娠超初期・着床後はおりものがどう変わる?
おりものが大量にでるのは病気?原因は何なの?

関連するまとめ

Bellflower3
Bellflower3

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ