髪染めたい人必見!髪を染める前に注意すべきこととは?

オシャレな人のヘアスタイルに欠かせない髪のカラーリング。髪を染めたいと考える人はたくさんいますが、髪を染める時は色々な注意点があるのをご存知でしょうか?髪を染めたい人は、まず当記事でご紹介する髪を染める時に気を付けたいポイントをチェックしてみましょう!

髪染めたい人必見!髪を染める前に注意すべきこととは?のイメージ

目次

  1. 髪を染めたい人が多いのはなぜ?その理由とは?
  2. 髪を染める時は美容院で染める?それとも自分で染める?
  3. 髪を自分で染めるデメリット(1)色ムラができやすい
  4. 髪を自分で染めるデメリット(2)色落ちしやすい
  5. 髪を自分で染めるデメリット(3)細かい色の調整ができない
  6. 髪を自分で染めるデメリット(4)髪を傷めやすい
  7. 髪を自分で染めるデメリット(5)準備や片付けが大変
  8. 髪を自分で染めるメリット(1)費用が安くすむ
  9. 髪を自分で染めるメリット(2)時間の都合をつけやすい
  10. 髪を自分で染めるメリット(3)根元などを部分的に染められる
  11. 髪を初めて染める人は必見!髪を染めたい時の10個の注意点
  12. 髪を染めたい時の注意点(1)アレルギー反応を確認する
  13. 髪を染めたい時の注意点(2)妊娠していないか確認する
  14. 髪を染めたい時の注意点(3)汚れても良い服装にする
  15. 髪を染めたい時の注意点(4)皮膚を保護する
  16. 髪を染めたい時の注意点(5)部屋の換気をしっかりとする
  17. 髪を染めたい時の注意点(6)薬剤の髪色の明るさを確認する
  18. 髪を染めたい時の注意点(7)放置時間をきちんと守る
  19. 髪を染めたい時の注意点(8)使用前後はしっかりと髪を洗う
  20. 髪を染めたい時の注意点(9)アフターケアをしっかりとする
  21. 髪を染めたい時の注意点(10)染めた後は期間を空ける
  22. まとめ

髪を染めたい人が多いのはなぜ?その理由とは?

世間では若い人からかなり年配の人まで、髪の色を染めている人はたくさんいます。日本人のほとんどの人の髪の色は本来であれば黒色が多いのですが、街を歩けば様々な色に髪を染めている人達とすれ違います。

日本人はどうして本来の黒い髪を染めてしまうことが多いのでしょうか。

日本人は髪を染める人が多い理由は、なんといってもオシャレだというのが大きな理由です。テレビや雑誌に登場するモデルや女性は髪色を染めている人も多く、その心理的な影響もあるでしょう。

よくお手入れをしている黒い髪は艶があり美しいものですが、手入れをさぼると途端に地味で重たいイメージになってしまいます。

美しい黒髪を維持する手間を考えると、ファッション性の高いブラウンカラーやレッドカラーに髪色を染めてしまった方が簡単に華やかで可愛く見えると考える人がいるのも当然だといえるでしょう。


エブリ カラートリートメント (160g)| アンナドンナ annadonna ヘアカラートリートメント アッシュ ヘアカラー ピンク 青 レッド グレー トリートメント ブルー 白髪 赤 紫 ヘア 白髪染め エブリカラートリートメント トリートメントカラー セルフカラー 髪染め セルフ

髪を染める時は美容院で染める?それとも自分で染める?

それでは髪を染める時は美容院で染めた方が良いのか、または自宅で自分で染めた方が良いのかどちらが良いのでしょうか。

初めて髪を染める人は最初から自分でしてしまうと思いもかけない失敗をしてしまったり、髪にダメージを与えてしまうこともあり、とてもリスクがあります。

初めて髪を染める人は美容院で一度綺麗に染めてもらい、自分に似合う髪の色などを美容師に相談にのってもらう方が心理的にも髪にも一番良いかもしれません。

まずは髪を自分で染める時のデメリットやメリットなどについて詳しくみていきましょう!

■参考記事:市販のヘアカラーで上手に染めるには?コチラも参照!

髪の染め方!市販ヘアカラーで上手に自分で染める方法・コツ!

髪を自分で染めるデメリット(1)色ムラができやすい

髪を自分で染めるデメリットのまず1つ目は、色ムラができやすいということです。

自分で髪を染める時は鏡を見ながらすることが多いと思いますが、どうしても後頭部までは目が行き届きません。また髪を染めることに慣れていない人は髪の表面だけを染めてしまうこともあり、全体的に色ムラがでやすいというデメリットがあります。

髪色をかなり明るくする時は、きちんと染まっていない黒い部分と明るい部分の差も目立ちやすく、非常に格好悪くなってしまうこともあります。

髪を染めるのに失敗すると人前に出たくないという心理になることもあり、後々までネガティブな心理を引きずることになってしまいます。

髪を自分で染めるデメリット(2)色落ちしやすい

髪を自分で染めるデメリットの2つめは、色落ちしやすいということです。

自分を髪を染めたい場合はドラッグストアなどでヘアカラー剤を購入することができますが、美容院などで使っているヘアカラー剤に比べると品質が劣る場合が多く、すぐに色落ちしてしまう場合があります。

自分で髪を染める時は色がすぐに抜けてしまって非常に髪色が明るくなってしまったり、または暗くくすんでしまうこともあり、短期間で何度も髪色を染め直す必要もでてきます。

短期間で何度も髪色を染め直していると、髪に大きなダメージを与えてしまう事にもなります。

髪を自分で染めるデメリット(3)細かい色の調整ができない

髪を自分で染めるデメリットの3つめは、細かい色の調整ができないということも考えられます。

美容院で髪を染める時は、プロの美容師が色の細かい相談にものってくれて対応してくれますが、初めて自分でする場合はそうはいきません。

特に初めて髪を染める人はヘアカラー剤による髪色の調整など出来ないことが多く、妥協しておおざっぱな仕上がりのヘアスタイルになってしまうこともよくあります。

素直に美容院へ行けばよかったという残念な心理になることもあるでしょう。

髪を自分で染めるデメリット(4)髪を傷めやすい

髪を自分で染めるデメリットの4つめは、髪を傷めやすいということです。

美容院ではヘアカラー剤にこだわりを持っているところが多く、無添加素材であったり天然由来成分であったりと髪にダメージを与えない優しい商品を扱っています。

しかし市販品のヘアカラー剤はそこまでこだわりをもった商品は少ないのが現状です。何度も市販品のヘアカラー剤を使っていると髪にダメージを蓄積することになる場合もあります。

髪にダメージを与えてしまうとヘアスタイルが綺麗に決まらなくなってしまうため、せっかくおしゃれな髪色にしても台無しになってしまいます。

髪は傷むのは一瞬でもダメージを補修するのはかなりの期間がかかってしまうため、細心の注意を払わなければなりません。

髪を自分で染めるデメリット(5)準備や片付けが大変

髪を自分で染めるデメリットの5つめは、準備や片付けが大変だということです。

髪を染めるのが初めての人はピンとこないかもしれませんが、自宅で自分で髪を染める時はとにかく準備や片付けに手間がかかります。

ヘアカラー剤が床や壁につかないように新聞紙やレジャーシートで保護しなければなりませんし、万が一どこかに薬剤が跳ねてしまった時は落とすのは非常に困難です。

美容院とは違い全てを自分で準備して片付けなくてはならず、心理的にもとてもしんどいと感じてしまいます。

■参考記事:黒染めスプレーの使い方のコツって?コチラもチェック!

黒染めスプレーのやり方・使い方のコツ!市販のおすすめ品は?

髪を自分で染めるメリット(1)費用が安くすむ

それでは次は髪を自分で染めるメリットについてご紹介します。

髪を自分で染めるメリットの1つめは、なんといってもやっぱり費用が安くすむということではないでしょうか?美容院で髪を染めるとかるく1万円を超えてしまうのに対し、自分で染める場合は千円程度ですんでしまうのは心理的にもとても魅力的です。

ヘアスタイルや美容にかかる費用をできるだけ抑えたいという人にとって、美容院の費用は決して安くはありません。短期間に何度か髪色の染め直しをしたい場合などは、自分で染め直すほうがお手軽といえるでしょう。

■参考記事:美容院へ行く適正頻度って?コチラも参照!

美容院の頻度の適正は?髪型やカラーで違ってくる?【女性必見】

髪を自分で染めるメリット(2)時間の都合をつけやすい

髪を自分で染めるメリットの2つめは、時間の都合をつけやすいということです。髪を自分で染めるためには準備や片付けに手間はかかりますが、自分の好きな時間に好きなようにできるのは心理的にとても気楽です。

忙しい人やまとまった時間がなかなか取れない人には心理的に予定を立てやすいということでとても大きなメリットがあるといえるでしょう。

ヘアスタイルを綺麗に維持するためにはお金と手間がかかるものですが、お金をかけたくない場合は手間がかかり、手間をかけたくない場合はお金がかかります。そのどちらを優先するかは人それぞれです。

初めて髪を染める人はよく考えて決めるようにしましょう。

髪を自分で染めるメリット(3)根元などを部分的に染められる

髪を自分で染めるメリットの3つめは、根元などを部分的に染められるということです。

髪は染めた後に伸びてくると毛先は明るく髪の根元は黒くなる、いわゆるプリン頭状態になってしまいます。これを解消するためには期間を置いて髪を染め直す必要があるのですが、部分染めを美容院で毎回しているととてもお金がかかってしまいます。

自宅で髪を染めるのであれば伸びて黒くなった髪を簡単に安く染め直すことができ、ヘアスタイルをいつも綺麗に保つことができます。

髪は一度手入れをすれば終わりではありません。後々のことまできちんと考えてケアの方法を考えるようにしましょう。

髪を初めて染める人は必見!髪を染めたい時の10個の注意点

それでは次は髪を初めて染める人のために、髪を染めたい時に注意するポイントを10個ご紹介致します。

ヘアスタイルを綺麗に保つために髪を染めるには専用のヘアカラーの薬剤を使用します。薬剤であるということは使い方を間違えると髪の毛や地肌などに思いもよらないダメージを与えてしまう可能性があります。

安全にリスクを抑えて髪を染めるためには気を付けるべきポイントがたくさんあります。髪を染める前に是非知っておきたい注意点をじっくりとご覧ください。

髪を染めたい時の注意点(1)アレルギー反応を確認する

髪を染めたい時の注意点の1つめは、アレルギー反応の有無を確認することです。

ヘアカラーの薬剤はまれに強いアレルギー症状を引き起こしてしまう人がいるのをご存知でしょうか?アレルギー反応がひどい時は地肌がヒリヒリと痛んだり、痒みがでることもあり、重篤な症状の場合は呼吸困難などの症状を起こすことまであるため注意しなければなりません。

特に自宅で初めて市販のヘアカラー剤を使う時は、パッチテストといって最初に手の甲などに薬剤を垂らし1日から2日ほど放置しアレルギー反応を確認するテストを必ず実施する必要があります。

パッチテストをせずにいきなりヘアカラー剤を使ってしまうと、髪や地肌などに必要以上にダメージを与えてしまうこともあります。

少し面倒でも事前のパッチテストは毎回必ず実施するようにしましょう。

髪を染めたい時の注意点(2)妊娠していないか確認する

髪を染めたい時の注意点の2つめは、妊娠していないか確認するということです。

実はお腹に赤ちゃんがいる妊婦さんでも、ヘアカラー剤を利用して髪を染めることが赤ちゃんに何らかの影響を与えるとは特に医学的に立証されてはいません。

しかし妊娠していると体が敏感になっているため、ヘアカラー剤の独特の鼻をつくキツイ匂いで吐き気を感じてしまったり、頭が痛くなってしまう場合もあります。

妊娠期間はヘアスタイルよりもお腹の赤ちゃんを守ることが最優先です。短期間に何度も髪を染めたりするのは控えた方が良いかもしれません。

髪を染めたい時の注意点(3)汚れても良い服装にする

髪を染めたい時の注意点の3つめは、汚れても良い服装にすることです。

髪を染める薬剤は特別な染色剤が含まれているため、服につくと洗濯してもまず色が落ちません。服に色がついたことに気付いてすぐ手洗いしたとしても完全に落とすことは不可能です。

美容院で髪を染める時は心配しなくても大丈夫ですが、自宅で髪を染める時は汚れても良い服装やタオルを使って作業することを覚えておきましょう。

髪を染めたい時の注意点(4)皮膚を保護する

髪を染めたい時の注意点の4つめは、皮膚を保護するということです。

上記でご紹介したようにヘアカラー剤はとても強力な染色作用があります。ヘアカラー剤は服やタオルなどだけでなく、肌についてしまった時もなかなか落としにくく苦労することになります。

髪の生え際であるおでこ、耳、うなじの周辺などは髪を染めている時に薬剤が肌に付きやすいため特に注意が必要です。

作業に取り掛かる前に髪の生え際にクリームを塗って保護しておくと、薬剤や色がついてしまっても落としやすくなりますのでお試しください。

髪を染めたい時の注意点(5)部屋の換気をしっかりとする

髪を染めたい時の注意点の5つめは、部屋の換気をしっかりとすることです。

自宅で髪を染める場合は自室かお風呂場で作業することが多いと思いますが、密室で気化したヘアカラー剤を吸い込むと頭が痛くなったりめまいがすることもあります。

ヘアカラー剤は鼻にツンとくる刺激臭で体に良くないダメージを与える事が分かるかと思いますが、作業をする時はしっかりと窓を開けて換気することをオススメします。

髪を染めたい時の注意点(6)薬剤の髪色の明るさを確認する

髪を染めたい時の注意点の6つめは、薬剤の髪色の明るさをきちんと確認することです。

市販のヘアカラー剤にはパッケージに使用後の髪色のイメージが記載されています。初めて髪を染める人はヘアカラー剤はパッケージのイラストや印象だけで選ぶのではなく、使用後の髪色のイメージをしっかりと確認することが大切です。

実際は使用後の髪色は元の自分の髪色の状態によって結果は少しずつ変わってくるものですが、だいたいのイメージは想像できます。

想像した髪色と違うと理想のヘアスタイルができなかったり染め直しをすることになり、髪にダメージを与えたり心理的に気が重くなってしまうことも考えられるため注意しましょう。

髪を染めたい時の注意点(7)放置時間をきちんと守る

髪を染めた時の注意点の7つめは、放置時間をきちんと守るということです。

放置時間とは髪を染める時に薬剤をつけてなじませる時間のことですが、この放置時間を守らない場合は髪色が異常にに明るく派手になってしまうことがあります。

何度も髪を染めている人であれば、どれだけ放置すればどう変化するのかだいたい分かるものですが、初めての人は加減が分からないため放置時間をきちんと守ったほうが無難です。

放置時間をあまりに長くすると髪にダメージを与えてしまうので十分気を付けましょう。

髪を染めたい時の注意点(8)使用前後はしっかりと髪を洗う

髪を染めたい時の注意点の8つめは、使用前後はしっかりと髪を洗うということです。

髪を染めた後に丁寧に洗い流すのは当然ですが、髪を綺麗に染めて理想的なヘアスタイルを手に入れるためには、染める前に髪を綺麗に洗うことも1つのポイントです。

髪が汗などで汚れていると色ムラできる原因にもなりますので覚えておきましょう。

髪を染めたい時の注意点(9)アフターケアをしっかりとする

髪を染めたい時の注意点の9つめは、アフターケアをしっかりとすることです。

髪を染める時は理想のヘアスタイルになりたいという心理になっている時だと思いますが、髪を染めることだけにこだわってアフターケアを怠けてしまうと髪は大きなダメージを受けたまま放置されることになります。

美容院に行かず自宅で髪を染める時は刺激の強い薬剤を使うことが多くなるため、少し質の良いトリートメントなどを用意してしっかりとアフターケアをして髪のダメージを補修しましょう。

髪を染めたい時の注意点(10)染めた後は期間を空ける

髪を染めたい時の注意点の10個めは、染めた後はある程度の期間を空けるということです。

髪を染めた直後はその仕上がりやヘアスタイルに満足していた人も、時間がたってくると徐々にまた髪を染め直したい心理になってくることがあります。

しかし髪を短期間に何度も薬剤を使って染めたりしていると、髪はどんどん傷みが激しくなってきます。

髪を染める時は最低でも3ヶ月以上の期間を空けるのが望ましいと言われており、その間の期間はダメージを受けた髪の補修期間になります。どうしても生え際の髪が気になる時は部分カラーだけにとどめておくようにしましょう。

まとめ

初めて髪を染める時に注意すべきことをたくさんご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

髪を染めるのはとてもオシャレなヘアスタイルを作れる反面で髪を傷めることにもなってしまうため、自分でする場合は細心の注意が必要です。

上記の注意点を参考に、自分の理想の髪色やヘアスタイルを手に入れましょう!

▼Lovely編集部おすすめトリートメントでできる、お手軽ヘアカラー!


【送料無料】 エブリ カラートリートメント (160g) 3本セット| アンナドンナ ヘアカラートリートメント アッシュ ヘアカラー 青 レッド ピンク グレー トリートメント カラー ブルー 白髪 赤 紫 髪染め 緑 ヘア 白髪染め エブリカラートリートメント セルフ セルフカラー

ヘアカラーについてもっと情報を知りたいアナタに!

ヘアカラーの頻度のベストは?【徹底解説】
市販ヘアカラーおすすめ13選!赤・ピンク・アッシュが人気色?
自分に似合う髪色・ヘアカラーを診断!パーソナルカラー診断をしよう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ