ヘアオイルの使い方解説!正しい使い方を知ればセットもしやすくなる!

ヘアオイルを使ったことはありますか?ヘアオイルは、髪に栄養を与えて艶と潤いを与えます。 ヘアオイルの正しい使い方について、詳しく説明します。ヘアオイルのベーシックな使い方を知っておきましょう。 ヘアオイルを使って、髪のパサつきや広がりを改善できます!

ヘアオイルの使い方解説!正しい使い方を知ればセットもしやすくなる!	のイメージ

目次

  1. ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルの髪を美しくする効果!
  2. ヘアオイルの正しい使い方 シャンプー後の寝れた髪に使うべき
  3. ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルは少量でOK
  4. ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルは毛先からつける
  5. ヘアオイルの正しい使い方 髪の内側からヘアオイルをつける
  6. ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルは週1,2回のペースで
  7. ヘアオイルの正しい使い方 ドライヤー前に使用したときの効果
  8. ヘアオイルの正しい使い方 スタイリングが簡単
  9. ヘアオイルの正しい使い方 スタイリング剤を使用する前に使う
  10. ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルを使うなら夜より朝
  11. ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルを髪によく浸透させる
  12. ヘアオイルの正しい使い方 保湿力が良い
  13. ヘアオイルの正しい使い方 パーマのタイプによって効果が違う
  14. ヘアオイルの正しい使い方 髪のキューティクルを大切に
  15. ヘアオイルの正しい使い方は、よくわかりましたか?

ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルの髪を美しくする効果!

ヘアオイルには2タイプがあります。
植物成分のオリーブ油や椿油が主成分のものとシリコンを原料にした、鉱物性のものです。
植物成分をベースにしたヘアオイルは、髪を滑らかにして指通りを良くします。
シリコン成分のヘアオイルは、植物性のヘアオイルより髪に艶を与えます。
ヘアオイルは、髪をいたわり、ダメージをケアしてくれます。

ヘアオイルの2タイプを使い分けると、髪を一段と綺麗に見せれるでしょう。
ヘアオイルは、髪のダメージを受けた部分をいたわり、潤いと艶を取り戻してくれます。
パサつきや広がる髪に悩んでいるなら、ヘアオイルを使ってみてください。
髪がしなやかになり、光沢のある髪になります。

ヘアオイルでスタイリングが楽々

ヘアオイルは、髪を美しく見せるだけでなくてヘアスタイルを整えやすくします。
ヘアスタイルが決まらない時に、ドライヤーを使う前にヘアオイルを髪につけておくと、まとまりのある綺麗なヘアスタイルになります。
ショートヘアスタイルには、ヘアオイルは不向きです。
なぜなら、無造作効果やボリューム感が出せないからです。

ヘアオイルの正しい使い方 シャンプー後の寝れた髪に使うべき

シャンプーをして、髪を清潔にした後の濡れた髪にヘアオイルを使うと、ヘアオイルの栄養分が髪によく浸透します。
ヘアオイルはタオルドライしてから、髪に適量をつけてください。
ヘアオイルをつけた後に、ドライヤーで髪を乾かします。

ヘアオイルを濡れた髪に使うと、髪全体にヘアオイルが満遍なくいきわたるのです。
ヘアオイルによって、シャンプーで失われた油分が補えます。
また、ヘアオイルをつけると、髪をドライヤーの熱から守ってくれるでしょう。
ヘアオイルをいつ、使うかでヘアオイルの効果が違ってきます。
シャンプー後の濡れた髪に使うことが、ポイントです。

ヘアオイルをシャンプー前に使う場合

ヘアオイルをシャンプー前に使うなら、頭皮の汚れを取るためにヘッドマッサージして、頭を清潔にします。
また、シャンプー前は、髪にホコリや汚れがあるので、ヘッドオイルを浸透させて髪を綺麗にすることもできます。
シャンプー前にヘッドオイルを使うことは、シャンプー前のトリートメントになるのでしょう。
効果は、髪のダメージをケアできて、髪の紫外線から受けた傷みをケアできます。
ですが、本当はシャンプー前にヘアオイルを使うより、濡れた髪にヘアオイルを使う方が髪に潤いを与えます。

ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルは少量でOK

ヘアオイルを使う分量も、重要なポイントです。
ヘアオイルをたっぷり使いすぎることは、NGです。
手の平に、少量のヘアオイルを出して、髪全体に広がるようにつけます。
ヘアオイルの量が多いと、髪のべたつきの原因になります。
ヘアオイルをつけすぎると、ヘアスタイルは美しくセットできません。

ヘアオイルを少量ずつ出して、髪をもみほぐすようにつけます。
ヘアオイルは髪につけると、伸びる感じで広がっていくので少量で十分です。
濡れた髪なら、ヘアオイルは髪全体に簡単に広がるでしょう。
ヘアオイルは、少量でも髪に艶や潤いを与えます。

傷みがちな毛先をケア

ヘアスタイルをセットするときに、アイロンを使ったりするときがあります。
アイロンは、とっても髪を痛めやすいのでヘアオイルを使うといいです。
アイロンによってダメージを受けると、髪の艶もなくなります。
ヘアスタイルをカッコよくセットするには、ヘアオイルで特に傷んでいる毛先をケアしてきれいな髪質にするといいでしょう。
ヘアスタイルは、髪の潤いや艶が十分に出せると美しく見せれます。

ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルは毛先からつける

髪の毛先は最もダメージを受けているので、毛先からヘアオイルをつけはじめましょう。
髪の毛先に、ヘアオイルをつけてから髪の長さの二分の一から三分の一くらいまで、少しずつヘアオイルをつけます。
髪のダメージをケアするためには、毛先から集中的にヘアオイルをつけるといいです。

髪の生え際は、ダメージが少ないからヘアオイルをつける必要がありません。
植物性ヘアオイルは、髪の毛穴をふさがないから、ヘッドマッサージにも使えます。
髪の生え際をケアしたいなら、ヘアオイルを使ってヘッドマッサージをしましょう。
髪のケアは、ヘアオイルを使うと、自分で簡単にできるのです。

ヘアオイルの正しい使い方 髪の内側からヘアオイルをつける

ヘアオイルを表面だけにつけても、髪全体に浸透しません。
髪の内側から、髪をもむようにして、ヘアオイルをなじませます。
ヘアオイルを少しずつ使って、丁寧にヘアオイルを髪の内側から浸透させましょう。
髪にヘアオイルをつけすぎると、テカリやベタツキの原因になります。

ヘアオイルを髪の根本につけてはいけません。
髪の根元にヘアオイルをつけると、髪にボリュームがなくなって、見た目も悪くなります。
ヘアオイルを表面につけるときも、ほんの少しのヘアオイルを使って軽くつけてください。
ヘアオイルは少しで、髪に潤いや艶を出す効果があります。
ヘアオイルは、髪のダメージの酷い箇所に使うべきです。

ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルは週1,2回のペースで

ヘアオイルを毎日使う必要はありません。
ヘアオイルの効果は、少しずつ実感できます。
ヘアオイルを週1,2回のペースで使うだけで、髪のダメージをケアしてくれます。
毎日使うと、髪がしなってしまい、コシやハリがなくなります。

ヘアオイルをトリートメントに少し混ぜて使うと、保湿力が高まります。
シャンプー前の乾いた頭皮にヘアオイルをつけて、頭皮マッサージしてから5分後くらいに、洗い流します。
そしてシャンプーをすると、リラックスできて気持ちが良いです。
シャンプー前の少し濡れた髪にヘアオイルをなじませて、タオルを頭全体に巻いて、オイルパックします。
15分後に、お湯でヘアオイルを洗い流します。
ヘアオイルを使って、集中ヘアケアできます。

ヘアオイルの正しい使い方 ドライヤー前に使用したときの効果

ヘアオイルをドライヤー前に使うと、ブラッシングの時の髪の摩擦を防いで、指通りを良くします。
髪をドライヤーの熱から守り、ヘアオイルのトリートメント効果を感じれます。
ヘアオイルをドライヤー前に使えば、切れ毛や枝毛の予防になります。
ドライヤー前に髪にヘアオイルをなじませれば、ブラッシングだけで髪がまとまり美しく見えるのです。

ドライヤー前の濡れた髪にヘアオイルを使うと、髪のキューティクルを守り、髪をヘアオイルでコーティングできます。
ドライヤー前に髪にヘアオイルをつけるだけで、髪の乾燥を防いでパサつきを抑えてくれます。
ヘアオイルは、ドライヤーの熱から受ける髪のダメージを軽減してくれるのでドライヤー前につけるといいです。

朝にドライヤーを使う場合

大抵は、ドライヤーを夜に使うことが多くて、朝はドライヤーを使うことがないかも知れません。
朝、ヘアスタイルをセットするときに、アイロンを使うことがあると思います。
アイロンは、髪に強いダメージを与えるので、ヘアオイルをつけてからアイロンで髪をストレートにしたりカールして下さい。
夜、寝ている間に寝具などに摩擦して、朝起きると髪がパサついていることがあります。
朝にヘアオイルを使うことは、髪のパサつきを抑えて、ヘアスタイルのセットを一日中美しく見せる効果があるでしょう。

■関連記事:髪の乾かし方について知りたい方はこちらもチェック!

髪を自然乾燥させるメリット・デメリット!ドライヤーとどっちがいい?
髪の乾かし方次第で美髪を作れる!正しい髪の乾かし方を知ろう

ヘアオイルの正しい使い方 スタイリングが簡単

髪をアイロンやドライヤーでセットする前に、ヘアオイルを髪になじませると綺麗にスタイリングができます。
髪のスタイリングを、アイロンやドライヤーを使ってセットすると、髪が傷みますがヘアオイルを少量使うだけで、艶や潤いを保ちながらスタイリングができるのです。
アイロンやドライヤ―を使うと、切れ毛や髪のダメージの原因にります。
ヘアオイルは、髪をコーティングしてアイロンやドライヤーの高熱から髪を守ります。
アイロンで髪をセットする前に、ヘアオイルで髪にコーティングしておきましょう。

ヘアオイルを使ってスタイリングすると、とっても簡単に髪が整います。
忙しい朝に、ヘアオイルは髪のセットにとっても役立ってくれるでしょう。
ヘアオイルは、髪に必要な油分を補い、髪をしなやかでまとまりやすくします。
ヘアオイルを使うと、ドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守り、髪を傷ませないで、好きなようにスタイリングできるでしょう。

ヘアオイルの正しい使い方 スタイリング剤を使用する前に使う

ヘアオイルを乾燥しがちなパーマヘアや髪に使うと、髪に艶が戻ります。
髪にスタイリング剤のワックスやスプレーを使う前に、ヘアオイルを髪になじませると美しくセットできるでしょう。
髪の潤いをキープできます。
ワックスやスプレーだけでは、髪の傷んだ状態が気になるなら、ワックスにヘアオイル混ぜて使うといいです。

エアコンなどで、髪が乾燥しがちな場所でも、ヘアオイルの効果は期待できます。
髪が乾燥すると、切れ毛や抜け毛の原因になるでしょう。
ヘアオイルをつけるだけで、髪に潤いを与えて乾燥を防いでくれるのです。
健康で美しく見える髪は、適度な油分を含んでいるのです。

ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルを使うなら夜より朝

ヘアオイルは、髪をダメージから守ってっくれます。
ヘアオイルを朝つけるだけで、髪を紫外線や日中の乾燥する空気から守ってくれます。
ヘアオイルを朝に使うだけで、一日中スタイリングがまとまり、美しさをキープできるでしょう。
ヘアオイルは、忙しい女性のヘアスタイルを美しく保たせることができます。
夜にヘアオイルを使っても、髪は夜にあまりダメージを受けないから意味がありません。
夜にエアコンをつけた部屋で過ごすときは、エアコンの風や熱が髪にダメージを与えます。
夜、エアコンを使用している部屋にいるときは、ヘアオイルをつけて髪の潤いをキープしておくといいでしょう。

ヘアオイルを朝に使うと、髪の潤いを一日中保たせることができます。
ヘアオイルを夜よりも朝に使う人が多いはずです。
なぜなら、夜は紫外線もなく髪に与えるダメージが少ないからです。
スタイリングを美しく仕上げたいなら、朝にヘアオイルを使うべきです。

ヘアオイルの正しい使い方 ヘアオイルを髪によく浸透させる

ヘアオイルは、髪の水分の蒸発を防ぐ効果があります。
髪の水分はとっても重要な成分なので、ヘアオイルを使って髪の乾燥を防ぎましょう。
ヘアオイルで髪の広がりが抑えられるのは、ヘアオイルの成分が髪に適度な栄養と水分、油分を浸透させるからです。
ヘアオイルは、2,3プッシュして手の平で広げます。
そして、ヘアオイルを髪の毛先から根元に向かって、手で揉みこように浸透させます。
頭皮がかゆい時は、ヘアオイルを使って頭皮マッサージをしてください。

髪の内側からヘアオイルを浸透させないと、思うような効果が得られないでしょう。
ヘアオイルは、ヘアミルクと同じ使い方ができます。
ヘアオイルは男性のヘアケアにも効果的です。
ヘアオイルを髪に浸透させて、髪を美しくケアすればスタイリングに自信が持てるようになるでしょう。

ヘアオイルの正しい使い方 保湿力が良い

ヘアオイルは、ヘアミルクに比べて保湿力があります。
保湿力があることで、髪がさらさらしてブラッシンングしやすくなります。
ヘアオイルの油分が、髪に浸透すると乾燥を防いで、パサつきを防ぐのでヘアスタイルがセットしやすくなります。
ヘアオイルは、ヘアミルクより髪に浸透しやすく、オイル成分で髪をしっかりまとめやすくします。
夜にヘアオイルをつけて、髪の保湿力を高めるといいかも知れませんね。

ヘアオイルの保湿成分は、シャンプーで失われがちな艶を保たせます。
ドライヤーやアイロンを使うと、髪は傷みます。
ヘアスタイルをスタイリングするためにヘアアイロンを使うときも、髪にヘアオイルを浸透させておくと髪が傷みにくくなります。
髪の保湿は、スタイリングに必要な髪のしなやかさを保たせます。
シャンプー前にヘアオイルを髪につけて、保湿効果を与えてもいいですね。
シャンプー前は、髪はとっても疲れています。
シャンプー前のヘアケアも試してください。

ヘアオイルの正しい使い方 パーマのタイプによって効果が違う

ヘアオイルをストレートパーマの人が使うと、パサつきを抑えて艶がでるので、さらさら感がでます。
ヘアオイルをカールした髪に使うと、ソフトでくっきりしたカールになります。
ヘアオイルをつけた髪を、アイロンで巻くと綺麗なカールになります。
ただし、ヘアオイルはスタイリング剤でなくてトリートメントとして使うべきです。
なぜなら、ヘアオイルは髪に動きをつけたり、固めることはできないのです。

鉱物性のヘアオイルは、植物性のヘアオイルより髪に艶を与えます。
鉱物性のヘアオイルは、植物性のヘアオイルよりもブラッシングしやすい髪になります。
ですが、植物性のヘアオイルはナチュラル派の方にお勧めです。
オーガニックのヘアオイルも人気で髪に優しいです。

ヘアオイルの正しい使い方 髪のキューティクルを大切に

ヘアオイルをドライヤーの前と後に分けて使うことも、髪のキューティクルを守るいい方法です。
髪のキューティクルは、夜寝ている間に髪が枕にこすれて破壊されてしまいがちです。

ですから、夜寝る前に髪にヘアオイルをつけておくと、キューティクルが守られます。
髪にキューティクルがなくなりと、パサつきの原因になります。
髪のキューティクルを、しっかりとヘアオイルで保護してください。
夜にヘアオイルを定期的に使うことも、おすすめです。
夜は、髪をいたわる時間ですね。

髪のキューティクルが開くことを防ぐためには、髪の表面にヘアオイルをつけることが大切です。
髪のキューティクルは、とっても敏感で壊れやすいです。
シャンプーでキューティクルが損なわれることがあるので、ヘアオイルを使うといいでしょう。
髪のキューティクルは、髪の艶や潤いに深い関係があります。
シャンプー前は、キューティクルが破壊されているので、ヘアオイルをつけて髪をもみほぐすと、いい効果があります。
それから、シャンプー前なのでヘアオイルをお湯で、きちんと洗い流します。
シャンプー前にヘアオイルを使うときは、髪にヘアオイルをつけてから、20分は髪にヘアオイルを浸透させてください。
シャンプー前にヘアオイルを髪につけたら、蒸しタオルを頭に巻いて、20分待ってヘアケアします。

ヘアオイルの正しい使い方は、よくわかりましたか?

ヘアオイルは、髪のパサつきを抑えて、髪に潤いを与えます。
スタイリングが決まらない時に、ワックスなどにヘアオイルを混ぜて使うと、スタイリングの効果がアップします。
ヘアオイルを使って、髪の保湿性を高めてください。
朝や夜に、ヘアオイルを使って髪のキューティクルを守りましょう。

もっとヘアケアについて知りたいあなたへ!

髪の毛を太くする方法7つ!髪が細くなる原因って何?【要注意】
髪のべたつきの原因と解消方法は?オイリーヘアを改善しよう!
髪がバサバサになる原因と改善方法!これでサラサラの髪に!
髪が臭い原因7つと対策解説!【臭いを消したい女性必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ