ブリーチすると頭皮が痛い理由は?痛みを減らす方法はある?

ブリーチすると頭皮が痛い理由は?痛みを減らす方法はある?

きれいに髪色を染めたい時にはブリーチは必要不可欠ですよね。でもこのブリーチ、痛い上に髪へのダメージが大きいのが欠点として有名です。中にはブリーチの痛みに耐えられないくらいの痛さを感じるという人も。痛い理由と痛みを軽減する方法についてまとめてみました!!

記事の目次

  1. 1.【はじめに】ブリーチは痛い・・・?
  2. 2.ブリーチはなぜ痛いのか① どうしてブリーチが必要なの?
  3. 3.ブリーチはなぜ痛いのか② 人によって痛みは違う?
  4. 4.ブリーチはなぜ痛いのか③ どの成分が痛い?
  5. 5.ブリーチはなぜ痛いのか④ なぜ市販のはよくないの?
  6. 6.ブリーチはなぜ痛いのか⑤ 髪がとけるって本当?
  7. 7.ブリーチはなぜ痛いのか⑥ 髪が弱い人へのオススメの方法は?
  8. 8.ブリーチはなぜ痛いのか⑦ 美容院でやった場合は?
  9. 9.ブリーチはなぜ痛いのか⑧ 自分の下地の髪色を知ろう!
  10. 10.【おわりに】自分にあったブリーチの仕方を!!

【はじめに】ブリーチは痛い・・・?

普段から髪を染める機会が多い人は必ずお世話になっているブリーチ。明るい色にしたい時には必需品といっても過言ではなく、特に女性は好みのヘアスタイルにするためにブリーチする機会も多いかもしれません。
ですがこのブリーチを使ったことで頭皮が痛い、熱いという思いをした方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

筆者も学生時代にブリーチと染色を頻繁にしていた時期があったのですがはじめてやった時は頭皮へのブリーチ独特の違和感がすごく新鮮だったのを覚えています。
その後すぐに頭皮が熱を持ったような感覚になり、事前に想像していたより痛い思いをしました。

知人の話やネットを見ていても「ブリーチは痛い」や「頭皮、髪へのダメージが大きい」などのトピックはよく目にします。
ここではブリーチが痛い理由とオススメの対処法についてまとめてみました!

ブリーチはなぜ痛いのか① どうしてブリーチが必要なの?

染髪に対して詳しい知識を持たないうちはどうしてブリーチが必要なのかもわかりませんよね。今ではネットなどで簡単に調べることができますが昔はそうではありませんでした。
ブリーチは脱色という意味で1度髪の色を抜くことを意味します。多くの日本人の髪の色は黒なのでブリーチした方がきれいに染まるんですね!

黒の髪色からブリーチせずにヘアカラーだけできれいにムラなく明るい色にするのは不可能なため、1度全体をブリーチして色を抜いてからヘアカラー剤で色を染めなおすという手順になります。
ダークブラウンなど黒と茶色の境目のような暗めの色ならブリーチも必要ないことがありますが、その人それぞれの髪質や元々の髪色に左右されます。

自分の好きなヘアスタイルを楽しみたいという理由で髪を染める人は多くいます。1度染めるのもそこそこ手間がかかるため、当然きれいに染め上げたいですよね!
金や白など黒から極度に明るい色の場合はブリーチは必須なので普段から髪のケアは大事だと言えます。

■参考記事:ブリーチなしでもキマるヘアカラー、コチラも参照!

ミントアッシュの髪色がおすすめ!ブリーチなしでも可愛い! | Lovely[ラブリー]のイメージ
ミントアッシュの髪色がおすすめ!ブリーチなしでも可愛い! | Lovely[ラブリー]
日本人の髪にぴったりハマると言われるミントアッシュ。その魅力と、オススメの市販カラー剤についてご紹介します。ミントアッシュは、ブリーチなしと有りでまったく違う仕上がりになるのが特徴です。憧れの外国人ヘアスタイルに、アナタもチャレンジ!
ダークアッシュの髪色が人気!ブリーチなしでも透明感抜群!	 | Lovely[ラブリー]のイメージ
ダークアッシュの髪色が人気!ブリーチなしでも透明感抜群! | Lovely[ラブリー]
アッシュ系のヘアカラーは、とってもお洒落で人気があります。 ダークアッシュヘアカラーは、ブリーチなしの黒髪に染めても、独特のカッコよさを感じれるカラーです。 ダークアッシュカラーは、ディープな色合いなので、秋冬のファッションに似合います。

ブリーチはなぜ痛いのか② 人によって痛みは違う?

ブリーチからくる頭皮の痛みは人によってもかなり個人差があると言われています。筆者も10代のころに友人と市販のブリーチ剤を使用したことがありますが友人はそれほど痛い、あるいは熱いとは感じなかったと言っていました。
これはその人の頭皮の質や状態、髪質などが理由で左右されるとの事です。

その他にも頭皮に油分がない状態だと乾燥しているせいで痛みを感じやすいため、ブリーチする前は洗髪しない方がよいと言われています。
言われてみると確かに直接頭皮に脱色剤が付着するわけですから油分がまったくない状態だとものすごい勢いでしみるのも想像できます。

冬場などうるおいがない時は頭皮や髪へのダメージが大きくなると予想されるため、自分の状態と相談してブリーチをすすめていく必要があります。
せっかく髪を染めて好きなヘアスタイルにしたいのに頭皮が炎症したり髪がバサバサでは本末転倒ですもんね。

ブリーチはなぜ痛いのか③ どの成分が痛い?

次のページ

ブリーチはなぜ痛いのか④ なぜ市販のはよくないの?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely