髪を白くする方法!ブリーチでホワイトヘアーに!

髪を白くしたいという人もいるでしょう。髪を白にしたいという人はあまりいないだけに、いざ白くしようと思ったら、どう白く変化させれば良いのかわからないものです。そこで今回は、髪を白くするための方法を紹介していきたいと思います。

髪を白くする方法!ブリーチでホワイトヘアーに!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】髪を白くさせたい
  2. 【髪を白くしたい】髪を白くする人はどんな人?
  3. 髪を白くする方法を知ろう
  4. 【髪を白くする方法!準備編①】ブリーチ剤
  5. 【髪を白くする方法!準備編②】過酸化水素
  6. 【髪を白くする方法!準備編③】ホワイトニングローション
  7. 【髪を白くする方法!実行編①】ブリーチ剤の塗り方
  8. 【髪を白くする方法!実行編②】ラップで密封
  9. 【髪を白くする方法!実行編③】シャンプー
  10. 【髪を白くする方法!実行編④】繰り返す
  11. 【髪を白くする方法!実行編⑤】ホワイトニングローション
  12. 【髪を白くする方法!補足①】ヘアカラーで行う場合
  13. 【髪を白くする方法!補足②】ホワイトアッシュなど
  14. 髪を白くする上での注意点を知ろう
  15. 【髪を白くする上での注意点①】黒染めしている人
  16. 【髪を白くする上での注意点②】泡カラーは不向き
  17. 【髪を白くする上での注意点③】ホワイトローション後に不満
  18. 【髪を白くする上での注意点④】根元からのブリーチに注意
  19. 【髪を白くする上での注意点⑤】健康に注意
  20. 【まとめ】髪を白くするのは自信がある人だけ

【はじめに】髪を白くさせたい

ヘアスタイルを変えたい、色を変えたいという人も多いでしょう。ヘアスタイルを変更する際に、いつもと同じヘアスタイルに飽き飽きしているという人は、思い切って、他の人がしていないヘアスタイルを選んでみたいと思うこともあるものです。

とはいえ、様々なヘアスタイルがあっても、なかなか人と違うヘアスタイルは存在しないものです。女性で坊主、となれば、人とは違うヘアスタイルをすることもできますが、そこまでの勇気は持てないでしょう。そうなると、ヘアスタイルではなく、カラーによって、他の人との違いを出したいと思うものです。

ヘアスタイルを変えると同時に、人があまりやらないカラーをやれば、人マネではないヘアスタイルをすることができます。カラーが人と違えば、ヘアスタイル自体も人と違うものに見えるため、個性を出したい人におすすめです。

人がやらないカラーとしては様々なカラーがありますが、その中の一つとして挙げられるのが、ホワイトというカラーです。ホワイトに髪を染めるという話を聞いたことがある人も少ないでしょうし、実際に見たこともないでしょう。そのためホワイトにすれば人とは違う個性を出すことができるということになります。

■参考記事:刈り上げ女子もカッコイイ!

刈り上げ女子のヘアスタイルまとめ!【ボブ・ショート・ツーブロック】

【髪を白くしたい】髪を白くする人はどんな人?

人とは違うヘアスタイルをしたいという考えを持つ人や、人とは違うカラーをしたいと思う人はいったいどのような人なのでしょうか。ヘアスタイルで女性のイメージは一気に変わるため、髪をいきなりホワイトにしたいと思う人は少し珍しく思えてしまいます。

髪をホワイトにしたい人の代表として挙げられるのが、アニメ好きな人です。ホワイトという色はおしゃれのためというよりも、コスプレの一部であったり、ゲームやアニメのキャラクターに憧れてするという場合が多いものです。実際にホワイトに髪を変化させ、ヘアスタイルもそのキャラクターと同じヘアスタイルにするという人が多いのです。

さらに単純に人とは違うヘアスタイルやカラーにしたいという理由で、髪をホワイトにする人もいます。ただ、一般的には何かのキャラクターをマネしているのかな、と思われたり、バンドをやっているのかなと思われるため、そういう意味で少し面倒な部分もあるものです。

なんにしろ、とにかく髪をホワイトにしたいということであれば、まずはその方法を知らなければなりません。美容院でやってもらう人がほとんどだとは思いますが、自分でホワイトにしたいという人は、まずはホワイトにするための方法を勉強していきましょう。

■参考記事:初心者でも大丈夫!コスプレメイクのコツは?

コスプレメイクのやり方13選と道具のおすすめ紹介【初心者必見】

髪を白くする方法を知ろう

髪を他の色に染めるのと、ホワイトに染めるということは、同じように見えて、まったく違います。ホワイトに染める場合、かなり面倒で難しいのです。そこでここからは、セルフで髪の毛をホワイトに染めるための方法を紹介していきたいと思います。

髪の毛をホワイトにするためには、様々なステップを踏み、丁寧に仕上げていかなければなりません。普通に髪の毛を染める方法と同じと思っていては、うまくホワイトカラーにすることはできないため、しっかりと勉強していきましょう。

髪の毛をホワイトにする方法を紹介していきますが、その人の髪の状況や、髪質によってもどの肯定をどれだけやれば良いかということは変わってきます。そのため、柔軟に判断して、うまく髪色をホワイトにしていきましょう。

ではさっそく、髪の毛をホワイトにする方法を紹介していきたいと思います。

【髪を白くする方法!準備編①】ブリーチ剤

髪を白くする方法として、まずは準備しなければならないものを紹介していきます。髪を白くする上で大切なのは、どれだけ髪の毛をブリーチできるかということです。

しっかりとブリーチできなければ、髪の毛を白くすることはできません。そして髪を白くするのですから、ブリーチはかなりしつこく何度も行なう必要があります。しっかり黒い色素をブリーチで抜かないと、髪の毛は白くなってくれないからです。

そこで用意するブリーチ剤はできるだけ色抜けしやすいブリーチ剤を選びましょう。パウダーのブリーチ剤は、一般的に抜けが良いものが多いといわれています。

もちろん、なかにはパウダーのものでもブリーチ力が弱いこともありますが、クリームタイプのものはどれもブリーチする力が弱いため、できるだけパウダーのブリーチ剤を使用してください。

【髪を白くする方法!準備編②】過酸化水素

髪を白くするためには、過酸化水素も必要となってきます。一般的に2液と呼ばれるものです。

2液は過酸化水素が6%のものを使うようにしましょう。それよりも低いと、ブリーチが弱くなってしまいます。そしてこの2液とブリーチ剤を、「2:1」の割合で混ぜてください。これで、ブリーチ剤が完成します。

ブリーチ剤と2液はセットでも売ってあります。このようなセットのものであれば、わざわざ二つ買う必要がありませんし、二つを混ぜるための容器もついているため、簡単です。

ブリーチ剤だけではうまく髪を白くすることはできません。必ず2液が必要となってくるため、忘れないようにしましょう。

【髪を白くする方法!準備編③】ホワイトニングローション

髪を白くするためには、ブリーチするだけではダメです。確かにブリーチすれば、髪の毛はどんどん白くなっていくのですが、黄色っぽい色が最終的には残ってしまいます。

この黄色い色は髪の毛に含まれるメラニン色素、つまり黒い色素の残りです。何度もブリーチすれば、この白い色素も抜けるようにはなるのですが、全てをブリーチによってやろうとすると、髪の毛が切れてしまいます。そのため、ある程度、ブリーチが完了したら、その上から黄色い色を打ち消す色で染める必要があるのです。

その時に必要になるのが、ホワイトニングローションです。ホワイトニングローションを使えば、うまく髪の毛を白くすることができます。

基本的に必要なものはこの三つプラス、一般的にカラーリングをする時に使うものとなります。サランラップや粗めのクシ、ゴム手袋などもしっかりと用意して、いよいよ髪を白くする方法を実行していきましょう。

【髪を白くする方法!実行編①】ブリーチ剤の塗り方

髪を白くする方法をいよいよ実行していくわけですが、その前に髪の毛にはスタイリング剤がついていない状態にしてください。ついている場合は、シャンプーして洗い流しましょう。

ブリーチ剤と過酸化水素を混ぜたら、まずは後ろ髪から塗っていきましょう。後ろの髪の毛は乾きにくいため、先に塗っておくと、全体の仕上がりに時間差が発生しなくなります。見えにくいですが、根元につかないように丁寧に行なってください。

そこから前の部分も塗っていくのですが、根元から白くすることを望んでいる人は、とりあえず最初は根元はブリーチしないでください。これからブリーチを何度も行なっていくため、最初に根元につける必要はありません。

何度も根元に塗ってしまうと、髪の毛や頭皮が傷んでしまいます。根元部分は染まりやすい部分ですので、根元も白くしたい人であっても、毎回塗る必要はないのです。

【髪を白くする方法!実行編②】ラップで密封

ブリーチ剤をしっかりと塗ることができたら、髪を白くする方法の次のステップとしては、ラップで髪の毛を密封するという方法を行うことになります。

これを行なうことにより、ブリーチ剤が体温によって温まり、より高い効果を得られるようになります。蒸発してしまうのを防ぐ効果もあるため、これは必ず行うようにしてください。

密封しておく時間は30~40分を目安としてください。これよりも短い時間だと、ブリーチの効果が弱くなってしまいますし、長い時間だと効果が高まることもないため、あまり意味がないです。

ラップは頭と髪全体を覆うようにして行ないましょう。空いている場所があると、そこだけブリーチの効果が弱まってしまい、まだらなブリーチとなってしまうため、注意しておいてください。

【髪を白くする方法!実行編③】シャンプー

髪を白くするための次のステップは、しっかりとシャンプーをするということです。

ラップで頭全体をくるみ、30分ほどが経ったら、一度、つけたブリーチ剤を落とさなければなりません。そのためシャンプーをして、ブリーチ剤をキレイに落としてください。

この時点で髪が白くすることはできませんが、髪が黒だった人であれば、金髪程度にはなっていることでしょう。この時に髪の毛全体がしっかりとムラなく、金髪になっているかということをしっかり確認しておいてください。なっていなければ、やり方が悪いということですので、修正しましょう。

洗った髪の毛はタオルで拭くだけで充分です。濡れ髪のほうが、次のブリーチがしやすいため、完全に白くすることができるまで、ドライヤーで乾かすということはしないで大丈夫です。

【髪を白くする方法!実行編④】繰り返す

髪を白くするためのは、これまでやった、①~③の方法を何度か繰り返す必要があります。

髪を白くするために、一度だけのブリーチで終えることはできません。何度もブリーチをする必要があるのです。そのため、ある程度、白くなるまでは、この方法を繰り返していくということが大切になってきます。それを考えれば、かなり時間がかかるので覚悟しておきましょう。

髪のブリーチで髪の色がどれだけ抜けるかというのは、個人差があります。そのため、何度繰り返すべきかというのは、一概にこれと言うことができません。しかし、ブリーチの回数は、最大でも5回です。それ以上行なうことはありません。

繰り返しをやめるのは、髪の色が半分白く、半分黄色いくらいになったくらいが丁度良いです。黄色の比率が多いようだと、あと一回、黄色の比率がやや多いくらいであれば、そのまま次の工程にいくか、もしくはもう一度ブリーチする際に、ラップで密封する時間を短くして、うまく調整するようにしてください。ブリーチし過ぎると髪の毛を傷めてしまうため、それだけは注意しましょう。

【髪を白くする方法!実行編⑤】ホワイトニングローション

いよいよ髪を白くする方法の最終工程です。最後はホワイトニングローションで染める、という工程となります。

ホワイトニングローションを使えば、髪の毛の黄色い色素をうまく白に染めることができるようになります。この方法以外にも、他の方法もあるのですが、それが後ほど紹介していくため、まずはホワイトニングローションで染める方法について紹介していきましょう。

ホワイトニングローションを使う前のシャンプーは、しっかりと染めるためにも、しっかりと洗うということがまず大切です。ブリーチ剤の成分が残っていると、染まりにくくなってしまいます。

ホワイトニングローションを使って放置する時間は、ホワイトニングローションによって違うため、取扱説明書に書かれている時間、放置するようにしましょう。これにより、髪の毛をうまく白に染めることができるようになります。

【髪を白くする方法!補足①】ヘアカラーで行う場合

一通り、髪の毛を白く染める方法を紹介してきましたが、ホワイトニングローションで染める工程は、別のもので代用できます。それがヘアカラーです。

ヘアカラーでこれを行なう場合は、薄いアッシュとヴァイオレットを配合させて染めるようにしましょう。薄いアッシュは白の近い色ですし、ヴァイオレットはその色素が、黄色い色素を打ち消してくれます。ホワイトニングローションにも、同じような色の成分が入っているため、アッシュとヴァイオレットのヘアカラーで染めることもできるのです。

また、ムラサキシャンプーを使って、この黄色い色素を消していくという方法もあります。ただこの方法は時間がかかるため、一時期は黄色い色素もある状態で過ごすことになり、おすすめはしません。

薄いアッシュとヴァイオレットを配合させる方法も、ホワイトニングローションで行う方法よりきれいにできるということはありません。そのため完全に白にしたいということであれば、ホワイトニングローションを使用しましょう。

【髪を白くする方法!補足②】ホワイトアッシュなど

完全なホワイトではなく、ホワイトアッシュなどの色にしたいという人もいるでしょう。ホワイトアッシュは奇抜すぎず、自然なおしゃれとなるため、需要も多いです。

ホワイトアッシュにしたい場合は、ブリーチの回数を少し減らし、ホワイトニングローションではなく、ホワイトアッシュ用のカラーリング剤を使用してください。ブリーチしなくても良い、ホワイトアッシュ用のカラーリング剤もあるのですが、ホワイトアッシュにするのであれば、やはりブリーチしたほうがキレイで鮮やかなホワイトアッシュにすることができます。

どれだけ黒の髪の毛を残した状態で、ホワイトアッシュにしたいかということで、ブリーチをする回数は決まります。セルフでホワイトアッシュの加減を上手く出すのは至難の技ですので、丁度良いホワイトアッシュにしたいのであれば、美容院に行ったほうが良いです。

そうではなく、極端なホワイトアッシュにしたいということであれば、セルフでも行なえるレベルですので、しっかりブリーチしてから、ホワイトアッシュのカラーリング剤を塗るようにしましょう。極端なホワイトアッシュのほうが素人でもやりやすいため、その度合いで、セルフでやるか美容室でやってもらうか決めてください。

髪を白くする上での注意点を知ろう

髪を白くする方法を紹介してきましたが、髪を白くする際には先ほど紹介したこと以外にも、様々な注意しておかなければならないポイントがあります。

そこでここからは、髪を白くする上で注意しておくべきことについて紹介していきたいと思います。

注意するべきことは様々なことがありますが、これをしっかりと守っておかないと、うまく髪を白くすることはできなくなってしまいます。

失敗してしまうと大変なことになるため、うまく成功させるためにも、これから紹介する注意点をしっかり守るようにしましょう。

【髪を白くする上での注意点①】黒染めしている人

髪を白くするのは良いのですが、黒染めをしている人に関しては、少し注意が必要です。

黒染めをしている人は、その成分が残っていると、うまく髪を白くすることができなくなってしまいます。そのため、黒染めしている人は、脱染剤で黒染めの成分を落としておきましょう。

ブリーチすることで黒染めの成分が落ちると思っている人も多いですが、黒染めの成分がかなり頑固なため、ブリーチで落とそうとしても、落ちきらず、髪の毛に残ってしまいます。

脱染剤を使えば、きれいに黒染めの成分を落とすことができるため、黒染めしている人はブリーチする前に行ってください。

【髪を白くする上での注意点②】泡カラーは不向き

髪を白くする上での注意点として、ブリーチ剤は泡カラーを使わないようにするという注意点もあります。

ブリーチ剤は粉末のものを使用したほうが良いという紹介をしましたが、特に泡カラーは髪を白くするのに不向きなブリーチ剤です。

泡カラーは混ぜる際に、泡カラーだとうまく混ぜることができません。そのため、ブリーチをしてしまうと、ムラが出てしまいます。

一度失敗してしまうと、それを改善するのはかなり難しくなってしまいます。ブリーチをする際には混ぜやすく効果も高い、粉末のブリーチ剤を使うようにしましょう。

【髪を白くする上での注意点③】ホワイトローション後に不満

髪を白くする上での注意点としては、ホワイトローション後に不満が出た場合の注意点もあります。

ホワイトローションをして、髪染めが終わったとしても、なんだか色が気に食わないということもあるでしょう。もっとブリーチをして、色を抜けば良かったと思ってしまうこともあるはずです。そのような時の対処法を紹介します。

ホワイトローション後にもう少しブリーチしたいと思った場合は、もう一度、ブリーチの工程を行なうだけで良いです。そしてシャンプーをしたら、もう一度、ホワイトローションを染めてみましょう。

これでもっとブリーチを抜くことができます。ただし、ブリーチの回数が5回を超えると、髪が傷んでしまい、パサパサのホワイトカラーになってしまうため、やめておきましょう。

【髪を白くする上での注意点④】根元からのブリーチに注意

髪を白くする上での注意点としては、根元からブリーチしないようにするという注意点もあります。

根元からブリーチしたい人に対しても、ある程度、やり方を紹介してきましたが、根元からブリーチをしようと思うと、どうしてもブリーチ剤が頭皮についてしまうようになります。

こうなると、頭皮が炎症してしまったり、毛根がダメージを受けてしまったりして、正しく髪の毛が生えなくなってしまうこともあるのです。

根元からしっかりブリーチしたい気持ちもわかりますが、髪が伸びれば結局が同じ状態になります。根元まで真っ白な期間はごくわずかですので、そのようなリスクを背負って根元からブリーチするのであれば、最初から根元のブリーチは諦めましょう。

【髪を白くする上での注意点⑤】健康に注意

髪を白くする上での注意点としては、健康に注意してブリーチを行うということです。

ブリーチ剤は目に入ってしまうと、かなりの痛みが出ます。もしもそうなってしまった場合は、すぐに水で洗い流し、痛みが取れないようだったら、病院にいきましょう。

また、ブリーチ剤の成分によって、アレルギーが出てしまうこともあります。もしもそうなった場合は、すぐに使用を中止し、ブリーチ剤を洗い流して、念のため、病院にも行くようにしましょう。

ブリーチをセルフで行う際には、健康というものを一番大事にしておかなければなりません。皮膚が弱くアレルギーが出やすいというような人は、できればパッチテストをしてから、ブリーチ剤を使用するようにしましょう。

【まとめ】髪を白くするのは自信がある人だけ

髪を白くする方法について紹介してきましたが、セルフで髪を白くするのは、正直難しいところがあります。そのため、自信がない人はやはり美容院で行ってもらうようにしましょう。やり直しできないため、セルフで行う人は、自信がある人だけにしてください。

もっとブリーチに関する情報を知りたいアナタへ!

ブリーチすると頭皮が痛い理由は?痛みを減らす方法はある?
髪染めたい人必見!髪を染める前に注意すべきこととは?
ブリーチしないで一番明るい色って?明るめアッシュの限界は?
ホワイトグレージュとはどんな髪色?グラデーションカラーもご紹介

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ