髪染めたい人必見!髪を染める前に注意すべきこととは?

髪染めたい人必見!髪を染める前に注意すべきこととは?

オシャレな人のヘアスタイルに欠かせない髪のカラーリング。髪を染めたいと考える人はたくさんいますが、髪を染める時は色々な注意点があるのをご存知でしょうか?髪を染めたい人は、まず当記事でご紹介する髪を染める時に気を付けたいポイントをチェックしてみましょう!

記事の目次

  1. 1.髪を染めたい人が多いのはなぜ?その理由とは?
  2. 2.髪を染める時は美容院で染める?それとも自分で染める?
  3. 3.髪を自分で染めるデメリット(1)色ムラができやすい
  4. 4.髪を自分で染めるデメリット(2)色落ちしやすい
  5. 5.髪を自分で染めるデメリット(3)細かい色の調整ができない
  6. 6.髪を自分で染めるデメリット(4)髪を傷めやすい
  7. 7.髪を自分で染めるデメリット(5)準備や片付けが大変
  8. 8.髪を自分で染めるメリット(1)費用が安くすむ
  9. 9.髪を自分で染めるメリット(2)時間の都合をつけやすい
  10. 10.髪を自分で染めるメリット(3)根元などを部分的に染められる
  11. 11.髪を初めて染める人は必見!髪を染めたい時の10個の注意点
  12. 12.髪を染めたい時の注意点(1)アレルギー反応を確認する
  13. 13.髪を染めたい時の注意点(2)妊娠していないか確認する
  14. 14.髪を染めたい時の注意点(3)汚れても良い服装にする
  15. 15.髪を染めたい時の注意点(4)皮膚を保護する
  16. 16.髪を染めたい時の注意点(5)部屋の換気をしっかりとする
  17. 17.髪を染めたい時の注意点(6)薬剤の髪色の明るさを確認する
  18. 18.髪を染めたい時の注意点(7)放置時間をきちんと守る
  19. 19.髪を染めたい時の注意点(8)使用前後はしっかりと髪を洗う
  20. 20.髪を染めたい時の注意点(9)アフターケアをしっかりとする
  21. 21.髪を染めたい時の注意点(10)染めた後は期間を空ける
  22. 22.まとめ

髪を染めたい人が多いのはなぜ?その理由とは?

世間では若い人からかなり年配の人まで、髪の色を染めている人はたくさんいます。日本人のほとんどの人の髪の色は本来であれば黒色が多いのですが、街を歩けば様々な色に髪を染めている人達とすれ違います。

日本人はどうして本来の黒い髪を染めてしまうことが多いのでしょうか。

日本人は髪を染める人が多い理由は、なんといってもオシャレだというのが大きな理由です。テレビや雑誌に登場するモデルや女性は髪色を染めている人も多く、その心理的な影響もあるでしょう。

よくお手入れをしている黒い髪は艶があり美しいものですが、手入れをさぼると途端に地味で重たいイメージになってしまいます。

美しい黒髪を維持する手間を考えると、ファッション性の高いブラウンカラーやレッドカラーに髪色を染めてしまった方が簡単に華やかで可愛く見えると考える人がいるのも当然だといえるでしょう。


エブリ カラートリートメント (160g)| アンナドンナ annadonna ヘアカラートリートメント アッシュ ヘアカラー ピンク 青 レッド グレー トリートメント ブルー 白髪 赤 紫 ヘア 白髪染め エブリカラートリートメント トリートメントカラー セルフカラー 髪染め セルフ

髪を染める時は美容院で染める?それとも自分で染める?

それでは髪を染める時は美容院で染めた方が良いのか、または自宅で自分で染めた方が良いのかどちらが良いのでしょうか。

初めて髪を染める人は最初から自分でしてしまうと思いもかけない失敗をしてしまったり、髪にダメージを与えてしまうこともあり、とてもリスクがあります。

初めて髪を染める人は美容院で一度綺麗に染めてもらい、自分に似合う髪の色などを美容師に相談にのってもらう方が心理的にも髪にも一番良いかもしれません。

まずは髪を自分で染める時のデメリットやメリットなどについて詳しくみていきましょう!

■参考記事:市販のヘアカラーで上手に染めるには?コチラも参照!

髪の染め方!市販ヘアカラーで上手に自分で染める方法・コツ! | Lovely[ラブリー]のイメージ
髪の染め方!市販ヘアカラーで上手に自分で染める方法・コツ! | Lovely[ラブリー]
アッシュ系のヘアスタイルを楽しみたい人のために、髪の染め方のコツと、オススメの市販カラー剤をご紹介します。アッシュグレーの髪は女子の憧れ。お金を節約しながら、きれいな髪色になる染め方をマスターすれば、外国人風ヘアスタイルになるのも夢ではありません!

髪を自分で染めるデメリット(1)色ムラができやすい

髪を自分で染めるデメリットのまず1つ目は、色ムラができやすいということです。

自分で髪を染める時は鏡を見ながらすることが多いと思いますが、どうしても後頭部までは目が行き届きません。また髪を染めることに慣れていない人は髪の表面だけを染めてしまうこともあり、全体的に色ムラがでやすいというデメリットがあります。

髪色をかなり明るくする時は、きちんと染まっていない黒い部分と明るい部分の差も目立ちやすく、非常に格好悪くなってしまうこともあります。

髪を染めるのに失敗すると人前に出たくないという心理になることもあり、後々までネガティブな心理を引きずることになってしまいます。

髪を自分で染めるデメリット(2)色落ちしやすい

髪を自分で染めるデメリットの2つめは、色落ちしやすいということです。

自分を髪を染めたい場合はドラッグストアなどでヘアカラー剤を購入することができますが、美容院などで使っているヘアカラー剤に比べると品質が劣る場合が多く、すぐに色落ちしてしまう場合があります。

自分で髪を染める時は色がすぐに抜けてしまって非常に髪色が明るくなってしまったり、または暗くくすんでしまうこともあり、短期間で何度も髪色を染め直す必要もでてきます。

短期間で何度も髪色を染め直していると、髪に大きなダメージを与えてしまう事にもなります。

次のページ

髪を自分で染めるデメリット(3)細かい色の調整ができない

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely