マツエクのリペアとは?頻度や期間はどのくらい?【要注意】

マツエクを付けたら、次に気になるのはマツエクのリペアをいつするのか、ですよね。マツエクの初心者であればマツエクのリペアでわからないことも多いはず。そんなあなたのために、マツエクのリペアについて、頻度や期間がどれくらいなのか、料金の相場などもまとめてみました。

マツエクのリペアとは?頻度や期間はどのくらい?【要注意】のイメージ

目次

  1. マツエクのリペアとは?
  2. マツエクのオフとは?リペアとの違いは?
  3. マツエクのリペアの方法
  4. マツエクのリペアは時間も短い
  5. マツエクのリペアの時に残っているマツエクは?
  6. マツエクのリペア時曲がっているマツエクは?
  7. サロンによってマツエクのリペアの仕方は違う
  8. マツエクのリペアの料金は?
  9. マツエクのリペア後の仕上がりは?
  10. マツエクのリペア後のモチは?
  11. マツエクのリペアの頻度は?
  12. マツエクのリペアの頻度は本数によって異なる
  13. マツエクのリペア◎マツエクがキレイに保てる期間
  14. マツエクのリペア◎どうしてマツエクはとれるの?
  15. マツエクのリペア◎お手入れが大切
  16. マツエクのリペアでの注意点◎同じサロンで
  17. マツエクのリペアでの注意点◎目安の周期でメンテナンス
  18. マツエクのリペアでの注意点◎セルフキットは危険
  19. マツエクのリペア◎こんな人におすすめ
  20. マツエクのリペアとは?まとめ

マツエクのリペアとは?

マツエクをしている人は、マツエクをリペアすることがあると思います。
マツエクのリペアとは何をすることをいうのでしょうか。
マツエクのリペアとは、マツエクが抜け落ちた部分に再度マツエクを付けなおすというだけではないどうです。
マツエクの中には付けている間に、根元が浮いてしまったり、マツエクが伸びてしまったり、マツエクの方向が乱れたりして、状態が悪くなってしまったマツエクを取り除くということも、マツエクのリペアでは含まれています。
状態の悪いマツエクを取り除いた後に、リペア、付けなおしをしていくのです。

最近ではマツエクのリペアをセルフで行う人もいるそうですが、マツエクのリペアは難しいので初心者の人だけでなく、多くの人におすすめできるものではありません。
マツエクとは、リペアをする時にも接着剤を使用します。
この接着剤で眼球を傷つけてしまったり、マツエクを付ける位置を間違えてしまうことでまぶたに炎症が起こったり、目へのトラブルが発生する原因になることが多いのです。
マツエクのリペアをする時には、プロに任せたほうが安心で安全なのです。

マツエクのリペアではなく、マツエクのリムーブという方法もあります。
マツエクのリムーブとは、マツエクを全てキレイに取り除くことを言うそうです。
マツエクのオフとも言われますね。
それでは、マツエクのオフについてもまとめてみましょう。

マツエクのオフとは?リペアとの違いは?

マツエクのオフとは、先ほども書いたとおりマツエクのリムーブとも言われ、全てのマツエクをキレイに取り外してしまうことを言います。
マツエクをオフする場合は、リムーバーと呼ばれる薬剤を使用してマツエクを少しずつ外していきます。

マツエクを継続的に付けていこうと思っている人は、マツエクのリペアだけではなく、マツエクのオフをして、再装着をしてもらうというメンテナンスが必要になってきます。
毎回マツエクのリペアだけを行うというのは、まぶたやまつげにとってもよくありません。
マツエクのリペアの方が料金は安く済みますが、マツエクのオフの方が仕上がりがキレイですし、長い期間モチが良かったりします。
サロンの人とも相談をしながら、マツエクのリペアとマツエクのオフを使い分けることが大切でしょう。

マツエクのリペアの方法

マツエクのリペアとは、どのような方法で行われているのでしょうか。
実際にマツエクのリペアをしてもらうときには、目をとじているので、どんな手順や方法でマツエクがリペアされているのかとは分からないですよね。
ココでは簡単に、マツエクのリペア方法を説明させていただきます。
簡単にマツエクのリペア方法を説明しています。
サロンによってマツエクのリペアの仕方は違うと思いますので、一例だと考えてくださいね。

まずはメイクの落とし忘れがないかをチェックします。
メイクがキレイに落ちている状態で、目の周りのデリケートなお肌を守るために、目元に保護テープを貼ります。
目の保護が完了したら、マツエクを1本1本確認して、乱れているマツエク、曲がってしまっているマツエクや伸びてしまっているマツエクに専用のマツエクのオフ液を塗っていきます。
キレイなマツエクにマツエクのオフ液が付いてしまうと、そのマツエクまでとれてしまうので、丁寧に手際よく作業をする必要があります。

マツエクのオフ液を塗ってしばらくすると、マツエクが取れやすくなっています。
取れやすくなったマツエクを、綿棒やピンセットで1本ずつオフをしていきます。
乱れたマツエクを全て取り除くことができたら、ここで一度まつげをキレイにするために、プレケアを行います。
プレケアをは、まつげについてしまった皮脂や汚れなどを拭き取ることをいいます。
まつげをリペアする前には、まつげをプレケアしておくことで、さらにキレイなマツエクにすることができるのです。

まつげのプレケアが終わったら、マツエクを付け足していきます。
付け足す場合は、あなたの希望の本数に増やしていくだけなので、マツエクをオフしてイチから全て付けなおすよりは、施術の時間は短くて済みます。

マツエクのリペアは時間も短い

マツエクのリペアとは、マツエクをオフして全てを付けなおすわけではありません。
マツエクが曲がってしまっているところや、マツエクが伸びてしまった部分を外して、その部分だけを付け足す作業になります。
マツエクを外すところで少し時間はかかりますが、マツエクをオフして全てを付けなおすよりは、とても短い時間で施術を完了させることができるようです。
マツエクのリペアで付けてもらう本数にもよりますが、仕事帰りや学校の帰りにさっさと施術をしてもらいたい、と考えている人には、マツエクのリペアの短い施術時間は嬉しいポイントですね。

マツエクのリペアの時に残っているマツエクは?

マツエクのリペアとは、乱れたマツエクを外して新しいマツエクを足していくという方法ですが、残っているマツエクはどうなるのかが気になりますよね。
結果だけいえば、乱れていないマツエクはそのまままぶたに付きっぱなしになっています。

サロンでマツエクのリペアをする時には、アイリストさんが乱れていないマツエクか乱れているマツエクかをしっかりと判断して、外す必要のあるマツエクを選んで外してくれます。
期間を守ってマツエクのリペアをしている場合、乱れているマツエクは数本から10本程度なのだそうです。
キレイなマツエクを保ちながら、乱れたマツエクだけを選んで外してくれるアイリストさんってすごいですよね。

マツエクのリペア時曲がっているマツエクは?

マツエクのリペアとは、乱れているマツエクや曲がっているマツエクを外して、新しくキレイなマツエクをつけていくことですが、サロンによって「乱れているマツエク」の基準は違うそうです。
あなたがこのマツエクは曲がっているから外して欲しいと思っても、サロンの基準でそうではないと判断されると外してもらえないこともあります。
このマツエクは新しくしてほしい、という部分がある場合は、施術の前にアイリストさんに申し出ておきましょう。

マツエクのリペアの方法や基準、料金設定などは、サロンによって異なります。
マツエクのリペアとは、マツエクの状態によって地まつげに負担がかからないように、キレイに整えていくというのが主な役割になるので、あなたの「こうしたい」が実現されなことがあります。
料金や施術時間などもアイリストさんと相談しながら、あなたの理想のマツエクになるようにしていくようにしましょう。

サロンによってマツエクのリペアの仕方は違う

マツエクのリペアの方法とは、サロンによって違うのだそうです。
一般的なマツエクのサロンの場合、外れそうなマツエクだけを数本外します。
そして料金表に従って、決まった本数だけのマツエクを付け足していきます。
この方法のサロンは、料金が安いというメリットがあります。
リペアしたマツエクも一定期間はモツので、安くマツエクをリペアしたいという人にはおすすめです。

料金は高くなりますが、仕上がりがキレイで長い期間モチがよいマツエクのリペアをしてくれるところもあります。
外れそうなマツエクだけではなく、浮いてしまっているマツエクや、伸びたりヨレたりしているマツエクもしっかりと吟味して、乱れているマツエクは全て外して、新しいマツエクを付けてくれるという方法です。
サロンによってマツエクのリペアの方法は違うようなので、最初にしっかりと話を聞いてマツエクのサロンを選べるといいですね。

マツエクのリペアの料金は?

マツエクのリペアをする場合、料金はだいたいどれくらいかかるものなのでしょうか。
サロンによって料金体系が異なりますので、ざっくりとした相場になりますが、マツエクのリペアの本数が40本までの場合の料金は3,000円前後になるようです。
本数が80本までの場合の料金は4,000円程度、本数が100本までの場合の料金は6,000円程度というのがマツエクのリペアの料金の相場になるようです。

ただし仕上がりを重視したマツエクのサロンの場合は、技術料などが加算されるため、プラス2,000円程度料金がプラスになることもあるようです。
マツエクのリペアの料金が高い分、リペアに関しての保証がしっかりと付いるというサロンもあるようです。
マツエクのリペアを料金だけで決めることはないとは思いますが、リペアの回数が増えれば料金を考えるのも大切です。
どういうマツエクの仕方が自分にあっているのか、料金も含めてしっかりと考えるようにしましょう。

マツエクのリペア後の仕上がりは?

マツエクをオフして、イチから付けなおす場合は、全て同じ状態でマツエクを付けていくので、キレイな仕上がりになることはわかりますが、マツエクのリペアとは、部分的にマツエクを外して新しいマツエクを付けていく作業になるので、不揃いになっていまわないのかと心配する人もいるようです。
結果からいうと、アイリストさんの腕にかかっています。

マツエクのリペアの頻度やタイミングにもよりますが、一番最初につけたマツエクが、極端な話で5年も前のものだったら、最近つけたマツエクと全く同じように付けるというのは難しいと考えるのが普通でしょう。
アイリストさんの技術レベルにもよりますが、一般的にはマツエクのリペアの仕上がりは、マツエクをオフしてイチから付けなおした場合と比べて7割程度のクオリティだと考えるのが良さそうです。

マツエクのリペア後のモチは?

マツエクをリペアした後は、どれくらいの期間リペアしたマツエクがモツのでしょうか。
モツ期間によって、次に付け替えるタイミングを考えたいですよね。
マツエクがモツ期間は、その人がどんなメイクをしているのか、メイク落としを使っているのか、洗顔をしているのか、などその人によって異なってきます。
そのため厳密にどれくらいの期間でどのタイミングでマツエクをリペアしたらいい、というルールは無いようです。
基本的には、2週間程度でマツエクをリペアするほうが、キレイなマツエクを保てるとは言われているようです。

マツエクのリペアは2週間適度の期間モツといわれていますが、マツエクのリペアでは全てのマツエクを外すわけではありません。
マツエクのリペアでは、外されなかったマツエクもあります。
外されなかったマツエクは、マツエクのリペアをしたあと2週間の期間が過ぎていれば、プラスアルファでまつげについている状態になっています。
マツエクのリペアをしなくてはいけないほど乱れていないマツエクであったとしても、できるかぎりこまめに付け替えてあげたほうが、マツエクもキレイに保てますし、地まつげにとっても良いことになります。

マツエクのリペアの頻度は?

マツエクのリペアの頻度は、どれくらいの期間のタイミングで行うといいのでしょうか。
マツエクのリペアのためにサロンに訪れる頻度やタイミングは、2週間から3週間がいいと言われています。
マツエクのリペアをして、またマツエクのリペアをする場合の期間は、2週間おきにマツエクのリペアをするといいそうです。

マツエクのリペアから、マツエクのオフをして、またマツエクのリペアをする場合など、どういう風にマツエクをケアしていくかによっても、マツエクのリペアの期間や頻度、タイミングは異なるようです。

マツエクのリペアの頻度は本数によって異なる

マツエクのリペアの頻度は、マツエクの本数によっても異なるのだそうです。
マツエクのリぺアとは、マツエクを付けかえるだけではなく、曲がったマツエクや外れかけているマツエクのケアにも対応しています。
マツエクをイチから付けなおすよりは施術の時間も短く済むので、期間を短くしてこまめに通うと、マツエクのお手入れも楽になりそうですよね。

マツエクをキレイに保つように、マツエクのリペアをするにはどれくらいの期間、どんな頻度やタイミングでマツエクのリペアをするといいのでしょうか。
マツエクのリペアの本数が80本程度の人は、2週間から3週間の頻度やタイミングでマツエクのリペアを行うといいそうです。
本数が少ないと、まつげとまつげの間が空いているので、マツエクが乱れやすいのだそうです。
本数が80本以下の場合は、さらに短い期間の頻度やタイミングでマツエクのリペアができると良さそうです。

マツエクのリペアで、本数が100本以上の場合は、3週間から4週間の期間の頻度やタイミングでマツエクのリペアができると良さそうです。
マツエクが多い分、マツエクをキレイに保つことができるようです。
多少抜け落ちてしまったとしても、本数が少ないマツエクよりは目立ちませんし、気にもならないと思います。
そのためマツエクのリペアまでの期間を長くすることができるのです。
本数が100本以上の場合は、3週間から4週間の頻度やタイミングでマツエクのリペアをするようにしましょう。

マツエクのリペア◎マツエクがキレイに保てる期間

マツエクがキレイに保てる期間はどれくらいなのでしょうか。
マツエクがキレイに保てる期間は、メイクの頻度や、メイク落としの種類、洗顔などによっても期間が異なりますが、だいたい2週間から1ヶ月くらいだと言われています。
マツエクがキレイな状態で長い期間いるためには、うつ伏せで寝ないことや、オイルフリーのメイク落としを使うことなど、普段の生活でも注意をしなくてはいけないという点があります。
しかしどんなに普段の生活で気をつけていたとしても、マツエクのオフやマツエクのリペアという定期的なメンテナンスをタイミングよくする必要があります。

マツエクのメンテナンスには、マツエクのリペアだけしかしないというのは良くありません。
逆にマツエクは毎回必ずオフするというメンテナンスも、頻度としては良くないと言われています。
頻度としては、1ヶ月に1回程度のタイミングでマツエクのリペアと、3ヶ月に1回程度のタイミングでマツエクのオフをするというのが理想的です。
地まつげへの負担も少なく、マツエクをキレイな状態に保つことができると言われています。

マツエクのリペア◎どうしてマツエクはとれるの?

マツエクはどうしてとれてしまうのでしょうか。
どんなにメイクをする時に気を付けていても、メイク落としに気をつかっていても、マツエクはどんどんとれていってしまいますよね。
これには、まつげの毛周期が関係しています。
まつげは通常60日程度で生え変わっています。
このまつげの生え変わりのタイミングで、マツエクも一緒に取れてしまうのです。

もちろん、日々のメイクやメイク落としによる摩擦や乾燥も原因の1つです。
どんなに気をつかっていても、メイクやメイク落としで起こる摩擦や乾燥で、マツエクをくっつけているグルーという接着剤が劣化していくので、マツエクは取れやすくなり、最終的には取れてしまうのです。
マツエクを長くもたせたいのであれば、メイク用品にもオイルが含まれていないものを選ぶと良さそうです。
摩擦は良くありませんので、目をこすったりすることも避けたほうがいいでしょう。
目をこすると、マツエクが取れたり、マツエクが乱れる原因にもなります。
さらにマツエクを引っ張ることで、地まつげへも負担をかけてしまうことになります。

マツエクのリペア◎お手入れが大切

マツエクはしっかりとお手入れをしてあげることで、長い期間キレイに保つことができます。
できるかぎりマツエクをキレイに保って、マツエクのリペアの頻度やタイミングを減らすようにしたいですよね。
そのためには、先ほども書いたようにメイクやメイク落としに気をつけたり、目をこすらない、うつ伏せで寝ない、マツエクに水をつけないようにする、など毎日の生活でも注意をしなくてはいけないことがたくさんあります。

マツエクを長い期間キレイに保つのは大変ですが、マツエクのリペアの料金を考えると、あまり料金がかかるよりは、毎日のケアを頑張った方が良さそうですよね。
短いタイミングでサロンに行ってマツエクのリペアをすれば、料金が安くなることもありますが、それでも何回も通っていたらそれなりの料金になってしまうので、通う頻度には気をつけてくださいね。

マツエクのリペアでの注意点◎同じサロンで

マツエクのリペアをする時に注意をしたいのは、マツエクを付けたサロンと同じサロンでマツエクのリペアをしたほうが良いという点です。
マツエクにつかう、人工毛のまつげの種類は、全国のサロンで同じものを使っているわけではありません。
同じような人工毛であっても、仕入れ先などによって少し違う場合があります。
自分のつけているマツエクと同じ長さやカールのマツエクが、違うサロンにあるとは限りません。

マツエクのリペアをしたときに、なんだか長さが違う、とかイメージが違う、ということがないように、マツエクを付けたサロンでマツエクのリペアをするようにしましょう。
もしもマツエクの施術をしたサロンが自分に合わないと思った時には、マツエクのリペアではなく、マツエクのオフをしてもらって、イチからマツエクをしてもらった方が良いでしょう。
お気に入りのサロンをみつけて、同じサロンへ通った方が、料金的にも安くすむ場合があります。
マツエクの料金を安く抑えるためにも、自分のお気に入りのサロンがみつけられるといいですね。

マツエクのリペアでの注意点◎目安の周期でメンテナンス

マツエクのリペアで注意をしたいのは、マツエクのリペアの周期やタイミングは、アイリストさんのアドバイスを聞いたほうが良いということです。
アイリストさんは、あなたのまつげを見て「リペアをするなら、だいたい〇日後に来てくださいね」ということを伝えてくれるはずです。
できる限り、その周期やタイミングでサロンの予約をいれて、マツエクのリペアをしてください。
マツエクのオフをするタイミングも、アイリストさんに確認しておくとさらに良いと思います。

マツエクの状態をみながら、マツエクをリペアするのかオフするのかを、最終的に決めるのはあなたになります。
リペアにするのかオフにするのか、選択ができるように、それぞれの来店のタイミングを聞いておくといいでしょう。
さらに何日後であればキャンペーンで金額が安くなる、という情報もしっかりと確認しておきましょうね。

マツエクのリペアでの注意点◎セルフキットは危険

マツエクのリペアでおすすめしないのが、マツエクのセルフリペアです。
マツエクをするには、美容師免許の資格を持っていて、美容所登録をしている場所でしか施術が許されていません。
ですから、自分でネットでセルフリペアの商品などを購入してマツエクをリペアしたり、資格を持っていない友達や知り合いに安くマツエクをリペアしてもらうというのは、違法行為になってしまいます。
目のトラブルを起こすこともあるので、絶対にやめましょう。

簡単にできそうだから大丈夫だろう、とか周りがやっているから自分もできるだろう、というのは良くありません。
万が一にでも失敗して、失明してしまったら、その時に後悔をしても遅いのです。
マツエクをする時にも、マツエクのリペアをする時にも、必ず資格を持っているサロンで行うようにしてください。
注意をしなくてはいけないのは、「ディプロマ」という資格です。
これは正式にマツエクができる資格ではありません。
美容師免許を持っていて、美容所登録をしているサロンが、正式にマツエクができるサロンになります。

マツエクのリペア◎こんな人におすすめ

マツエクのリペアはマツエクを常にキレイに保っていたいと考える人におすすめです。
毎日のケアはしっかりとしてほしいのですが、寝相が悪い人などは、無意識にまつげにダメージを与えてしまうこともありますよね。
まつげ用のコームやまつげ美容液を塗るというケアだけでは心配だという人には、マツエクのリペアはおすすめです。

またマツエクをキレイに保ちたいけれど、毎回2時間程度の施術時間をマツエクのために使えない、という人にもマツエクのリペアはおすすめです。
マツエクの本数にもよりますがマツエクのリペアであれば、マツエクをイチから付ける時の半分の時間でリペアすることができるそうです。

マツエクのリペアは、料金が安くすむので、安くマツエクを楽しみたいという人にもおすすめです。
サロンやマツエクの本数にもよりますがマツエクをイチから付けるよりは、ずいぶんと料金は変わってくるようです。
マツエクのリペアはお財布にも優しいのです。

マツエクのリペアとは?まとめ

今回はマツエクのリペアについてまとめてみました。
マツエクが初心者の人には、マツエクのリペアをどれくらいの頻度やタイミングで行うのかは興味がありますよね。
ここでは基本的で平均的な頻度やタイミングをまとめました。
実際にどれくらいの頻度やタイミングがいいのかは、サロンによって異なります。
担当のアイリストさんからしっかりと話を聞いて、ぴったりの頻度やタイミングでマツエクのリペアを行うようにしてください。

もっとマツエクについて知りたい方はこちら!

アイプチしたままマツエクは可能?【一重さん必見】
マツエクしてる時のメイク方法!アイメイクはどこまでやっていいの?
まつげエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法17選!
マツエク当日にお風呂に入れる?入り方と注意事項まとめ!
マツエクのミンク・セーブル・シルクの違いは?毛質を比較!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
チョコジャンボモナカがやめられない。 夏ですね。 よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ