穏やかな人の性格・特徴11選!穏やかな人になるには?

いつ見ても笑顔の穏やかな性格の人っていますよね。誰に対しても優しく人当たりの良い穏やかな性格の人は、誰にでも好かれるとても素敵な人が多いものです。当記事では穏やかな人の性格や特徴11選と、穏やかな人になるための方法についてまとめました♪

穏やかな人の性格・特徴11選!穏やかな人になるには?のイメージ

目次

  1. 1あなたの周りにもきっといる!穏やかな人の性格や特徴11選
  2. 2穏やかな人の性格や特徴(1)些細なことでイライラしない
  3. 3穏やかな人の性格や特徴(2)器が大きい
  4. 4穏やかな人の性格や特徴(3)聞き上手である
  5. 5穏やかな人の性格や特徴(4)いつも笑顔である
  6. 6穏やかな人の性格や特徴(5)ワガママを言わない
  7. 7穏やかな人の性格や特徴(6)いつも冷静である
  8. 8穏やかな人の性格や特徴(7)場の空気をよく読む
  9. 9穏やかな人の性格や特徴(8)誰に対しても平等に接する
  10. 10穏やかな人の性格や特徴(9)口調が柔らかい
  11. 11穏やかな人の性格や特徴(10)規則正しい生活をしている
  12. 12穏やかな人の性格や特徴(11)心配りが上手である
  13. 13穏やかな人になるための方法10選!素敵な毎日を送りましょう♪
  14. 14穏やかな人になるための方法(1)常に人の気持ちを考える
  15. 15穏やかな人になるための方法(2)時間に余裕のある生活をする
  16. 16穏やかな人になるための方法(3)体調管理をしっかり行う
  17. 17穏やかな人になるための方法(4)自分に自信を持つ
  18. 18穏やかな人になるための方法(5)ストレスを溜めこみ過ぎない
  19. 19穏やかな人になるための方法(6)他人を変えようと考えない
  20. 20穏やかな人になるための方法(7)上手な気分転換法を見つける
  21. 21穏やかな人になるための方法(8)下品な言動をしない
  22. 22穏やかな人になるための方法(9)ポジティブ思考になる
  23. 23穏やかな人になるための方法(10)自分のペースを大切にする
  24. 24まとめ

あなたの周りにもきっといる!穏やかな人の性格や特徴11選

皆さんは穏やかな人と言われると誰を思い浮かべるでしょうか?友人だったり家族だったり、または職場の先輩だったり人によって思い浮かべた人は様々だと思いますが、恐らくほとんどの人が自分の思い浮かべた穏やかな人に好印象を抱いているのではないでしょうか。

穏やかな人というのは他人を嫌な気持ちにさせることがなく、一緒にいると居心地の良さを感じることも多いため、多くの人に好かれるという特徴があります。

ここではそんな穏やかな人に見られる性格や特徴について、厳選して11選まとめてみました。

穏やかな人はなぜあんなにも人を優しい気持ちにさせるのか、どんなところが人の惹きつけるのかなどを知りたい方はぜひ確認してみてくださいね♪

穏やかな人の性格や特徴(1)些細なことでイライラしない

穏やかな人の性格や特徴の1つめは、些細なことでイライラしないということです。

穏やかな人というのは他人に何か悪口を言われたり、心無いことをされてしまった時もすぐにイライラしたりすることはありません。イライラしてしまうのは他人に感情を左右されているということですので、時間の無駄だと割り切ってしまうことも多いようです。

穏やかな人は他人は他人、自分は自分という線引きがとても上手なため、たとえ人と意見が違ったとしても「そういうものだ」と納得することができます。

腹を立てること自体が少ないため、人と激しい言い争いになってしまうこともなく常に穏やかでいられるという特徴がありますね。

■参考記事:イライラした時の対処法は?

イライラした時の対処法17選!これでイライラを解消しよう!

穏やかな人の性格や特徴(2)器が大きい

穏やかな人の性格や特徴の2つめは、器が大きいことです。

穏やかな人というのは他人に対して非常に寛容的で器が大きいのも特徴の1つです。他人を認めてあげる許容量が心理的に広いため、他の人なら我慢できないことでも自然と受け入れてしまうことも多くなります。

少しクセの強い人や自分勝手な人とも上手に対応できる穏やかな人は、結婚生活にも非常に向いている人といえるかもしれませんね。また器の大きい穏やかな人は、人の上に立つ上司としても人気があります。

人間関係に苦労している人からみるとその対応はまさに理想的でうらやましく感じる場合も多い事でしょう。

穏やかな人の性格や特徴(3)聞き上手である

穏やかな人の性格や特徴の3つめは、聞き上手であることです。

穏やかな人というのは積極的に誰かに話しかけるということはあまりありません。どちらかというと話し上手よりは聞き上手と言われる人が多く、相槌の打ち方や話の促し方がとてもスマートで相手を気持ちよく語らせることを得意としています。

穏やかな性格の聞き上手な人は、決して計算して相手を喋らせているのではありません。純粋に興味を持って人の話に耳を傾けることができるため、話し相手としてはそのことも心理的に一緒にいて楽しく感じるポイントになります。

聞き上手な人は結婚して夫婦になってからも相手の意見にしっかり耳を傾けることができるため、夫婦のすれ違いが起こる可能性も低くなります。

穏やかな人の性格や特徴(4)いつも笑顔である

穏やかな人の性格や特徴の4つめは、いつも笑顔であることです。

穏やかな人といえば笑顔のイメージが強いものですが、いつもニコニコと笑っていたり優しく微笑んでいる人はそれだけで人を楽しい気分にさせることがあります。

仕事などで困っていても常に穏やかな人を見ると、無性に何か手伝ってあげたいなと感じたり、サポートしてあげたくなることってありますよね。

穏やかな人の笑顔を間近で見ていると自然と前向きな気持ちになれると感じる人も多いようで、いつも笑顔で穏やかな人は仕事場などのムードメーカーになっている人もたくさんいます。

特別な美人やイケメンではなくても、笑顔が素敵な穏やかな人はとても魅力的です。穏やかな結婚生活を夢見て思わず結婚したいなと感じる人も多いかもしれませんね。

穏やかな人の性格や特徴(5)ワガママを言わない

穏やかな人の性格や特徴の5つめは、ワガママを言わないことです。

穏やかな人というのはとても常識的な人が多いため、ワガママを言ったり自己中な態度を取るようなことはほとんどありません。仕事で無理難題を押し通そうとしたり、友人や周囲の人を困らせることは心理的に恥ずかしいことだと思っているため、いつも一歩引いた控えめな態度であることが多くなります。

控えめな性格の穏やかな人は結婚をした後も女性であれば家庭をしっかり支える良い妻に、男性であれば非常に家庭的な優しい夫になることが予想できます。

幸せな結婚をしたい人は男性も女性も穏やかな性格の人を選ぶようにすれば間違いありませんね。

穏やかな人の性格や特徴(6)いつも冷静である

穏やかな人の性格や特徴の6つめは、いつも冷静であることです。

穏やかな人というのは激しく怒り狂ったり感情を爆発させたりすることがほとんどありません。結婚生活でも仕事でもヒステリーを起こしたりカーッと頭に血が上ることもありませんので、心理的にいつも落ち着いた状態を保っていることも特徴です。

何でもすぐに激昂してしまう人や非常に短気な人は、本当に大切なものや重要な事を見逃してしまう場合もあるのですが、穏やかな性格でいつも冷静な人は物事にしっかり対処することが可能になります。

仕事での成功率やトラブル回避などを考えても、穏やかで冷静な性格の人は非常に頼りがいがあります。仕事が出来る人にも当てはまる特徴といえるかもしれませんね。

■参考記事:冷静沈着な人になる方法とは?

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!

穏やかな人の性格や特徴(7)場の空気をよく読む

穏やかな人の性格や特徴の7つめは、場の空気をよく読むことです。

穏やかな人はいつも冷静だとご紹介しましたが、場の空気をよく読むことができるというのも大きな魅力の1つになります。

よく話に夢中になりすぎて周囲の人が迷惑していることに気付いていない人や、相手が嫌がっている心理に気付いていない人を見かけることがありますが、穏やかな人はそのような空気を読まない行動をすることは一切ありません。

場の空気を読むという一見簡単そうに見える行動も、一朝一夕で出来るものではありません。周囲の人は穏やかな穏やかな人になるにはただ笑顔を浮かべているだけでなく、状況に応じてしっかり対処できる人になることも大切なことですね。

穏やかな人の性格や特徴(8)誰に対しても平等に接する

穏やかな人の性格や特徴の8つめは、誰に対しても平等に接することです。

穏やかな人は他人を差別する心理は持ち合わせていません。同性であっても異性であっても、また部下や上司、貧乏な人やお金持ちの人など誰に対しても贔屓をせずに平等に接しようという姿勢が伺えます。

仕事などでは目上の人間と自分の部下などへの態度については言葉づかいは当然変わるかもしれませんが、仕事で部下にだけツラく当たったり理不尽な扱いをすることもまずないといえます。

他人に対して平等に接しようというその心理は、誰もが見習いたくなるほど立派に見えるものですね。

穏やかな人の性格や特徴(9)口調が柔らかい

穏やかな人の性格や特徴の9つめは、口調が柔らかいことです。

穏やかな人はとにかく荒々しい口調や下品な喋り方はしないのも大きな特徴になります。誰かを呼ぶときや人に話しかける時もいつも柔らかい口調で穏やかに話しかけることが多く、相手を恫喝したり脅かしたりするようなことは絶対にありません。

これは仕事で人の上に立つ人間になったり結婚した後も変わることはありません。口調が柔らかいというのは持って生まれた性格によるところもありますが、他人と争い事をしたくないという日々の心理や習慣が影響している場合もあります。

穏やかな人になるには喋り方のクセにも注意する必要がありそうですね。

穏やかな人の性格や特徴(10)規則正しい生活をしている

穏やかな人の性格や特徴の10個めは、規則正しい生活をしていることです。

穏やかな人というのはいつも優しい表情をしていますが、これは体が健康だから出来ることでもあります。体調が良くない時はそのように穏やかな表情や態度をする余裕はなくなってしまうものだからです。

穏やかな人は自分の体もしっかり自己コントロールしている場合が非常に多く、暴飲暴食をしないのはもちろん良質な睡眠をとることを心がけるなど心身ともに健康状態に気を使っているものです。

健康的な体と健康的な心理状態は良い仕事をするためにも、また幸せな結婚生活を送るためにも非常に大切な事となります。

穏やかな人の性格や特徴(11)心配りが上手である

穏やかな人の性格や特徴の11個めは、心配りが上手であることです。

穏やかな人と言われる人は、他人の心の機微にも非常に敏感に反応します。相手が何を考えてどういう心理になっているのかを瞬時に判断して、相手がして欲しいことや欲しい言葉を察知します。


言いたいことをきちんと理解して相手が欲しい反応を返すことができる穏やかな人は、心配りが上手であることが他人から好かれるポイントになります。

穏やかな人になるには自分の事だけを考えていてはいけないということですね。

穏やかな人になるための方法10選!素敵な毎日を送りましょう♪

穏やかな人にはたくさんの魅力的な特徴がある事が分かりましたが、それでは実際に穏やかな人になるにはどのような事に注意していけば良いのでしょうか?

穏やかな人になるには今の自分の悪い所をしっかり認めて、少し大人になる事が求められます。穏やかな人になるには今すぐにというわけにはいきませんが、毎日の生活の中で少しずつ周囲の人に配慮できる人間になることが何よりも重要になります。

穏やかな人になると心理状態がとても安定し、仕事や結婚も全ての事がうまく回りだします。

次は穏やかな人になるためには何をすれば良いのか困っている人のために、穏やかな人になるための方法10選をまとめてご紹介致します。

意識が変わればきっと行動も変わってきます。穏やかな人になって素敵な毎日を送るためにもぜひ1つ1つチェックしてみましょう♪

穏やかな人になるための方法(1)常に人の気持ちを考える

穏やかな人になるための方法の1つめは、常に人の気持ちを考えることです。

優しい素敵な穏やかな人になるためには、自分と接する人たちの気持ちをよく考えることがとても大切です。自分の事ばかり考えてしまう人はどうしても他人を利用しようとしてしまったり、劣等感を感じて卑屈になってしまうこともよくありますが、それでは穏やかな人になることはできません。

仕事で人に頼りにされる人になりたい場合や、または心地良い結婚生活を送りたいという場合は周りの人の心理状態をよく観察し、その気持ちに寄り添いたいという考え方が必要になります。

穏やかになるには人にどれだけ優しくできるかが重要になりますね。

穏やかな人になるための方法(2)時間に余裕のある生活をする

穏やかな人になるための方法の2つめは、時間に余裕のある生活をすることです。

毎日忙しい人はたくさんいると思いますが、時間に余裕のない生活をしている人はどうしても色々なことに余裕がなくなってしまいます。時間がないと人のちょっとした失敗にも心理的にイライラするようになりますし、仕事や結婚も上手くいかないようになることも予想されます。

穏やかにな人になるには今よりももう少しスケジュール調整をしっかり行い、自分に余裕を持った行動を心がけることも必要になります。時間管理をしっかり出来るようになると心も穏やかになり、仕事や結婚に対してもきっと意欲が湧いてくるようになるでしょう。

穏やかな人になるための方法(3)体調管理をしっかり行う

穏やかな人になるための方法の3つめは、体調管理をしっかり行うことです。

時間管理もそうですが、穏やかな人になるには体調を管理することも非常に大切です。体調が思わしくない時は人に対して冷たい態度を取ってしまったり、些細な事が気にかかって泣きたくなることもありますよね。

穏やかな人になって人から愛されるようになるには、不規則な生活をして目の下にクマを作っているような生活は今すぐにでも改めなければいけません。

休みの前後でも早寝早起きをして3食きっちりと栄養のある食事をとったり、定期的に体を動かして汗を流すなどして健康的な体を維持することができれば自ずと心理状態も安定してきます。

穏やかな人になるには自分の体も大切にすることも忘れてはいけませんね。

■参考記事:よく寝る人の特徴って?

よく寝る人の特徴9選!寝すぎるのはいいことなの?

穏やかな人になるための方法(4)自分に自信を持つ

穏やかな人になるための方法の4つめは、自分に自信を持つことです。

穏やかな人になるにはまず自分が自信を持っていなくては人に優しくする余裕は生まれません。自分に自信がない人はつい他人の粗探しをしたくなるものですし、人から言われる一言一言に傷ついてしまう場合もあります。

自分に自信がある人は仕事でも結婚でも地に足がついた落ち着いた心理状態で行動ができるようになります。穏やかな人になるにはまず自分が信念を持って行動できるように自分に自信を持つことから始めてみてはいかがでしょうか。

穏やかな人になるための方法(5)ストレスを溜めこみ過ぎない

穏やかな人になるための方法の5つめは、ストレスを溜めこみ過ぎないことです。

ストレスがどんどん溜まってくると人はネガティブ思考になり、何をしても上手くいかなくなるものです。ストレスが多いせいで心理的に不安定な状態になり人付き合いが上手くいかなくなると、今度はそのことが新しいストレスになることもあり、どんどん悪循環に陥ってしまうこともよくあります。

世間で穏やかな人と言われている人はみんなストレスを解消するのがとても上手です。少し心がしんどくなったなと思った時は思い切って仕事を休んでリフレッシュしたり、結婚している人は少し家事を手抜きしてゆっくりする時間を取るのもオススメですね。

穏やかな人になるには毎日の生活の中でストレスと上手に付き合っていくことも重要なことです。

穏やかな人になるための方法(6)他人を変えようと考えない

穏やかな人になるためにの方法の6つめは、他人を変えようと考えないことです。

何か嫌なことがあったり思い通りにいかないことがあるとすぐ人のせいにしてしまう人はいませんか?何でも人のせいにばかりしてしまう人は次第に他人が自分の想い通りに動いてくれない事に不満を抱くようになってしまうことも注意が必要です。

他人を自分の力で動かそうと思う事はとても傲慢なことです。人に勝手に期待して勝手に裏切られたと被害者面をするような人は穏やかな人になることは到底できませんね。

穏やかな人になるには他人を変えようと考えるのではなく、自分が変わる努力をしていきましょう。

穏やかな人になるための方法(7)上手な気分転換法を見つける

穏やかな人になるための方法の7つめは、上手な気分転換法を見つけることです。

穏やかな人になるにはどうすれば良いのか悩んでいる人は、まず上手な気分転換法を見つけてみるのも効果的かもしれません。人は仕事で疲れたり人間関係に悩んだりした時は、そのすべてを忘れることができるぐらい楽しい事に没頭するのが何よりのリセット方法になります。

ゲームや漫画が趣味な人は休みの日に一日自宅に閉じこもって夢中になるのも良いですし、食べ歩きが趣味の人は美味しいお店を発掘するのも良いかもしれません。上手な気分転換法を知っている人は多少のストレスにも強く動じなくなり、穏やかな毎日を過ごせるようになります。

結婚後も続けられるような気分転換法を見つけることが出来れば最高ですね!

穏やかな人になるための方法(8)下品な言動をしない

穏やかな人になるための方法の8つめは、下品な言動をしないことです。

穏やかな人と言われている人は性格だけでなく話し方や行動もおっとりと柔和であることが多いものです。穏やかな人になるためには下品な喋り方や行動をしないということも1つのポイントとなります。

普段使っている言葉や習慣になっているクセは、人前でもいつ出てしまうか分かりません。誰かがいる時だけ上品な言動をしてみても、見る人が見れば人の本質というのは分かってしまうものです。

心から穏やかな人になりたいと願っている人はまず普段から自分の喋り方や行動を見直し、悪いクセを早々に治していく必要があります。

イラッとして物に当たったり人に八つ当たりするような言動は絶対しないように気を付けましょう!

穏やかな人になるための方法(9)ポジティブ思考になる

穏やかな人になるための方法の9つめは、ポジティブ思考になることです。

穏やかな人はいつも笑顔であると上記の特徴の項目でもご紹介しましたが、そんな朗らかな人になるにはポジティブ思考は欠かすことは出来ません。暗い顔ばかりしているネガティブ思考な人は笑顔も嘘くさい作り笑いになってしまい逆効果になってしまうこともあります。

ポジティブ思考を身につけるためには、考え事をする時も常に「大丈夫」「できる」「きっとうまくいく」とプラスの事を考え、楽しいことを想像することが大切です。

最初はなかなか難しくても、ポジティブ思考はネガティブ思考と一緒でずっと続けているとクセになるものです。プラスの事あかり考えているうちに、次第に意識しなくても前向きな考えができりようになり穏やかな人になることができますよ。

穏やかな人になるための方法(10)自分のペースを大切にする

穏やかな人になるための方法の10個めは、自分のペースを大切にすることです。

穏やかな心理状態で毎日を楽しく過ごすためには、他人のペースに自分のペースを乱されてしまうのはあまりオススメできません。他人のペースに影響ばかりされてると自分のしたい事が出来なくなってしまい、気持ちに焦りが生まれてしまうこともあります。

他人とうまくやっていくためには協調性はとても大切ですが、穏やかな人になるためには自分のペースを大切にして自分自身を守ることも忘れてはいけません。

他人に合わせすぎてしまう傾向がある人は十分注意したいものですね。

まとめ

穏やかな人の性格や特徴11選と、穏やかな人になるための方法10選をまとめてご紹介しました。穏やかな人になるためには自分を大切にすることも重要なのだという事がお分かり頂けましたでしょうか?

いつも笑顔で人に優しくできる穏やかな人は大人として素晴らしい人です。皆さんも誰からも愛される穏やかな人になるために、少しずつ自分を変える努力を始めてみてはいかがでしょうか♪

人の心理と性格についてもっと情報を知りたいアナタに!

結果が全てという考えの人の性格・心理まとめ!
無関心な人の心理・特徴35選!他人や仕事に無関心な原因は?
内弁慶の心理・特徴13選と治す方法とは?内弁慶の意味も解説!

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ