コテの太さのおすすめは?【19mm・26mm・32mm・38mm比較】

コテの太さのおすすめは?【19mm・26mm・32mm・38mm比較】

ヘアスタイルを決めるためにはコテは必須アイテムですが、太さがいろいろとあります。コテの太さは19㎜、26㎜、32㎜、38㎜とあり、髪の毛の長さやボブなどのヘアスタイルによっておすすめの太さが違ってきます。この記事ではコテの太さの選び方についてお伝えします。

記事の目次

  1. 1.コテの太さのおすすめはヘアスタイルや長さで決まる!
  2. 2.コテの太さを選ぶポイントは?
  3. 3.【コテの太さの選び方1】髪の毛の長さ
  4. 4.【コテの太さの選び方2】欲しいカール感
  5. 5.【コテの太さの選び方3】時間経過も重要!
  6. 6.それぞれの太さのコテの特徴とは?
  7. 7.19㎜の太さのコテについて
  8. 8.19㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  9. 9.26㎜の太さのコテについて
  10. 10.26㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  11. 11.32㎜の太さのコテについて
  12. 12.32㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  13. 13.38㎜の太さのコテについて
  14. 14.38㎜の太さのコテでアレンジできるおすすめヘアスタイルは?
  15. 15.人気のボブでもコテを使ったヘアスタイルはおすすめ!
  16. 16.太さ以外のポイントも重要!失敗しないコテ選びのポイント
  17. 17.【失敗しないコテ選びのポイント1】温度
  18. 18.【失敗しないコテ選びのポイント2】見た目
  19. 19.【失敗しないコテ選びのポイント3】自動電源オフ機能
  20. 20.【失敗しないコテ選びのポイント4】コードのねじれ防止機能
  21. 21.【失敗しないコテ選びのポイント5】重さ
  22. 22.【失敗しないコテ選びのポイント6】機能性
  23. 23.【失敗しないコテ選びのポイント7】温度が上昇する時間
  24. 24.【失敗しないコテ選びのポイント8】プレートの種類
  25. 25.おすすめのコテは?2018年おすすめのコテをご紹介!
  26. 26.コテの太さ選びを失敗せずに、なりたいヘアスタイルを!

38㎜のコテを使うときには、やはりある程度の髪の毛の長さが必要になります。ロングからスーパーロングの髪の毛の長さではないとうまくまとまらないので、38㎜のコテを選ぶときには注意しましょう。

38㎜のコテを使ったおすすめのヘアスタイルは、やはりゆるふわウェーブです。かなり細かく巻いたつもりでも、コテの太さでゆるく仕上がるので、全体的にゆるふわな印象になりますね。

前髪を38㎜のコテで巻くと、くせ毛風に仕上げることもできます。外国人風のくせ毛風なヘアスタイルにしたい人におすすめです。

人気のボブでもコテを使ったヘアスタイルはおすすめ!

コテでカールを付けたり、くせ毛風にウェーブを付けてみたいと思っても、なかなかうまくいかないのがボブスタイルの髪型。ショートボブではなかなか上手にコテで巻けない、というお悩みを持っている人も多いものですね。

ボブで毛先だけのカールは作れても、くせ毛風にはなかなかできない、と思っている人へ。実はボブでもコテの太さをちゃんと選んで、使い方を間違えなければコテを使いこなすことはできるんです!

ボブにおすすめのコテの太さ

ボブのヘアスタイルをコテで整えたいときには、19㎜か26㎜を使いましょう。ボブの毛先だけをワンカールさせるのであれば26㎜がおすすめです。ボブにウェーブ感を出したいのであれば19㎜で細かくボブにカールを付けていきます。

ボブスタイルでのコテの使い方

ボブにワンカールを付けたいときのコテの使い方は、適度な量に髪の毛をブロッキングしてから、コテで髪の毛に熱を通してから毛先だけに26㎜のコテでワンカール付けましょう。

ボブにウェーブを付けたいときには、細めの毛束でブロッキングしてから、根元から毛先まで一度コテでしっかりと髪の毛に熱を通します。その後、毛束の中央から毛先に向かって挟むようにしてウェーブを付けていきます。

ボブは髪の毛が短くて毛先が傷んでもなかなか切れないので、コテに触れる時間は短くして、ボブの髪の毛が傷まないように気を付けましょう。

太さ以外のポイントも重要!失敗しないコテ選びのポイント

コテを選ぶときのポイントは太さだけではありません。他にも様々に選ぶポイントがあります。失敗しないコテ選びのポイントにはいったいどんなものがあるのか、ここから1つずつ、その理由とともに見ていきましょう。

出典: https://unsplash.com/photos/RrD8ypt8cjY

【失敗しないコテ選びのポイント1】温度

コテを選ぶときのポイントは温度です。コテの温度は高くなればなるほど、くせを付ける力が強くなりますが、髪の毛も傷みやすくなっていきます。コテの最適温度というのは髪質によって違い、細くてやわらかめの髪の毛であれば低めの温度が、硬くて太い髪の毛であれば高めの温度がいいでしょう。

どのメーカーのコテも、必ず温度調節ができるようになっていますが、最適温度は人によって全く違います。細かく温度調節ができるタイプのものが、髪の毛を傷めずに思うようなカールを作れていいでしょう。

また、最高温度も重要です。どんなに硬い髪の毛であっても180度あればいいでしょう。コテの温度は180度まで上げられて、できるだけ細かく調節できるものを選ぶことをおすすめします。

出典: https://unsplash.com/photos/Hzdru-svFbg

【失敗しないコテ選びのポイント2】見た目

コテは毎日使うものですよね。朝、お出かけをする前にヘアスタイルをコテで整えるのに、可愛いコテや気に入ったデザインのコテを使っていたら、テンションも上がるものです。

コテのデザインはメーカーによって大きく違います。かわいらしいものやカラフルなものもあれば、実用性とコスパ重視であまりデザイン性が高くないものもあります。

まずは性能や機能性から選ぶべきですが、見た目もできれば気に入ったデザインのものを選ぶようにしましょう!

次のページ

【失敗しないコテ選びのポイント3】自動電源オフ機能

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely