ショートヘアが似合わない顔の特徴は?ショートが似合わない人必見!

ショートヘアにしたいけど、ショートが似合わないことで、どうしてもショートにできないという女子もいるのではないでしょうか。そこで今回はショートヘアが似合わない顔の特徴や、ショートに関する様々なことを紹介していきたいと思います。

ショートヘアが似合わない顔の特徴は?ショートが似合わない人必見!のイメージ

目次

  1. ショートに憧れるけど似合わない
  2. 意外?ショートが似合わないと思われている女性芸能人
  3. ショートが似合わない!メリットとは
  4. ショートが似合わない!デメリットとは
  5. ショートが似合わない人はそうそういない

ショートに憧れるけど似合わない

ショートヘアの芸能人を見て、自分もその芸能人のようにヘアスタイルを変更しようかと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。ショートヘアの芸能人は可愛らしい人が多いため、その芸能人に憧れてしまう気持ちは多くの女性がわかるものです。

実際にショートヘアの芸能人を見て、人生初めてのショートヘアにしてみたという人もいるでしょう。

思い切ってショートにしてみた結果、多くの人からかわいいといってもらい、大喜びしている人もいるはずですが、その逆の人もいます。芸能人とは違い、ショートヘアが似合わない女性です。

ショートヘアはありふれたヘアスタイルですので、芸能人でなければ似合わないというような特別性があるわけではありません。しかし、芸能人と同じようなヘアスタイルに変更したはずなのに、なぜかショートヘアが似合わないという人は存在します。

ショートヘアに似合わない原因は様々なことが考えられますが、一番の原因は顔です。芸能人の中にも、ショートヘアにすることで売れる人が多いですが、ずっとショートヘアにはしない芸能人も存在します。

つまり、顔立ちが良い芸能人でも、ショートは似合わないという人がいるのです。そのため、ショートのヘアスタイルに変更する際には、自分がショートが似合うかどうかということを知っておかなければなりません。

意外?ショートが似合わないと思われている女性芸能人

女性芸能人は基本的にみんな美人。それなのにショートが似合わないと思われている人もちらほら…。中には意外な人物も?!あなたはどう思いますか?

木村文乃

木村文乃さんは和的な美人。でも、やはりロングヘアの方がいいと言われているようです。特別、特徴的な顔立ちでもないので、ショートヘアにすると芸能人オーラが薄まるような気もしますよね。

それでも充分に美人顔ですが、ショートヘア支持派は少ないようです。

木村佳乃

美人で個性的なキャラクターが人気の木村佳乃さんも、ショートが似合わないと言われているひとり。場合によっておばさんっぽく見えるのが理由のようです。

確かに一般人であればおばさんと呼ばれても仕方のない年齢には突入していますが、芸能人でおばさんっぽく見られるのはいただけないですね。どうですか?そう見えますか?

新垣結衣

清楚系ナンバーワンのガッキーもショートが似合わないと言われています。結構意外に感じた人も多いのではないでしょうか。役柄によってショートの時もあって、それでも可愛いとされてきていましたが・・・。

清楚、というイメージがロングを想像させる点も理由かもしれないですね。ガッキーに求めるものが多すぎなのかも?!

ショートが似合わない人の特徴を知ろう

芸能人に憧れてショートにしたいという女性も多いでしょうが、いくらその芸能人が好きでも、自分にそのヘアスタイルが似合っていなければ意味がありません。

そのため、芸能人に憧れてショートにヘアスタイルを変更したい女性は、まず自分がショートが似合うタイプの顔であるかどうかということを知る必要があります。

もしもそれに気付かず、好きな芸能人に憧れただけで似合わないヘアスタイルに変更してしまえば、そこから先は地獄です。

ショートということを考えれば、髪の毛が伸びるまでには相当の時間がかかってしまいます。その間ずっと、似合わないヘアスタイルをし続けていると、好きだった芸能人も嫌いになってしまうほど、気分が落ち込むものです。

そのため、ヘアスタイルをショートに変更したい人は、まず自分がショートが似合わない顔ではないかということを確認しましょう。いくつか特徴を紹介していきますので、当てはまる人はできれば、ショートにヘアスタイルを変更しないほうが良いです。

①首が太い人

ショートが似合わない人の顔の特徴としては、首が太い人、という特徴がまず挙げられます。

ショートにヘアスタイルを変更すると、ロングの時とは違い、首が完全に露出してしまいます。そのため、ヘアスタイルの変更により、元々、首が太い人は、どうしてもその首が目立ってしまうようになるのです。

このようなヘアスタイルで首が目立ってしまうと、顔も大きく見えてしまい、ブスに見えるようになってしまいます。せっかくヘアスタイルを変更したのに、ブスに見えてしまえば、何の意味もないでしょう。

ヘアスタイルはどのようなヘアスタイルかによって、顔の大きさが変わることがあります。それがきっかけで、今までキレイに見えていたものがブスに見られるようになり、本性がばれてしまい、モテなくなってしまうこともあるものです。充分に注意しましょう。

②面長さんなど頭や顔が大きい人

ショートが似合わない人の特徴としては、頭や顔が大きい人、という特徴も挙げられます。

この特徴はわかりやすく言えば、ブスということです。よく言われることですが、ブスにショートは似合わないものです。ショートが似合うのはブスではない美人だけであり、頭や顔が大きい、世間一般でブスと言われる人は、ショートにするべきではないのです。

また、顔としてブスな人も似合わないですが、頭の形がブスな人もショートは似合いません。ショートにすると、頭の形がわかりやすくなってしまいます。そのため、どこか一部分が出っ張っているような、ブスな形をしている頭を持つ人は、ショートは似合わないのです。

頭の形が変な場合、ボブにすることで、何とかすることもできます。ボブにすれば、なんとか頭の形を誤魔化すことができるのです。意外とボブという髪型は便利ですので、少し似合わないかもと心配な人は、ボブにヘアスタイルを変更してみましょう。

③輪郭に問題がある人

ショートが似合わない人の特徴としては、輪郭に問題がある人、という特徴もあります。

言ってみれば、この特徴もブスな顔を持つ人ということになります。エラが出ているブスや、顎が出ているブス、面長ブス、二重顎になっているブスなどは、ショートは似合わない髪形となるため、むやみやたらにヘアスタイルを変更しないようにしましょう。

このようなブスな部分がある人がショートにしてしまうと、そのブスな部分が目立ってしまいます。ロングであれば、ある程度、そのようなブスな部分を隠すことができるでしょう。しかしショートだと完全にお披露目することになるため、ショートは似合わないのです。

輪郭に問題があると、ボブという髪型でもどうしようもありません。ボブにすれば、多少視線は散りますが、似合う髪形とまではいえないため、やはり輪郭に問題がある人は、ボブであってもショートはやめておいたほうが良いです。ボブも万能ではないということを覚えておきましょう。

④顔のパーツが小さい

ショートが似合わない人の特徴としては、顔のパーツが小さいという特徴もあります。

ショートは顔が濃い人のほうが似合うものです。というのも、ショートにすると、顔のパーツが一つ一つ、目立ってしまうようになります。そのため、濃い顔の人のほうが、ショートの髪にぴったりと当てはまるのです。

目や鼻のような顔のパーツが小さい人がショートにしてしまうと、全体的にぼやけた印象になってしまいます。そのため、目や鼻が小さい人は、ショートが似合わないことになってしまうのです。

ボブのような髪型でも、やはり顔のパーツは大きい人のほうが似合います。意外と印象がないかもしれませんが、ボブの髪型をしている芸能人は、みんあ目鼻立ちがはっきりしているものです。

ボブという髪型に騙されて、小さい目だと思っているかもしれませんが、意外と美人顔の人が多いため、ボブであっても、顔のパーツが小さいと似合わないということになってしまいます。

◆関連記事:ただのショートじゃ面白くないと言う方へ

ツーブロック女子の可愛い髪型まとめ!刈り上げショートなど!

⑤ボリュームがでない髪質

ショートが似合わない人の特徴としては、ボリュームが出ない髪質という特徴もあります。

ショートにすると、ある程度髪の毛にボリュームというものが必要となります。顔としてはショートに合う顔だったとしても、髪の毛にボリュームがないと、頭がぺちゃんこになってしまい、似合わないようになってしまうのです。

ただ、このような人はボブにすることで問題を解決することができます。ボブにすれば、ある程度、髪にボリュームができるからです。ボブ限定になってしまいますが、似合うようにすることもできるため、ボリュームが出ない髪質の人は、ボブを考えてみましょう。

また、剛毛の人は頭でっかちになってしまうため、このような髪質の人も注意が必要です。髪をすいてもらえば何とかなることもありますが、注意しておきましょう。

ショートが似合わない!メリットとは

ショートが似合わない顔の特徴を持つ人は、顔を変えるわけにもいかないため、ショートが似合わない特徴を持ったまま、今後生きていかなければなりません。

ただ、ショートにできないことは、はたして人生にとって、それほど大きなマイナスなのでしょうか。実際にショートが似合わない特徴を持っていない美人でも、ショートにしたことがないという人はたくさん存在します。

そこで知っておきたいのは、ショートカットにすることにより、発生するメリットです。ショートにすることで発生するメリットを知れば、さらにショートにしたいと思うかもしれませんが、その程度のメリットしかないのか、と逆に冷静になれるかもしれません。

ショートであることを、想像以上に良いものだと思っている人も多いため、そのような人はショートのメリットを知り、本当に自分がなりたいかどうか再確認しましょう。

①シャンプーが楽

ショートにすることのメリットといえば、シャンプーが楽というメリットがあります。

ショートにすると、髪の毛の量はかなり減ることになります。男性が髪の毛を短くしたくらいでは感じないものですが、女子の場合、ショートにするとかなり楽になるものです。

また、シャンプーも楽なのですが、それ以上に乾かすのが楽です。普段であれば、ドライヤーを使って数十分かかっていたものが、ショートにすれば数分で終えることができます。すぐに乾くという意味でもショートは楽ですので、メリットは意外と大きいということになります。

すぐ乾くというとあまりたいしたことがないように思えますが、女性からすれば、意外と大きな問題です。日によっては乾かすだけで30分かかるという人もいるため、それが短くなるということであれば、かなり嬉しいでしょう。女性だけがわかるメリットです。

②肩こりが治ることも

ショートにすることのメリットとしては、肩こりが治ることもある、というメリットがあります。

ショートにするだけで、なぜ肩こりが治るのだろうかと多くの人が疑問を持つでしょうが、髪の毛の重さというのは、意外とバカになりません。

ロングにしている人の場合、その重い髪の毛を毎日支え続けているということになるため、それが原因で肩こりや腰痛になってしまう人もいます。

ショートにすれば、その重みから一気に解放されることになるでしょう。そうなれば、髪の毛の重さが原因で肩こりになっていた人は、ショートにすることでそれが一気に解決することもあるのです。

ショートが似合わないという人でも、ある程度、ぎりぎりショートにならないくらい短く髪の毛を切れば、同じメリットを味わえます。ただ、別の要因によって肩こりになっているという人は、ショートにしても変化はないため注意しておきましょう。

③若く見える

ショートにすることで得られるメリットとしては、若く見えるというメリットがあります。

ショートカットは若い女の子の髪型というイメージがあります。実際にショートにすると可愛らしく見えるため、多くの人はショートにすると、幼く見られるようになるのです。つまり、若く見られるということですので、女性としては大きなメリットでしょう。

ただ、これをメリットとは思わない人も多いでしょう。大人っぽく見られたい人は、ショートにするとマイナスになってしまうということです。

若く見られることがメリットかどうかというのは、人によって違います。それぞれの目的に合わせて、どちらが良いか考えておきましょう。

④男にモテる

ショートにすることで得られるメリットとしては、男にモテるというメリットがあります。

男性は可愛らしい女性が好きなものです。そのため、女性の髪形の中で一番人気がある髪型はやはりショートカットということになります。そのため、ショートにすることで、男性にモテるようになるというメリットもあるのです。

もちろん、モテるかどうかは、元々のポテンシャルもあるため、必ずしもモテるというわけではありません。しかし先にも紹介したように、ショートが似合う人は顔が整っているものです。

逆にショートにしてもモテないということであれば、ショートが相当似合っていないか、かなり性格が悪いということです。少し、様々なことを反省したほうが良いかもしれません。

⑤涼しい

ショートにすることで得られるメリットとしては、涼しいというメリットがあります。

ショートにすると当然、髪の毛が少なくなりますので、特に夏場はかなり涼しさを感じることになります。体感温度としてはかなり変わってくるため、これは大きなメリットとなるでしょう。

髪の毛が短くなれば、単純に動きやすくもなるため、運動がしやすいというメリットもあります。実際にスポーツのためのショートにしている人も多いものです。

また、ショートにすることで、頭皮が蒸れなくなるため、頭皮環境がよくなるというメリットもあります。頭皮環境が悪いと髪の毛がぱさついてしまうというような影響が出てしまうため、これが少なくなるというのは、大きなメリットなのです。

ショートが似合わない!デメリットとは

ショートが似合わないと悩んでいる人は、ショートになるメリットよりも、ショートになることで発生するデメリットのほうが興味があるでしょう。

ショートにすることで様々なデメリットがあり、それがあまり自分にとって好ましくないものであれば、似合う似合わないという問題は関係なく、ショートにしたいという感情がなくなります。

わざわざショートが似合わないということで悩まなくて良くなるため、ショートが似合わない人はデメリットを知っておきたいものです。

ショートになることのデメリットは、無条件にショートは良いものと思っている人にとっても、大切なことです。ショートになってからそのデメリットで後悔しても、後の祭りですので、ショートにする前にしっかりとデメリットについて勉強しておきましょう。

ではさっそく、ショートになることのデメリットを紹介していきたいと思います。

①ボーイッシュ

ショートにすることのデメリットとしては、ボーイシュに見られることもある、ということです。

これはショートのスタイルにもよるのですが、あまりにも髪の毛が短いと、可愛らしい女の子というよりは、ボーイッシュな女子となってしまいます。そのため、あまり男子受けが良くない髪型ということになってしまうのです。

ボーイッシュな髪型をしていると、男性としては、気が強いのかな、と警戒してしまうため、声をかけ辛くなってしまいます。その結果、ショートにすることにより、モテなくなってしまうこともあるのです。

モテたくてショートにしたいと思っている女子はこのようなことになってしまうこともあるため、十分に注意しておきましょう。場合によっては、真逆の結果となってしまうこともあります。

②アレンジ

ショートにすることのデメリットとしては、アレンジができなくなるというデメリットがあります。

ショートにすると当然髪の毛が短くなってしまうため、できるヘアアレンジの種類が少なくなってしまいます。髪が長いほうがアレンジはしやすいため、ショートだとある程度髪型が固定化されてしまうというデメリットがあるのです。

とはいえ、ショートでも様々なヘアアレンジをすることは可能です。ただ、ロングよりは少なくなってしまいますし、大人っぽさは出せなくなってしまうため、注意しておきましょう。

そういう意味では、髪型にすぐ飽きてしまうという人は、ショートには不向きです。別の髪型を考えたほうが良いかもしれません。

③寝癖

ショートにすることのデメリットとしては、寝癖がついてしまうというデメリットもあります。

ショートにしたとき、多くの人が感じるデメリットがこれです。ロングの場合、寝癖はほとんどつかないのに、ショートにした途端、かなりの寝癖がついてしまいます。

このことを予期していないと、スタイリング剤を持っていないということになり、朝、焦ってしまうことになるものです。

寝癖がついていると、それを直してから出かけなければならないため、朝の貴重な時間が減ることになります。結んで誤魔化そうにも、あまりにも短いとそれもできないため、かなり面倒なものです。

ショートにするとほとんどの人が寝癖がついてしまうため、髪を切る前にしっかりとそのことを認識してから、ショートにするようにしましょう。切ってから後悔しても遅いです。

◆関連記事:黒髪ボブはいかがですか?

黒髪ボブのアレンジまとめ!【ストレート・ショート・丸顔・面長】

④寒い

ショートにすることのデメリットとしては、寒いといういデメリットもあります。

ショートにすればたくさんあった髪の毛がなくなることになるため、特に冬場はかなり寒さを感じるようになります。体感温度にすれば、相当なものでしょう。

夏に暑いから、という理由で髪を切った人は、意外と冬のことを忘れがちです。想像しているよりもかなりの寒さになるため、調子に乗って夏ばっさり髪を切ってしまうと、後で後悔することになってしまいます。

寒い状態はマフラーなどの防寒具でなんとかカバーすることができますが、それでも寒いものは寒いです。充分に注意しておきましょう。

⑤メンテナンス

ショートにすることのデメリットとしては、メンテナンスが必要というデメリットがあります。

ショートにするとロングの時よりも、頻繁にメンテナンスを行わなければなりません。定期的に髪の毛を揃えなければならないのです。

ロングの時はそれほど高い頻度で髪を揃える必要はなかったでしょうが、ショートの場合、全体のバランスが崩れやすいため、定期的に美容室に行かなければなりません。

そういう意味でショートは面倒なものですし、お金もかかってしまいます。ショートはランニングコストが高いものなのです。

ショートにすると、多くの人は月に一回程度、美容室に通わなければならなくなります。そのようなことが面倒だという人は、最初からショートにはしないようにしましょう。

メンテナンスをしっかりしないと、結局、ショートが似合わないということになってしまうため、しっかりメンテナンスできる人だけ、ショートカットにするべきです。

ショートが似合わない人はそうそういない

ショートは似合う人と似合わない人がいますので、ショートにできる人は一握りです。とはいえ、ある程度、美容師と相談すれば、似合うショートカットをしてもらえます。

どれもこれも似合わないということは少ないため、ショートにしたい人は安心して美容室に行きましょう。

もっとショートに関する情報を知りたいアナタへ!

ショートヘアの巻き方!コテ・アイロンで簡単にゆるふわ巻き髪!
オン眉×ショートの可愛い前髪ヘアカタログ!【必見】
縮毛矯正でもショートボブを楽しめる!自然で可愛いシルエット♡
ショートヘア・カットが似合う芸能人・女優・モデルまとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ