40代でロングヘアは痛い?痛くならないためのポイントは?

40代でロングヘアは痛い?痛くならないためのポイントは?

若い頃からずっとロングヘアという人が気になるのが「40代のロングヘアは痛い」という言葉。その一方で「自分らしさを大切にしたい」と思う人も多いよう。そこで今回は40代でのロングヘアを「痛い」と言わせないためのヒントやポイントをまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.40代・女ざかりの魅力演出にふさわしいヘアスタイルは何?
  2. 2.ロングヘアが好きだけど40代だと「痛い」ってホント?
  3. 3.40代で素敵なロングヘアの憧れ芸能人と言えば?
  4. 4.40代・どんなヘアスタイルだと「痛い」と言われるの?
  5. 5.40代でも「痛い」と言われないロングヘアに似合うパーマは
  6. 6.40代で「痛い」と言われないロングヘアの為のヘアアレンジは
  7. 7.40代でのロングヘア、「巻き髪」は痛い?痛くない?
  8. 8.40代のロングヘア「痛い」と言われるヘアスタイルは?
  9. 9.40代ロングヘアに似合う髪色、痛い髪色とは?
  10. 10.40代のロングヘア「痛い」と言われない為の必須条件は
  11. 11.40代のロングヘアスタイルをもっと楽しむためのポイントは?
  12. 12.40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせない小物は
  13. 13.40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないアクセは?
  14. 14.40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないメイクは
  15. 15.40代のロングヘアを「痛い」と言わせない為には工夫が必要

さらに巻き髪で作り出すカールラインは、どうしても目じりなどに笑いシワができてしまう40代女子にとって、その印象を和らげる働きがあるのも見逃せないポイントです。

その巻き髪を取り入れる際に気をつけたいのが後れ毛の始末。若い頃のロングヘアでの巻き髪をアレンジした場合には無造作なままで何の問題もなかった後れ毛ですが、40代女子の場合は、後れ毛が悪目立ちすると、「貧相」や「老け見え」の原因になりかねません。

さらにパーマで傷みきったロングヘアを巻き髪にすると、下手をすれば箒のようにそそけだって見えてしまうので、気をつけましょう。


◆関連記事:痛い人の特徴に当てはまっていませんか?

痛い人の特徴9選! | Lovely[ラブリー]のイメージ
痛い人の特徴9選! | Lovely[ラブリー]
「痛い人」ってどんな人?考えてみたことはありますか?個性的な人に表現されてる言葉に感じたことはないでしょうか?世の中には「痛い人!」って思える人がたくさん存在しますよね。今回は、そんな痛い人の特徴9選!をご紹介します。

40代のロングヘア「痛い」と言われるヘアスタイルは?

「巻き髪も、パーマも、ストレートスタイルもアレンジも色々ためしたけど結局40代女子に似合うロングヘアスタイルって何?」と思う人もいるかもしれませんが、万人に似合うヘアスタイルといったものは例え20代女子であってもないようなもの。試行錯誤しなくては見つかりません。

どうしても自分では迷う、という人は自分と皮膚の色や顔かたち、頭の形などの共通点のある芸能人の真似をしてみるというのもひとつの方法。特に気軽に試してみることのできる巻き髪やアレンジは色々チャレンジして周囲の気の置けない友人知人からのリアクションを見てみるのもよい方法です。

40代ロングヘアに似合う髪色、痛い髪色とは?

単にファッションとしてだけでなく白髪隠しの意味合いからも毛染めが欠かせなくなるのが40代。ロングヘアの場合は、当然髪の面積も大きくなるので、その髪色のチョイスや毛染めの頻度も大切になってきます。

ここで大切になってくるのが「好きな色」で髪色を選ぶのではなく「似合う色」で選ぶということ。ロングヘアが素敵といわれる芸能人の多くが、髪の毛色が悪目立ちしないのは顔の皮膚の色などに合う色味をチョイスしているということを忘れないようにしなくてはいけません。

他の人に似合うから、といって自分に似合うかどうかはまったく別。どういった色を選んだらいいのか自信がないときは、信頼できるヘアスタイリストに相談してみるのも1つの手です。

また、そうしてせっかく手に入れた似合う髪色も、白髪が目につくほど混ざっていたり、明らかに傷んでいたりすれば台無し。特に毛先まで栄養が行き届きにくくなる40代女子の場合は、しっかりとしたヘアケアが必要です。

40代のロングヘア「痛い」と言われない為の必須条件は

ともすれぱ「痛い」「老け見え」と片付けられてしまう40代女子のロングヘアスタイル。素敵に見せる最大のポイントは「見えないところでの努力」といえそうです。

ロングヘアを楽しむとしても何もしなくてもきれいだった若い頃に比べると、確かに手がかかるのも事実ですが、逆に言えば手をかければかけただけの見返りも望めるのが髪のお手入れのいいところ。

鏡に映る正面からだけではなく、きちんと横からや後頭部の自分の髪の見え方をチェックすることで、どこが自分のロングヘアのウィークポイントかをきちんと把握することができるはず。それを生かしての巻き髪や毛染めカラーのチョイス、アレンジなどを工夫すれば「まだまだ捨てたものじゃない」のが40代女子。ぜひがんばりたいですね。

40代のロングヘアスタイルをもっと楽しむためのポイントは?

40代女子のロングヘアをもっと楽しむためには、髪自体の工夫だけではなく、メイクや帽子などの顔や頭頂部全体の印象をきちんと整えることも大切です。

せっかくのロングヘアが、そうしたことをおざなりにしたことで「痛い」と見られたり「老ける」スタイルと思われるのは本末転倒もいいところですよね。

40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせない小物は

パーマや巻き髪を取り入れたふんわり路線でもアレンジを生かしたきっちり路線でも、どちらにしても「がんばりすぎない」が「痛い」「老ける」ロングヘアにならないコツの40代女子の場合、顔廻りに大きな印象を与える干帽子などの服飾小物にも気をつかいたいもの。

特に秋冬についそのお手軽さから使用しがちなニットキャップは、実は前髪などの扱いを間違えるとたちどころに「ダサい」「実年齢よりさらに老ける」という難しいファッションアイテム。

どうしても頭頂部にボリュームが足りないときやトータルコーディネート的に帽子を取り入れたい、という時は、素材にこだわった上質なものを選び、「大人の女性」を演出するか、ふわっとしたシルエットの「ゆるふわエアリー感」を大切にするのが40代ロングヘアスタイルを素敵見せにするコツ。

「どんなのを選んだら良いか自信がない」という時は、帽子単体だけを見て買い求めるのではなく、あわせたい服装で出かけてからセレクトするとカンタンです。

40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないアクセは?

次のページ

40代ロングヘアスタイルを「痛い」と言わせないメイクは

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely