パーマ後のシャンプーはいつから?長持ちさせるポイント解説!

パーマ後のシャンプーはいつから?長持ちさせるポイント解説!

美容院でパーマをかけた後、いつからシャンプーすれば長持ちするのかご存知ですか?せっかく綺麗にしてもらったなら、少しでも長持ちさせたいですよね。というわけでいつからシャンプーで洗えるのか、パーマを長持ちさせるコツなど、パーマ後のケア方法を徹底的に解説します!

記事の目次

  1. 1.パーマ後のシャンプーについて
  2. 2.パーマの長持ちポイント①当日はシャンプーせずに48時間放置
  3. 3.パーマの長持ちポイント②髪を濡らしたらしっかりドライヤーで乾かす
  4. 4.パーマを長持ちさせるポイント③パーマ当日はヘアアイロンNG
  5. 5.パーマの長持ちポイント④くしはなるべく使わない
  6. 6.パーマにおすすめのシャンプーとは?
  7. 7.パーマにおすすめの市販シャンプー①
  8. 8.パーマにおすすめの市販シャンプー②
  9. 9.パーマにおすすめの市販シャンプー③
  10. 10.パーマにおすすめの市販シャンプー④
  11. 11.パーマにおすすめの市販シャンプー⑤
  12. 12.パーマにおすすめのトリートメントとは?
  13. 13.パーマにおすすめの市販トリートメント①
  14. 14.パーマにおすすめの市販トリートメント②
  15. 15.パーマにおすすめの市販トリートメント③
  16. 16.パーマを長持ちさせましょう

パーマ後のシャンプーについて

パーマと一言でいっても、色んなパーマがありますよね。
デジタルパーマや水パーマ、エアウェーブなど、パーマの種類によっても持続性に違いがあります。

でもどんなパーマをかけても、パーマ後のケアを間違えると長持ちしませんし、すぐにヘアスタイルが崩れてしまいます。

特に気になるのはパーマ後のシャンプーについてではないでしょうか。
美容院でパーマをかけてもらったことがある方は、いつからシャンプーしていますか?

24時間の間はシャンプーしないとか、2,3日は何もしないとか、当日に洗ってしまうという人もいますが、一体いつからシャンプーすればいいのか具体的には分からないという方も多いと思います。

ではいつからシャンプーするのが一番長持ちするのか、他にパーマを長持ちさせるためにはどんなことに気を付ければいいのか、おすすめのパーマ用シャンプーなど、パーマ後のケアについてたっぷり紹介します。

パーマの長持ちポイント①当日はシャンプーせずに48時間放置

パーマ後いつからシャンプーすればいいかというと、基本的には48時間の間は何もしない方がいいです。
実はパーマ後48時間はヘアスタイルが崩れやすい、不安定な状態が続いているらしく、当日はもちろんのこと、2日くらいはシャンプーせずに放置した方がパーマが長持ちするんです。
もっと言えば、1週間はシャンプーしない方がさらに長持ちします。

さすがにそこまで髪を洗わないのは辛いと思いますが、2日放置でもきついという方もいるかと思います。
そういう方には、シャンプーを使わずにぬるま湯で軽く流すという手もあります。お湯だけでも7,8割は汚れが取れるらしいです。パーマ当日スタイリング剤を付けられたからそのまま寝るのは抵抗があるという人にも、この方法はおすすめです。

またシャンプーするときはゴシゴシ洗うのではなく、しっかり泡を立てて、頭皮を優しくマッサージするように洗うのがポイントです。上手く泡が立たなければ泡立てネットを使って、泡を立ててから、髪を洗うようにしてください。

パーマの長持ちポイント②髪を濡らしたらしっかりドライヤーで乾かす

髪を洗った場合注意してほしいのが、髪を完璧に乾かすということです。
髪が濡れたまま寝ると、パーマが変な形になってしまったり、そのまま放置しているだけでも髪が傷んでパーマが落ちやすくなるので、生乾きの状態で放置しないことが大切です。

ドライヤーをかけるときは、根元から乾かし、ねじったり引っ張ったりせず、もみ込むように乾かすのがコツです。また下から風を当て髪を持ち上げるように乾かすと良いそうですよ。

風呂上りはこれを毎回行い、髪に刺激を与えないように、セットしてもらったヘアスタイルを崩さないように心がけると、より長持ちします。

パーマを長持ちさせるポイント③パーマ当日はヘアアイロンNG

パーマ後、ヘアアイロンをかけて違うヘアスタイルにしたいときもあるかと思います。
ヘアアイロンをかけること自体は問題ないようですが、やはり当日から48時間にかけては、パーマが固定されてないかもしれないので避けた方がいいそうです。

ある程度日をおけば、コテで巻いても、ストレートアイロンで真っすぐにしても問題ありません。
ただし湿気の多い雨の日などにストレートアイロンをかけると、髪が戻りやすくなるので注意が必要です。

パーマの長持ちポイント④くしはなるべく使わない

次のページ

パーマにおすすめのシャンプーとは?

関連記事

人気の記事