黒染め後のカラーはいつからしていいの?

黒染め後のカラーはいつからしていいの?

真っ黒に染めた黒染めをしたけど、そろそろ明るいカラーにしたい、と思った時はすぐにカラーを変えてもいいのでしょうか。黒染め後のカラーは失敗しやすいって言われますよね。どうして黒染め後のカラーが難しいのか、黒染め後のカラーはいつからしていいのかをまとめました。

記事の目次

  1. 1.黒染め後のカラーはすぐにできるの?
  2. 2.黒染め後のカラー●黒染めにする理由は?
  3. 3.黒染め後のカラー●黒染めはどうやってしているのか
  4. 4.黒染め後のカラーの難点●セルフカラーは難しい
  5. 5.セルフカラーは難しい3つの理由
  6. 6.黒染め後のカラーの難点●赤みが出やすい
  7. 7.黒染め後にカラーを入れる方法●通常のカラーでは明るくならない?
  8. 8.黒染め後にカラーを入れる方法は?ブリーチ
  9. 9.黒染め後にカラーを入れる方法は?脱染剤
  10. 10.黒染め後のカラー●黒染め後にカラーが入るか調べる方法は?
  11. 11.黒染め後のカラー●黒染めが自然に抜けるまで待つ
  12. 12.黒染め後のカラー●ブリーチ+アルカリカラーで染める
  13. 13.黒染め後のカラー●ダメージが気になるならアルカリカラーのみ
  14. 14.黒染め後のカラー●ティントコントロールを使う
  15. 15.黒染め後のカラー●専用のヘアトリートメント+ブリーチ
  16. 16.黒染め後のカラーはどれくらいの期間待つ?
  17. 17.黒染め後のカラー●黒染めを早く落とす方法は?
  18. 18.黒染め後のカラー●デメリットを知っておこう
  19. 19.黒染め後のカラーはいつからしていいの?まとめ

黒染め後のカラーはすぐにできるの?

黒染めした髪は、黒い髪の毛はそれはそれで好きだったけど、そろそろ明るい色を入れたいなと思う時ってありますよね。ある程度の期間が過ぎたり、気分を変えたいときとか、季節が変わったとき、ヘアスタイルを変えたとき。新しい恋をしたときにも、髪色を明るくしたくなりますよね。

でも黒染め後のカラーは、とても難しいと言われています。どうして難しいのか、失敗しない黒染め後のカラーはあるのか、黒染め後のカラーはいつからの期間していいのか、カラー後のケアにトリートメントは必要か、など黒染め後のカラーについてまとめていきます。

黒染め後のカラー●黒染めにする理由は?

そもそも黒染めをしたのは、どんな理由からだったでしょうか。就職活動の期間だったので黒く染めた人や、バイトの決まりで明るい色がダメだったから、など仕事やバイトのために髪を黒くした人や、気分転換などで黒くした人など、理由はさまざまですよね。

大切なことの1つに、黒染めした方法が、美容室で染めたものか、セルフカラーなのか、という点があります。

美容室で黒染めをした場合は、同じ美容室でカラーを入れる場合、黒染めした時の染料がわかっているので、カラーを入れる時に失敗しにくいというメリットがあります。もし美容室で黒染めをしたのであれば、同じ美容室でカラーを入れることをおすすめします。

セルフカラーで黒染めをした場合は、もしどの黒染めを使ったのかがわかるのであれば、カラーを入れる時に、美容院にこれで入れたと伝えると、失敗をしにくいかもしれません。

黒染め後のカラー●黒染めはどうやってしているのか

日本人の髪の毛の色は、もともと黒い人が多いですよね。でも、地毛の黒と、染めている黒では、まったくの別物です。地毛の黒の場合、人によっては色素が薄く、生まれつきちょっと茶色っぽい髪の毛の色の人もいますよね。

日本人の髪の色は黒色だと言われますが、厳密に真っ黒、という人はいませんが、黒染めをしている人は、真っ黒になっています。地毛よりも黒が多い状態が、黒染めの状態です。

髪を染めるときには、白髪染めの場合もおしゃれ染めの場合も基本的に2つの薬品を合わせることで髪を染めていきます。染料・アルカリ剤と酸化剤です。この2つが混ざることで、髪の色が変わっていきます。

髪にのせると、まずアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、そこへ染料が流れ込んで内側へと浸透していきます。その後、酸化剤がメラニン色素を分解して染料をさらに髪の内側へ定着させ染料は酸素に触れると、どんどん深い色になっていきます。

黒染め後のカラーの難点●セルフカラーは難しい

そうやって黒染めした後に、明るくしようとカラーを入れたい、と思った時には美容室へ行くことをおすすめします。セルフカラーで黒染めから明るいカラーを入れようとする人もいますが、あまりおすすめできません。

一番の理由は、ムラになってしまう可能性が高いからです。黒染めした髪は、ぱっと見キレイにムラなく染まっているようにみえるかもしれません。しかし、染料は場所によって入り方が違っています。

美容室で染めたのであれば、場所によって染料の量を変えていたかもしれません。それに気づかずにカラーをいれてしまうと、ムラができてしまうのです。一度できてしまったムラはなかなかとることができないため、できるかぎり美容室でカラーをいれるようにしましょう。

セルフカラーは難しい3つの理由

具体的に、どういう点でセルフカラーが向いていないのかをまとめてみましょう。
まずは、上記にも書いた通り、ムラができるからです。
セルフカラーをする場合、ヘアスタイルにもよるのかもしれませんが、何も考えずに髪の根元から毛先まで同じように塗ってしまいますよね。
最近のセルフカラーでは、泡で染められるタイプのヘアカラーも出ているので、そういうタイプのものを選ぶと、より均一に染料をのせることになります。
美容室の場合はセルフカラーと違って、髪の状態をみながら、時間差を付けて染料を塗ったり、場所によって薬剤を変えることで、全体にムラがないように染めます。
セルフカラーでは、それができないので、ムラができてしまうのです。

もう1つの理由には、セルフカラーに使う市販されているカラー剤は、どんな人でも髪が染まるように、薬剤が強く設定されているものが多いという点です。
セルフカラーには誰でも簡単に染められるというメリットがある反面、薬剤が強いので髪を痛めやすいデメリットがあるのです。
そして市販の薬剤には、ケア用のトリートメントは配合されていることが少ないのです。
最近人気のセルフカラーの泡カラーは特に、薬剤が強力だと言われています。
美容室であれば、その人の髪のダメージを見ながら薬剤を選んだり、場合によってはトリートメントも併用しながら、極力ダメージを抑えて髪にカラーをいれることができるのです。

最後の理由は、不自然な仕上がりになることがある、という点です。
セルフカラーの場合、カラー剤のパッケージを見て、だいたいこんな色になるだろうと思って購入することが多いと思います。
しかし実際使ってみると、思った色とは違うということはないでしょうか。
青くするはずが、なんだか紫っぽくなったり、緑っぽくなったり。
想像していた色と、全然違う色になってしまうこともありますよね。
それはあなたの髪質が、その薬剤とあっていなかったり、ベースの色に問題があったのかもしれません。
美容室であれば、しっかりと知識のある人があなたの髪質やベースの色を判断して、あなたの希望の色になるように薬剤を調節してくれます。

■参考記事:黒染めもやっぱり美容院がおすすめ?

次のページ

黒染め後のカラーの難点●赤みが出やすい

関連記事

人気の記事